« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月24日 (木)

Sクンたんおめキャンプinとことん山-2-

ここんとこコテージやバンガロー泊ばっかだったんで、久しぶりの雪中キャンプ。
土曜日の空模様は快晴だったし、昼間はポカポカだったし…てことで、ナメまくっとりました。
放射冷却とやらで、明け方、背中がゾクゾク(昨晩、ダンディーM氏が帰った時の気温は-9度だったそーな)して何度も目が覚めちゃう。足先もBJブタンポがくっついてると温かいんだけど、離れちゃうと寒さでジンジンするのです。
今回、分厚めの銀マット(我が家のは金色ですが)を2枚敷いてコレだなんて…。
午前4時前にどうにも我慢できなくなって、温泉棟へダーッシュ。
シャワーで体を流して湯船に飛び込んだら…
プギャー!
人肌よりも温い湯になっとりました。
「水温調節のため、ホースは抜かないでください」
そうデカデカと壁に貼られてんのに…加水口に突っ込んであるホースは抜かれて水ジャージャー。
おまけに、抜いたホースが洗い場の水専用の蛇口にはめ込まれて、水栓マックスで開けられドバドバ湯船に水が流れ込んどります。
そりゃ水風呂になるわな。
つか誰やーっ!最後に出たやつーっ!ムキィーッ。
源泉口の近くに小さく縮こまったまま、寒くて温燗風呂から出るに出れない妻。
ちょっとでも動くと、下の方からひゃっこい水の塊が背中や尻を舐めてくるんです。うえーん。
30分ほどそうしてると、J子さんがこれまた「寒かったねー」と言いながら浴室に登場。
「温いよ!やめといたほうがいいよー」
そう教えたんですけど、ドボン。
そして、ヒョエーッ。
二人で湯船の中で震えながら愚痴っとったんですが、意を決して2段目の湯に移動することに。
正解でした。
こっちは加水用の蛇口なんてついてないからね。
雨降りのときや、雪がワサワサ降ってるときは温いことが多いけど、今回は周りの木の枝の上にも雪の固まりはないし(時々ドサっと湯船の中に落ちるのです)、適温でした。
最初からこっちに入ればよかったよ…とほほー。
いや、それにしても張り紙の注意事項は守って欲しいもんです…。
この日、撤収前にも風呂に行ったけど、そのときもホースが抜かれてて、水ジャージャーで温かったんすよねー。
出るときには、入ったときと同じ状態に戻してからにしてちょ、と。
1時間以上温泉に浸かりっぱなしで、指先シワシワ~。
で、やっとこ体を温めてテントに戻ったんですが…起きてもいい時間なのに、ついつい二度寝してしまいました。
次に目を覚ましたときには、既に隣のシュラフは空。先に起きた夫が、エッグの中を暖めといてくれたです。ありがとん。

21

↑テントから出たら、再び風呂へ。んで、2匹の散歩から戻ったら朝ごはん。我が家は今回ダッチは持参せず、フライパン調理のみ。これで焼きそばを建造。J子さんが昨夜作ってくれた激ウマ鍋。その残りにお饂飩いれて…やっぱり熱い汁物は体が温まってええね。とかいいつつ、朝から冷え冷えビールも飲んどりましたけど。

夫はマキちゃんの炊いたご飯までペロリ。
皆でワイワイお喋りしながら食べると、何でもウマーぃ。でもって、思った以上に腹に詰め込めちゃうー(怖。
コテージ泊と違って、撤収時間もユルユルなので、気持ちも体もユルユル~。
朝から飲んで~喋って~風呂に入って~また飲んで~喋って~を繰り返してたら、あらもぅお昼。

22

↑ダンディーM氏が昨日置いてってくれたラーメンの麺を鍋にぜーんぶぶち込んでグツグツ。トッピングの野菜炒めをSクン&マキちゃんがちゃちゃっと作ってくれました。その上に乗せた辛味噌がこれまたイケるー。

