カヌー

2010年10月28日 (木)

紅葉カヌーキャンプin岩洞湖-1-

23~24日の週末は、岩洞湖まで北上してきたです。
そろそろ紅葉が見頃かな~と思って。
嘘。
給料日前でビンボだったから、無料サイトの誘惑に負けたのです(笑。
朝早くに家を出て、お昼前にキャンプ場に到着。

11

↑数日前、氷点下を記録したとゆーこのキャンプ場。キャンパーさんもめっきり少なくなったので(この週末は、他にソロの方が1名いたのみ。あ、デイキャンで1組、ファミリーはおりましたが)「わわわー、リヤカー分解して片しちゃったのー、ごめんなさいー」と管理人さん。代わりにわざわざ一輪車を持ってきてくれたです。

お天気いいから、別に駐車場とサイトを荷物運びで何往復しようと苦にならないんだけどねー。
設営済んだら、早速飲みながら酒のアテに肉が殆ど入ってない貧相餃子をジュージュー焼きます。
んで、色づいた木々のその向こうの湖面を眺めながらホケ~ッ。
「うわー、この餃子、いくらでも食べられるねー」
「うヘー、ビールってのは、なんぼでも飲めるよー」
なんつって。
陽気に誘われて、眠ってしまいそー。
いかんいかん。
もしかしたら、今シーズン最後のカヌーになるかもなんだから、今日はガッツリ漕がなきゃなのよ(既に酔っ払いですが)。
てことで、着替えて早速レッツラゴー。

12

↑相ノ山の紅葉が一番よかったかな。レストハウス側や柴沢方面の紅葉は、日当たりが関係してるのかいまひとつといった感じ。常緑樹も意外と沢山あったしなー。

ヨークにシェラカップが巧い具合に嵌るってことに気づいた今回。
カヌーの上でもいつでもお水、飲めますよ、お二人さん(ちょっと高さありすぎだけど)、なんて言いながら、水入れるのを忘れたもんだからパドルについた水滴を一生懸命舐めとりました。アホの仔が。
いやそれより、このシェラカップ、もしかしてドリンクホルダー代わりになるんぢゃないかちらー、なんて思ったりして。
人間がパドリングを楽しんだ後は、赤い鳥居のある浮島@弁天島に上陸して愚犬らのフリータイムです。

13

↑2匹をフリーにしている間に、島一周のソロ漕ぎへ。戻ってきたら選手交代で、今度は夫が島一周。ダム湖の水量が少ないってことは、島がでっかくなってるワケで。てことは1周の距離も増えてるってことなのよねー(笑

先週、七ヶ宿ダムで船首に夫を乗せて漕いだら思うように前に進まなかったけど、一人だとスーイスイ。
うははー、楽勝ぢゃん!なんて気分よく進んでたですが、島の反対側に出ると風が予想以上に強く…。
パドルを入れて~舵をとる前にズンズン流されるのですよ。いや、流されるとゆーか、回っちゃうとゆーか。
前にはぢぇんぢぇん進まないし、後退してるしー。
焦るーっ。
妻は基本左漕ぎなんですが、そんなこんなで2度ほど右にパドルを入れてしもーたです。
ダッセーッ。
うーん、ヘッポコだから気持ちにも体力にも余裕ないのよね。まだまだだのー。
無事に赤い鳥居のあるところまで戻ってきたら、今度は夫がソロで。
その間、ロープ振り回して(妻が)2匹を走らせます。
BJは殆ど走ってなかったけど(汗。

14

↑浮島、我が家の愚犬サイズくらいなら、走り回るには十分過ぎるほどの広さ。つっても、基本、妻の周りをグルグル猛ダッシュしとるだけなんで、いつも畳2枚程度の広さで足りるんだけどね(汗。

夫が戻ってきたら、サラはお迎えに走っていき思わず入水しとりました。
BJは水を避けていきなりカヌーにダイブ。
こゆときだけ、身軽な男に変身するのです。
思い切り遊んだからか、サイトまで戻る僅かな時間でも本気寝してたですよ。
あ、そうそう。
今回、船内に水が入ってもちべたくないよーにと、サラのためにホームセンタでマットを購入してみたです。
一枚百数十円のものを2枚。
安物だけど、継ぎ足していけば大きさ変えられるし、何より分厚くてええ感じ。
乗っていいヨとも言ってないのに、敷いたらすぐその上で寝とりました。
でもね、ケチって2枚しかかわなかったから…
寝返り打ったら落ちてやんの。
しかも何度も。
BJも乗りたそうにしてて、結局このアホ犬に奪われたりしたんだけど(数分間)、その間ずーっと恨めしそうにマットをガン見してました。
なので、キャンプの帰りに大枚はたいて(え?)、もぅ2枚追加購入してやったでー。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

紅葉カヌーにはチト早かった

栗駒山に登った次の日の日曜日。
「そろそろアソコも色づき始めたんぢゃないの~」てことで、行って来ました七ヶ宿ダム。
七ヶ宿ていうたら、スキー場だってあるトコロだもの。
我が家の周辺より寒いハズなんだもの。
大丈夫よ、うん大丈夫ーっ。
まだでした(そりゃそーだ)。
でもいーのです、漕げれば。

11

↑たまには俯瞰で撮ってやろーと頑張ってみました。気持ちはグーグルアース。でもいかんせん妻のタッパが…。後ろ向いていつも撮る写真と、たいしてかわんねーし(汗。次はガンネルに足かけてもっと高いところから撮ってみっか…(落ちたりして)。

今回はいつも素通りしてた橋の、その向こう側へ。
「なんか淀んでて、水があまり綺麗くないー」
「油浮いとんとちゃうのー?」
「アテクシ、こんなところにパドルつけたくないもんねー。だから漕がないっ」
なんてブーたれとったのですが、別に油なんかぢゃなくて、腐葉土の栄養分なんですよね、これ。
もっと奥へ進んだら、小川の流れ込みがあって、綺麗な水がダムに注がれとりました。

12

↑こっちの流れ込みもお水、綺麗ー。でもってちべたいー。お船の上で買ってきたコンビニパンやらお握りを頬張ってランチ。2匹、ガン見。ええと、チミたち…意地悪な夫はビニール袋をワシャワシャさせてるだけで、中身、入ってないの気づかないの?

