ギア

2009年11月10日 (火)

女子キャンinとことん山 その1

11月4日~5日。近所の酒処「きぼこ」で飲んだ暮れてる4人の女が、場所をとことん山キャンプ場に移して宴会することになりました。
それぞれが4足歩行の相棒連れで。
メンバーは、rikoさん&Qooさん。
ぽんママさん&あんこさん。
mamakoさん&マロンさん。
ほいでもって、妻&BJ。
女子キャンプとか言いながら、BJです。タマなしだから許してちょ。
ソロでとことん山まで出かけると、運転中睡魔が襲ってくるので(特に帰り)今回はrikoさん&Qooさんも我が家の臭い車に乗っていただきました。
荷物を積んで、Qooさんも後部座席に放り込んだらレッツラGO~!
安全運転で(多分)3時間後に現地に到着。
「リビシェルはアタシが持ってくね。でもペグ打ちしたことないから、設営の仕方がイマイチわかんないー。よろしく頼むっス!」
ぽんママさんは、そう言ってたのに…。
サイトを見たら、ありゃもぅ既におっ立ってますがな。
(mamakoさん、ぽんママはフライングで前泊しとりました。前日はドカ雪降っちゃったらしく、かなり寒かったらしいです。当日、気温がまぁまぁ高くて殆ど溶けてたけど、それでも所々に残雪あり)
てことで、荷物を降ろして、rikoさんと妻はそれぞれのテントをシェルの後ろに設営。
この間、車内に放置されてたQooさんがババ漏らしとゆー技を披露してくれたんですが(笑)、BJはもっすご離れて後部ドアに張り付くようにババから逃げとりました。
チビスケの頃は、己の糞を食ったりしてたくせに(笑。

41

↑設営すんだら、早速乾杯~。「ビールは冷えるんだもーん」なんつって、カップ酒の人もいたりして~。道の駅で買ってきた炊き込みおこわやら、自宅から持参したお惣菜(我が家は夫弁当の残り)を広げて宴会スタート。

いいねーいいねー、やっぱいいねー。
キャンプだと「ラストオーダーでーす」とか「そろそろ閉店なんですけどー」って言われないしね~。
ワンコさんたちだって一緒に飲めるしね~(いい迷惑だったりして)。

42

↑フリースに完全に包まると、いるのかいないのか分からなくなるまろんさん。ガサツな妻がもしもチワワ飼いになったら、多分尻の下に敷いて圧死させちゃうよ…。写真見て気づいたー!山渓、読ませてもらうんだった!(遅。

ホステス、ホスト役のワンコさんたちは、愛想を撒くとゆー仕事そっちのけで寝倒しとりました。
約一名…Qooさんだけは落ち着かない様子だったけど。
多分、隣に座ってたのがしょっちゅう肛門腺垂らしちゃうBJだったからぢゃないでしょうか…(2日目は諦めちゃったのか、ちょっと落ち着いたネ)。
飲んで~風呂入って~飲んで~風呂入って~。
自分らばかり楽しんでもアレなんで、小安峡へお散歩に。
ホステス、ホスト孝行でありまっす。

43

↑いつもは管理棟横の坂道下って小安峡に行ってるけど、今回は逆コースで。すんげー楽だった。

赤い橋の上から小安峡を覗き込んでホヘ~。
そのホヘ~な写真がコレ↓。

4p9651

実際はもっと綺麗だったんですけどね。
写真をデカくする意味があんのかよ、と自分にも問いたい(汗。
飲んだ暮れてたら、あっちゅー間に日が暮れて晩御飯の時間です。

44

↑我が家は簡単プルコギ。rikoさんは海鮮鍋。mamakoさんは焼き鳥。ぽんママはお取り寄せのモツ。どれもうめー。でもって酒が進むー。温泉でツルツルになって、コラーゲンたっぷりモツでプリプリになって、いやん♪美肌キャンプだわ。関係ないですが、酔っ払うとDFのボトル装着するのに「あり?こっちが上?下?」と四苦八苦しますな。妻だけ?

