温泉

2011年3月11日 (金)

たんおめこぢキャンプ-2-

宴もたけなわ。やんや楽しんでたら、ken*2さんが温泉棟前の雪壁にズラリと蝋燭灯してくれたとゆーんで見に行くと、ぽんママとバッタリンコ。そのまま、ぽん家とアベル家がまったりしてるシェルにお邪魔してダラダラと長時間お喋りしてしまいました。
ぽんママとあうのは超久しぶり(次はきぼこでー)。あえてヨカッタ。
いやぁ~楽しかったです。
皆さんどうもありがとー。
飲んで食べて喋りまくって~ムフフな贈り物沢山頂いて~最後に温泉で体温めて~心も体もホカホカになってニヤけながら眠りについたのでありました。
ほんで朝。
尿意で目が覚めたついでに朝風呂に入ってサッパリしたものの、テントに戻ると二度寝。
いつもだったら、先に夫が起きだしてテントの外に出るけど、前夜かなーり飲みすぎたらしく、珍しく外に出たのは妻の方が先でした。
エッグの中では既にノリピーさんが「飲みすぎて頭痛い~」と言いながらも、慌しく朝ごはんの準備に取り掛かっとります。
壊れっぷりも素敵だけど、何があってもやることキッチリやっちゃうとこなんて、ぐーたら妻とは大違い。主婦の鑑だよね。尊敬しちゃう。
2匹の朝散歩が済んだら朝ごはんタイム。

21

↑最近、とことん山で雪中キャンプやると、ゲロりまくりのBJ。実は雪中…嫌いだったんでしょうか(気づくの遅すぎ?)。朝も寝起きで一発ゲロゲロー。妻と夫のシュラフの隙間にもんぢゃ広げてくれました。妻のザックにもすっぱゲロが。あーうー。なので朝飯はヌキ。ついでにサラもヌキ(笑。

仙台油麩に最近ハマっちゃったとゆーマキちゃんは、油麩丼作ってくれました。
うーまー。
今回のキャンプは2日間で結構な量の米を腹に詰め込んだような…。
ノリピーさん特製の生姜タップリ入った中華風スープも、うーまー。
他にも美味しいモノがたーくさん。
朝からビールがすすむよ~。
乞食、2日目も朝から腹いっぱいで幸せであります。
ワザとソフトクーラーボックス家に置いてきたわけぢゃないからねー。
「お昼過ぎまでダラダラこんな感じで過ごそう~」なんつってたけど、Sクンにまさかの会社からの召集命令。
改めてプレゼントのお礼を言って、寂しいけれどさよーなら。
食後は温泉。
2日間で温泉に入った回数はいつもより少なかったけど、入ってた時間が長くて、結局いつも以上に湯に浸かってたような…。お陰でずーっと指先がシワシワやったです。
飲んで風呂入ってダラダラくっちゃべってたら、あっちゅーまにお昼。
ノリピーさんがひっぱり饂飩を茹でてくれたです。

22

↑ひっぱり饂飩には、納豆やら鯖缶やら好きなものを乗せてズルズルー。お腹いっぱいになったら、名残惜しいけど撤収作業。ルーフ家からは妻の関節に嬉しいグルコサミンー、それに、サラ&BJのチョコの形したマグネット。わざわざ注文してくれたなんてー、J子さん、やるなぁ。それとこんぶの湯の素まで。マキちゃんには桜の花びら入ったワイン。女性っぽくて妻にぴったんこー。Sクンからはマンネリ夫婦を危惧してか、低温蝋燭ですわよ(寝てる夫の瞼に垂らせばええのかしら?)。ノリピー&信ちゃんからはもーもーチロルチョコと…どひゃーな座薬の親戚みたいなやつ(キャンプから帰って早速使うことに)。富子ファミリーからも可愛い半ケツ、もといハンケチなんかを頂いちゃいました。

今回も楽しくて、ほんでもって美味しい2日間でした。
乞食だったハズなのに(笑。
皆さんどうもありがとでしたー!
帰りはプレゼントに囲まれて。
乞食だったハズなのに。
キャンプ仲間だけど、キャンプで使うグッズぢゃなくて笑える品々ってところが、これまた素敵すぎ。
妻を思い出しながら選んでくれたんだな~と思うと嬉しくて鼻血でそー。
ピンク系が多いのが気になるトコロですが(笑
来月は、誰のたんおめキャンプ?うふふー。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

たんおめこぢキャンプ-1-

3月5~6日の週末はとことん山へ。
ぐふふぐふふ~6日は妻のお誕生日だったのです。トシが一つ増えることは嬉しいことぢゃないけれど、有志の皆さんがお祝いしてくれるとゆーんだもの。んもぅ、それだけで心が躍るとゆーものですワクワク♪
そんなわけで、前日の夜は必死こいて酒のアテの下ごしらえ。
出発当日の朝、ソフトクーラーボックスに詰め込んで~いざ出発ー!
お昼頃とことん山に到着したら、駐車場でルーフさんとばったり。
SクンとダンディーM氏&K子さんご夫妻は既に来ていて、温泉棟の前に設営を済ませ(ダンディー家はディ参加。用事があるのにわざわざありがとーです)アテクシたちのために雪踏みしてくれとりました。
今回も我が家はテント@アスガードのみ。
リビングには、ルーフ家のエッグをお借りします。

11_3

↑しばらくしたらマキちゃんも到着。皆でお昼ごはんです。マキちゃんは雪中だろうが、まな板&包丁出して食材切るところから調理を始めるのです。すげーすげー。飲み始めたら動きたくない妻とは大違い。ええ嫁になれるでー。夕刻に到着したノリピー&信ちゃんご夫妻は雪中キャンプ初体験。あっ!テントの写真、撮りわすれたー(汗。