無風状態なんで、愚犬ら(特に重いほう)が左右に移動しない限り、パドルを入れなくてもカヌーは停止したまま。
腹ごなしが済んだら、バウに座った妻が体の向きを変えてソロ漕ぎの練習です。
夫と向かい合わせのまま。
ワッセワッセー。
進まねーっ。
あーぢゃこーぢゃと指示する夫。
わかっちゃいるけどね、あーた。
でもって言われた通りやってるんだけどね、あーた。
あーたに問題があんでねの?と。
夫の座ってるほうが明らかに重いので、船首の方が沈んだ状態なのですよ。
これぢゃ進むわきゃないしー。
あっちゅーまに汗だく。
そんなこんなで、2時間以上コギコギしてカヌー終了。
紅葉は楽しめなかったけど、二の腕が筋肉痛になるほど運動でけました。

13

カヌーの後は、広場で走り回って犬らもタップリとガス抜き。
お水は意外と綺麗だし、犬らを走らせる場所もあるし、ホント、ココはええとこだー。

Imgp3289

「はいなっ!大満足ですわ~」

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

SW後半は岩洞湖でカヌーキャンプ-2-

2日目の朝は、予報通りやっぱりどんより。霧雨みたいのが降ってるー。
本降りになっちゃう前にちゃちゃっと2匹のお散歩を済ませて、お出かけすることにしたです。

21

↑シェルの外に出しても動こうとしないBJ。しゃーないので、リードつけて引っ張りました。場内にはキノコがニョキニョキ。図鑑を見て食えるかどうか調べようとするも、よくわからんのですよ。キノコってさ、成長早いしさ、成長過程で色も形も変わったりするしさ、そゆのが全部写真で載ってるわけぢゃないしさ…。ピピっと撮影したら、食用かどうか瞬時に判別してくれる、そーゆーiPadのアプリ、誰か作ってくんねーかなー、なんつって。あ、iPad持ってないけど(汗。

「荒れるかも」とラジヲで言うてたので、ご丁寧に張り綱ぜーんぶ張って、車に乗り込んで目指すは温泉~♪
昨日、風呂に入ってないしね(汚。
どの温泉に行こうかとしばし悩んで、結局網張温泉にしたです。
ココ、女風呂にはシャンプーだけでも3種類、洗顔石鹸やクレンジングオイル(妻、化粧しないので必要ないけど)、化粧水なんかも色々置いてあるのです。
おもろかったのが、妻が入る前から洗い場にいたおばちゃん。
さっきもあろとったやん!て思わず言いたくなるくらい、ゴシゴシ体洗っては湯船に浸かり~また洗い~を繰り返しとりました。
洗い場に設置されてたシャンプー、ボディーシャンプ全種類使ってた模様。
気持ちは分からんでもないけどね。

22

↑姫神の湯の近くは一面ピンク色。これ、ぜーんぶ蕎麦の花。ピンク色の蕎麦の花なんてあったんだーと、ちょっと感動。夜は佐藤精肉店で買ったモツ鍋セット。この上に大量の韮やらモヤシやら豆腐(店のおばちゃんが豆腐入れるとええよーて言うたから)をのっけていただきますー。うまー。

ドライブして~温泉入って~サイトに戻ってきたら小腹が空いたとゆー夫はホットドッグを貪り食っとりました。
妻は固形物よりも水分補給。
心配してたお天気ですが、たいして風も強くなく、雨もパラパラっと降っただけみたい。
なーんだ。
読書してまったり過ごして、来るときに買ったお待ちかねのモツ鍋を作ります。
これね、モツと豚肉が半分ずつ入っとりました。
おいちぃ。
今回は塩ホルモン鍋を買ったですが、他にも回鍋肉風の黒味噌鍋とかチゲモツ鍋とかいろいろあったので次は別のやつを買ってみようかな~。
食後も酒飲みながら本読んだりダラダラ過ごしとったのですが、睡魔に負けてこの日も早めに就寝。
おやすみなさい。
3日目の朝、5時半。
湖面からはモワ~ンと霧が立ち込めて、とっても幻想的。
次第に空が明るくなってきて、気づいたら雲ひとつない青空が広がっとりました。
そしてぽっかり浮かぶお月様。
気持ちいいー。
寒いけど。
吐く息は真っ白。
なので、2匹は置いて2時間ほど2人だけで朝の湖上散歩に出かけたです。

31

↑お散歩は湖畔沿いを歩いてオートサイトまで。途中、でっかい獣の糞が落ちとりました(去年も同じ場所にこんもりありました)。後で管理人さんに聞いたら熊さんですと!大きさからなーんとなく予想はしてたけど、改めて聞くとやっぱこえええええええー。どんぐりたーくさん拾ったので、殻斗をBJに乗っけてみたりして。

朝ごはんは昨日の残りにマルタイラーメンぶっこんでいただきます。
げふーっ。
朝露でグッショリ濡れてた幕体も、あっちゅーまに乾いてお陰さまの乾燥撤収。
お天気いいから、ついつい作業中も遊んだりしちゃうんですよね。
椅子に座った2匹の前に腰掛けて…。
「ふーん、夫婦で働きたいわけ? で、旦那さんの名前は…ペーさん? んで奥さんがパー子さんですか…。パー子さんいうわりには、アナタ、ニコリともしないね。つか仏頂面だけど。うちは接客業だからね、スマイルスマイル~口角上げて~。自給いくらくらい希望してんの? 100円くらい? あ、そう、ヤダ…ですか。金より現物支給のほうがいい、と。まかないはついてるよ。あ、それだけでいい、と。ほほー、そりゃいいね。で、特技は…目から死ね死ね光線出すこと?…使えんわーそんな特技ー」
なんて、面接官ごっこしたり(アホ)。
ま、2匹はずーっと呆れ顔しとったですが(多分夫も)。
撤収を済ませて管理人さんにご挨拶したあとは、だーれもいないピクニック広場でひとっ走り。

32

↑どんなに頑張っても、おばーちゃんサラに負けるBJ。ガブリとつい反則技を出してみたり。妻も一緒に走ったけど、妻にも負けるドン臭さぶり。で、挙句の果てには妻の靴にガブリとやりよった。この卑怯者めがーっ!途中でみっけた野菜の無人販売。キャベツ1個50円、3個で100円やったですよ。勿論3個買わせていただきました。

