キャンプ場

2011年2月18日 (金)

とことん山でヌクヌクワイワイ-1-

11~13日の3連休は、とことん山へ行ってきたです。
北見に行っちゃったTさんが秋田に来るヨ!ってことで、集まろうやないかぃてことになったのです。
ダンディー家、ルーフ家、Sクン&マキちゃん、モモマロ家、シズちゃん、tako♪ちゃん、ほんで久しぶりにとことん山に足を運ぶrikoさん。
12日からはのりぴー&信ちゃん家(娘さんのひーちゃんも)が合流して、大人数でしばらくぶりのTさんをお迎えしようとゆー計画。
だから、いつもとは趣向を変えて今回はヌクヌクなコテージを予約したのでありました。
一体どんな迎撃会になるのやらとワクワクしてたんですが…当日になって当のTさんが諸事情により来られなくなってしまいました。
主賓のいない迎撃会なんて…。あーうー。残念。ホント残念。
なんてTさんを偲んだのは始めの数十分だけだったりするのだけど…てへー。

11

↑今回お世話になったのは、吊り橋渡ってすぐのところにある和室2間のココ。コテージとゆーより1軒屋だよコリャ。入ると土間になってて、左手に台所。んで、右側に和室。正面の廊下をズズーっと進むと、奥には和室の寝室。お風呂とトイレもちゃーんとあるのデス。

着いて早々台所で忙しく仕込み作業し始める働き者の人たちと、到着したら、すぐさま座り込んでプシュっと缶ビールあけて飲み始めるダメ人間と2通り。妻はやっぱり後者でしたが。
いずれにしても雪掻きやテントの設営がないって、楽でええね。
雪掻きや設営がないってことは、汗流さないってこと。
汗流さないのに酒飲みっぱなしで、体内アルコール濃度はどんどん上がっていくのです。つか、妻の場合、とことん山に到着するまでに車内で「喉渇いた~」なんつって1本飲んでたりしたんだけど(汗。
要するにアレですよ、着いてからずーっと飲んでばっかだったってことですよ。
この日、ヌクヌクコテージから出たのは、2匹の散歩のときと温泉棟に行ったときだけ。
しかも、室内が暖かいもんだから、「風呂に行こう!」なんて気にならず、寝る前の1回のみ。
そりゃアルコールも抜けませんわね。
そんなこんなで、3日間ずーっと酔っ払ってたような気がします。朝から飲んだりしてたし。お陰で殆ど記憶がございませんの。ルーフさんに頂いた写真見ても、ええー?こんなことしたっけ?いや~ん(赤面)がいっぱいー。
詳しいレポなんて書けないので、美味しい料理やらその他諸々はmamakoさんところのブログ()でどーぞ(笑。

12

↑昼からウダウダ飲んで食べて~いつの間にか夕餉の時間。モモマロ家も到着してワンコも4匹。一層賑やかに。温泉棟までの雪壁には、スタッフの人たちの灯した蝋燭の明かりがホワ~ン。

暗くなってから、やっとこモモマロ家が到着。
ありえんデカさのワインを持ってきてくれたです。

13_2

↑rikoさんのお股に頭突っ込んで寝ちゃったBJ。あぁ、チミたちご飯まだだったね。すまんー。「マテ!」から数分。床にはちょっとした涎池。ついでに風船まで作っちゃってくれたサラ。危うく晩飯あげるのを忘れるトコロだったぜ…(汗。

特筆すべきことなんてないから(とゆーか、記憶あまりないし)3日分纏めてUPしよーと思ったんだけど、うちのマウスのクルクルが調子悪ーっ。スクロールさせようとしても思った場所に動かずイライラなのです。
そんなこんなで、つづきは次回っつーことで…(汗。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

とことん山キャンプ場情報(追記あり)

つまたもや、あららーなお話です。
以前から気にはなっていたのですが…
源泉の量が異様に少なくなったため、ただ今、ほぼ水風呂だそうで。

「週末、温泉棟、クローズです」

とのこと。
ショックー。
今回は配管の破損とかぢゃないもんね。
源泉の問題なんだもんね。
てことは、いつ風呂が復活するのか…わかんないってことなのかしら。
なんか、けっこう深刻な問題ですのことよ。
雪中キャンプといえば、我が家にとって「とことん山キャンプ場」はなくてはならない存在なのにー。
うぐぐー。
ヘタレ街道まっしぐらな我が家。
風呂なしの雪中、久々にトライしてみろってことなんでしょうか…。

追記)1月15日午前8時現在
源泉、なんとか復活したそうです。
一応、ご報告まで。
ただ、源泉の湯量が少なくなっている…という根本的な問題は解決できていないため、
今後も訪れる際には、前もって確認の電話をしてからのほうがよろしいかと思われますです。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