設営が済んだら、早速昼ごはん。我が家は途中で買ったコンビニおにぎりとサンドイッチ…だったのですが、ルーフさんがとことん山のレストハウスで購入したホカホカのライスバーガーが美味しくて、コンビニおにぎり…次の日までテーブルの隅っこに放置されるハメに。存在を忘れ去られたコンビニおにぎりは、凍って米粒がプラスチックみたいになっとりました。
昼ごはんが済んだら「飲み」だよね。
おしゃー!アテクシの出番だわ。
酒のアテ、たーくさん用意したから皆の衆に振舞ってしんぜよう。ちょっくら待っていなさい。
と、ソフトクーラーボックスを探したら…なーいーっ!
どこどこ、どこにあんの?まだ車の中?それともソリの上に放置しっぱ?
「え? ソフトクーラーなんて、車に積んできてませんけど?」と夫。
「…え?」て言いたいのはこっちの台詞ですけど。
つか嘘でしょ。
嘘だといってーおーまいがーっ!
我が家の土日2日間の食材が、ぜーんぶ入ったソフトクーラーなのに。
妻の手元にあるのはアルコール類のみ(カロリーだけは足りてる。つか足りすぎてるけど)。

*「取りに帰る!車の鍵貸して」
*「取りに行くならワタシが…」(と夫)。
*「いや、雪道運転するならオレの方が早いよ」(と、ダンディーM氏)。
(3行上に戻る。でもって*を飽きるまで繰り返し、そしてフェードアウト)

片道3時間…往復6時間…現在の時刻午後1時…うーぐーっ。
すったもんだの末、「諦めなはれ」「食うものなら他にも沢山あるがな」「恵んでやろう」の皆さんの優しい言葉に甘えることになったのでした。
そんなこんなで、表題通りたんおめ…だけど完全に乞食なキャンプ。
あーうー。それにしても…
昨夜の頑張りは何だったの。
夜なべ(てほどでもないけど)したのに。
時間を返してー!アテクシの青春をー(違)!
妻はしばらく立ち直れないでいたのでした。
そんなどんより妻に、「ホレ」と真っ赤な袋を手渡してくれたダンディーM氏。
袋の中には真っ赤な首輪。
あぁぁ~ん、ありがとう。
ナゼワカッタ? ワガヤノシュミ。コレ、ホシカッタヨ、フウフデツカウヨ、ヨルニネ。ワタクシノクビ、ツケテ、ヒッパッテモラウヨ、オットニ。
でなくて、サラ用の首輪が入ってたです。
嬉しいーっ!ワンコ飼いぢゃないのにサイズが分かっちゃうなんて(感涙。でもって、意外と似合ってて可愛さ倍増ー(親ばか)。

12_2

↑ルーフさんは妻の誕生日のプレゼントとゆーことで、人生初の料理にチャレンジしてくれました。これまた感激。でも、J子さんが多分きっとぜーんぶ下ごしらえ済みだったと思うです(笑。んで、調理中も「はい、次はコレ入れて~」「次はコレ~」と丁寧なアシスト。本人、何が出来上がるのかも分からなかった模様。

んで、完成したのは、ドイツに近いフランスのお料理@シュークルート(とゆーそうな)。
ザワークラフトとソーセージの煮込みであります。お洒落~。ちょっと酸っぱくて、ワインにぴったんこ。マスタードがよくあって、うめーっ。
マキちゃんは豪華ちらし寿司を建造。これまたうめーっ。
ヤバい、箸が止まんない。
既に腹ポンポコポンな妻。乞食なのに。
夕方到着したノリピーさんからは激ウマロールキャベツ。
他にもいろんなモノが所狭しと並ぶのですが(写真撮ってないし…)、乞食の胃袋には隙間がもうありません。乞食のくせに。ゲフーッ。
その後、富子ファミリーも大量のタラの芽天ぷら持参で駆けつけてくれました。
んで、似顔絵付きの素敵バースデーケーキまで。
真っ白いケーキ。
甘いもの苦手な妻用のケーキ。
スポンジ部分は、テントサイトの雪でできとりますの。
うははー、こゆところがまたたまらんね。
みーんなから素敵プレゼントを沢山もろたのですが、それは-2-にUPするです、むふん。あ、一部紹介できないものもあるけど(恥汗。
とーねんとって36歳(とーねんとっての意味違う)。
今年はホントに思い出に残る誕生日になったです。さんきゅーえぶりばでー!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

Sクンたんおめキャンプinとことん山-2-

ここんとこコテージやバンガロー泊ばっかだったんで、久しぶりの雪中キャンプ。
土曜日の空模様は快晴だったし、昼間はポカポカだったし…てことで、ナメまくっとりました。
放射冷却とやらで、明け方、背中がゾクゾク(昨晩、ダンディーM氏が帰った時の気温は-9度だったそーな)して何度も目が覚めちゃう。足先もBJブタンポがくっついてると温かいんだけど、離れちゃうと寒さでジンジンするのです。
今回、分厚めの銀マット(我が家のは金色ですが)を2枚敷いてコレだなんて…。
午前4時前にどうにも我慢できなくなって、温泉棟へダーッシュ。
シャワーで体を流して湯船に飛び込んだら…
プギャー!
人肌よりも温い湯になっとりました。
「水温調節のため、ホースは抜かないでください」
そうデカデカと壁に貼られてんのに…加水口に突っ込んであるホースは抜かれて水ジャージャー。
おまけに、抜いたホースが洗い場の水専用の蛇口にはめ込まれて、水栓マックスで開けられドバドバ湯船に水が流れ込んどります。
そりゃ水風呂になるわな。
つか誰やーっ!最後に出たやつーっ!ムキィーッ。
源泉口の近くに小さく縮こまったまま、寒くて温燗風呂から出るに出れない妻。
ちょっとでも動くと、下の方からひゃっこい水の塊が背中や尻を舐めてくるんです。うえーん。
30分ほどそうしてると、J子さんがこれまた「寒かったねー」と言いながら浴室に登場。
「温いよ!やめといたほうがいいよー」
そう教えたんですけど、ドボン。
そして、ヒョエーッ。
二人で湯船の中で震えながら愚痴っとったんですが、意を決して2段目の湯に移動することに。
正解でした。
こっちは加水用の蛇口なんてついてないからね。
雨降りのときや、雪がワサワサ降ってるときは温いことが多いけど、今回は周りの木の枝の上にも雪の固まりはないし(時々ドサっと湯船の中に落ちるのです)、適温でした。
最初からこっちに入ればよかったよ…とほほー。
いや、それにしても張り紙の注意事項は守って欲しいもんです…。
この日、撤収前にも風呂に行ったけど、そのときもホースが抜かれてて、水ジャージャーで温かったんすよねー。
出るときには、入ったときと同じ状態に戻してからにしてちょ、と。
1時間以上温泉に浸かりっぱなしで、指先シワシワ~。
で、やっとこ体を温めてテントに戻ったんですが…起きてもいい時間なのに、ついつい二度寝してしまいました。
次に目を覚ましたときには、既に隣のシュラフは空。先に起きた夫が、エッグの中を暖めといてくれたです。ありがとん。