お天気いい日のピクニック広場はサイコーに気持ちええです。
タップリ遊んだその後は…
ご覧の通り、サラは後部座席でヘソ天の大股開きで寝腐っておりました、イヤーン。
お疲れちゃん。
2日目は雨降りのせいであまり遊べなかったけど、満足してもらえたんぢゃないかちら~。
岩洞湖の木々。ちらほら色づき始めてる木はあったけど…10月末辺りが見頃なのかもねー。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月30日 (木)

SW後半は岩洞湖でカヌーキャンプ-1-

カレンダー通りのお休みになるのかと思ったら、木曜日に有休を取ってくれた夫。
「わーいわーい、てことは3泊4日のキャンプが楽しめる~」
そう喜んでおったのですが、木曜日のお天気といったらアータ…
大雨警報とかだされるほどの大荒れぢゃないの。
てことで、結局木曜日は家でウダウダ過ごしてキャンプに出かけたのは金曜日からとゆー、トホホなカレンダー通り。
で、岩洞湖に行ってきたです。

11

↑高速に乗ってすぐ…朝ごはんをしっかり食べたハズなのに小腹が減った妻のせいで、長者原SAにIN。ドッグランがあったのね、ココ。知らんかった。なので2匹のガス抜き~。

高速下りたら、沼宮内の佐藤精肉店さんへ。どうもこの日はお祭りがあるよーで、遠くからは祭囃子が聞こえ、祭装束を粋に着こなした人らがウヂャウヂャ歩いとりました。そのお祭のせいか、前回お邪魔したときはご夫婦しかお店にいなかったのに、なんだかスタッフが大勢。
もしかして、祭で肉でも振舞うのかちら…タダなら食っていこうかちら…なんて思ったり。
うへへ、今回は焼き用ぢゃなくて鍋用を買ってみたですよ。
(つか、このお店はホルモン鍋のほうが有名なのね)
食べるの、楽しみ~♪
食材を調達したらキャンプ場へ向かいます。
管理棟ではでっかいストーブが既についとりました。
でもって管理人さんたちの格好も冬の装い。
うん、車降りて気づいたけど、けっこう寒いね、まだお昼なのに…。
しばし談笑して、フリーサイトへ。
既にテントを設営して楽しんでらっしゃるファミリーが1組おりました。
(懐かしのアメニティードーム!がその方々)
真っ赤な14ftカヌー(エクスプローラーだったかな)で、パパさんが子供たちを交代で乗せて漕ぎにいっとりました。
我が家も気温が下がる前に繰り出さNever!!

12

↑設営が済んだら、急いで湖上へ。動いてないとやっぱり寒い。いつもだったら缶ビール持ってバウに、って感じだけどそんな気にもなりまへん。流れ込みを覗きに行ったあと、赤い鳥居のある浮島に上陸して2匹を放牧。

浮島で夫が手にしたキノコ。
「コレ、絶対食べられますよ!」
そう自信ありげに言うから、今夜の鍋に入れたろか、なんて思ったんですけどね…。
サイトに戻ってキノコ図鑑広げて調べたら、どうも色合い的に「キホウキタケ」っぽい。
ホウキタケだったらよかったんだけど…。
『ホウキタケの近くにマツタケあり!』ていうしね。
でもマツタケなんてなかったし。
色、きぃなぃしー。
まぁ、毒といっても食した際の症状は嘔吐と下痢程度らしーので、試してみればよかったのかも…(夫が)。
2時間ほど遊んだらサイトに戻って、ちょっと早めの夕飯です。

13

↑明日は雨予報なんで、早々と服着せてみました。防寒のためぢゃありまへん(笑。腹が真っ黒になった汚犬様と同じシュラフに入るなんて嫌だから。それにしてもBJ…この似合わないシャツ、買ったときはピッタンコサイズだったハズなのに…いつの間にホックが留まらなくなったんだ?

鍋の季節がやってきたですねー。
切った食材を鍋にぶっ込むだけの、楽チン晩御飯。
体温まるからとパパ大喜び。手抜きできるからとママ大助かり。
うれちぃ。
今宵はつみれ団子鍋。お出汁はアゴ。うまー。温まるー。
でも食べ終わったら、一気にシェルの中の気温も急降下。
温度計みたら、7度になっとりました。
ナメとりました、岩洞湖。
ぶっとい薪をガンガン燃やしてー、シェルの中でも炭を熾してー。
ネイチャーストーブLがええ仕事してくれたんで、シェルの中では意外と快適に過ごせたです。
トイレに行くのが寒くて億劫だったけど。
寒いとかいいながら、ずーっと冷え冷えビール飲んでた妻だけど…。
久しぶりの夫婦水入らずキャンプ。
会話も弾まず(笑)21時前に眠りについたのでありましたとさ。
寝ちまえば喧嘩もせず、平和なのだー。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

七ヶ宿でちょこっと漕ぎ

2週間前のTVのニゥスで、大倉ダムの貯水率は30%。他のダム湖の水も少なくなってる~なんてことを言うてました。晴れの日が続くのも考えものなのね。
でもでも…。
週末はキャンプしたいし、お天気であって欲しいーっ。
お願いカミサマ。
…と、その願いも虚しく、予報では土曜日の午後から雨マーク。日曜日は朝から雨マーク。
どしぇーですよ。
水不足が解消されるのはええことだけど、キャンプ熱も一気に冷めちゃうし、何よりお山にも行けないぢゃんと凹んでいた金曜日。
けれど、土曜日の朝。
起きたら青空が広がっとりました。
ホントにお天気が崩れて雨が降るのん?予報大外れなんぢゃない?ってくらい。
降っちゃうかもしれないけど…降ったら降ったで引き返せばええぢゃん♪
てことで、キャンパー積んで七ヶ宿ダムへ行ってきたです。
県内のダム湖の水位がものすごーく下がってるとゆー中で、唯一七ヶ宿ダムだけは貯水率70%だヨ、まだまだタップリあるよー、てニゥスで言うてたから。
駐車場に車を停めて、エントリ場所に行ってみて驚きました。
水、少なっ!
70%なんて、絶対ないがなー。
でもまぁ、釜房ダムよりはお水は綺麗そうだし…水量が少ない分、短時間でグルリと周ってこれるんぢゃね?と、レッツ乗艇~♪
BJが真っ先に飛び乗り(最近、飛び乗ることを覚えました。身軽に、ではないけど)、次に妻。サラを乗せて、最後に夫…てところで「うわわわわーっ!」。
夫、足を滑らせて派手に尻餅。
粘土土だから、濡れてると滑るんですよね。気ぃつけんとー(遅。