アヂャパー!な「とことん山キャンプ場」情報

レポの途中ではありますが…

3連休前だというのに、残念なお知らせであります。

24時間入り放題(掃除の時間は除くけど)の露天風呂が魅力な「とことん山キャンプ場」…なのですが、配管が破れちゃったらしく、もしかしたら週末、お風呂が利用できない可能性があるとのことです。

雪中キャンプを楽しみにしていらっしゃる方も多いとは思いますが…。

土曜日の午前中にははっきりする(利用可か否か)らしいので、お出かけの前に確認の電話を入れるとよろしーかと。

なんか、年に1度は破裂してるような気が…(笑。
そんだけ寒いっちゅーことなんですけどね。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

年末キャンプ-1-

遅くなりましたが、明けましてオメデトウございます。
去年はハジメマシテな出会いが沢山あって、とっても充実した1年だったです(病気したり怪我したりと、個人的には最悪な1年でありましたが)。
今年も新たな出会いがあることを期待しつつ~いや、二度目ましてやいつもありがとな人たちとも素敵な時間が一緒に過ごせたらいいなー、なんて思ってるです。
そんなこんなで、今年もよろしくですよ!

なかなかUPできずにおりましたが、年末は29日から大晦日まで、とことん山でキャンプしてきたです。
「早めに行って雪山を楽しむぞー!」なんて意気込んでたんですが…。
出発前日の夜、我が家の車のタイヤが2本、ペシャンコ~になってるのに気づきまして。
パンクぢゃ、パンクーッ!
スペアに交換しようにも、1本しかないしー。
結局29日の早朝、JAFを呼んで空気を入れてもらった後、ペシャンコ~の原因を探るべく開店を待ってタイヤ屋へ車を運びました。
どうもホイール&タイヤの劣化による空気漏れらしく、タイヤの修理も不可能とのこと。
買い換えるにも、サイズの合ったタイヤの在庫はないし、金もない(こっちの方が切実)。
空気はすぐに抜けるわけぢゃないから、定期的に空気をチューニューして騙し騙し乗るっきゃねーな、とゆー結論に達したわけです。
なんか不安~。
そんなこんなで家を出る時間が遅れて、とことん山についたのは午後3時過ぎ。
別に体を動かしたわけぢゃないのに、既にヘロヘロでございました。
融雪剤が腐食を招くらしーんで、走行後は水洗いしたほうがええらしいですね、ふーん。

キャンプ場についたら、まずはソリで荷物運び。
一番下の交流センター前の広い駐車場に車を停めるので、そこから急坂をソリ引きながら上らなきゃいけないので、かなりの体力を消耗するのですヒィヒィ。
林間サイトには、既に3つほどのテントがたっておりました。
ルーフさんもいるー。
我が家はルーフさんちの真横(とゆーか、温泉棟のまん前)に設営(夫が)。
妻はちっこいソリで何往復もしながら荷物運びの係りであります。

11

↑向かって右の青テントはとどさんファミリー。お久しぶりです~。写真に入らなかったけど、左の方にはken*2さんのドでかドームテント。ルーフさんちの前室にお邪魔して宴会スタート。我が家の2匹なんて、いつもお世話になってるからか、自分ちのように振舞っとります。前室でモクモク煙上げながらセセリを焼く~。この後、我が家のグリーンカレー、ルーフさんちの胃に優しいみぞれ鍋も。ken*2さんからお裾分けしてもらったのは鰤大根。キャンプ場で鰤大根だなんてー(笑。

初日の写真は↑これだけっきゃありまへん。
設営して散歩して風呂入ったら、ただ飲んだ暮れてただけです。
しかも、盛り上がりすぎて気づいたら午前3時過ぎ。
一体何の話をしてたのやら…(汗。盛り上がったわりには、なーも覚えてないとゆー体たらく。
午前6時ごろ尿意を覚えたのでまだ暗い中トイレへ…のついでに温泉へ。
湯に浸かれば頭がしっかり働くかと思いきや、あまりの気持ちよさに湯船の中だとゆーのに睡魔さんがコンニチワー。何度か溺れそうになりました。上がっても体を拭きつつユ~ラユラ。
テントに戻ったら当然のように二度寝こいてしまいました。
空腹で目が覚めたのが午前8時過ぎ。
睡眠時間は二度寝のお陰で足りてるハズなのに…
午前3時まで起きてた!ってのを思い出すたびに、眠くなってくるこの体ってどうなんでしょね…。