お昼を食べたらユルユル撤収作業。
今回もおいちーもの沢山食べて、持参したアルコールをぜーんぶ消費して…その割にはカロリー消費するようなことなーんにもしなかった自堕落な2日間でしたが、やっぱりキャンプは楽しいね~。
お付き合いしてくれた皆さん、どーもありがとでした。
でもって、Sクン、お誕生日おめでとー!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

Sクンたんおめキャンプinとことん山-1-

キャンプ仲間のSクンが誕生日を迎えるとゆーんで、2月19~20日は雪がまだまだドッチャリ残ってるとことん山にバースデーキャンプしに行ってきたです。
Sクンの31歳を祝って集まったのは、相方マキちゃん、ルーフ家、我が家。ほんでもってディ参加のダンディーMさんでした。
今回も美味しいものたーくさん食べて、しこたま飲んだ楽しい2日間だったです。むふーっ。

11

↑お昼前にキャンプ場に到着したら、前日入りしてたSクン&マキちゃんがお出迎え。金曜日の夜にやってきたとゆーのに、リビング用のツェルトの中は雪が掘り下げられて快適そう。中に入ってみたい気もしたけど、お天気いいから外で早速飲み~。

荷物を運び終わった頃、デイ参加のダンディーM氏が大荷物抱えて登場しました。
テントないハズなのに、なしてー?
両手には一斗缶5個もぶら下げとります。
「これでイグルー作るんダー」ですと。
ふーん。
「作るなら、お一人でどーぞ」と優しい言葉で返しておきました(鬼。
(結局、単なるお荷物になってしもた5個の一斗缶)
そんな感じで和やかに(え?)談笑しつつテント設営してたら、ルーフ家も到着です。
我が家の今宵の寝室@アスガードは、1年ぶりの出動。
テント1つだけだから、荷物も少なくて楽チンです~。
今回はルーフさんのエッグが宴会場となりました。

12_2

↑Sクンが持ってきたのランタン(とゆーか、カンテラとゆーか)、くっそ昔のエバニューの蝋燭ランタンです。エバニューのロゴがカタカナ表記。小窓は雲母でっせ!うんもーっ。SクンのBDてことで、プレゼントが渡されました。我が家からは「腰、お大事に」の気持ちを込めてユンケル1ダース(しょぼ)。ルーフ家からはおもしろお菓子とシャンパン。スペインだかの御菓子、鮮やかすぎて体に悪そう~(でも意外と味は美味でございました)。我が家の2匹、殆ど飼い主の膝の上には乗っとりまへん。ルーフさんやJ子さん、Sクン、マキちゃんの膝の上の方が落ち着くみたい…うむー。

マキちゃんからはバースデーケーキに愛を込めて。
火を点けたら音楽がなる蝋燭を灯して、皆でハッピバースデーツーユーの大合唱(あってなかったけど)。
そのまま夜の宴に突入して、我が家は皆に包んでもろた餃子をヤキヤキしました。
プリプリのシロコロをエッグの中で焼いて~煙に咽る一同。
J子さんが牡蠣で作ったガーリックバター焼き。エスカルゴバター食べてるみたいで、絶品やったです。 ワインがすすむよ~。
お誕生日だから、ちょっと華やかにネ…てことで、年末キャンプで使った昭和のチカチカ(3色電飾)も飾ります。
エッグ内、一気に場末のバーに早代わり。
昼間ポカポカ陽気だったのに、日が落ちると気温が一気に急降下。
でもエッグの中にはルーフ家のフジカ、マキちゃんのアルパカ、我が家のタケちゃんと炭でヌクヌクです。
楽しいー。
ホワ~ン。
楽しいけど、だんだん瞼が重くなってくるー。
眠気を払おうと温泉に浸かりに行ったのですが…。
湯船でもコックリ。
エッグに戻ってきても、やっぱり眠いー。
「0時頃には帰る」と言ってたダンディーM氏。
どーにもこうにも我慢できず、午後10時頃、妻は撃沈してしまいました。
お見送りできず、ホントごめんなさいでした…。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

