« 2匹とスノーシュー | トップページ | とことん山でヌクヌクワイワイ-1- »

2011年2月10日 (木)

ルーフさんのお陰デス

5日の土曜日、またまた泉ヶ岳の駐車場へ。
今回は、ルーフさんがご一緒してくれるのです。
なんと、仙台に住んでいながら、泉ヶ岳は初とゆールーフさん。
ザックにスノーシュー装着して、アイゼンつけたらレッツラゴー。
んが、前日、前々日とお天気よかったんで、駐車場から登山口までの道路…雪がとけてアスファルト路面がむき出しになっとりました。
つけたのはずすの面倒だったんで、雪が残ってる端っこを3人列になってテケテケ歩いて登山口へ。
さぁ~上りまっせー。
最初は先頭を妻が歩いてたんですが、ルーフさんに合わせるヨ!ってことで先頭を替わってもらいました。
しかーし、このオヤヂ。
ペチャクチャ大声で喋りながらだってのに、はえーの。
元来喋りだしたら止まらない性分の妻。
調子こいてルーフさんの相手して喋り倒しながら歩いてたら、息絶え絶えの汗ダクダク。
水神に到着したときには、既に頭から水かぶったんでないの?ってくらい髪の毛の先から雫ポタポタのビッチャリでした。
そして臭い(笑。

11_2

↑カメラマンに徹してくれた夫は最後尾。気づいたらずーっと後を歩いてたりして。いやはやマイペース。ルーフさんと妻のアホポーズに失笑こそすれ合わせようとしないしー。でも楽しくて、あっちゅー間に泉ヶ岳山頂にたどり着いたです。

駐車場に集合したのは午前9時。ウダウダ準備して(しっかり準備体操もしたで)、スタートしたのが10時前。
山頂には11時過ぎに到着です。
お昼ごはんにするには、まだチト早いので、そのまま北泉ヶ岳を目指します。

12

↑泉ヶ岳の北側からは雲がかかって北泉ヶ岳山頂は見えず。三叉路目指して下っていると「おぉー北泉ヶ岳の天辺が見えたどー!」ってんで、取り合えず山頂に向かってアホポーズ。

三叉路に向かう途中にはニョキニョキ枝を横に伸ばしたアノ木が。
妻がシラカバだと思ってたやつです。
「タケカンバぢゃないのー?これ」
ルーフさんにそう教えてもらったけど、うむむ、未だにどっちだか分からず(笑。
その木の枝には、折れないのが不思議なくらい大量の雪の塊が。
今にもドサっと落ちてきそうで、その下を歩くのはちょっとドキドキ。
このときは、「雪、落ちてこないかちら?大丈夫かちら?」とちゃんと上を見ながら歩いてたくせに…その後はいつものよーに下ばっか見てたもんだから、ニョキっと伸びた枝で顔面バチコン。
しかも1度ならず2度も(2度目は頬っぺたにグサリ系。かなり痛かった)。
金が落ちてないかと本能的に下見ながら歩く癖がついてるんでしょうか。
三叉路まで下りてきたら、これから急坂を上るための栄養補給@ランチタイムです。
カップラを啜る男2人。妻はまた豆パン。あぁ~昭和の味。
腹ごなしが済んだら、北泉ヶ岳山頂を目指して再び歩き始めたのですが…。
ついてるのはスキー跡ばっか。
しかも、それを頼りに歩いてたら、コースから随分と外れちゃうのです。
いかんいかん。
赤ペンキを目印に進まねば。
ここでも先頭がルーフさん。
泉ヶ岳も北泉ヶ岳も初だとゆーのに(笑。
案内役だったハズの夫がドンジリだなんてー(しかも牛歩)。

13

↑でもくっちゃべりながら楽しく歩いたんで、北泉ヶ岳山頂までもなんだかあっちゅー間だった感じです。夫婦2人だとこうはいかないもんね。きっとまた三叉路から下山してたね。北泉ヶ岳山頂まで辿りつけたのも、ルーフさんがいたからこそ。ありがとでした。北泉ヶ岳山頂でコーヒーと甘物。いつも北泉ヶ岳方面は吹雪いてたり翳ってたり寒かったりだけど、この日は泉ヶ岳よりもお天気よかった。