持参した缶ビールがすっかりなくなって、貰い酒する始末でした。
恵んでくれた皆さん、ありがとう。
寝る前にもひとっ風呂。
あぁ~幸せだなぁ。
ホッカホカになってテントにもぐりこんだら、お隣のrikoテントから奇声が。
Qooさんが、rikoさんのシュラフに黄色い池を作っちゃったとか。
「んもー、さっきおしっこに出したのにー!」
rikoさんの香り付シュラフ嗅いで、今までの緊張の糸がプッツン切れちゃったのかもね。
何やらゴソゴソやっとりましたが、妻にはテントを出て行く気力も体力もなく…
あぁぁー、ご愁傷様でありまするぅぅぅーと呟く途中で、こと切れとりましたグガーッ(薄情)。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

トレッカーウィングからモワーン

火曜日~水曜日と、平日ではありますがrikoさんととことん山へキャンプに行ってきました。
そのレポを上げねば…なのですが。
その前に、てーへんなことになってたアレのことを少し。
アレとゆーのは、ここしばらく出番のなかったMSRのトレッカーウィングでございまっす。
かっちょええ形状と鮮やかなオレンジ色に惚れちゃって、妻が思わずポチっとしてしまった、トレッキングポール2本で簡単に立てられちゃうタープ。
現在は廃盤になったので、新たに入手することは困難。
それだけに、持ってるダケ(笑)でウヘヘーなものではあるのですが…。
雨続きの数日前。
夫が何気なく収納袋からコイツを取り出して、プヒャー!
奇声を上げておりました。
その声を耳にした数分後、妻の鼻を襲った異臭。
そうです。
くっちゃいことになっとったのです。
濡れたままケースに突っ込んだ記憶はないのに…。
ちゃんと乾燥させてからしまったハズなのに…。
本体は、ウレタンコーティングぢゃなくて30DナイロンリップストップPUシリコンコーティング。
なのに、にゃんで?
こ、こ、これがMSR臭とゆーやつなの?
うそん。
幸いなことに、ベタつきはありませんでした。
外に干そうにも雨。
てことで…。

Imgp6803

玄関の吹き抜けの手すりに、こうして広げられてるトレッカーウイングなのですが。
お陰で3日間ほどは、お出かけして家に帰ってきて玄関の扉を開けると、モワンとこの異臭がまず鼻についとりました。
例えて言うなら、下痢便臭。
下痢便臭の漂う家。
そんな家に住む住人たち。
「ええー? 下痢便の臭いとはちょっと違うでしょ」
そう夫は言いますけどね。
妻の下痢便は正にこんな臭いですから。
「うえーっ、アナタのは、そうなの? 聞かなきゃよかった…」
もしくは、捨てるの忘れて丸一日ビニール袋に入れっぱなしにしてた犬クソの臭い(BJの)。
くさーい!とか言いつつも、妻はついつい二度嗅ぎしちゃうんですけどね。
今後、冬場にしか使わないアスガード
こいつもマメに干してあげないと、同じようなコトになるんだろうなぁと。
つか、箪笥の肥やしにしてないで、使ってやれよっちゅー話ですね。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

牛野でキャンプ 桜は咲いた…か? part2

先にテントから出てコーヒー飲んでた夫。妻はいくらでも眠れるぞー(思い切り早寝したくせに)。でもBJが臭い。
今日はやることあるからね。仕方ない、起きますか…。

04121

↑おはようございますー。朝ごはんはタラちゃんのホイル焼き。愚犬たちにも朝飯食わせて…うんこはまだ出すなよ、さぁ出かけるゾ。

朝ごはんをちゃちゃっと食べたら、後片付けもそこそこに出かける準備。
お散歩を兼ねて、達居森を歩きにいくのです。
水持ったかー。
シェラカップぶら下げたかー。
ストック持ったかー。
あ、夫、何やら新しいストックを…。ブラックダイヤモンドのトレイルコンパクトです。コッソリお江戸で買ってたらしい。
「だって安かったんだもん…フリックロック式だから今までのやつのように、クルクル回さなくても長さを固定できて便利なんですよ、ホラね」
ふーん(よく見てない)。
夫のものは妻のものー。
ナルヘソ、クルクルタイプだとスノーシューで遊ぶときには、凍り付いちゃって回せなかったりするし、いちいちグローブ外さなきゃだもんね。それがないんだコイツは。便利なんだなコイツは。
ならば、アテクシが使わせていただきます(鬼)。