12

↑天気予報ではお天気荒れ模様だったのに、朝からピーカン。雲一つない青空が広がってます。気持ちいいので朝ごはんは青空の下でルーフ家と(カレーの残りを温めただけ)。気持ちいいので、食後はルーフさんに淹れてもらったコーヒーでまったり。気持ちいい…けど、でもやっぱネムイ。

朝ごはんの後、ルーフ家は買出しに。
その間だけでも、ちょこっと昼寝しよーとテントに入った我が家。
ちょこっとどころか、3時間くらいバク睡してしまいました。
起きたらルーフさんは買出しから戻ってるしー、Sクン&マキちゃんもいるしー。
…え?
いや、なしてSクン&マキちゃんのこの二人がココに?
「年末はコテージ予約したのですよウヒョヒョ」
「ヌクヌクで年越しですのー」
なんて言うてたのに、雪の中にテントたててるて、どゆことー?
(テント泊して~撤収して~大晦日コテージに移って~でもって、元旦また雪の中にテントたてて1泊したらしい。若いってスゲー)
しばらくしたらtako♪ちゃん&Hさんもとことん入り。
他にもテントが数個たって、一段と賑やかになってきたです。
ボンヤリさんのまま半日を過ごして、夕刻からやっとシャキっとしてきた(飲む体勢が整ったとゆーか)妻。
2日目の夜も楽しい宴会が始まったのですが、つづくってことで…。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

黒と茶と斑キャンプ -1-

好きな食べ物は、最後までとっておくほうです。だから楽しいキャンプレポのUPが今頃になりました。つーのは言い訳なんですけど…。
11月6~7日の週末、いつかはお会いしたいなーと想ってた方が福島の高塚高原でキャンプしマスとゆー情報をゲットしたので我が家も突撃隣の晩御飯することにしたです。
高塚高原のキャンプ場は、オートキャンプができるのに利用料は無料とゆー素敵なトコロ。
ワンコを歩かせるには、ちょーどいい感じの散策路もあるのです。
それなりの勾配があるから、人だってちょっとした運動になるし。
ただ、徒歩圏内に温泉がなーい。
てことで、キャンプ場からは一番近くの「かわうちの湯」でひとっぷろ浴びていくことに。
ホラ、綺麗な体でご対面しなくっちゃだし~。
風呂上り、一応隣の役場でキャンプ場利用のための申請書に記入もしときました。
ホッカホカになってキャンプ場に到着したら、うへへー、いましたいました。
既に設営を済ませてまったりしてた「黒ぶーちゃんと茶ぶーたん」のkerokoさんち。
ハヂメマシテ~の挨拶もそこそこに、実は風呂上りで喉がカラッカラだったため、妻は早速ビール飲み始めちゃいました。
プハーッ。
恥メマシテ(汗。
飲みながら我が家もお隣のサイトに設営を済ませたら、取り合えず犬らを満足させようと高塚ボッケに上ることに。

11

↑いきなりこんな写真から(しかない)。高塚ボッケの山頂からの眺め。風力発電の風車が増えたよーな…。我が家も泉颪でとーっても風当たりがよろしいから(家が飛ばされそうなくらい)でっかいの1個、取り付けたいー。でも高いーっ。

わっせわっせ、僅か15分ほどで山頂に到着。でも、黒ぶーちゃん@円蔵さん&茶ぶーたん@柚子丸さんはゲハゲハになっとりました。前を歩いていたBJとサラに追いつこうと、おもっきし引っ張ってたからね~。
青空広がって景色がよかったから、しばし山頂からの眺めを堪能。
山肌の紅葉も素敵~うっとり~ため息~ググゥー(腹が鳴る)。
そう、いい眺めぢゃ腹は太らないのよねー。
てことで、下山したら早速酒盛りスタートです。
時刻は2時半。はえーっ。

12_2

↑つまみ出して乾杯~♪そのまま夕飯へと雪崩れ込むのでありました。あ、夫に作らせたチキンソテー。簡単なのに好評だったんで一応レシピを。塩コショウした鶏肉を兎に角表面がカリカリになるまで焼く。ほんでソースぶっかけて煮る。こんだけ。ソースは酒、酢、砂糖が大匙2、醤油大匙3、ごま油ちょこっと。それにみじん切りした葱とセロリを大量投入。あと、クローブとかシナモンとかコリアンダーとかぶち込んでおきますの。ソースだけ作って持ってきたら、キャンプ場では夫に肉焼かせるだけ。お手軽ですヨ>kerokoさん。

