« Sクンたんおめキャンプinとことん山-2- | トップページ | たんおめこぢキャンプ-1- »

2011年3月 2日 (水)

刈田岳のミニモンスター

2月27日の日曜日。朝8時頃家を出て、向かったのは山形蔵王…のライザスキー場。
今年の樹氷はスゴイんデス!てTVのニゥスで言ってたからね。
「見に行かなきゃ!」と思いつつ、すっかり忘れていたのでした。
この日を逃したら、今年はもぅ拝めないかもしれないー。
そう焦りつつ。
つか、2月も終わろうとしてるし、もしかしたらダメかも…。
なんて、一抹の不安も抱きつつ。
目的地のスキー場に到着したら、2本のリフトを乗り継いで樹氷地帯へ一気にGOです。
リフトに乗らずに下から歩いて山頂までなんて、ヘタレな我が家にはでけません。
リフト代金は、1人2本分で600円。
リーズナブル。
列に並んでる人たちは、み~んなスキー板かスノボを装着。その中にトレッキングシューズで突っ立つ2人。大丈夫なのに、係りの人がわざわざリフトを止めてくださるのです…。でもって、スキーヤーやボーダーから冷ややかな視線を受けるアテクシたち。すまんね、すまんねー。

11

↑団体さんが出発するのを待ってたけど、大人数だとなかなかまとまらないのね~。てことでお先に失礼。あっちゅー間にエコーラインにぶつかりました。

エコーラインを横切って進むと左手に朽ち果てたリフト乗り場が。
その壁には「県境裁判を忘れるな」のスローガン。
後に避難小屋で出会ったライザスキー場のスキースタッフ(山登りに来てたみたい)に…
「ある会社がリフトを作ったわけよ。建設の申請許可が下りたからね。だけど、いざ出来上がってみたら、リフトが県境を跨いでるとかで、山形の上山市と宮城の七ヶ宿町があーぢゃこーぢゃ言って、営業許可が下りなくなってねー」なんてゆー、おもろい話を聞くことができました。
なるほど、それで県境裁判か…。
気になったので、ネットで調べたら、山形交通・山形新聞グループの総帥が政治力利用して、リフト建設に乗り出した会社の計画をぶっ潰して県境を変えさせたとかゆー噂も出てるとか。きゃー、キナ臭い香りがプンプン。
いや、そんなことより、行政の県境認識のなさとか、横の繋がりが全くでけてないとことか、ダメダメなのがとってもよく分かる事件だったんですねー、と。
その現在は全く使われてないリフト乗り場を過ぎて、稜線付近まで上ると、だんだん風が強くなってきました。
その風の強さといったら…んもぅ真っ直ぐ歩けなくて笑っちゃうくらい。
でもって風の冷たさも半端ないんで、最初は「痛いー!」なんつってたけど、そのうち感覚麻痺して、なーんにも感じなくなりました。なーんにも感じないから、ズビズバ状態の鼻水が凍ってたのもわかんなかったのです…デヘッ。
「みてみてー!マイケルだぜー。体傾けても倒れないぜー。チミもやってみそー」
なんつって、はしゃいで夫に見せるものの、完全にスルーされる妻。
ノリ悪いよ、夫。
寒さで少しくらい壊れてもええんでないのー?



↑酔っ払っとんのとは違いますよ。風に押されて、どーしても体が左へ~左へ~ヨ~ロレイヒ~♪てなるのです。お釜がアテクシを呼んでるわーなんつって(落ちるで)。風の音で、どんだけ叫んでもお互いの声、相手に届かず…。

去年は蔵王温泉スキー場からロープウェーで樹氷を見に行ったけど、アソコの樹氷より、こちらの方が一回り小さい感じ。
チビッコモンスターです。
しかも、どれも顔が爬虫類系に見えてちょっと可愛い。
↓山頂に向けて等間隔に立ってるのはリフトの鉄塔。鉄塔が全く見えないほど、これだけ雪に覆われるのも久しぶりなんだと、避難小屋であったスキースタッフのおっちゃんが言うてました。

12

↑よろけながらも山頂に到着したら、風を避け神社の隅っこでコーヒー飲みながら一休み。んで、下りはリフトを使わず人力で。途中の避難小屋でお昼ごはん。最近のスキー場って、スキー板やボードは立てかけずにこうやって並べて置くのが主流なのん?