04122

↑達居森を少々馬鹿にしとりましたが、カタクリの群落は今まで見た中で一番だったかもー。すげーのよ。でも我が家のうんこデジカメでその様子を俯瞰で撮ると、何がなにやら…。悔しいー。復路では思いがけずショウジョウバカマも見つけて、妻、大喜び。

キャンプ場から登山口まで、いつもだったら車を出すところですが、今回は歩きで。
登山口手前から、既に2匹はゼーハーになっとりました。
上り始めて10分。
すげーすげー!あっちもこっちもカタクリだらけ~。
まだ時間が早いからか、花びらは閉じ気味だったけど、この陽気なら復路の景色は期待できるんぢゃなかろうか、と(カタクリは13度以下だと花を開かないらしいです)。
春の山ってええね~。
思わず足取りも軽やかになります。
しかも、この低山は上ったり下ったりの起伏が多いから、足にあまり負担もかからないし。
40分ほどで山頂に到着(早っ)。

04123

↑三角点のケルン状に石が積み上げられたソコには、なぢぇか眼鏡が…。忘れ物ですかー? 途中の休憩ポイントからは、キャンプ場が見えました。肉眼では、もっとはっきり見えたのに…。

展望台でちょっと休憩して、「カタクリは咲いたかな~」なんて言いつつ来た道を引き返しました。
予想的中。お見事! ぎーれーいー(涎)。
いやぁ~、一番いい時期に上ったんだなーと改めて自分を褒めたくなったですよ。ホント、上ってよかった。
サイトに戻ってきたら、お隣の小次郎さんちは既に撤収がほぼ終わっております。
はえっ!
お別れ前に、親睦を深めなさいと我が家の愚犬に勧めたところ…。
ドラ鳴らしながら頭突き&体当たりするサラ(凶暴)。
小次郎さんを素通りして草を食むBJ(牛)。
ちっとも友好的ぢゃありまへん。ごめんなさいねー。
こんなトホホなやつらですが、また会ってくださいですよ。

04124

↑小次郎さんが帰ると死んだように眠る愚犬たち。テント撤収作業でウロウロする妻の足が当たろうが(要するに蹴飛ばした)このままの状態です。生きてるのか心配になったぜ。

そういえば、後から聞いたのですが…。
小次郎さんちとは反対隣には、妻が欲しがってたモールーム をたててたカッポーがおりまして。当うんこブログを見てくださってたらしいのです(夫がそう言うとった)。
妻もお話したかったなぁー(夫婦間で会話が弾んでないのがバレバレですね)。
土日で15組と大賑わいだった牛野も、次々にキャンパーさんたちが帰っていきます。
みんなはえー。

04125

↑シャングリラだけを残して我が家は昼飯。カップラ~。手抜き~。妻の小さな影に体を押し込んで、少しでも涼をとる賢いサラと、頭カンカンに熱くして寝てる牛。

お昼ごはん食べてシャングリラ片しても、うだうだ~ホケ~。
だって気持ちいいんだもん。
こんなにええお天気なら、コットを持ってくるんだったー。

0412imgp4066

お昼をとうに廻って、そろそろ帰ろう…としたとき、あーっ!
コレって、一応、咲いたってことになるよね。1輪だけだけど。咲いたってことにしといてください。
花見キャンプ…でけたってことで(汗。
(ダムの向こう側の桜は咲きかけの桜の花がいくつもありました)

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

MSR アスガード

詳しいことはよくわかっちゃおりまへんが、取り敢えずうんこ写真をパシャパシャと撮ってみたんで、アテクシなりにテントの紹介をしてみましょうかね、と。
インナー広げ~の、スリーブにポール通し~の、立ち上げたらフライぶっかけて~といった設営の仕方なんて、きっと皆さんお分かりでしょうから、サクっと割愛させていただきますが…。

021452_2

オレンジ色のポールが3本。片側はフラット、もう片側がグロメットに突き刺すタイプになってるんで、間違えてフレームに通すとイラっとします(笑。
この3本のうち短い1本は、テント中央のスリーブに通すわけです。
んで、先端がV字に曲がった銀色のやつがボーフレーム。
このお陰で、室内の側壁が立った状態になるので広々利用できるとゆーのですが…。