21

↑テントから出たら、再び風呂へ。んで、2匹の散歩から戻ったら朝ごはん。我が家は今回ダッチは持参せず、フライパン調理のみ。これで焼きそばを建造。J子さんが昨夜作ってくれた激ウマ鍋。その残りにお饂飩いれて…やっぱり熱い汁物は体が温まってええね。とかいいつつ、朝から冷え冷えビールも飲んどりましたけど。

夫はマキちゃんの炊いたご飯までペロリ。
皆でワイワイお喋りしながら食べると、何でもウマーぃ。でもって、思った以上に腹に詰め込めちゃうー(怖。
コテージ泊と違って、撤収時間もユルユルなので、気持ちも体もユルユル~。
朝から飲んで~喋って~風呂に入って~また飲んで~喋って~を繰り返してたら、あらもぅお昼。

22

↑ダンディーM氏が昨日置いてってくれたラーメンの麺を鍋にぜーんぶぶち込んでグツグツ。トッピングの野菜炒めをSクン&マキちゃんがちゃちゃっと作ってくれました。その上に乗せた辛味噌がこれまたイケるー。

お昼を食べたらユルユル撤収作業。
今回もおいちーもの沢山食べて、持参したアルコールをぜーんぶ消費して…その割にはカロリー消費するようなことなーんにもしなかった自堕落な2日間でしたが、やっぱりキャンプは楽しいね~。
お付き合いしてくれた皆さん、どーもありがとでした。
でもって、Sクン、お誕生日おめでとー!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

Sクンたんおめキャンプinとことん山-1-

キャンプ仲間のSクンが誕生日を迎えるとゆーんで、2月19~20日は雪がまだまだドッチャリ残ってるとことん山にバースデーキャンプしに行ってきたです。
Sクンの31歳を祝って集まったのは、相方マキちゃん、ルーフ家、我が家。ほんでもってディ参加のダンディーMさんでした。
今回も美味しいものたーくさん食べて、しこたま飲んだ楽しい2日間だったです。むふーっ。

11

↑お昼前にキャンプ場に到着したら、前日入りしてたSクン&マキちゃんがお出迎え。金曜日の夜にやってきたとゆーのに、リビング用のツェルトの中は雪が掘り下げられて快適そう。中に入ってみたい気もしたけど、お天気いいから外で早速飲み~。

荷物を運び終わった頃、デイ参加のダンディーM氏が大荷物抱えて登場しました。
テントないハズなのに、なしてー?
両手には一斗缶5個もぶら下げとります。
「これでイグルー作るんダー」ですと。
ふーん。
「作るなら、お一人でどーぞ」と優しい言葉で返しておきました(鬼。
(結局、単なるお荷物になってしもた5個の一斗缶)
そんな感じで和やかに(え?)談笑しつつテント設営してたら、ルーフ家も到着です。
我が家の今宵の寝室@アスガードは、1年ぶりの出動。
テント1つだけだから、荷物も少なくて楽チンです~。
今回はルーフさんのエッグが宴会場となりました。

12_2

↑Sクンが持ってきたのランタン(とゆーか、カンテラとゆーか)、くっそ昔のエバニューの蝋燭ランタンです。エバニューのロゴがカタカナ表記。小窓は雲母でっせ!うんもーっ。SクンのBDてことで、プレゼントが渡されました。我が家からは「腰、お大事に」の気持ちを込めてユンケル1ダース(しょぼ)。ルーフ家からはおもしろお菓子とシャンパン。スペインだかの御菓子、鮮やかすぎて体に悪そう~(でも意外と味は美味でございました)。我が家の2匹、殆ど飼い主の膝の上には乗っとりまへん。ルーフさんやJ子さん、Sクン、マキちゃんの膝の上の方が落ち着くみたい…うむー。

マキちゃんからはバースデーケーキに愛を込めて。
火を点けたら音楽がなる蝋燭を灯して、皆でハッピバースデーツーユーの大合唱(あってなかったけど)。
そのまま夜の宴に突入して、我が家は皆に包んでもろた餃子をヤキヤキしました。
プリプリのシロコロをエッグの中で焼いて~煙に咽る一同。
J子さんが牡蠣で作ったガーリックバター焼き。エスカルゴバター食べてるみたいで、絶品やったです。 ワインがすすむよ~。
お誕生日だから、ちょっと華やかにネ…てことで、年末キャンプで使った昭和のチカチカ(3色電飾)も飾ります。
エッグ内、一気に場末のバーに早代わり。
昼間ポカポカ陽気だったのに、日が落ちると気温が一気に急降下。
でもエッグの中にはルーフ家のフジカ、マキちゃんのアルパカ、我が家のタケちゃんと炭でヌクヌクです。
楽しいー。
ホワ~ン。
楽しいけど、だんだん瞼が重くなってくるー。
眠気を払おうと温泉に浸かりに行ったのですが…。
湯船でもコックリ。
エッグに戻ってきても、やっぱり眠いー。
「0時頃には帰る」と言ってたダンディーM氏。
どーにもこうにも我慢できず、午後10時頃、妻は撃沈してしまいました。
お見送りできず、ホントごめんなさいでした…。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

とことん山でヌクヌクワイワイ-2-

暖房効いたお部屋で寝た(人数多かったんで、煩い鼾に耐えられる組と、耐えられない組 の2組に分かれて寝たとです 笑)2日目の朝~。
喉ガラガラ。
おまけに珍しく二日酔いなのか、体はダルいし、頭が痛いーっ。
二日酔いになったのは、多分、温泉に1回しか入ってないから。
ヨロヨロと起きたら、朝から絶好調な人たちが既に揃っとりました。
皆元気だのー。
テーブルの前に座ったら、おいちー朝ごはんが並びます。
写真ないけど、豆もやしのピリ辛炒め~激ウマすぎて「二日酔いで食欲ないー」なんつってた妻、バクバク。
食べたら、なんとなく二日酔いも治っちゃった感じ。
んで、食後はmamakoさん、rikoさんの女3人(プラスおかま1匹)でスノーシュー。
ツリーハウス前の雪壁を無理矢理上って林道へ出て、ウホウホ歩きます。
だーれも歩いてない林道。
フッカフカな雪。
気持ちいい~。
でも、あまりにも白すぎると目がチカチカしてくんのね。
んで、傾斜してんのかまっ平らなのかわかんなくなって、チト怖い。