とことん山でヌクヌクワイワイ-2-

暖房効いたお部屋で寝た(人数多かったんで、煩い鼾に耐えられる組と、耐えられない組 の2組に分かれて寝たとです 笑)2日目の朝~。
喉ガラガラ。
おまけに珍しく二日酔いなのか、体はダルいし、頭が痛いーっ。
二日酔いになったのは、多分、温泉に1回しか入ってないから。
ヨロヨロと起きたら、朝から絶好調な人たちが既に揃っとりました。
皆元気だのー。
テーブルの前に座ったら、おいちー朝ごはんが並びます。
写真ないけど、豆もやしのピリ辛炒め~激ウマすぎて「二日酔いで食欲ないー」なんつってた妻、バクバク。
食べたら、なんとなく二日酔いも治っちゃった感じ。
んで、食後はmamakoさん、rikoさんの女3人(プラスおかま1匹)でスノーシュー。
ツリーハウス前の雪壁を無理矢理上って林道へ出て、ウホウホ歩きます。
だーれも歩いてない林道。
フッカフカな雪。
気持ちいい~。
でも、あまりにも白すぎると目がチカチカしてくんのね。
んで、傾斜してんのかまっ平らなのかわかんなくなって、チト怖い。

21

↑ただ林道だけを歩くのもつまんないんで、途中から林の中へ突入して、獣の足跡を辿ってみたり、無闇に急斜面を上ってみたり(←こりは妻だけ)。

mamakoさんが股関節が痛くなったとゆーので引き返したら、復路はBJの早いこと。妻の呼びかけにも立ち止まることなく、一目散でコテージへ。
いくつもコテージ建ってんのに、泊ってたところがどこなのか、ちゃーんと迷子にならずに帰ったのにはびっくり。妻より記憶力ええんでないのー?…と(笑。

女3人がスノーシューに興じていた、その頃。
夫とルーフさんは、Sクン&マキちゃんに教わりながらゲレンデでスノーボード。
ルーフさんはスノーボード初体験。
夫は15年以上ぶり。
15年以上も前に着てたウェア引っ張り出してきたのよね。
15年前はそのウェア…イケてたハズなのに…。

31

↑今ぢゃどっから見てもファイヤーマン。手にぶっといホース持ってたら完璧だよ。サラはコテージでヌクヌク。ストーブのまん前でヌクヌク…とゆーか、サスペンダーの金具があっちくなっとったで。

コテージに戻ったmamakoさんとBJと別れ、rikoさんと二人で、頑張ってるおいちゃんたち(夫とルーフさん)に声援を送ろう~なんつってゲレンデへ行ってみたのですが…。
ヘロヘロになったルーフさんが、こちらに向かって歩いてきます。
「もぅギブー」
ボードのレンタル時間はまだ残ってるのに~(笑。
ほいぢゃ夫は?と、もぅすぐ下りてくるのか?まだかまだかと左の急斜面を2人で凝視…してたら、右のファミリーゲレンデをちんたら滑り下りてきた夫。
滑るとゆーか、動いてる…よね、って感じ(笑。
んもぅ~、山歩きもボードも牛歩なんだからー(丑年、おうし座生まれですけんね)。
コテージに戻ったら、今日から1泊参加ののりぴ&信ちゃんが美人な娘さん@ひーちゃん連れて到着~♪。
お昼ごはんにとおこわとウマウマおでんを持参してくれました。
がっつく妻。
幸せだー。
ビールも旨いー。
んが、その後、テーブルに並んだのは甘物各種。
つか、皆酒飲みなくせに、甘いものもイケちゃうなんてー、信じられん。
遅めのお昼ごはん食べたばっかなのに、程なく夕餉の時刻。
料理上手な女性たちによる豪華ディナーや、ダンディー氏作の大量ピザで、腹はち切れそー。
暗くなってからトミコ夫妻も参加して、食べ物だけぢゃなく人も豪華に。
もぅ何がなんだか。
記憶が殆ど残らないほどヘロヘロになってしまった妻なのでした。いつ寝たのかも覚えてなかったり…。風呂には行ったのか?
最終日の朝。
部屋の暖房消して寝てたので、喉の調子は良好~。でもって、あんだけ飲んだのに二日酔いもなくスッキリなお目覚め(でも早起きぢゃなかったり)。
既に台所ではのりぴー&mamakoさんが朝ごはんの準備に取り掛かっとりました。
思わずのりぴーのことを「おかーさーん」て言っちゃいたくなるヨ。
炊き立てのご飯にお味噌汁。
mamakoさんがあり物でちゃちゃっと作ってくれたおかづもウマーィ。
あ、mamakoさんのことも「おかーさーん」て呼んでいいかちら(年下だけど)。
食事の後は後片付けして撤収作業。