021451_2

なるへそ、圧迫感なくて広い~。
おまけに収納ポケットがいっぱいなのも嬉しい~。
ただ、付属のガイコードが2本しかついてないんですよね。多分、前後の分。
サイド部分はどうすんだ?
要するに、必要なら好みのガイコードを別に購入しろヨ!てことなんでしょうかね。
ま、今回は使用しなかったし…今後、台風とか嵐の中で使う場合は(あんのかよ)考えてみることにします。

【生地】フライ:40Dナイロン・リップストップ、ポリウレタン、シリコンコーティング/本体:40Dナイロン・リップストップ、20Dナイロン・メッシュ/フロア:70Dナイロンタフタ、耐水圧10000mmポリウレタン・コーティング
【定員/ドアの数】2-3名/ドアの数:2
【重量】最小重量:3.36kg/総重量:3.68kg(総重量には購入時の付属品全て含む)
【フロア+前室面積】3.06+1.1平米
【室内最大高】106cm
【収納サイズ】51×17cm

にほんブログ村 アウトドアブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

とことんキャンプpart1

14日はバレンタインでしたねー。会社の女の子から高そうなチョコをいくつか貰って帰ってきた夫。妻からのチョコは、バッカス1箱のみでした(笑。だってコレが世の中で一番ウマいチョコだと思ってるんだもーん。冬期限定とか言わずに年中売ってくれよ…。
そんなことはさておき、土日、新しく購入したテントを担いで、雪山へと行ってまいりました。
とことん山に到着したのは午後2時過ぎ。
今週は、犬っこ祭りなんかも開催されるので、キャンプ場もコテージも大賑わいなんぢゃなかろーかと思っていたのですが…。
生憎の雨と、雪のなさが原因なのか、スキーヤーもまばら(とゆーか、4,5人しかいなかった)。コテージ利用客もなく、キャンプ場は我が家の貸切状態でありました。つか、仙台はお天気よかったのに、わざわざ雨降ってる場所に来ちゃったなんてね~。

02142

↑雪、少なーっ。例年なら除雪された横の雪壁は2メートル近い高さになってるのに。設営中はパラパラと雨が降っておりました。

でもええのええの。
悪天候こそええ仕事するテントのハズだから(やせ我慢)。
ソリに荷物を載せて、重くてシャーベット状の雪の上を引っ張っていきます。これが大仕事。2往復目で既に汗だく~。
前人の設営跡を見つけて(多分以前Tさんが設営してた場所)、雪掻き作業を省略。急いでシェルを立てて、その奥にアスガードHPを設営しました。
設営が終わると、雨が止むなんて…。
ちぇっ。
天気のいぢわるめ。
今回、気温が急に高くなったのが原因なのか、季節はずれの雨のせいなのか、温泉の湯がちょっと濁っておりました。
でも温度はええ按配。
しかも貸切だから、湯船の縁にねっころがったり、歌うたったり、思う存分満喫させていただいたですよ。

02141

↑夜は鴨鍋。八丁味噌漬け煮卵が、ええ酒のアテになりました。

ランタンとDFでシェルの中は十分ホカホカ。タケちゃんを持ってきたけど、結局一度も使わず…。
午後9時、風呂に入ってさぁ寝ようとテントへ。
暑い。
これは4シーズンテントの効果なのか、風呂の効果なのか…それとも単に気温が高いからか…。愚犬たちも、しばらくは飼い主のシュラフの中にもぐりこんでくるってことがなかったんですよね。
いまいち3シーズンと4シーズンのテントの違いをはっきり把握できずに就寝でございます。
でも、ハーフムーンⅡよりは、明らかに広いっすよ。
夫と妻、並んでも真ん中に犬スペースが十分できちゃう感じ。
ただ、冬場は寒いから一緒でも仕方ないけど、春から秋にかけてはやっぱりキャンプ別居がええな、と。
だって、鼾煩いしー、芋焼酎臭いしー(笑。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