11

↑いつもなら、この階段が隠れるくらいの水嵩なのに~。でもって、ドシャーっと流れ落ちてるトコロ(写真右上)…ココもすっぽり水で隠れてるから、その向こう側にも行けたのにー。この日は他にカヤッカーさんも2人、いらっしゃいました。ラダーつきのシーカヤック。ええなー。

乗ったらパドルを握るよりも先にビール缶握った妻。
あぁ~やっぱドリンクホルダー欲ちぃ。
空きっ腹に飲むのもアレ(どれ)だったんで、この後、お船の上で握り飯を食ってみたりしつつ…。
以前、蛙の卵(多分)がウヂャウヂャあった場所(その奥には流れ込みがあるです)へ行ってみました。
「さっきから林の奥の方で、ガサガサ音がするね…」
夫が指差してそう何度も言うのですが、妻にはなーんの音も聞こえません。
「耳糞溜まってんぢゃね?」
なんて茶化してたら…。

12

↑乗ってすぐ、妻の尻の下に頭突っ込んで寝たBJ。流れ込みの近くでカモシカさんと遭遇。カモシカさん(子供っぽかった)、しばしこの状態でフリーズ。

いきなり目の前にカモシカさんが出現。
ガサガサ音の犯人はアナタだったのねー。
水音をさせないよう静かにパドルで水を掻き、カモシカさんに近づいてみました。
ジーっとこっちを見たまま、剥製のように動かないカモシカさん。
「危険なやつかどうか、アテクシたちの値踏みしてんのかちら、フンガーッ」
少々興奮気味の妻と夫。
が。
我が家の2匹は、全くの無関心。とゆーか、カモシカさんの存在すら気づいてなかった模様。野性味ゼロであります。
「ホラ、アソコにカモシカがいるよー」て、わざわざ指差して教えてやったのに、指した方は見ず、妻の指先舐めとったし@BJ。
3時間ほど水の上を楽しんでカヌーは終了。
その後は、ダム公園の広い芝地で昼ごはんを食べて、2匹を遊ばせました。
毎度ながら、思う存分走ったのはサラだけですが(汗。

13

↑ワンコにはサイコーの公園なのに、いつ来てもあんまり人がいないのよね、ココ。穴場だわ。

タップリ遊んで車に乗ったらポツポツと雨。そして走り出したら雨脚強くなってきました。
予報、当たってしもた。
ちょろっと漕ぎのちょろっとランだったけど、晴れてる間に遊べてヨカッタヨカッタ。
早起きして三文得した1日やったです。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

女川でちゃっぷんこ

9月に入ったとゆーのに、暑かった週末。
「今年は1度もマリブツーの出番がないんぢゃね?」なんて思ってたので、急遽海へ繰り出すことにしたです。
場所は女川。
御前浜の海水浴場からスタートして、出島をグルリと1周するつもりで…。

11

↑海、けっこう綺麗~。ゴミもほとんど落ちてなかったし。でもってちべたくない!海水浴客は3名ほど(笑。もぅ9月だもんね…。

湾内は波も殆どなくて穏やか~。これならカナディアンカヌーでも十分遊べそう。
至る所に牡蠣の養殖のためのブイが浮いてるので、それを避けながら進みます。
漕ぎ出してすぐ、右手に洞窟発見!
「おしゃ、入ってみっぞ」と恐る恐る侵入してみたですが、生憎この時間は満潮。
潮が引いてたら向こう側へ抜けられそうだったのに…うーん、残念。
「正面に見える島には、学校もあるそーですよ」
妻、てっきり陸続きなんだと思ってたら、ふーん、そうなんだ。
正面に見えるのは島だったんだ…。
よさげな浜を発見。
ちっこい建物は多分トイレ…。
島の海水浴場っぽかったけど、今は利用されてないらしく、その浜から島の奥へ続く道もなさそーです。
てことは、きっとトイレも使えないんだろな。
上陸しよーかと近づいてみたけど、ガラスの破片やらゴミが散乱しとりました。
なのでスルー。
島に沿って時計回りに回ってみることにしたです。
湾から出たら、そこは外洋。
急に波が出てきて、マリちゃん揺れる揺れる~。



バッシャーンと水かぶったりするけど、それがまた楽しい妻。
でも、BJは途端に落ち着きがなくなっとりました(笑。
酔ったんかちら?
なので、かなり狭そうだけど、ちょいと進んだ先に見つけた浜でランチタイム。

12

↑小指の先ほどのパンの切れ端を餌に泳がせる夫。この後、無事に切れ端をもらえたのかどうかは妻、未確認。でっかいブイの殆どが白いペンキぶっかけたみたいになってたけど、ぜーんぶウミウの糞だったのですね。ウミウって首から胸にかけて、白いんだーと初めて知ったです。あ、そうそう、どーでもええことだけど、鵜飼につかってる鵜はカワウぢゃなくてウミウらしーっすよ。

シットオンは沈する心配はないけど、推進力に欠けるのよね。
しかも2匹を乗っけてるから、ガンガン漕げないし。
1周するには、時間が足りなそう~。
てことで、浜でタップリ遊んだ後はUターンすることにしたです。
復路は妻がスターンで。
いや~後ろは揺れが少ないし、漕ぎやすくてええねー。
初めてバウに乗った夫、上下の揺れにちとビビる。
が…。
その揺れが眠気を誘うのか、時々コックリコックリしだしたりしてー。
分かったでしょ、バウでいつも妻が「眠い」を連発する理由が(笑。
湾内に戻ってきたら前方から赤いカヤックが。
ボイヂャーに乗ったご夫婦でした。
湾内をちゃっぷんこしにきたんだとか。
ちょろっと海の上でご挨拶(この後、陸地でもお話をすることがでけました)。

13

↑マリちゃんの上でバランスとるのに疲れたのか(浜ではちょろっとしか泳いでないし)、帰り支度してる間、マジ寝しちゃった2匹。

あ。
BJが疲れたのは、これ↓が原因だったりしてー。

(サラの臭いに悶絶…なのか?)


にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

ルーフさんとちゃっぷんこキャンプ-2-

「バロウバックの#3を持ってきたんだけどね~」
「うわっ!そりゃ暑いんでないのー?」
なんて会話を前日したんですが、十分でございました。
いや、足元で寝てたBJが暑くなってシュラフの外に出る際、器用に鼻先使ってファスナー全開にしてくれたから寒いくらいやったです。ファスナー閉める技も体得してくれりゃええんだけど…。
午前5時過ぎに、BJをおしっこに連れ出すのと同時に起きちゃった妻。
湖面が凪いでたんで「漕ぎにいかね?」とアクトの外から夫に声をかけます。
こゆとき、キャンプ別居してるとデコピンで起こしたりできないから難儀するですね。大声出しちゃうと、まだ寝ている他のキャンパーさんに迷惑になるし。
結局、夫よりもルーフさんの方が先に起きてきちゃったです。
せっかくなので、朝の湖上散歩に一緒に出かけますかー、なんて話してたら、珍しくKさんも起床。
なので3艇で朝飯前の一遊びに出かけることにしました。
湖面からはモワンと霧が立ち上ってて、幻想的~。
「漕ぎ方がよーく分かるように、今回はビデオ持ってきちゃったもんねー。コレでちゃーんと記録しちゃうんだもんねー」
そう言ってハンディカム持って乗艇したルーフさん。
気持ちよく漕ぎ出して~最初の浮島に近づいた辺りで~バウに乗ってたJ子さんにハンディカム手渡そうとして~

ボチャン!

うぎゃーっ!
あっちゅーまにハンディカムは、湖底へと沈んでいったのでした。
透明度もあんましないから、どこに落ちたのかもわかんないしー。
飛び込んで取りにいく気力も体力もないしー。
例え拾い上げたとしても、防水ぢゃないから、もぅ使えないだろうしー。
あぁぁぁ~。
ナ~ム~(合掌)。

291

↑「気持ちいいね~」「優雅だねぇ~」「サイコーっス!」なんて気分よく出艇。この後、ルーフ家にこんな最悪の事態が待ち受けてるなんて思いもしなかったわけで。ビデヲ沈めた後は、しばらくお二人が沈んどったです。

新しい高性能なビデヲに買い換えろっちゅーことですよね、きっと。
防水ビデヲ。
ついでに、いくら防水でも落っことして取りにいけなきゃなんにもならないんで、水に浮くケースも(笑
あんまし話を引っ張ると益々凹んぢゃいそーだし、話したからって戻ってくるわけでもなし…。ビデヲの話はサクっと忘れて、ビーチ目指して漕ぎましょ。
笑顔でねー。
「だねー、タハハハー」(引きつっとる)

292

↑ビーチに到着。ココで2匹は朝ごはん。ルーフさん持参のお豆をゴリゴリやって、おいちぃコーヒーをいただきま~す。湖面を覗いたら、ワカサギの稚魚がうぢゃうぢゃ~。あと、ハゼの稚魚らしきのも這ってたです。

帰りは風が出て、ちょっとだけ波もたって…でも涼しくてこれまた気持ちいい~。
タップリ泳いだ(とゆーより、ぶん投げられて泳がされた)2匹は、ものの数分で撃沈。
サイト近くまで戻ってきたら、優雅に餌を啄ばんでるカモさん(ツガイ?)がおりました。
近寄っても、ぜーんぜん逃げないの。
「キャンパーさんが連れてきたペットなんでね?」なんて思ったほど。
2匹はビーチで朝ごはんを食べたけど、人間たちはマダ。
んもぅ、腹ペコ。
はてさて…朝ごはんは何にしましょう…。
ルーフ家が「ささき亭」にパンを買いにいくなんて話を耳にしたら、途端に胃袋がパンモードになっちゃった妻。
なので、我が家もパン食~。

293

↑食後のデザートははる子@義母さん作のたいして甘くもないスイカ。たくさん泳いだ(泳がされた)2匹にもお裾分け~。彼らは皮も完食しちゃったです。ええんだろか…。

朝ごはんの後はダラダラ~。
んで、朝食べようと思って持ってきてたカレーを温めて、お昼ごはんに。
1泊だったけど、しっかりちゃっぷんこもできたし、のんびりもできて大満足なカヌーキャンプやったです。
お付き合いしてくれたルーフさん、J子さん、Kさん、どうもありがとでしたー!
ルーフさんちにとっては、かなり思い出に残る(また蒸し返すかっ)初カヌーキャンプだったんでないかちら。
自艇ゲットしちゃうのも時間の問題?
あっ、その前に新しいビデ…いや、もぅ言うまい。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月31日 (火)

ルーフさんとちゃっぷんこキャンプ-1-(超手抜き)

8月28~29日は、カヌー積んで小野川湖に行ってきたです。
「福島は暑いから、しばらくは小野川湖、もぅいいやー」なんて言ってたんだけど(笑。
午前8時に菅生SAでルーフさんご夫妻と待ち合わせして、2台連なって目的地の庄助キャンプ場へ向かいます。
午前10時前に到着したら、ぎゃおー、駐車場には車がイッパーイ。
しかも、ぜーんぶ関東圏のナンバー。
『今回も釣り人たちの車なのかちら』と思ってたら、キャンパーさんです。
夏休み最後の週末だからかな。お子様連れのファミリーもおります。
いつもだったらエントリしやすい湖畔に近い場所に設営するけど、団体さんがいらっしゃったので、湖面からは一番離れた場所に設営したです。
ちょっと動いただけで、頭皮から汗がジンワリ。
「あぁ~暑い~っ」
「早く呑みたい~」
なんて愚痴りながら。
そうこしてたら、16ftのキャンパー2艇積んだKさんも到着です。
今日もお世話になるですよ!