22

↑合宿とゆーより、盆暮れ正月に親戚大集合しちゃった~て感じでした。「あのおばさんは、いつも座って飲んで食うだけなんだよね。人間バキュームカーだわ」て言われるのは、多分妻。我が家よりヌクヌクで、BJもサラもなんだか帰りたくなさそーでした(汗。

コテージ泊は、荷物が少なくて楽なんだけど、その分撤収時間が決まってるのがネック。
なんだか慌しいのです。
んで、一つ二つと荷物がなくなって、ガラ~ンとしたコテージ内の寂しいこと…。
荷物を車に運んだら、最後のお風呂。
ゆーっくり浸かって、シズちゃん、rikoさんを乗せた我が家の車はとことん山を後にしました。
んで、お昼ごはんはマタギのお店「きのこ屋」で。
ルーフさんが食べたとゆー、山菜&きのこ定食がどーしても食べたかったの。
小鉢が8つにお味噌汁、それに大量のお漬物。食後にはデザートと甘酒までついて1,000円。うまいー。安いー。
でもって、山菜とキノコのくせに腹いっぱいーっ。
最初から最後まで美味しいものを、たーくさん食べた3日間だったのでありました。
皆さん、ごちそーさまでした。
そして、どーもありがとー!
またよろしくです。
今度、Tさんにあえるのは…一体いつなんだろ、ね。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

とことん山でヌクヌクワイワイ-1-

11~13日の3連休は、とことん山へ行ってきたです。
北見に行っちゃったTさんが秋田に来るヨ!ってことで、集まろうやないかぃてことになったのです。
ダンディー家、ルーフ家、Sクン&マキちゃん、モモマロ家、シズちゃん、tako♪ちゃん、ほんで久しぶりにとことん山に足を運ぶrikoさん。
12日からはのりぴー&信ちゃん家(娘さんのひーちゃんも)が合流して、大人数でしばらくぶりのTさんをお迎えしようとゆー計画。
だから、いつもとは趣向を変えて今回はヌクヌクなコテージを予約したのでありました。
一体どんな迎撃会になるのやらとワクワクしてたんですが…当日になって当のTさんが諸事情により来られなくなってしまいました。
主賓のいない迎撃会なんて…。あーうー。残念。ホント残念。
なんてTさんを偲んだのは始めの数十分だけだったりするのだけど…てへー。

11

↑今回お世話になったのは、吊り橋渡ってすぐのところにある和室2間のココ。コテージとゆーより1軒屋だよコリャ。入ると土間になってて、左手に台所。んで、右側に和室。正面の廊下をズズーっと進むと、奥には和室の寝室。お風呂とトイレもちゃーんとあるのデス。

着いて早々台所で忙しく仕込み作業し始める働き者の人たちと、到着したら、すぐさま座り込んでプシュっと缶ビールあけて飲み始めるダメ人間と2通り。妻はやっぱり後者でしたが。
いずれにしても雪掻きやテントの設営がないって、楽でええね。
雪掻きや設営がないってことは、汗流さないってこと。
汗流さないのに酒飲みっぱなしで、体内アルコール濃度はどんどん上がっていくのです。つか、妻の場合、とことん山に到着するまでに車内で「喉渇いた~」なんつって1本飲んでたりしたんだけど(汗。
要するにアレですよ、着いてからずーっと飲んでばっかだったってことですよ。
この日、ヌクヌクコテージから出たのは、2匹の散歩のときと温泉棟に行ったときだけ。
しかも、室内が暖かいもんだから、「風呂に行こう!」なんて気にならず、寝る前の1回のみ。
そりゃアルコールも抜けませんわね。
そんなこんなで、3日間ずーっと酔っ払ってたような気がします。朝から飲んだりしてたし。お陰で殆ど記憶がございませんの。ルーフさんに頂いた写真見ても、ええー?こんなことしたっけ?いや~ん(赤面)がいっぱいー。
詳しいレポなんて書けないので、美味しい料理やらその他諸々はmamakoさんところのブログ()でどーぞ(笑。