新しい幕体

うふふ、うふふ。
ようやく手元にやってきました。

Imgp3063

↑意外とデカいのね、とちとびっくり。

オレンジ色のにくいやつ。
早くしないと冬が終わっちゃうぢゃん~!と悶々としておりましたが、まだまだアソコには雪があるし、なんとか滑り込みセーフで間に合いそう。
そう、4シーズン用のテントなのでございます。
ハーフムーンⅡに大人二人+豚2匹だとかなり窮屈でしたからね。
最初は前室広めのモールーム3人用を…なんて思ってたんだけど(今年は丑年だし~モゥ~)、メッシュパネルが冬場使うには寒そうってことで諦めまちた。
んで、選んだのがアスガードHP
ハーフムーンより気持ち、ホント気持ち大きぃっつーだけですが…(笑。
でも幅が数センチ広くなるだけで、随分と違うんでねーかな、と期待しております。

Imgp3060

↑専用のフットプリントもつけたら、結構なお値段になってしもたがな…ヒョエー。

3シーズン用を真冬でも使ってた我が家。4シーズン用てのが、どんな効果を発揮すんのか、早く確かめてみたいぞー。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

今年初のとことん山キャンプPart1

1月17~18日、とことん山へ行ってきました。今年初のとことんキャンプです。
自宅を出たのは午前9時過ぎ。鳴子ダムの脇を通る羽後街道も、雪がどっちゃりで車幅がいつもより狭くなってました。左側は崖。ズルっと滑ったら崖下に真っ逆さまだぜ、コエーッ。
「安全運転でよろしくですよ」と夫に伝え、妻は助手席でグースカピー。暢気なモンでございます。
現地に到着したのはお昼過ぎ。
とことん山は、スキー場がオープンすると駐車場が一番下の交流センターの前の広場になります。その一番奥に、見慣れた車発見。
Tさんの車(笑。
我が家も車を停めなきゃ~と思ったら、あら前方にごんたむファミリーのchieさんととうちゃんさんが。
久しぶりのバッタリンコです。

01171

↑キャンプ場に到着して、受付で荷物運搬用のソリを借ります。そのソリに跨って駐車場まで降りようとするアホなおっさん約1名。こんなに雪はあるけれど…去年の同じ時期に比べたら少ない感じがする~。

まずは設営せねば…。
その前に、サイトの場所を決めたら、雪掻き作業とゆー大仕事が。
設営開始するまで、軽く1時間はかかるのです。
設営が済んだら、何はともあれ酒持って風呂~。
ちと温めだったので、軽く1時間は浸かってたような…。
そんなわけで、設営して風呂入ったらお昼ごはん…のつもりが、既に時刻は午後3時を回っておりまして、ちょいと早めの晩御飯になってしまいました。

01172

↑夫のおもちゃネイチャーストーブが、成長して一回り大きくなりました。つか、Lサイズこーてもーた。コイツ、大食い。炭すんげー食いやがる(笑。でもお陰でタケちゃんつけてなくても、これ一つでシェルの中ホカホカ。お客様に挨拶もせず、シュラフに包まったまま寝こけるBJ。礼儀がなっちゃないね~。

晩御飯は味噌ラーメンにつくねやら野菜やらいろんな具を入れたもの。酒のつまみにと持ってきたタラバの足がなかなか解凍でけず、イライラ~。
食後、Tさんとごんたむファミリーにお越しいただいて、狭いシェルの中で膝つき合わせて宴会タイムです。
一番のびのびしてたのは、テントの中にいた我が家の愚犬2匹かも。
キャンプ談義や犬談義や方言講座なんかで盛り上がり、気づいたら午後11時近く。
うへ~、夫婦だけだと考えられないくらいの夜更かしです。
楽しいと時間の過ぎるのって、早いね~!
てことで、お風呂に入っておやすみなさいー。
Tさん、chieさん、とうちゃんさん、楽しい時間をどもありがとでした。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

クリスマスプレゼンツ第一弾

子豚さんの山行だとか、クリスマスキャンプだとかレポはたまっておりますが、我が家にクリスマスプレゼントがやってきたので、そのネタを。
ジャジャーン。
KELTYのテーブルにもなっちゃう「BintoBar」…ではなくて、そのBintoBarにすっぽり収まっちゃうサイズのソフトクーラー「Cooler Binto」です。