21

↑ただ林道だけを歩くのもつまんないんで、途中から林の中へ突入して、獣の足跡を辿ってみたり、無闇に急斜面を上ってみたり(←こりは妻だけ)。

mamakoさんが股関節が痛くなったとゆーので引き返したら、復路はBJの早いこと。妻の呼びかけにも立ち止まることなく、一目散でコテージへ。
いくつもコテージ建ってんのに、泊ってたところがどこなのか、ちゃーんと迷子にならずに帰ったのにはびっくり。妻より記憶力ええんでないのー?…と(笑。

女3人がスノーシューに興じていた、その頃。
夫とルーフさんは、Sクン&マキちゃんに教わりながらゲレンデでスノーボード。
ルーフさんはスノーボード初体験。
夫は15年以上ぶり。
15年以上も前に着てたウェア引っ張り出してきたのよね。
15年前はそのウェア…イケてたハズなのに…。

31

↑今ぢゃどっから見てもファイヤーマン。手にぶっといホース持ってたら完璧だよ。サラはコテージでヌクヌク。ストーブのまん前でヌクヌク…とゆーか、サスペンダーの金具があっちくなっとったで。

コテージに戻ったmamakoさんとBJと別れ、rikoさんと二人で、頑張ってるおいちゃんたち(夫とルーフさん)に声援を送ろう~なんつってゲレンデへ行ってみたのですが…。
ヘロヘロになったルーフさんが、こちらに向かって歩いてきます。
「もぅギブー」
ボードのレンタル時間はまだ残ってるのに~(笑。
ほいぢゃ夫は?と、もぅすぐ下りてくるのか?まだかまだかと左の急斜面を2人で凝視…してたら、右のファミリーゲレンデをちんたら滑り下りてきた夫。
滑るとゆーか、動いてる…よね、って感じ(笑。
んもぅ~、山歩きもボードも牛歩なんだからー(丑年、おうし座生まれですけんね)。
コテージに戻ったら、今日から1泊参加ののりぴ&信ちゃんが美人な娘さん@ひーちゃん連れて到着~♪。
お昼ごはんにとおこわとウマウマおでんを持参してくれました。
がっつく妻。
幸せだー。
ビールも旨いー。
んが、その後、テーブルに並んだのは甘物各種。
つか、皆酒飲みなくせに、甘いものもイケちゃうなんてー、信じられん。
遅めのお昼ごはん食べたばっかなのに、程なく夕餉の時刻。
料理上手な女性たちによる豪華ディナーや、ダンディー氏作の大量ピザで、腹はち切れそー。
暗くなってからトミコ夫妻も参加して、食べ物だけぢゃなく人も豪華に。
もぅ何がなんだか。
記憶が殆ど残らないほどヘロヘロになってしまった妻なのでした。いつ寝たのかも覚えてなかったり…。風呂には行ったのか?
最終日の朝。
部屋の暖房消して寝てたので、喉の調子は良好~。でもって、あんだけ飲んだのに二日酔いもなくスッキリなお目覚め(でも早起きぢゃなかったり)。
既に台所ではのりぴー&mamakoさんが朝ごはんの準備に取り掛かっとりました。
思わずのりぴーのことを「おかーさーん」て言っちゃいたくなるヨ。
炊き立てのご飯にお味噌汁。
mamakoさんがあり物でちゃちゃっと作ってくれたおかづもウマーィ。
あ、mamakoさんのことも「おかーさーん」て呼んでいいかちら(年下だけど)。
食事の後は後片付けして撤収作業。

22

↑合宿とゆーより、盆暮れ正月に親戚大集合しちゃった~て感じでした。「あのおばさんは、いつも座って飲んで食うだけなんだよね。人間バキュームカーだわ」て言われるのは、多分妻。我が家よりヌクヌクで、BJもサラもなんだか帰りたくなさそーでした(汗。

コテージ泊は、荷物が少なくて楽なんだけど、その分撤収時間が決まってるのがネック。
なんだか慌しいのです。
んで、一つ二つと荷物がなくなって、ガラ~ンとしたコテージ内の寂しいこと…。
荷物を車に運んだら、最後のお風呂。
ゆーっくり浸かって、シズちゃん、rikoさんを乗せた我が家の車はとことん山を後にしました。
んで、お昼ごはんはマタギのお店「きのこ屋」で。
ルーフさんが食べたとゆー、山菜&きのこ定食がどーしても食べたかったの。
小鉢が8つにお味噌汁、それに大量のお漬物。食後にはデザートと甘酒までついて1,000円。うまいー。安いー。
でもって、山菜とキノコのくせに腹いっぱいーっ。
最初から最後まで美味しいものを、たーくさん食べた3日間だったのでありました。
皆さん、ごちそーさまでした。
そして、どーもありがとー!
またよろしくです。
今度、Tさんにあえるのは…一体いつなんだろ、ね。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

とことん山でヌクヌクワイワイ-1-

11~13日の3連休は、とことん山へ行ってきたです。
北見に行っちゃったTさんが秋田に来るヨ!ってことで、集まろうやないかぃてことになったのです。
ダンディー家、ルーフ家、Sクン&マキちゃん、モモマロ家、シズちゃん、tako♪ちゃん、ほんで久しぶりにとことん山に足を運ぶrikoさん。
12日からはのりぴー&信ちゃん家(娘さんのひーちゃんも)が合流して、大人数でしばらくぶりのTさんをお迎えしようとゆー計画。
だから、いつもとは趣向を変えて今回はヌクヌクなコテージを予約したのでありました。
一体どんな迎撃会になるのやらとワクワクしてたんですが…当日になって当のTさんが諸事情により来られなくなってしまいました。
主賓のいない迎撃会なんて…。あーうー。残念。ホント残念。
なんてTさんを偲んだのは始めの数十分だけだったりするのだけど…てへー。