箱ワインはええですねー。ゴミも少ないし。
それになにより、1日に赤ワインをコップ2杯ずつ飲むとアルツハイマー予防になるんですってよ、奥さん!
それを知ってからは、缶ビールをやめて赤ワインばっか飲んでる妻ですが、たいていコップ2杯で終わるなんてできないんで、一夜明けると前日の記憶が欠落しとります。
日が落ちると気温も下がってきたんで、シェルの中へ移動。
ほんでもって晩御飯。
食べてばっか。
それ以上に飲んでばっか。
我が家は蟹鍋。keroko家からは美味しいおでんやら、高級チーズやら。次から次に出てきます。
うまーいー。
ワインが進むー。
てことで、2時半から午後10時半まで、8時間ぶっ続けで飲み続けちゃった酔っ払いたち。
そろそろ寝ましょかと、お空を見上げたら…老眼の妻でも感動するほどの満天の星空だったです。
あぁ、証拠写真が撮れなかったのが残念。
でもいいの。記録より記憶だものね。
飲みすぎちゃったから、明日になったら覚えてるかどうか怪しいけど…。
そんなこんなで、テントの中に倒れこんだのでした。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

茂庭っ湖DEカヌーキャンプ-Part1-

7月31日~8月1日は、お初のキャンプ場に行ってきたです。
福島の茂庭っ湖。
カヌーを浮かべるのは摺上川ダムで、キャンプ場はダムそばにある茂庭広瀬公園キャンプ場でありまっす。
junkさんがチャップンコしてる記事を見ちゃったから、真似っこしちゃったヨ…テヘヘ。
このキャンプ場、前もって予約の連絡を入れなきゃいかんってのがチト面倒なのですが(汗。
でも、利用料金はタダー!
初めてのダム湖だし、そのくらいのことはやりまっせ。
てことで、まずはキャンプ場の受付をするべく、サイトよりしばしダム湖方面に車を走らせた場所にある「茂庭生活歴史館」にて申請。
最初、キャンプ場をチラリと覗いたときに、駐車場から一番近い場所(このキャンプ場はオートぢゃありまへん)にガタイのよろしいあんちゃんたち数名がちょうど設営中だったのです。
「なんだかさぁ…あの人たちさぁ…酒飲んで暴れちゃったりしそーにね?」
電話で予約を入れた際に告げられたサイト番号が、その団体さんたちからあまり離れてないようだったので、「トイレからうーんと離れてもええです。炊事棟からうーんと離れてもええです。端っこのほうにしてください」とお願いして、31番サイトに変更してもらったのですが…。

11

↑キャンプ場についたら、まず宝探しのごとく自分のサイト番号を見つけねばなりまへん。これがちょっと楽しかったりして(笑。我が家が車を停めている道は、この先行き止まり。管理人さんに「アスファルト道路上ならどこでも停めてええよ~」と言われたので、サイトのすぐ隣に駐車。便利だー。キャンプのお供(本)は、山渓の「登山体のつくり方」…2007年号だけどね。それと、はた万次郎さんの「うっしー!」(10回以上読んでるけどね@漫画)。

31番てどこ?
ええと…キャンプ場内にはサイト番号の立て札とかありまへん。
地面をよーく見たら、頭に番号と矢印がマジックペンで書かれた杭が打ち込まれとりました。
管理棟で聞くと、駐車場に近い場所に陣取ってたあんちゃんたちは、近くの子ども会とのこと。時間が経つと、子供たちやらおかーさんたちもわらわら集まって、ものすごい団体さんになっとりました。
この週末、ココに集ったのは我が家とその子供会の団体さん、ほんで我が家のすぐそばに設営していたファミリー(2組)と、炊事棟に近い場所に設営していたご夫婦…の計4組。
リビングシェル(夫はシェルの中でコット寝)と妻の寝床ハーフムーンを設営したら、カヌーの道具を車に積んでダム湖へと移動です。
歩いていける距離ぢゃないのが、ちょっと難点だけどね。
まずはインフォメーションセンターで湖面利用の申請。
で、ええーっ!と凹む妻。

Moniwa_map_big

摺上川ダムって、あっちゃこっちゃに川の流れ込みがあって、すんごーく楽しそうなのに…。Map

カヌーでチャップンコでける範囲って、ご覧の通り、鼻くそ程度なんですよね。
「支流には入ってくれるな」て念押されちゃったし。
これぢゃぁ、手漕ぎボートとかスワンボートで遊ぶ程度ぢゃん。
なしてー?
インフォメーションセンターにいたおっちゃんに、ちょっと食って掛かっちゃったけど(汗)、
「ええと、土日はワシら委託されて来とるもんでねー。職員ちゃうんでねー。そのように伝えてくれって頼まれとるだけでねー」の一点張り。
しゃーない。
規則だから守るけど(渋々)、なしてこの狭いエリアだけしか遊べないのか、職員の方、今度あったときはちゃーんと説明してくださいませ。