Imgp2368

実は、今まで白ガスやケロなどの燃料系を入れる洒落たケースがなくて、ダンボール箱を使っていたのです。
雨や雪にも対応でけるよう、底面や縁にビニールテープ貼って(汗。
でも、そのヘタリ具合もとうとう限界にきてしまいました。
クリスマスキャンプの帰りに、修理に出していたマットを受け取るためWILD-1に寄り、店内を物色していたら、スタッフのSさんが「ボクはSPのソフトクーラーやコレを燃料入れにしてますよ」とナイスアドバイス。
ナルヘソ、防水性の高いソフトクーラーなら液体燃料が漏れて他のものを汚す心配はないやね。
(揮発性の高いガソリンは別に零れてもどーってことないけど、灯油は勘弁してほしいっす)
でもSP社のソフトクーラーを燃料入れに使うなんて、ひゃぁ、もったいない。
だって、アレ、たけーし。
でも、このCooler Bintoなら3,000円でおつりのくるお値段ぢゃないですか。
そのうちBintBarを買う楽しみもあるし…って、その予定は全くないけど。
てことで一つお買い上げすることにしました。
でも、燃料入れにしてはちと大きいのでは? とお思いですよね。
うん。
このクーラーバックの中に、プレゼントが入っているのです。

Imgp2371

DFに続いて、もいっちょ。
灯油も使えるストーブでございます。
それに加えて、こいつ用の燃料ボトルも1本。
(どうも「大は小を兼ねる」的貧乏人気質がもろに出てしまい、またもやデカいのをチョイス)
実はこの火器がメインのお買い物だったわけ。
火器が増える。燃料ボトルも増えた。てことは、ヘタってヨレヨレのダンボール箱がサイズ不足…んでソフトクーラーまで追加購入しちゃったYOてのが実際のところなんですけどね。
表題ではプレゼンツ第一弾とありますよね。
えへへ。
第二弾は、妻が「ほちぃほちぃ」とゴネまくってたもの。
でもね、それは2月中旬にならないと手に入らないのですよ。
いや、別に今でも手に入れようと思えば入るんだけど。
家計のことを考えて少しでも安く、と思ったら2月になるのです。
2月でもええです。
待ちます。
だから、お願い。
忘れ…ないでね。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

雪中ソロキャンプ1日目

まー、なんちゅーか、凹むようなことがありましたが、とりあえずキャンプ場について受付を済ませたら早速設営。
場内には既にリビングシェルが二つたっておりました。
シェルティー飼いのぽんママさんファミリーと、チワワ飼いのmamakoファミリーさんの2組。
どちらも始めましてです。
ソリに荷物を積んで運ぼうとするも、サイト手前のアスファルト道の坂道には雪なんてありゃしない。そう、サイトにもサラっと雪がかかってる程度だったのですよ。
なので、踏み固め作業やら面倒な雪かきはいらず、短時間で設営を終えるハズ…だったのに久しぶりのLXの前室クロスフレームに少々梃子摺ってブチ切れそうに(笑。
ついでにペグの本数の多さにもイラついたりしてー。
3往復目で愚犬たちを車から出して、まずはお散歩。

12061

↑設営時からハラハラ降ってた雪は、しだいにワシャワシャ。今回は犬椅子もナシで、散歩から戻ると即テントの中。前室のDドア開けて2匹をテントの中にぶち込む際、雪がテント内に入り込んで四苦八苦でしたわ。

雪で冷えた体は、犬用シュラフとホカロンと己の体温でなんとかする愚犬たち。
一方の妻は単行本と酒持って風呂へ。
あぁ、人間に生まれてきてよかったわい。
でもね、屋根つきの半露天の一番上の湯が若干温めで、1時間浸かっててもさて上がろうと湯から出るとプルってしまうのですよ。
あがれねー(笑。
2段目の湯は適温だったけどね。

12062

↑雪が降り込まないようメッシュは閉じ、キャノピーを開けて風呂の出入り口を見ながら晩飯の準備。焚き火テーブルの天板だけを雪の上に敷き、その上でDFのプレヒート。炎がこのあともっすごデカくなって、ちとビビる。メニゥはとんこつラーメンの液体スープ使った適当一人もつ鍋。唐辛子(5本分)入れすぎ?大蒜も3カケ入れまちた。くさー。