11

↑今回お世話になったのは、吊り橋渡ってすぐのところにある和室2間のココ。コテージとゆーより1軒屋だよコリャ。入ると土間になってて、左手に台所。んで、右側に和室。正面の廊下をズズーっと進むと、奥には和室の寝室。お風呂とトイレもちゃーんとあるのデス。

着いて早々台所で忙しく仕込み作業し始める働き者の人たちと、到着したら、すぐさま座り込んでプシュっと缶ビールあけて飲み始めるダメ人間と2通り。妻はやっぱり後者でしたが。
いずれにしても雪掻きやテントの設営がないって、楽でええね。
雪掻きや設営がないってことは、汗流さないってこと。
汗流さないのに酒飲みっぱなしで、体内アルコール濃度はどんどん上がっていくのです。つか、妻の場合、とことん山に到着するまでに車内で「喉渇いた~」なんつって1本飲んでたりしたんだけど(汗。
要するにアレですよ、着いてからずーっと飲んでばっかだったってことですよ。
この日、ヌクヌクコテージから出たのは、2匹の散歩のときと温泉棟に行ったときだけ。
しかも、室内が暖かいもんだから、「風呂に行こう!」なんて気にならず、寝る前の1回のみ。
そりゃアルコールも抜けませんわね。
そんなこんなで、3日間ずーっと酔っ払ってたような気がします。朝から飲んだりしてたし。お陰で殆ど記憶がございませんの。ルーフさんに頂いた写真見ても、ええー?こんなことしたっけ?いや~ん(赤面)がいっぱいー。
詳しいレポなんて書けないので、美味しい料理やらその他諸々はmamakoさんところのブログ()でどーぞ(笑。

12

↑昼からウダウダ飲んで食べて~いつの間にか夕餉の時間。モモマロ家も到着してワンコも4匹。一層賑やかに。温泉棟までの雪壁には、スタッフの人たちの灯した蝋燭の明かりがホワ~ン。

暗くなってから、やっとこモモマロ家が到着。
ありえんデカさのワインを持ってきてくれたです。

13_2

↑rikoさんのお股に頭突っ込んで寝ちゃったBJ。あぁ、チミたちご飯まだだったね。すまんー。「マテ!」から数分。床にはちょっとした涎池。ついでに風船まで作っちゃってくれたサラ。危うく晩飯あげるのを忘れるトコロだったぜ…(汗。

特筆すべきことなんてないから(とゆーか、記憶あまりないし)3日分纏めてUPしよーと思ったんだけど、うちのマウスのクルクルが調子悪ーっ。スクロールさせようとしても思った場所に動かずイライラなのです。
そんなこんなで、つづきは次回っつーことで…(汗。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

年末キャンプ-2-

晩御飯はSクン&マキちゃんも加わり、大人6人がルーフさんちの前室でフジカちゃんを囲みます。あ、勿論我が家の愚犬たちもね。焼き物用に炭も熾してたから、暖か~っ。
座って酒を飲み始めたら、次々食い物が目の前に差し出されます。
買出しでゲットしてきてくれたシロコロやら馬刺しやら、んもぅウマすぎー。
煙いけど(笑。

13

↑我が家はもつ鍋。Sクン&マキちゃんはチーズフォンデュ…を、いやまぁびっくりすぐくらい丁寧に1から作っとりました。我が家なんて、フォンデュのもとしか使ったことないのに(汗。

チーズが少なくなって「いやん、もぅ掬えないよー」てなったら、茹でたお野菜を中にぶっこんでチーズで包むように二つ折り~。オムレツみたい。焦げ目がいい感じで、これが絶品でありました。
ワインが進むヨ~。
後で胸焼けしたけど(笑。
写真には撮らなかったけど、この日、マキちゃんがLEDのチカチカ電飾を持ってきてたのです。
それを前室の内側の天井にぶら下げて、ちょっとだけお祭気分。
この後、J子さんと妻を残して、他の人らはお隣のKen*2さんの巨大ドームへ移動。
残った女二人は…場末のバーのマダムごっこで弾けとりました。
だって、マキちゃんが持ってきてくれた電飾、流行の単色物ぢゃなくて昭和の香りプンプンの4色電飾だったんだものー。
「んもぅ、今日は閑古鳥鳴いちゃって仕事にならないわねー」
「忘年会シーズンだってのに、客はどこにいってんだか(隣の巨大ドームです)」
「ま、客が来ても出せるような食べ物、ないんだけどね(自分らで食い尽くしました)」
「ったく、それにしても、どーして客が来ないのよ!(マダムに魅力がないからです…か?)」
「しゃーないから、飲も飲もっ。食べ物ないけど、酒なら腐るほどあんのよね、ガハハー(うん、やっぱりマダムに魅力がないからですね)」
なんつって。
干からびたマダムたちが、そんなこんなで盛り上がってたら、大鍋抱えたお客様がご来店~。
「あら、いらっしゃーい(だみ声で)」
山形芋煮を作ったからお裾分け~と、がたおさん(妻ははじめましてでした)がいらしてくれたです。
昭和のマダムら、大喜び。
おたまがなかったので(酔っ払って見つけらんなかった模様)、大鍋の中に空の鍋を突っ込んでごっそり頂いちゃいました…。
場末のバーは、客に酒を飲ませるどころか、客の持ち物を半分横取り(汗。
貰うだけ貰ったらハイさよならー、て。
暴力バーより性質が悪かったりして(汗。
いやぁ~ごちそーさまでした。そしてありがとでした!>がたおさん。
Ken*2さんちの酒盛りに参加していた夫らが戻ってきて、バーも閉店。
ついでに、夫らはKen*2さんと一緒に飲んでたHさんの、静岡土産@黒はんぺんをちゃっかり貰ってきとりました。
夫婦揃って、特技はタカリか、と。
いやぁ~マダムごっこ、けっこう楽しかったんで、また今度続きをやりましょー>J子さん。何の生産性もないけど(汗。

21

↑大晦日の朝。我が家とルーフ家にとっては撤収日。朝ごはんはがたおさんから頂いた山形芋煮(この鍋↑を大鍋に突っ込んで掬ったのです)と、イングリッシュマフィンのサンドイッチ。撤収中、せっかくだからとken*2さんに集合写真撮ってもらったです。Sクンとマキちゃんはコテージに荷物運んでていなかったんだっけか…。