12

↑昼からウダウダ飲んで食べて~いつの間にか夕餉の時間。モモマロ家も到着してワンコも4匹。一層賑やかに。温泉棟までの雪壁には、スタッフの人たちの灯した蝋燭の明かりがホワ~ン。

暗くなってから、やっとこモモマロ家が到着。
ありえんデカさのワインを持ってきてくれたです。

13_2

↑rikoさんのお股に頭突っ込んで寝ちゃったBJ。あぁ、チミたちご飯まだだったね。すまんー。「マテ!」から数分。床にはちょっとした涎池。ついでに風船まで作っちゃってくれたサラ。危うく晩飯あげるのを忘れるトコロだったぜ…(汗。

特筆すべきことなんてないから(とゆーか、記憶あまりないし)3日分纏めてUPしよーと思ったんだけど、うちのマウスのクルクルが調子悪ーっ。スクロールさせようとしても思った場所に動かずイライラなのです。
そんなこんなで、つづきは次回っつーことで…(汗。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

ルーフさんのお陰デス

5日の土曜日、またまた泉ヶ岳の駐車場へ。
今回は、ルーフさんがご一緒してくれるのです。
なんと、仙台に住んでいながら、泉ヶ岳は初とゆールーフさん。
ザックにスノーシュー装着して、アイゼンつけたらレッツラゴー。
んが、前日、前々日とお天気よかったんで、駐車場から登山口までの道路…雪がとけてアスファルト路面がむき出しになっとりました。
つけたのはずすの面倒だったんで、雪が残ってる端っこを3人列になってテケテケ歩いて登山口へ。
さぁ~上りまっせー。
最初は先頭を妻が歩いてたんですが、ルーフさんに合わせるヨ!ってことで先頭を替わってもらいました。
しかーし、このオヤヂ。
ペチャクチャ大声で喋りながらだってのに、はえーの。
元来喋りだしたら止まらない性分の妻。
調子こいてルーフさんの相手して喋り倒しながら歩いてたら、息絶え絶えの汗ダクダク。
水神に到着したときには、既に頭から水かぶったんでないの?ってくらい髪の毛の先から雫ポタポタのビッチャリでした。
そして臭い(笑。

11_2

↑カメラマンに徹してくれた夫は最後尾。気づいたらずーっと後を歩いてたりして。いやはやマイペース。ルーフさんと妻のアホポーズに失笑こそすれ合わせようとしないしー。でも楽しくて、あっちゅー間に泉ヶ岳山頂にたどり着いたです。

駐車場に集合したのは午前9時。ウダウダ準備して(しっかり準備体操もしたで)、スタートしたのが10時前。
山頂には11時過ぎに到着です。
お昼ごはんにするには、まだチト早いので、そのまま北泉ヶ岳を目指します。

12

↑泉ヶ岳の北側からは雲がかかって北泉ヶ岳山頂は見えず。三叉路目指して下っていると「おぉー北泉ヶ岳の天辺が見えたどー!」ってんで、取り合えず山頂に向かってアホポーズ。