長風呂から戻ると既に辺りは薄暗くなっておりました。
ランタンに灯を入れねば…なのですが、持ってくるつもりだったフェザーランタンを忘れてきちゃいました。白ガスは車に積んできてたのに。アホやー。
でもって、ヘッドランプも予備のイーライトの方しか持ってきてないしー。
LEDランタン点けたら、こっちはチカチカ点滅しっぱなし(クリスマス仕様かよ)。おまけにスイッチ何回押しても消えやしないのですよ(壊れた模様)。
ま、手元と本の活字さえ読めればどーってことないんで、ええんですけどね。
でもチカチカはかなりムカつく。
ちっこい椅子も忘れたのでテント内のマットに尻をついて、前室に両足投げ出す感じで調理開始。
雪がもっとどっちゃり積もってる状態で設営してたら、前室の雪を掘り下げて座りやすくなってたのかもしれません。
激辛臭々鍋で体はホカホカ。
暖をとる為に一応、を持参したのですが、次の日の朝、ちょろっとスイッチを入れた程度で殆ど使用しませんでした。
なんたって、さぶくなりゃ風呂に行きゃええですしね。
てことで、食後しばらくして再び風呂へ。
んで、お風呂で本日のキャンパーさん、ぽんママさんたちと一緒になりしばし裸のお付き合い~。どちらも仙台にお住まいで、ナント、ご近所さんだったのです。
いやぁ、世の中狭いねー。
お二人が上がられた後も妻は温い湯に浸かって粘ります。
するとお二人と入れ違いに、ガキんちょどもがワラワラと風呂へやってきました。
どうも交流センターに泊まっている集団らしく、男湯には同時に大人(引率者?)も入ったハズなのにどちらもギャーギャーうるさいったらありゃしない。
しかも女湯の方には小学校3,4年と思える男子まで入ってきてるし。
んで、このガキんちょらがかかり湯もせずに湯船に飛び込んでくるんで、おばちゃん風呂桶掲げて思わず叱り飛ばしました。
ガキんちょらはこんなおばちゃんを無視して「下に行こう~」なんつって、2段湯へ。
ムッキー。
露天で暴れるだけ暴れて、再び一番上の湯にやってきて飛び込んだり湯をバシャバシャ叩くんで、再度一喝。
その間、男湯からは大人の騒ぐ声が響いておりましたけどね。
あの指導者にしてこのガキらか、と思ったですよ。
つか、おまいらのせいで本がびちょ濡れぢゃねーかっゴルァ!!ですよ、んもぅ。
ガキんちょらが上がって静かに雪見酒。
一体、何時間湯に浸かってたんだか(汗。
今回はちょっと荷物になったけど下からの冷気を考えてコールマンのパタパタマットも持ってきたのです。レヂャーシート2枚重ねの上にコイツを敷いて、更にZライトも敷くのです。
2匹は犬用シュラフ(3シーズン)で、妻は一人で…と思ってたのに、妻がシュラフに入るとBJが待ってましたとばかりにもぐりこんできました。横を向くとシュラフから顔だけをだしたサラ。
足元はBJブタンポでヌクヌクとゆーか暑いくらい。
雪対策と長湯効果で(湯あたり?)背中も朝までホカホカ…だったのですが。
ぶーぶー。
ブシューブシュシュー。
鼾が超煩い上に、時々鼻水シャワーが飛んできて、何度も目を覚ましたのでした。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

とことん雪中キャンプPart2

2日目は雨音で目を覚ましました、うえーん。夜中(午前3時ごろ)にテントを出て風呂に行った際は、降ってなかったのになぁ。
残りの鍋にお饂飩入れた、いつのも手抜き朝飯を腹に詰め込んだら、はて今日一日どうしましょうか。
サイトにずーっといるのもつまらないし…てことで、ドライブに出かけることにしました。
まずは須川温泉方面へと車を走らせます。
が。
予想してた通り、途中で冬季閉鎖のため通行止め。

11231

↑「露天風呂(館内)スナック」看板…館内には露天風呂とスナックがありますよ、っつー意味なんでしょうけどね。もぅ妻の脳内イメージは完全に露天風呂形式のスナックが。妄想中、表情筋緩みっぱなし。泥湯温泉の天狗湯の湯小屋の前には不老不死のお水が。