夫が牛歩なのは、丑年のおうし座生まれだからでしょーか。
でも、下りは早いで~。
ま、妻やルーフさんはトレースのないところを歩いたほうが楽しいからって、随分とルートを外れて道草食ってたんだけど。
いやぁ~童心に返ったりして、物凄く楽しい時間でした。
夫婦二人だけだと、こうはいかないもんね。
無事に下って、駐車場にたどり着いたら、ルーフさんがコリコリと豆挽いて美味しいコーヒーをいれてくれたです。
うまかったー。
温まったー。
ただ、コーヒー飲んでるルーフさんは、歩いてるときのルーフさんと別人のようでした。
どこに置き忘れてきたの?ってくらい。
腑抜け抜け殻状態。
調子乗ってはっちゃけすぎて、妻も自宅にたどり着いたと同時に全身筋肉痛に襲われたのでした。
しかも顔面までて(汗。
雪がとけても、またご一緒してくださいですよ!ヨロチクー。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

|

« 2匹とスノーシュー | トップページ | とことん山でヌクヌクワイワイ-1- »

コメント

いや~お世話になりました&無茶苦茶楽しかったです。最高!!でした。
お二人には、本当にお世話になりました。ありがとうございました。
懲りずに、また誘ってくださいね。

最近、仕事先での雪かきのせいか殆ど筋肉痛にはならなかったです。
かっちゃんの下りの速さには、チョービックらこきました。

投稿: ルーフです | 2011年2月10日 (木) 21:07

うわー激しく羨ましいです!コケてるの(ルーフさん?)さえ羨ましいです(笑)
山歩きも、誰かと一緒だとまた二人の時とは違う楽しさがありそうですね!

りえぴさん、毎週末雪山ですね〜
いいな〜いいな〜(笑)

投稿: Lena | 2011年2月11日 (金) 13:22

ダンナさんのこけっぷりが豪快で笑っちゃいました。
(失礼)
顔とか首とか大丈夫でした?

スキーの登り・下りはあまり夏道どおりに歩かないし、山頂に向かわないこともあるのであてにしないほうがいいですよ。

投稿: とーます | 2011年2月16日 (水) 09:16

返信が遅れて申し訳ありませんでした(滝汗。
>ルーフさん
あ、ルーフさんはとことんで会ったから、いっか(笑。
雪掻き効果も、スノボには役に立たなかったよーで…プププ。
どうですか?ハマりそう?@スノボ
来シーズンはアテクシもスキーかスノボやってみようかなーなんて思ったりして。
18年ぶりくらいだけど。スキーに関しては20年ぶりくらいになるけど。
かっちゃん、山歩きの下りは早いけど、スノボは上りと同じ牛歩だったねー(笑

>Lenaさん
ホント、夫婦だけだと代わり映えしない山歩きも、楽しくお話できるお友達と一緒だとものすごーく楽しいですねー。
何度も上ってる山なのに、違った印象受けたもの。
しかも、マンガのようにずっこけてくれる人が一緒だなんて~。
お陰で、脚だけぢゃなくて、かなり腹筋も鍛えられたです(笑
3連休くらいだと、やっぱりそちらからだと秋田は遠いよね~。
密かに「来るかな?来れるかな?」って期待してたの。

>とーますさん
ずっこけおいちゃんは、うちの夫ぢゃなくて同行してくれたオモローなルーフさんです(笑
しかもこの1回だけぢゃなくて、もう1回やっちゃってんの。
ガンガン飛ばすけど、トシは正直ってことですかね~(笑
そうそう、スキー板の跡はあてにしちゃアカンですね。好き勝手に滑りたいところ滑ってるし。

投稿: りえぴ | 2011年2月18日 (金) 11:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/38815496

この記事へのトラックバック一覧です: ルーフさんのお陰デス:

« 2匹とスノーシュー | トップページ | とことん山でヌクヌクワイワイ-1- »