三叉路に向かう途中にはニョキニョキ枝を横に伸ばしたアノ木が。
妻がシラカバだと思ってたやつです。
「タケカンバぢゃないのー?これ」
ルーフさんにそう教えてもらったけど、うむむ、未だにどっちだか分からず(笑。
その木の枝には、折れないのが不思議なくらい大量の雪の塊が。
今にもドサっと落ちてきそうで、その下を歩くのはちょっとドキドキ。
このときは、「雪、落ちてこないかちら?大丈夫かちら?」とちゃんと上を見ながら歩いてたくせに…その後はいつものよーに下ばっか見てたもんだから、ニョキっと伸びた枝で顔面バチコン。
しかも1度ならず2度も(2度目は頬っぺたにグサリ系。かなり痛かった)。
金が落ちてないかと本能的に下見ながら歩く癖がついてるんでしょうか。
三叉路まで下りてきたら、これから急坂を上るための栄養補給@ランチタイムです。
カップラを啜る男2人。妻はまた豆パン。あぁ~昭和の味。
腹ごなしが済んだら、北泉ヶ岳山頂を目指して再び歩き始めたのですが…。
ついてるのはスキー跡ばっか。
しかも、それを頼りに歩いてたら、コースから随分と外れちゃうのです。
いかんいかん。
赤ペンキを目印に進まねば。
ここでも先頭がルーフさん。
泉ヶ岳も北泉ヶ岳も初だとゆーのに(笑。
案内役だったハズの夫がドンジリだなんてー(しかも牛歩)。

13

↑でもくっちゃべりながら楽しく歩いたんで、北泉ヶ岳山頂までもなんだかあっちゅー間だった感じです。夫婦2人だとこうはいかないもんね。きっとまた三叉路から下山してたね。北泉ヶ岳山頂まで辿りつけたのも、ルーフさんがいたからこそ。ありがとでした。北泉ヶ岳山頂でコーヒーと甘物。いつも北泉ヶ岳方面は吹雪いてたり翳ってたり寒かったりだけど、この日は泉ヶ岳よりもお天気よかった。

夫が牛歩なのは、丑年のおうし座生まれだからでしょーか。
でも、下りは早いで~。
ま、妻やルーフさんはトレースのないところを歩いたほうが楽しいからって、随分とルートを外れて道草食ってたんだけど。
いやぁ~童心に返ったりして、物凄く楽しい時間でした。
夫婦二人だけだと、こうはいかないもんね。
無事に下って、駐車場にたどり着いたら、ルーフさんがコリコリと豆挽いて美味しいコーヒーをいれてくれたです。
うまかったー。
温まったー。
ただ、コーヒー飲んでるルーフさんは、歩いてるときのルーフさんと別人のようでした。
どこに置き忘れてきたの?ってくらい。
腑抜け抜け殻状態。
調子乗ってはっちゃけすぎて、妻も自宅にたどり着いたと同時に全身筋肉痛に襲われたのでした。
しかも顔面までて(汗。
雪がとけても、またご一緒してくださいですよ!ヨロチクー。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

2匹とスノーシュー

土曜日、日中殆ど相手にされなかった2匹。
「今日はタップリ遊んであげまっせー」てことで、次の日の日曜日は早めにお昼ごはんを食べて泉ヶ岳へ(またかよ)。
2匹連れなので、山登りぢゃなくて、スノーシューでございます。

11

↑ゲレンデの雪、フッカフカ~♪ フリスビーやボールよりもリードをおもちゃにする我が家の愚犬ら。飼い主が毎回おもちゃ持参するのを忘れてるだけなんだけど…。いやどーせ、持ってきてもレトリーブなんてできないし…。

森の中の雪の上には、小動物の足跡がたくさん。
でも、その匂いの元を辿ったりするような犬ぢゃございませんの、我が家の愚犬ら。
これって、どーなんでしょね。犬として…ええのか?
ザクザク雪の中を歩いてるときは、ただひたすら飼い主の後を面白くなさそーについてくるだけ。
なので、ゲレンデでガス抜きです。



足の先とか腹とかちべたそーだけど、けっこう楽しそう。
ばーちゃんサラの方が元気よく走っとりました。いや、走るとゆーか、雪の中を泳いでるとゆーか。

12

↑「ゲレンデで走ったから身体、温まったっしょ」てことで、再び森の中をザクザク。閉鎖されちゃったキャンプ場跡も歩いてみました。

午後4時近くまでタップリ4時間、雪の上で過ごしました。
後部座席に放り込んだ途端に、グッタリ寝こけた2匹。
お疲れ様。
愚犬らはどうだかわかんないけど、あまり寒さは感じませんでした。
が…。
帰り、トンネル前にある温度表示板には「-5℃」のランプが。
うへへぇ~。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