12

↑カヌーのエントリは、インフォメーションセンターから車でちょいと移動したところにある梨平公園から。ちゃんとカヌー乗り場が作られとるのですよね。益々、この湖面利用の狭さに納得いかなかったりして…。猿に観察されてる2人と2匹。動物園の動物になった気分。

湖面に出るといやぁ~びっくり。
お水がものすごーく綺麗なのです。
周りに民家が一軒もなくて、お山ばっかだからですよね、きっと。
だからこそ、余計に支流に入ってみたい願望がムクムクと…。
あぁぁぁぁ~悶々。
なんてため息つきながら橋脚の側を漕いでたら、聞きなれない鳥の声。
「なんてゆー鳥かしらん?」
声のするほうを見上げたら…
鳥ぢゃなくて、お猿さんやったです。
あっちからもこっちからもお猿さんの声。
橋脚の上では数匹が毛づくろい。
んで、下っ端のお猿さんなのか、見張り役でアテクシたちが近づくと「ホホホ」だか「ポポポ」だか、そういった可愛い声でどうも仲間に知らせてるっぽい。
警戒してるときって、もっとなんつーんですか、キャーキャーとかキーキーとか、甲高い耳を劈くような不快な声を出すものだとばっか思ってたのに…。
意外とかわええ(離れてるから余裕)。
「あそこにもー」
「あっちにもいるー」
ちょっと興奮気味でお猿さんたちを探す妻と夫。
…の足元で、2匹は鼾かいて寝とりました。
犬猿の仲とかゆー言葉の意味、チミたち知ってる?
ガシガシ漕いぢゃうと、あっとゆー間に1周しそうだから、妻は乗ったらすぐに酒飲み(汗。
殆ど漕いどりまへん。
ダム湖がでけたのは2005年。まだ歴史が浅いからか、湖畔沿いの木々の切り株も新しい感じ。
途中、休憩ポイントを見つけたので上陸して、そのついでに焚き木を拾っときました。
カヌーに沢山積んで、今晩ガンガン燃やすのだー。

13

↑やることないからか、2匹で流木をガシガシ。BJは歯茎から血ぃまで流しとりました。カヌー遊びの後、サイトに戻る前に「もにわの湯」でひとっ風呂。晩御飯は鶏肉の香味(セロリたっぷり)かけと、中華スープ。

狭いエリアだけど2時間くらい遊んで(浮いてただけだったりして)、サイトに戻ります。
と、その前にキャンプ場から歩いても行ける「もにわの湯」へ。
入湯料は1人250円とリーズナブル(シャンプー類はナシ)だけど、小さいながらもちゃんと露天までありました。
お湯は無色無臭のアルカリ性単純温泉。
ちょっと熱めだったんで、長湯ができず30分で入浴終了~。
ホカホカになって(夫は汗だく)サイトに戻ったら、2匹を散歩させて晩御飯の準備です。
今回はホイル焼きぢゃないヨ。
つっても手抜きだけど。
で、その準備をしていると、妻の後ろで木がワサワサと揺れる音がするのです。
振り返ったら、1本の胡桃の木だけがワサワサ。
ソコだけに風が当たってるとも思えず、よーく目を凝らしたら、生い茂った葉っぱの間からニュ~っと伸びた毛むくぢゃらの手。
胡桃をもぎ取ったら視界から消えた手。
お猿さんです。
ぎょえー。
妻とお猿さんとの距離、6メートルほど。ちかーっ!
「猿だよ、猿ー」
夫に教えたら、「ほんとだー」と夫が指をさした方角には、妻が見てた猿とは別の猿。
そこには小猿数匹がおりました。
もぅね、車を停めたその向こうの木々の中にはウヂャウヂャなのですよ、ウヂャウヂャ。
どーりで、ダム湖周辺や、管理棟周辺、キャンプ場周辺に「猿に餌をやらないでください」看板がいくつも立ってるワケだ(笑。
でも、きっと看板通り可愛いからって近づいたりしないのね、誰も。
すぐ側で食事中の猿軍団は、人慣れはしてるみたいだけど、道路に下りてキャンプ場へ来ようなんて気配、一つもなかったです。
夕刻、離れた民家から山に向かってバーンバーンと猿鉄砲の音(朝も聞こえました)。
この山周辺に暮らす農業で生計を立ててる人にとっては、猿被害は切実だものね。
いやん、小猿ちゃんキャワイィー、なんつって無責任に食べ物を与えるのは、うん、いかんのですよ。
と改めて思った次第。
いやぁ~それにしても、サイトにいる間、ずーっと「誰かに見られてる」感モリモリなキャンプって(笑。
あ、2匹はカヌー時同様、ココでも猿には無関心…とゆーか、時折猿同士で喧嘩もしとったようなのに、存在すら気づいてなかった模様。
犬として大丈夫なんでしょうか。
ところで、件の子ども会の団体さんたちですが…。
日が暮れて肝試しなんてのをやってたけど、その後はすごーく静かだったのですよ。
昼間も子供たちがボール遊びで我が家のサイトの方に走ってきてたら、大人が「他の人の迷惑になるから、こっちで遊びなさい」ってわざわざ注意しにきてたし。
炊事棟の使い方も、とーっても綺麗。
勿論、撤収後もゴミなんて落ちとりませんでした。
いかついあんちゃんたちだったけど、人を見た目で判断しちゃダメねー。
今までキャンプ場であったどの子ども会より、上品な団体さんだったですよ。
その代わりといっちゃーアレですが、隣のファミリー2組が夜遅くまでドンチャン。ココの子供らもギャースカ煩かったし。
まぁ、アテクシは酔っ払って早々に寝ちゃった(午後10時)んで、気にはならなかったですけどね。
一人ぽつねんと焚き火して、コットで一人寝の夫にはかなり煩く感じたよーです。
ご愁傷様~。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