んぢゃ、泥湯温泉にまずは行ってみましょうてことになったのです。
朝一番にとことん山キャンプ場の風呂に入ったけど…。
泥湯温泉付近は雨ぢゃなくて雪が降っておりました。
標高高い分、こっちのほうがやっぱ寒いんですね。
奥山旅館で入湯料500円を支払って、混浴の露天がある天狗湯へ。
んが、ココ、湧き出る温泉と雪解け水で入り口前がジョビジョバー。冬季こちらへ行かれる方は、防水性の靴を履くのがよろしいかと。
1階と中2階の2つの湯船がある女湯の内湯は、どちらもチト熱め。
露天には夫の他に誰もいないってことで、さっそく妻もそちらへ。
天狗湯の露天、初体験。
内湯よりも広々してて、しかも上段下段と2つの湯船に分かれとります。
ちょうどええ湯加減。
冷たい風がこれまた心地いい。
極楽だ~。
でもね。
建物側を見下ろしたら道路が丸見え。
てことは、多分きっと道路からこの混浴露天風呂も見えるっちゅーことですよね。
入湯料500円で、もう一つの露天「大野天風呂」の湯小屋にも入ることができるのですが、天狗湯で思わず長湯をして大満足だったので、本日はこれにて泥湯を後にいたします。
この泥湯温泉は、奥山旅館の他には2軒の宿しかない小さな温泉。この2つの宿でも日帰り入浴ができるので(しかも350円とお安い。露天はなさそうだけど)、次回訪れたときはそちらにも入ってみたいぞ、と。
ホッカホカになって、次に向かったのは木地山キャンプ場。
実は道路が冬季閉鎖になるため、木地山キャンプ場まで行くことはできないハズなのに、何故か除雪してあったのです。

11232_3

↑キャンプ場前にある桁倉沼の水量が低いのか、中央にポッコリと島が出ておりました。沼の半分近くは雪に覆われてたけどね。とことん山に戻ってきたらアラ快晴。てことで、犬用シュラフを干してみたりして。つか、コットンシュラフは結露を思い切り吸い込んで冬場はやぁね。愚犬が粗相したみたいに結構グッショリ濡れますです。

キャンプ場の管理棟の扉や窓は雪対策のため既に板が打ちつけられとりました。去年はこの管理棟の屋根近くまで積もったって言ってたっけか…。
その後もあちこち車を走らせて町の様子を眺めて、通りかかったファミレス(南部屋敷てファミレスだよね?)で昼ごはん食べてとことん山に戻ったら、気持ちのいい青空が広がっとりました。
昼飯食べてきたのに…。
ピザ焼いたりして(食いすぎ)。
でもって、泥湯でしっかりタップリ濃い温泉に浸かってきたのに…。
また場内の温泉に入ったりして(体カッサカサ)。
まぁ、いつものように夕刻まで酒飲んだり風呂入ったり散歩したりとダーラダラ。

11233

↑晩御飯はほうとう。しっかし、ほうとうて煮えるのに時間かかるのねー。キャンプでやるもんぢゃないわ。燃料勿体無い。ひっつみとかにしときゃよかった。

晩御飯後は本日も焚き火。
朝昼は雨が降ったりもしたけど、両日共に焚き火が楽しめたってのはラッキーだったですよ。
薪が炭に代わったら、シェルの中に入れて飲みなおし。
このとき、タケちゃん(武井バーナー 301A)とおねーちゃん(ネイチャーストーブ)もついてたから、シェルの中は25度近くになっとりました。
ホカホカ。
上着要らず。
もう飲めないっつーくらい飲んで、最後に温泉に浸かっておやすみなさーい。
んで、3日目の朝。
散歩と朝ごはんを済ませたら、Tさんご夫婦と一緒に管理棟へ。
美味しいコーヒーをいただきながら、スタッフのAさんも交えてしばし談笑。
ウハウハやイヤ~ンな話ができて、なかなか楽しい時間だったです。
お天気もマズマズで、テントもシェルも(スカート部分以外は)乾いた状態で撤収することができました。
そうそう、Tさんのご主人は冬のソロキャン用にとつい最近シャングリラ3を購入したんだとか。今週末は実物を拝見できるかちら?グフフ。
でもってそのうち我が家のトンガリ君と並べることができるかもー。
それも楽しみ~。
あ、我が家は冬場シャングリラは出動予定ナシだけどね(笑。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