281

↑常設のテーブルの上にドーンとレクタL(雨予報だったしね)。夫の寝床はアクト。ルーフさんちはエッグ。Kさんは…テントなしのコット寝(雨予報ですけど?)。昼飯にカレー味のもんぢゃ作ってもろたです。ベビースターやら、いつ買ったのか忘れた酒のアテ@イカ天も投入~。BJはサラの尻枕で寝とります。2匹ともかわええのぅ(親ばか)。

汗かいたあとの冷えたビールの旨いこと。
途中で買った海苔巻きやら乾き物やら広げて、早速宴会スタート♪
でも、この後ちゃっぷんこしますからね…ヘロヘロになる前にKさんによるカナディアンカヌー講習会が始まりまっせ。
まずは陸の上で漕ぎ方のレクチャーでございます。
ええと、その間、我が家は何をしとったかとゆーと…。
夫はテントの設営。
妻は飲んどりました、鼻くそほぢりつつ(汗。

282

↑Kさん(BJつき)とルーフ家で試し漕ぎ~。なかなか様になってるんでね? てことで、戻ってきたら3艇でぷらっとジュンサイ沼まで行ってみることに。

磐梯山もくっきり。
でもってミソハギも満開で美しいーっ。
(最近、バウに座った瞬間、睡魔に襲われるのですが、酒のせいでしょうか…)
気持ちよか~…だったのですが、水量が少なくてジュンサイ沼まで辿りつけずにUターンやったです。うーん、残念。

283_2

↑宴会中の写真は、どれもボケボケ。夫が作った晩御飯はタイ風茹で鶏丼(バカの一つ覚えとでもいいますか…いや、作ってもろとるのに、そんなこと言いませんよ、言いませんとも!)。今回はちゃーんとシャンツァイ乗っけて。

ルーフさんちのメニゥは鶏もものグリル。そりからシャンツァイたっぷりのサラダ。食材が我が家とカブってたけど、シャンツァイ好きな妻は嬉しい~。くさくさでうまーっ。
知人が「マッコリ旨い」て言うてたから、今回買っていって飲んでみたけど…
失敗したーっ。
甘いのね、これって。
夜になると涼しいを通り越して、なんだか肌寒い~。
焚き火の周りに集合してチビチビ。
でも、ビール飲んだりマッコリ飲んだり、ルーフさんちが持ってきてたバーボン飲んだりしたら、早々に撃沈。
午後10時には宴がお開きになったのでした。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

盆ホリデーキャンプ

釜房ダムにカヌーしにいった写真もあるんだけど、いつも通りのチャップンコ遊びでたいしたこともしてないし、レポをUPする気力もないし、何より記憶も殆ど残ってないのでサクっとスルーすることにして、我が家の盆休み。
12日から18日と、意外とタップリお休みはあったのだけれど、キャンプに出かけたのは13~15日のたった2泊3日のみでございます。
しかも行った先は岩洞湖。
本当だったらキャンプしながら北上川をカヌーで下ってたのにー。
お天気のせいで、川、おもきし増水しちゃってたしね。
カヘオレ色だったしね。
川下りキャンプは来年か、秋までお預けっつーことで(がっくし)。
岩洞湖キャンプ場。
お初のキャンプ場でもないしー、お天気もイマイチだったしー、カヌー漕いだのは夫だけだしー、妻がやってたことといえば酒飲みだけだしー、てことでブログを更新する気力も萎え萎えになりそーな内容なのだけれど、一応覚書として…。
出発した日のお天気はピーカン。
高速下りたら渋民までブブーンと北上して、いつもなら姫神山方面へと右折するのだけど、直進してさらに北上。
新幹線の「いわて沼宮内」駅前近くにある精肉屋さんで、おいちぃホルモンをゲットするためです。
佐藤精肉店さん。
ココはホルモン鍋のネット販売で有名らしーのです。店内に入ったら、ナルホド、鍋用のセットがズラ~リ。
でも、我が家が欲しいのは焼き用のホルモン。
シロコロが食いたい。
ないのかちら。
お店の人に尋ねたら、シロコロのみでの販売はしてないけど、「選って直腸部分を入れといたから~」と焼き用に提供してくれたです。
お味も味噌、塩とお好みを選べて、しかも通常のホルモン価格だからお安いーっ。
無事にホルモンもゲットして、キャンプ場へ向かったのでありました。
管理棟についたのは午後3時。
オートサイトが結構埋まってるんだと、嬉しそう…とゆーか驚き顔の管理人さんたち。
なんか年々増えてるんですと。
1,000円効果ですかね。
殆どが関東圏のキャンパーさんたち。
我が家はケチってフリーサイト(無料)の台帳に名前を記入です。

11

↑この日、フリーサイトには釣り目的のおんつぁん3名の1組(1つのテントで3人寝てたー)とソロの男性、そして我が家の3張りのみ。リビングシェルSの隣にハーフムン。こっちのテントで妻とBJ、シェル内のコットで夫とサラが寝ることに。そろそろ2人用くらいのテントを新しくしたいんだけど、欲しいのがないー。何かええの、ないですかね?

駐車場からサイトまでちと距離があるので、リヤカーに荷物を積んで運びます。
暑い中、いったい何往復せにゃいかんのかなーとうんざり気味だったけど、1回で大丈夫だった…ヨカッタ。
設営終了したら、妻は酒。
いや、設営中に既にプシュっとあけはしとりましたが…。
湖面が凪いでるからって、夫はサラを連れてソロ漕ぎに出かけとりました。
戻ってきたら晩飯の準備。
といっても、買ってきたホルモン焼いて食うだけだから、炭を熾すだけ(笑。
焼き物だと楽でええねー。

12

↑日が傾いたら涼しいとゆーより、寒くなってきました。8月なのに焚き火で暖を取ります。でも一番暖かいのは、豚んポ。重いけど。毛だらけになるけど。ほんでもって臭いけど。

到着してからずーっと飲み続けてたんで、早々にダウンの妻。
午後10時前にテントに入ったです…が、しばらくしたらフライを叩く音が~。
雨ぢゃー。
「ま、夜の間だけならえっか…」
そう思いつつ再び眠りについたのでした。
朝…起きても雨は降り続いてて、時折雨脚も強くなって、止む気配なんてありましぇん。
気分もドンヨリだけど、昨夜食べたホルモンで二人して胃もたれ気味。
ホルモンて、実はどのくらい焼けばええのか分からなくて、「うまい!」「はよ食いたい!」と思う卑しさからか、もしかしたら生焼けなのを食べちゃってたのかもー。←これは妻が。
二人とも、朝ごはんを食べる気にもならず、お昼近くまでホケ~っと過ごし、車でユートランド姫神へ。
んで、胃が痛いとかいいつつも、酒の買出しだけはちゃっかりやってキャンプ場に戻ったらラジオで高校野球を聞いとりました。
でもラジオって、アレですな。
「打ったーっ!打ったーっ!」の後のアナウンサーの言葉なんて、早口過ぎて何喋っとるのかさっぱり分からんですね。
でもって、ちょろっと夫婦でお喋りしてる間に、あら、攻撃が変わっとる…いつの間に!てことになるし。
ラジオで野球を聞くのって、慣れが必要なのかもと思ったですよ。