花山青少年旅行村でキャンプ

7月24~25日は、車にキャンパー乗っけて花山青少年旅行村キャンプ場に行ってきたです。
このキャンプ場は、我が家の初代カナディアンカヌー@アリーさんの進水式をしたところ。
つまり、初めてカヌーでチャップンコしたキャンプ場なのです。
2008年のアノ岩手・宮城内陸地震の後、しばらく営業をしてなくて…。
「どーせまだだろうなー」とずーっと思ってたら、あら、ボコペコ家が花山でキャンプしてるレポがUPされてるぢゃないの。てことは営業再開してるのねー。
んぢゃ、行こうよー、てことになったわけです。
キャンプ場に向かう前に、ダメモトで大崎ファームさんへ立ち寄ります。
「シロコロホルモン、あるかな~」
ありました!うひょひょーい。
ユニセラと炭を持ってきた甲斐があったヨ。

11

↑初めてこのキャンプ場に来たときは、水がものすごーく多くて、東屋が半分水に浸かってたんですよね。そのイメージが余りにも強すぎて…。だから「第1駐車場からサイトまでの距離だってたいしたことないしー車は乗り入れなくてもいいんでない?」なんて言ってたのに…。来てみてビックリ。「え?お水、こんなに少ないのー?」「サイト、めちゃんこ広いんですけどー」。てことで急遽車を乗り入れることに。

受付をするため管理棟の下の広い駐車場に車を停めようとしたら、そこには被災地仮設住宅が建てられておりました。
未だに不便な生活を強いられてる人がいるそのそばで、楽しむためにやってきた我が家(汗。なんだか居心地悪いけど…。
すんませんね、ホントすんません…と心の中で謝って、クルリと体の向きを変えたら、もぅ頭の中はキャンプ一色になっとりました(薄情。
いやホント、すんません。
キャンプ場の利用料は、入村料大人1人150円。でも1泊したら2日分とられちゃう。
車を乗り入れた場合は、1台につき1,050円。これも1泊しちゃうと次の日の分もしっかり徴収されて2日分の2,100円が加算。
テント1張り520円。これは1泊でも1日分(なーぜー)。
でもって、タープも張っちゃうと別料金(520円、1泊でも1日分)がかかっちゃう。
えー?
こんなにかかったっけ、ココ(特に駐車場料金)。
管理人さんは「昔からこの値段です」ていうてましたけど…。
うそん。
経営母体(下請けかもだけど)が、変わったのかいな。
領収書を見たら「株式会社 ゆめぐり」て書いてありました。
ゆめぐり?
この会社って、金成の温泉「延年閣」やってるとこやんけー、てことは絶対値上がりしとるやろっ!と延年閣の入湯料金を思い出して何度も頷いた妻なのでした(ローカルネタですんません)。
花山ダムの水が少ないってことは、サイトが広いってことなのです。
カヌーをエントリしやすい場所に設営すると、トイレがかなーり遠くなるってことなのです。
悩んだ挙句、サイトのど真ん中に設営することにしました。
他にだーれもいないしネ(その後、1組来ましたけど、いい感じに離れとりました)。
んで、設営が済んだら早速カヌー…といきたいところだけど、日差しも強いけど風が意外と強いのです。
なので2匹を遊ばせることに。

12

↑走りまわったらダム湖の水で勝手にクールダウンのサラ。BJは足先つけるだけ。ま、殆ど走ってないしねー。キャンプサイトにはU字溝つきの蛇口がいくつもあるので、水に浸かろうとしないBJにはこうやって強制的に水攻撃。