グツグツとよーく煮た芋煮は、里芋がトロトロで、ついでにお汁もトロトロになって温まる~。
あっちゅー間に完食です。
その後はダラダラと撤収作業。
荷物を積み込んだらお風呂で汗を流して、コテージに移動してラブラブ中のSクン&マキちゃんを邪魔しに行きました。
温泉棟からは一番遠い場所にある外壁がピンク色のコテージです。

22

↑入った途端、眼鏡のレンズが曇って前が全く見えなくなるほど室内ヌクヌク。とゆーより、暑い。半そで姿のおっさんもおりますよ。なのに…ヒーターのまん前を陣取ってるサラ。しかも、敷いてるのは妻が脱いでソファーの肘掛に掛けといた上着ぢゃねーか!BJは天から食い物が降ってくるのを信じて(そうなのか?)テーブルの下をウロウロ。

1階に風呂&トイレ&キッチン&リビング。どどーんと吹き抜け天井が高くて、2階に寝室(2段ベット3組。6人用コテージでおま)。
立派な一戸建て住宅ぢゃん(笑。
なんていいつつ、室内に入ったらとっとと座って飲み始める迷惑な中年客。
マキちゃんはかいがいしく台所に立ってお昼ごはん作ってくれて…。
新婚さんちにやってきた両舅&姑て感じだったりしてー(汗。
最後にヌクヌクなところで動き回れて、2匹も楽しかったんぢゃないか、と。
いやぁ~それにしても今回も新たな出会いがあったり、お久しぶりな人と出会えたり、気の置けない人らと酒が呑めたりと、美味しくて楽しいとことん山でありました。
今年も皆さん、よろしくお付き合いくださいねー!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

年末キャンプ-1-

遅くなりましたが、明けましてオメデトウございます。
去年はハジメマシテな出会いが沢山あって、とっても充実した1年だったです(病気したり怪我したりと、個人的には最悪な1年でありましたが)。
今年も新たな出会いがあることを期待しつつ~いや、二度目ましてやいつもありがとな人たちとも素敵な時間が一緒に過ごせたらいいなー、なんて思ってるです。
そんなこんなで、今年もよろしくですよ!

なかなかUPできずにおりましたが、年末は29日から大晦日まで、とことん山でキャンプしてきたです。
「早めに行って雪山を楽しむぞー!」なんて意気込んでたんですが…。
出発前日の夜、我が家の車のタイヤが2本、ペシャンコ~になってるのに気づきまして。
パンクぢゃ、パンクーッ!
スペアに交換しようにも、1本しかないしー。
結局29日の早朝、JAFを呼んで空気を入れてもらった後、ペシャンコ~の原因を探るべく開店を待ってタイヤ屋へ車を運びました。
どうもホイール&タイヤの劣化による空気漏れらしく、タイヤの修理も不可能とのこと。
買い換えるにも、サイズの合ったタイヤの在庫はないし、金もない(こっちの方が切実)。
空気はすぐに抜けるわけぢゃないから、定期的に空気をチューニューして騙し騙し乗るっきゃねーな、とゆー結論に達したわけです。
なんか不安~。
そんなこんなで家を出る時間が遅れて、とことん山についたのは午後3時過ぎ。
別に体を動かしたわけぢゃないのに、既にヘロヘロでございました。
融雪剤が腐食を招くらしーんで、走行後は水洗いしたほうがええらしいですね、ふーん。

キャンプ場についたら、まずはソリで荷物運び。
一番下の交流センター前の広い駐車場に車を停めるので、そこから急坂をソリ引きながら上らなきゃいけないので、かなりの体力を消耗するのですヒィヒィ。
林間サイトには、既に3つほどのテントがたっておりました。
ルーフさんもいるー。
我が家はルーフさんちの真横(とゆーか、温泉棟のまん前)に設営(夫が)。
妻はちっこいソリで何往復もしながら荷物運びの係りであります。

11

↑向かって右の青テントはとどさんファミリー。お久しぶりです~。写真に入らなかったけど、左の方にはken*2さんのドでかドームテント。ルーフさんちの前室にお邪魔して宴会スタート。我が家の2匹なんて、いつもお世話になってるからか、自分ちのように振舞っとります。前室でモクモク煙上げながらセセリを焼く~。この後、我が家のグリーンカレー、ルーフさんちの胃に優しいみぞれ鍋も。ken*2さんからお裾分けしてもらったのは鰤大根。キャンプ場で鰤大根だなんてー(笑。

初日の写真は↑これだけっきゃありまへん。
設営して散歩して風呂入ったら、ただ飲んだ暮れてただけです。
しかも、盛り上がりすぎて気づいたら午前3時過ぎ。
一体何の話をしてたのやら…(汗。盛り上がったわりには、なーも覚えてないとゆー体たらく。
午前6時ごろ尿意を覚えたのでまだ暗い中トイレへ…のついでに温泉へ。
湯に浸かれば頭がしっかり働くかと思いきや、あまりの気持ちよさに湯船の中だとゆーのに睡魔さんがコンニチワー。何度か溺れそうになりました。上がっても体を拭きつつユ~ラユラ。
テントに戻ったら当然のように二度寝こいてしまいました。
空腹で目が覚めたのが午前8時過ぎ。
睡眠時間は二度寝のお陰で足りてるハズなのに…
午前3時まで起きてた!ってのを思い出すたびに、眠くなってくるこの体ってどうなんでしょね…。

12

↑天気予報ではお天気荒れ模様だったのに、朝からピーカン。雲一つない青空が広がってます。気持ちいいので朝ごはんは青空の下でルーフ家と(カレーの残りを温めただけ)。気持ちいいので、食後はルーフさんに淹れてもらったコーヒーでまったり。気持ちいい…けど、でもやっぱネムイ。

朝ごはんの後、ルーフ家は買出しに。
その間だけでも、ちょこっと昼寝しよーとテントに入った我が家。
ちょこっとどころか、3時間くらいバク睡してしまいました。
起きたらルーフさんは買出しから戻ってるしー、Sクン&マキちゃんもいるしー。
…え?
いや、なしてSクン&マキちゃんのこの二人がココに?
「年末はコテージ予約したのですよウヒョヒョ」
「ヌクヌクで年越しですのー」
なんて言うてたのに、雪の中にテントたててるて、どゆことー?
(テント泊して~撤収して~大晦日コテージに移って~でもって、元旦また雪の中にテントたてて1泊したらしい。若いってスゲー)
しばらくしたらtako♪ちゃん&Hさんもとことん入り。
他にもテントが数個たって、一段と賑やかになってきたです。
ボンヤリさんのまま半日を過ごして、夕刻からやっとシャキっとしてきた(飲む体勢が整ったとゆーか)妻。
2日目の夜も楽しい宴会が始まったのですが、つづくってことで…。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