避難小屋には1組のご夫婦がお昼ごはんの真っ最中でした。
場所を空けてもらって、我が家もカップラ飯。
その後、スキースタッフのおっちゃんもやってきて、5人でしばし談笑。
今年の樹氷のことや前述した県境裁判のことやら、面白いお話が沢山きけて楽しい時間だったです。
どうもありがとでした。
避難小屋って、初めて入ったけど、いいですね~。
なんたって、無風なんだもん。
ストーブには灯油がちゃんと入ってたけど、ストーブつけてなくても物凄く暖かく感じたです。
5人が会話をやめると、聞こえてくるのはブォォォーとゆー不穏な風の音。
その後、5,60代のおっちゃん、おばちゃんが入室したのを機に(おっちゃんの一人が入って早々タバコ吸い始めたからです。んもぅー、狭いのに煙いっつのー)、我が家は避難小屋を出て、また強風の中へ。
リフトの下をジグザグに下ったり、ゲレンデの隅っこ歩いたり、時々林の中に入ってみたりしながら、ようやくロッジに到着です。
そして二人してトイレに駆け込んだのでありました。
ライザスキー場、ええねー、ココ。
新しいから館内もトイレも綺麗だし。
なんたって駐車場料金とられないし~(重要)。
来シーズンはこっちを歩いて樹氷見に行きましょ>rikoさん。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

|

« Sクンたんおめキャンプinとことん山-2- | トップページ | たんおめこぢキャンプ-1- »

コメント

呼んだ?
来年は絶対に行きますので、是非とも声かけてください。
なんとも千鳥足具合が素晴らしい動画でしたね。雪の白さと空の青さが最高だねw
体験してみたいです。

投稿: riko | 2011年3月 2日 (水) 20:15

>rikoさん
せっかくスノーシューあるのに、今シーズンはとことん山で1回使ったきりだよね。
勿体無いわ~使い倒さにゃ。
来シーズン(今年の年末とか)は必ずいくべー!
ココ行くべー!
でもお山の天気はナメちゃあかんね。
下界はピーカンで穏やかだったのに、稜線マジで立ってらんないくらい風強かったもん。
ストックもね、つけないのよー。でもそうそう、青と白のコントラストはサイコーだったよ。

投稿: りえぴ | 2011年3月 2日 (水) 21:33

おらも行ぎで!そして、マイケルやるだ!

投稿: ルーフです | 2011年3月 3日 (木) 06:45

モンスター私も見たい。絶対見たい。
スノーシューもしたい。
お釜も冬はあんなになるんやね。
道がわからんくなってる。

先日、氷上ワカサギ釣りしたんだけど、全然釣れなくて、来年も
リベンジしたいといろいろ作戦練ってます。
まずは道具からかな。

千葉は花粉が舞ってて鼻水の嵐です。

投稿: きよみん | 2011年3月 3日 (木) 12:31

こんちはー

風強い~
蔵王まだ 間に合いますねー
今年まだ行けてないんす・・・イギダイ

とことん山 目の前にしてお声を掛けられない意気地無しデスタ

投稿: smoji | 2011年3月 4日 (金) 11:39

今年の樹氷は恰幅がいいですよね。

蔵王熊野岳周辺は県境が未確定なんですよね。
私も以前調べて非常に興味深かったです。
http://thomas72.blog50.fc2.com/blog-entry-2414.html

投稿: とーます | 2011年3月 7日 (月) 09:06

毎度ながら…レスポンス遅くて申し訳ござりませぬ。

>ルーフさん
うふふ、ルーフさんならそう言うてくれると思うとりました。
つか、多分一緒にいたらアテクシより先にマイケルやっとったんぢゃないかと思います。
来年はご一緒しましょ~

>きよみん
そうそう、真っ白よー。あの上を歩いてみたい衝動に駆られるんだけどね。
誰も降りて行こうとはしないし…(笑
ワカサギ釣りて楽しい?
釣ってるときって寒くないのかね。
TVで見ると、どうも動かずにじーっとアタリを待ってなきゃいけないのって、寒くてしんどそーだなーと思うけど。
でもリベンジしたい!て思ったってことは、楽しいんだねー。釣りも興味はあるのよ。やるなら食って旨い魚を釣りたいー。青魚とか釣りたいー(笑 ←竿ぢゃなくて、網か?

>simojiさん
蔵王、行けましたかー?
今年は雪量が多かったらしいから樹氷が見られる期間も去年より長いかもしれんですね。って、もう終わりなのかなー。
でも、写真ぢゃ分かりづらいけど、樹氷の表面は一部黒ずんでるところがあったです。
聞けば、中国から飛んでくる排ガスとか黄砂の影響なんですと。
とことん山、ええーっ!?
いついついーつー? 3連休?
SPなんとかの集まりの中にいたんですかーっ!
ダンディー氏やマキちゃんたちは挨拶しに行ってたけど…そうだと分かってたらアテクシも押しかけるんだったー!
次回見かけたときは声かけてくださいー。噛んだり舐めたりしませんからー(笑

>とーますさん
ほんと、ムチムチした太目のモンスターばっかでした。
いやぁ~行ってよかったです。
県境問題、あのリフト乗り場の落書き(笑)を目にするまで、ちっとも知らなかったとですよ。
いや、見てもおっちゃんの話を聞くまでは「なしてこんなところに関係ない落書きしてー」て思ったです(無知)。
とーますさんのエントリ、じっくり読ませてもらいますね~うふふ楽しみ。

投稿: りえぴ | 2011年3月 9日 (水) 11:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/39073539

この記事へのトラックバック一覧です: 刈田岳のミニモンスター:

« Sクンたんおめキャンプinとことん山-2- | トップページ | たんおめこぢキャンプ-1- »