田植え前の水量の多い時期は、当然このU字溝のある辺りは水没します。
だからなのか、単にお日様の熱で溶けたのか、ホースがネチネチのヌチャヌチャになってるのがあったですよ。
遊んだ後は昼寝。
鼻の下にでっかい絆創膏貼った妻は、左手に缶ビール(懲りません)、右手にハエ叩きを握り締めてアブ殺し(酔拳っぽかったかも)。
これがかなりおもろくて、カヌーなんてどーでもよくなってるし…。
んで、ダラダラ過ごしてたら、あら晩御飯の時間ぢゃないの。
炭を熾して、念願のシロコロを焼きやき~。

13

↑遊び疲れた2匹。気持ちよさそうによく寝とります。晩御飯、シロコロの他は持参した豆アジの南蛮漬けと、友達に頂いたキュウリの佃煮(?)乗っけた冷奴。中年の胃袋にはシロコロ300gでも多かったらしく、他のもの(ちゃんと用意はしてあったんですよ、いつものホイル焼きばっかだけど)に手をつける気にもならんかったです。

胃袋がはち切れそうで、ちょっと横に…のつもりがマジ寝してしまいまして。
今回は二人揃ってコットで。
数時間後、ピカピカとシェルの外が明るくなるので目が覚めました(既に深夜)。
耳を澄ましたら、遠くに雷の音。
んで、しばらくしたらシェルを叩く雨音。
あ~れ~?
天気予報ぢゃ、土曜日は晴れ。日曜日の午後から崩れるんぢゃなかったっけか…?
雨脚はどんどん強くなっとります。
それと同時に上がる湿度。
ちょっと肌寒いんだけど、妻のシュラフのナイロン地はベタベタした肌に当たると結構不快。
夫が掛けてた綿シュラフの方がマシなんで「アテクシにも半分よこしなさい」と広げて、仲良く使用しました。
愚犬らは、妻のアガラッシュコットよりも夫のコットの方が寝心地よかったらしく、2匹ともが夫側へ移動。
「BJ、おまいもか…」
お陰で妻はゆったり寝ることがでけたんですが、ちと寂しかったヨ…グスン。

14

↑雨降って地面が濡れてなきゃ、絶対コットをくっつけたりしないんだけどねー(笑。そんなことより、なしてそんな格好でご飯を食べるんだ?

中年夫婦、いつものように6時前に起床。
外は雨~。
強い雨~。
もぅ笑うしかありません、ウケケケ。
カヌーまで持ってきて、でもってそんな設定いつからー?びっくりだヨーな駐車場料金2日分までお支払いして、何しに来たの?って感じです。
おまけに、昨夜の食べすぎが祟って、二人して胃が重いし。
「おし!決めた!撤収ぢゃぃ」
今までにないスピードでサクっと片してしまいました。
んで、最後にデカいゴミ袋にシェルを突っ込んだら…あんらー?
雨上がったし。
しかもお日様出てきちゃったよ、ピカリーンて。
ナニ、コレ…いぢめ(笑?
「だったら、せっかくだし、夫だけでもチャプってきたらー?」
てことで、笑顔で送り出す妻。
…は、エアコン効いた車の中で犬ころいぢりながら、缶ビール飲んどったわけです。
胃が重いとか言うとったくせに、何故か入るのよね…ビールは別腹?
夫のカヌー遊び1時間ちょい。
こうして花山キャンプは終了。
次回ココにカヌー持ってくるときは、ディキャンでええかなー。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

とことん山キャンプ場@イベント情報

GWレポの途中ではありますが…

雪もすっかりなくなって新緑が気持ちよくなってきた「とことん山キャンプ場」。

Imgp2610

(↑ボケボケ写真でスンマセン)

そのとことん山キャンプ場で、来る5月22日(土曜日)…

キャンパーさんへ山菜汁のサービスがあるそーです。

以上~とことん山イベント情報でした!(短っ)

とことん山キャンプ場
 秋田県湯沢市皆瀬字新処106
 電話番号:0183-47-5241


アテクシの体調がよくなってたら…rikoさん一緒にどう?