とことんdeとことん自堕落に…

12月11~12日の土日は、とことん山へ。
お昼前に到着したら、温泉棟の前にウェザーマスターのテント。
金曜日の夜からINしていた、Sクンとマキちゃんでした。
お空はどんより~で、今にも降り出しそう。
なので、水捌けのよい場所に我が家もササっと設営(夫が)。
シェルの中にテントも入れて~寝床も早めに作って~(夫が)。
2匹を連れてSクン&マキちゃんサイトに酒持って押しかけちゃいました(妻は到着後早々からですが)。
風呂入ったり酒飲んだり、いつものようにダラダラ過ごしてたら、心配してた雨がやっぱり降り出しちゃって…。
しかも雨脚も強くなってきちゃったりして…。
ヘキサタープの下で雨に濡れないよう肩寄り添って4人で飲んでたら…午後3時過ぎ、やっと到着しましたルーフ家。
ほんでもって、ダンディーM家も。
雪なら兎も角、12月の冷たい雨の中の設営なんてねぇ…ご愁傷様です。頑張れやー(手伝う気ナシ)。
なんつってたら、この両家、バンガロー借りちゃいましてん。
そんな訳で、酔っ払い4人もドヤドヤと押しかけちゃいましてん(やらずぶったくりとはこのこと?)。
いやぁー、バンガローて快適ですねー。
快適すぎて、こりゃキャンプとはいえないですねー。
蛇口を捻ればお湯の出るキッチン。うちにもないのにー、な薄型TV! 部屋の奥にある2組の2段ベッドには暖かそうなお布団と洗濯したてのパリっとしたシーツ。つまみを捻ればあっちゅー間に室内ヌクヌクになっちゃう暖房設備。お風呂はないけど(コテージにはついてるけど、バンガローにはナシ)、トイレはあるし、しかもヒーター付きでっせ。
我が家より暖かいんですけど…。
いつもだったら、キャンプ中は椅子の上で寝てるだけの我が家の愚犬らも、あっちこっち動き回って…そしてヒーターのまん前を陣取ってかなり快適そうでした。

11

↑バンガローに入ってからは、風呂に入りに行く以外、ずーっと座りっぱで飲むか食べるかだったわけで。なので、宴会中の酔っ払いと食べ物の写真しかありまへん。カニですよ、カーニー。どれもこれも大変おいしゅーございました。ダンディーMさんがポテチで何か作ろうとしたところ、「このままで食わせろ!」とあちこちから手が伸びる(笑。

きっと寒かろう…なんて思ったから我が家はカブとつみれの鍋。
室内ヌクヌクなのに鍋。
つか、ヒーターと酔っ払いたちの熱気で暑いくらいなのに鍋。
暖かすぎてね、なんか温泉なんてどーでもよくなってくるのです。
とことんで冬キャンプしてたら、日に最低5回は風呂に行ってるのにー。
雪中キャンプやってるときに、バンガローやコテージ泊してる人たちがあまり温泉棟にやってこない理由が分かりました。
しこたま飲んで、睡魔が襲ってきたらその場でバッタリ。割り当てベッドのない我が家とSクン&マキちゃんは雑魚寝です。
一応、テントの中からシュラフだけはバンガローに持ってきたですが…「ヒーター完全に消しちゃったら、きっと朝寒いヨ」なんつー言葉で室内常時20度以上のまま。
シュラフなんていらない。
つか暑いー。
朝4時半。
暑さで目が覚めたら、寝汗ダクダク状態でした。
なので、汗を流しに温泉へ。
昨夜からハラハラと降り始めた雪で、一面真っ白になっとります。

12

↑風呂から戻ってきたら朝ごはん~。我が家は作ってきてたポテコサラダを挟んで、トラメで焼いただけのホットサンド(写真ナシ)。つっても焼くのは夫。妻、座って朝から酒(バニラコーヒーをチェイサー代わりにして)。で、座ってたら前夜同様次から次へと目の前に食べ物が出てくるのです。ありがたやー。

こんな楽でヌクヌクな思いをしてええんでしょうか。
今シーズン、ちゃんと雪中キャンプ、でけるんでしょうか。
なんてちょっと不安になりながらも、「今回はキャンプぢゃなくて、キャンプ仲間と忘年会だったんダ…」そう言い聞かせながら満喫。
(ルーフ家は我が家を上回る自堕落加減で、クーラーボックスの中から出したのは酒だけだったそーです 笑)
いやぁ~皆さん、お世話になりましたー。
バンガローだと撤収も早くてええですねー。
あ、我が家はたてただけで使わなかったシェル&テントの撤収がありましたが…。
それも、ゆーっくり最後の温泉に浸かっている間に、テントサイトから忽然と消えとりました。
アンビリーバボー!
小人さんの仕業~?(夫一人で撤収…ありがとん)。
癖になりそう。
次回は風呂付のコテージで、酒盛りやれるとええなー、なんつって。
きっと温泉棟まで行く回数が更にグッと減るんでしょうね。
そうそう、この週末のとことん山にはゴンタム家とアベル家もいらしとりました。
アベルさんとは撤収後のお散歩でちょこっとワンコ同士もご挨拶。
ゴンタムさんとおとうちゃんさんにはお会いできたんだけど、chieさんとはお風呂でさえもバッタリンコできず…。これもバンガローに篭りっきりだったからなのよね…。
残念!
きっと今シーズンの雪中では、またお会いできると思うので、そのときはヨロチクです!