13

↑雨降りだと、することないねー。観光にでも行けば?なのだけど、胃が痛くてそんな気にもならないー。8月とは思えない肌寒さに、ついおデブBJの体温を求めちゃったサラ。

昼ごはんは…食べたような気もするけど、何を食べたのか思い出せず(汗。
晩御飯は、夫が作ってくれたです。
米炊いて~鶏肉茹でて~辛ーい大蒜タレみたいのかけたやつ。
渋民のジャスコにシャンツァイが売ってなかったんで、三つ葉を代わりにトッピング。
なかなか美味だったです。
ありがと。
昨夜はいた他のキャンパーさんたちも、雨の中撤収しちゃって、この日の夜は我が家のみ。
静か。
小雨になったのを見計らって2匹を散歩させた他は、シェルの中で酒飲みながら本読んだり話をしたりしてまったり過ごしたのでありました。
あ、雨降りだったけど焚き火台はキャノピー下でフル稼働やったです。
3日目の朝、やっと雨が上がりました。
よかったー。
2匹の散歩をちゃちゃっと済ませたら、スンドゥブで朝ごはん。
「もう一泊しようか~」なんて二人して口にはしてたけど、体は自然に撤収作業に取り掛かっとりました(笑。

15

↑雨は上がったけど、雲は広がってていつドバーっと降り始めてもおかしくない感じ。でも風がなくて凪いでたから夫はBJ連れて漕ぎにいっとりました。

テントを片したらソロ漕ぎに行った夫を見送って、妻は…ええ、勿論酒飲み。
ええの。運転しないし。帰りは助手席で寝るだけだし(鬼。
でも、いない間にダラダラ撤収作業はやっとったんですよ、えっへん。
とまぁ、妻にとっては殆ど飲んでばっかで動いてない盆ホリデーキャンプだったわけで。
キャンプから戻った次の日は夫の実家に出向いて墓参りもしたし、夏にしか味わえない人生初の熱中症体験もできた(庭の草むしりで)ってことで、ヨシとするです。
あ、最後に。
場内はキノコのお山って感じだったので、写真をいくつか。

14

真っ赤でかわええタマゴタケ。2日目、雨降りの中、家族が散策にやってきて、このタマゴタケを根こそぎ持って帰っとりました。
「写真、撮ろうと思ってたのにー」
でも、3日目、既に新たなタマゴタケがニョキニョキ。
1日で物凄い成長するんですね、キノコって。
タマゴタケ以外のキノコは名前が殆ど分からず。
他にもいろんな種類のキノコが、たーくさん生えとりました。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

茂庭っ湖DEカヌーキャンプ-Part1-

7月31日~8月1日は、お初のキャンプ場に行ってきたです。
福島の茂庭っ湖。
カヌーを浮かべるのは摺上川ダムで、キャンプ場はダムそばにある茂庭広瀬公園キャンプ場でありまっす。
junkさんがチャップンコしてる記事を見ちゃったから、真似っこしちゃったヨ…テヘヘ。
このキャンプ場、前もって予約の連絡を入れなきゃいかんってのがチト面倒なのですが(汗。
でも、利用料金はタダー!
初めてのダム湖だし、そのくらいのことはやりまっせ。
てことで、まずはキャンプ場の受付をするべく、サイトよりしばしダム湖方面に車を走らせた場所にある「茂庭生活歴史館」にて申請。
最初、キャンプ場をチラリと覗いたときに、駐車場から一番近い場所(このキャンプ場はオートぢゃありまへん)にガタイのよろしいあんちゃんたち数名がちょうど設営中だったのです。
「なんだかさぁ…あの人たちさぁ…酒飲んで暴れちゃったりしそーにね?」
電話で予約を入れた際に告げられたサイト番号が、その団体さんたちからあまり離れてないようだったので、「トイレからうーんと離れてもええです。炊事棟からうーんと離れてもええです。端っこのほうにしてください」とお願いして、31番サイトに変更してもらったのですが…。

11

↑キャンプ場についたら、まず宝探しのごとく自分のサイト番号を見つけねばなりまへん。これがちょっと楽しかったりして(笑。我が家が車を停めている道は、この先行き止まり。管理人さんに「アスファルト道路上ならどこでも停めてええよ~」と言われたので、サイトのすぐ隣に駐車。便利だー。キャンプのお供(本)は、山渓の「登山体のつくり方」…2007年号だけどね。それと、はた万次郎さんの「うっしー!」(10回以上読んでるけどね@漫画)。

31番てどこ?
ええと…キャンプ場内にはサイト番号の立て札とかありまへん。
地面をよーく見たら、頭に番号と矢印がマジックペンで書かれた杭が打ち込まれとりました。
管理棟で聞くと、駐車場に近い場所に陣取ってたあんちゃんたちは、近くの子ども会とのこと。時間が経つと、子供たちやらおかーさんたちもわらわら集まって、ものすごい団体さんになっとりました。
この週末、ココに集ったのは我が家とその子供会の団体さん、ほんで我が家のすぐそばに設営していたファミリー(2組)と、炊事棟に近い場所に設営していたご夫婦…の計4組。
リビングシェル(夫はシェルの中でコット寝)と妻の寝床ハーフムーンを設営したら、カヌーの道具を車に積んでダム湖へと移動です。
歩いていける距離ぢゃないのが、ちょっと難点だけどね。
まずはインフォメーションセンターで湖面利用の申請。
で、ええーっ!と凹む妻。