にほんブログ村 アウトドアブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

残念なお知らせ@とことん山キャンプ場

先週末、温泉の配管が破裂して入浴不可になったとことん山キャンプ場。
その後、配管の修理は無事に終わり、カンペキー!になったハズだったのですが…。

昨日、今度は温泉棟の水道管が破裂してしまったそうです。
温泉には入れるけど、シャワーが使えない。
それだけなら、別に問題はなさそうなのですが…。
トイレの水も流れないとのこと。

夏場、管理棟になっている場所のトイレを開放したとしても、今度はソコの水道管が夜中凍結する心配もあり…。

結局、今週末はキャンプ場自体、クローズさせていただきたいとのことでした。
このうんこブログをご覧の方で、今週末「とことん山に行くドー!」と思われてた方が果たしているのかどうか疑問ではありますが…取り合えず。

尚、2月の第1週の週末は絶対カンペキー!になってると思うです。

それにしても、寒い地域はホント、タイヘンだなぁ…。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

秋山浜DEキャンプPart1

12月5~6日、福島県の猪苗代湖畔にある秋山浜キャンプ場に行ってきたです。
前日まで天気予報とにらめっこ。温泉付がええから、錦秋湖にでも行くかー?なんて考えてたけど、土日は生憎の雨マーク。土曜日は雨が降るものの、日曜日はお日様マークがついてるのが福島県ってことで、ココに決めたのでありました。
無料のキャンプ場は我が家の貸切でした。ウホホ。
炊事棟は冬期閉鎖のため、お水が出ません。
「足りるかちら?」と少々不安を抱きつつも、家から4L持参。
貴重な水ですからね。
それを言い訳に、キャンプ中は顔も手もあろーとりまへん(きちゃない)。
用を足した後だって、そのままの状態で飯炊きしとりました(ばい菌ウヨウヨ)。
こうやって、抵抗力をつけるのです、わーい!
(結局、かなーり余ってしもたんですけどね)

51

↑目の前にはドドーンと安達太良山、左手には磐梯山が見える…ハズなんだけど、どんより曇り空でお山は見えず。残念。

ちょうど昼飯時に設営終了。でも、食べると飲みたくなるわけで…酒を飲む前にまずは風呂に行かねば…(車だし)。
キャンプ場からさほど遠くないところにあるサニーランド湖南。
郡山市内に住んでる方だと、使用料はタダ!。1日ずーっといてもたったの150円ですと。
市外の人だって、入浴料は230円(1日使用料は460円)とお安いんですけどね(固形石鹸のみ有。十分だ)。
地元のお年寄りの方々の憩いの場になってるよーで、おばーちゃまたちは殆どがお知り合いのようでした。
和む(笑。
いろんな温泉で洗い場を私物化するイタイおばば(腰掛けにタオル広げた状態で湯船に浸かりに行くとか)を見てきたけど、ココのおばーちゃまたちは皆が皆、使用後は風呂場を掃除するんですよー。
素敵すぎ。
泉質は単純泉の無色無臭と、チト物足りなさも感じるけど、こーゆー方たちに愛されてる施設なんだ~と思うと気持ちええです。
おばーちゃま方の会話は、方言きつすぎて何を語ってるのかさっぱり理解できませんでしたけど(笑。
お風呂から上がったら、ポツポツ雨が降り始めてきました。
今回、酒のつまみの乾き物を持参しわすれたので、途中にあるお店でお買い物。
ポテチ、湿気とりました(笑。
賞味期限切れた柿ピーとか売っとりました。
コンビニ(一応)なのに、自家製と思われる漬物なんかがドドーンと売られとりました。
田舎のお店は、面白い~。
キャンプ場に戻ったら、雨が強くなる前に軽く2匹のお散歩。
そういや、このときの散歩くらいしか動いてないですよ、ヤバいですよ…。

52

↑昼飯がまだだったのでサイトに戻ったらシェルの中で焼き物。食い終わったら、あら晩飯の時間ぢゃないのってことで、鍋タイムになだれ込み。雨音を聞きつつ、食って飲んで飲んで食って…それ以外にやったことといえば、本を読んだくらい。恐ろしく動いてない。

晩のお鍋はお野菜たっぷり酸辣湯鍋。うまー。
食べてると、雨音が激しくなってきたです。
風も強くなってきて、波音ザッパーン。
でもね。
ココは砂地(なので、ペグは短いと風吹いたらスポンと抜けるです)。
水はけがたいそうよろしいのです。
お陰で、シェルの中は雨水が全くしみ込んできません~快適。
座布団ナシの椅子の上は居心地あまりよくなかったみたいですけど…。
てことで…



いつの間にか、のそのそと妻の膝の上に移動してきたBJ。

Imgp0203

本人はたいそう気持ちよさそーですが、14キロの漬物石(違)乗せたまま読書するっつーのは、けっこう辛いものがあるですよ。
テントに入ったのは午後8時前(はえーっ!でも、これでも随分頑張ったのです)。
最近、ヘタってきた我が家のシュラフ。そろそろ新調せねばかも~と思いつつ、今回はデカいフリースを上から掛けたり、ホカロン貼ったりして防寒に備えたのですが…
夜中、暑くて何度も目がさめちゃいました。
やっぱ、福島は秋田、岩手に比べると暖かいですわぃ。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)