13

↑随分前の吹上キャンプ以来のご対面だったアベル家、人生初の雪中キャンプになったそうです。とことん山を後にした我が家は、途中の「きのこ屋」でお昼ごはん。ココのご主人は現役のまたぎなんですと(憧!店内には仕留めた熊さんと一緒に写ってる写真が貼られとりました。妻は醤油らーめん(500円)、夫は味噌ラーメン(600円)を。優しいお味でした。予約したら熊汁食えるんですと!うひょー。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

花渕山トレッキング

土曜日、お山にでも出かけようと思ったら、朝からまさかの強風。
しゃーないので、愚犬のロング散歩で欲求不満を解消しようとするも、住宅街っていくら歩いても楽ちくなーい。
てなわけで、日曜日、お空はドンヨリだったですが、ザック背負って行って来ました。
宮城県と山形県の県境にある花渕山~。
荒雄湖沿いの108号線を走ってたら、対岸に見えるお山です。
が。
「なんか上の方、白いんでない?」
この日、自宅から見える泉ヶ岳は数日前には白かったゲレンデも雪はすっかりとけてまして。
泉ヶ岳より標高低いんだから、大丈夫だろーなんて思ってたんだけど、いやはややっぱ鳴子は我が家周辺より冬の到来が早いのね。
周りの禿岳も荒雄岳も真っ白けだったです。
「白いつっても、所々だし…うん、きっとたいしたことねーっちゃ。れっつらごー」
花渕山は、オニコウベスキー場のテレキャビンっつーのに乗って鍋倉山の山頂まで楽に移動しそこから向かうルートと、荒雄川神社から林道通って小向登山口から標高差600メートルの急坂を一気に上るルートの二つがあります。
テレキャビンに乗ると、きっと金取られるんだヨ。
貧乏人は自分の足で登るだヨ。
てことで、我が家は後者の難コースを選択いたしました。
健脚でもないのに大丈夫なんだろか…。

11

↑荒雄川神社のすぐ隣はお墓。墓石が雪で倒れないよう、雪囲いがされとりました。そのお墓の前に車を停めて、さぁ出発~♪。

小向登山口までは荒れた林道がダラダラと続きます。
前日の強風で落ちた杉の枝葉がどっちゃり。
車高のある四駆だったら登山口までブブーンと車で行けそうですが、我が家の車ぢゃ無理。
今週も車で悔しい思いをするなんて~(笑
いやぁ、それにしても林道て面白くないねー。

12

↑登山口に到着。いきなりの尾根沿い歩き。この辺から杉が減ってブナがニョキニョキ。葉が落ちてるから左右の景色を楽しめながら上れます。

でもね、最初の数分はよかったんだけど、だんだん勾配が急になってくるとですよ。
ロープがないのが不思議なくらい。
しかも石や岩のない土の斜面だからズルリンチョしそーで、「こりゃ復路は大変だなぁ~」と。
上ってる時点で、既に尻餅つきながら下ってる自分の姿が想像できたのでした。

13_2

↑前日の強風で折れたのか、けっこう太目の枝が足元にゴロゴロ落ちてて、ソレに足を引っ掛けズッコケた夫。泣くなー(笑。

1時間ほど上ると、雪出現。
歩を進める毎に雪の量も増えてきます。
でもって、あっちゅーまに辺り一面真っ白になってしまいました。
目測誤ると、吹き溜まりに足突っ込んで膝まで雪に埋もれるし~。
枯葉の上に積もった雪だから、足の踏み場を間違ったらズルルル~。
もぅどんだけ尻餅つきそうになったことか。
「でも、今、もっすごい速さで腰捻ってかわしたやろ。見ろやこの身体能力~ニャハハ」
「…」
「尻餅はついてないでー。やっぱコレも毎朝欠かさずラジオ体操しとる成果の現れやね~」
「あっそう…(つか見てなかったし)」
いつも通りの夫婦の会話~♪
そんな軽口叩きながら先を歩いてた妻ですが、目の前に珍しい足跡を発見してチビりそーになりました。

14

↑カッパのわけない。熊さんの足跡です。途中、藪の中に消えることなく、これがずーっと続いとるのです。あらやだ、アテクシたちと同じルート。アワワーだけど、ちょっと可愛い足跡だなーと思ったり。

左右の足跡が綺麗に揃ったまま、等間隔で遥か先まで続いとります。
てことはノッシノシと歩いてたわけぢゃなくて、駆け上がったってことだよね。
この急勾配を。
スゲーッ。
しかも、その足跡にはズルリンチョした形跡がありません。
スゲーッ。
流石、熊さん!
流石、四駆!
なんて感心しとる場合ぢゃないのですよ。
この足跡、なんだかついたばっかって感じ。
てことは、アテクシたちが山頂に到着したら…
「やっと来たかー。待ってたでー、近こぅ寄れ~」なんつって、胡坐かいて座ってる熊がいるかもしれないのよ。
想像しただけで…
ちょっと笑えたけど(汗。
熊さんの足跡を辿ってやっとこ小向分岐へ到着。
ここから、左へ下っていけば花渕山、右へ下れば鍋倉山。実は分岐点の方が目的の花渕山より標高あるのです。
花渕山山頂に向かう尾根道見たら、熊さんの足跡が。
あやつめ、花渕山の天辺におるんだな。
妻のかなりクタってきたトレッキングシューズはソール部分に穴があいちゃって、雪が滲みこみ既に足先チベターな状態。
「今日のところは、このくらいにしといたる(やせ我慢)」
と、小向分岐で昼飯食べて下山したのでありました。
下りは勿論何度もズルリンチョしながら(でも一度も尻餅はついてないヨ!)。
つか、最近膝の調子がすこぶる悪くて、勾配のきつい下りだと激痛走るんですよね…皇潤とか飲んだほうがええんだろか…コンドロフレックス、横取りしちゃおかな…サラの薬だけど(笑。
難コースとゆーだけあって、雪積もった今回は「下りが結構ハードだったなー」な花渕山だったけど、尾根歩きは気持ちよかったので、春先のお天気ええ日にでもまた再挑戦したいです。
無事に下山後は、膝を温めようと中山平温泉へ。
いつもは「しんとろの湯」に行くけど、ゆーっくり浸かりたかったんで今回は琢秀「ねころびの館」をチョイス。
内湯の湯船はかなり狭め。
露天があるけど、男女混浴になっとります。
でも大丈夫。
男女別の露天も他にアリ。
お湯はなんだかしんとろの湯よりもトロミが強い感じで、何より泉温が低いので長い時間浸かってられるとです。
ホッコリ~。
でも一人800円てのが、ちょっとねー(たけーよなぁ)。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