Moniwa_map_big

摺上川ダムって、あっちゃこっちゃに川の流れ込みがあって、すんごーく楽しそうなのに…。Map

カヌーでチャップンコでける範囲って、ご覧の通り、鼻くそ程度なんですよね。
「支流には入ってくれるな」て念押されちゃったし。
これぢゃぁ、手漕ぎボートとかスワンボートで遊ぶ程度ぢゃん。
なしてー?
インフォメーションセンターにいたおっちゃんに、ちょっと食って掛かっちゃったけど(汗)、
「ええと、土日はワシら委託されて来とるもんでねー。職員ちゃうんでねー。そのように伝えてくれって頼まれとるだけでねー」の一点張り。
しゃーない。
規則だから守るけど(渋々)、なしてこの狭いエリアだけしか遊べないのか、職員の方、今度あったときはちゃーんと説明してくださいませ。

12

↑カヌーのエントリは、インフォメーションセンターから車でちょいと移動したところにある梨平公園から。ちゃんとカヌー乗り場が作られとるのですよね。益々、この湖面利用の狭さに納得いかなかったりして…。猿に観察されてる2人と2匹。動物園の動物になった気分。

湖面に出るといやぁ~びっくり。
お水がものすごーく綺麗なのです。
周りに民家が一軒もなくて、お山ばっかだからですよね、きっと。
だからこそ、余計に支流に入ってみたい願望がムクムクと…。
あぁぁぁぁ~悶々。
なんてため息つきながら橋脚の側を漕いでたら、聞きなれない鳥の声。
「なんてゆー鳥かしらん?」
声のするほうを見上げたら…
鳥ぢゃなくて、お猿さんやったです。
あっちからもこっちからもお猿さんの声。
橋脚の上では数匹が毛づくろい。
んで、下っ端のお猿さんなのか、見張り役でアテクシたちが近づくと「ホホホ」だか「ポポポ」だか、そういった可愛い声でどうも仲間に知らせてるっぽい。
警戒してるときって、もっとなんつーんですか、キャーキャーとかキーキーとか、甲高い耳を劈くような不快な声を出すものだとばっか思ってたのに…。
意外とかわええ(離れてるから余裕)。
「あそこにもー」
「あっちにもいるー」
ちょっと興奮気味でお猿さんたちを探す妻と夫。
…の足元で、2匹は鼾かいて寝とりました。
犬猿の仲とかゆー言葉の意味、チミたち知ってる?
ガシガシ漕いぢゃうと、あっとゆー間に1周しそうだから、妻は乗ったらすぐに酒飲み(汗。
殆ど漕いどりまへん。
ダム湖がでけたのは2005年。まだ歴史が浅いからか、湖畔沿いの木々の切り株も新しい感じ。
途中、休憩ポイントを見つけたので上陸して、そのついでに焚き木を拾っときました。
カヌーに沢山積んで、今晩ガンガン燃やすのだー。

13

↑やることないからか、2匹で流木をガシガシ。BJは歯茎から血ぃまで流しとりました。カヌー遊びの後、サイトに戻る前に「もにわの湯」でひとっ風呂。晩御飯は鶏肉の香味(セロリたっぷり)かけと、中華スープ。

狭いエリアだけど2時間くらい遊んで(浮いてただけだったりして)、サイトに戻ります。
と、その前にキャンプ場から歩いても行ける「もにわの湯」へ。
入湯料は1人250円とリーズナブル(シャンプー類はナシ)だけど、小さいながらもちゃんと露天までありました。
お湯は無色無臭のアルカリ性単純温泉。
ちょっと熱めだったんで、長湯ができず30分で入浴終了~。
ホカホカになって(夫は汗だく)サイトに戻ったら、2匹を散歩させて晩御飯の準備です。
今回はホイル焼きぢゃないヨ。
つっても手抜きだけど。
で、その準備をしていると、妻の後ろで木がワサワサと揺れる音がするのです。
振り返ったら、1本の胡桃の木だけがワサワサ。
ソコだけに風が当たってるとも思えず、よーく目を凝らしたら、生い茂った葉っぱの間からニュ~っと伸びた毛むくぢゃらの手。
胡桃をもぎ取ったら視界から消えた手。
お猿さんです。
ぎょえー。
妻とお猿さんとの距離、6メートルほど。ちかーっ!
「猿だよ、猿ー」
夫に教えたら、「ほんとだー」と夫が指をさした方角には、妻が見てた猿とは別の猿。
そこには小猿数匹がおりました。
もぅね、車を停めたその向こうの木々の中にはウヂャウヂャなのですよ、ウヂャウヂャ。
どーりで、ダム湖周辺や、管理棟周辺、キャンプ場周辺に「猿に餌をやらないでください」看板がいくつも立ってるワケだ(笑。
でも、きっと看板通り可愛いからって近づいたりしないのね、誰も。
すぐ側で食事中の猿軍団は、人慣れはしてるみたいだけど、道路に下りてキャンプ場へ来ようなんて気配、一つもなかったです。
夕刻、離れた民家から山に向かってバーンバーンと猿鉄砲の音(朝も聞こえました)。
この山周辺に暮らす農業で生計を立ててる人にとっては、猿被害は切実だものね。
いやん、小猿ちゃんキャワイィー、なんつって無責任に食べ物を与えるのは、うん、いかんのですよ。
と改めて思った次第。
いやぁ~それにしても、サイトにいる間、ずーっと「誰かに見られてる」感モリモリなキャンプって(笑。
あ、2匹はカヌー時同様、ココでも猿には無関心…とゆーか、時折猿同士で喧嘩もしとったようなのに、存在すら気づいてなかった模様。
犬として大丈夫なんでしょうか。
ところで、件の子ども会の団体さんたちですが…。
日が暮れて肝試しなんてのをやってたけど、その後はすごーく静かだったのですよ。
昼間も子供たちがボール遊びで我が家のサイトの方に走ってきてたら、大人が「他の人の迷惑になるから、こっちで遊びなさい」ってわざわざ注意しにきてたし。
炊事棟の使い方も、とーっても綺麗。
勿論、撤収後もゴミなんて落ちとりませんでした。
いかついあんちゃんたちだったけど、人を見た目で判断しちゃダメねー。
今までキャンプ場であったどの子ども会より、上品な団体さんだったですよ。
その代わりといっちゃーアレですが、隣のファミリー2組が夜遅くまでドンチャン。ココの子供らもギャースカ煩かったし。
まぁ、アテクシは酔っ払って早々に寝ちゃった(午後10時)んで、気にはならなかったですけどね。
一人ぽつねんと焚き火して、コットで一人寝の夫にはかなり煩く感じたよーです。
ご愁傷様~。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