またまた泉ヶ岳へ(懲りないね~)

1月29~30日の週末。キャンプに出かけるか、それとも自宅でアジアカップの決勝戦を観戦するか…前日まで悶々と悩んで、結局、TVをとっちゃいまして。
だったら、やっぱり昼間はお山でしょー!てことで、また行ってきました。
泉ヶ岳。

291

↑去年に比べたら体力ついたなー、とは思うものの、歩き始めて30分くらいは毎回足が重く感じるんですよね。もっと入念に準備運動しろってことでしょうか。後ろを歩いてた夫も「後ろに体が引っ張られてる感じがするー」と言うとりました。それは背後霊の仕業でねーか?

体がホカホカ暑くなってきたら、なんだか足も軽くなったような気がします。
んで、今回もなんだかあっちゅー間に水神様まで到着しました。
でもその先で「あれれ?こんなトコロ歩いたっけ?」と。
トレースがあっちゃこっちゃについてて、どこが本来の登山道なのかさっぱり分かりませんで。
んでもって、突然トレースなくなっちゃって。
ついでに、突然目の前に急勾配が現れちゃいまして。
えーえー?こんな急な坂、前にはなかったハズだけどー?
一瞬、自分がどこを歩いてるのか…ココはドコ?アテクシはダレ?状態になってしまいました。

292

↑トレースついてない急勾配をスノーシューで上ってる人がおったですが、一歩足を前に出す~ズルンと滑って元の位置に戻る~を数回繰り返しとりました。ちょっとおもろかった。急な傾斜はアイゼンの方が前には進めるんですね。てことで、お先にゴメンです。

でも、その急勾配をヒィヒィいいながら上りきったら、見慣れた大岩に到着しました。
迷子ぢゃなかった…ホッ。
間を置かずに泉ヶ岳に来たのに、こゆこともあるなんて、なんだか新鮮~。
雪の質や、お天気、体のコンディションで同じコースを歩いてても感じ方が違うのね~。
記憶力の乏しさも、一役買ってるんだろうけど…(汗。
山頂に着いたらお昼ごはん。
妻は豆パンと握り飯。夫は握り飯とカップラ@バリカタ。サーモスに熱湯入れてきたんで、火をかけたら冷える山頂でもあっちゅーまに沸きます。食べ始めるまでに2分とかからず。
腹ごなしが済んだら、かもしかコースか滑降コースで下山しよう~と思ったのですが、足跡一つもついてなーい!
そんなわけで、アイゼンからスノーシューに履き替え、北泉ヶ岳方面へ下りることにしたです。

293

↑泉ヶ岳の山頂にさよなら告げて北泉ヶ岳方面へ進んでると、何かを発見。うわわー。テントですばい。テントの中からボソボソと声も聞こえる。もしかしてビバーク?(笑…するよな天候でも時間帯でもないしー。お泊りなんでしょか。つか、ええの?こんなところにテントはっても。向こうに見えるのが北泉ヶ岳。今回は山頂まで行けなかったけど、次はいくぞ!絶対いくぞ!雪のあるうちに~。

トレース頼りに下ってたら…
「そっちぢゃなくて、こっちですよー」
後を歩いていた夫が声をかけてきまして。
妻が頼りにしてた足跡は、三叉路へ行こうとしてたんぢゃなくて、どうも水神コース方面に歩いていってたようです。でへへー。
歩くときに足元しか見てないから、こーゆーことになるのね。
足元しか見ないから真っ直ぐ歩けないんだ…なるほどー(遅。
三叉路の随分手前からトレースは全くなくなってしまいました。

294

↑白樺の木って、天に向かって真っ直ぐ枝も伸びてるイメージあったけど、この辺りの白樺は四方八方に枝を伸ばしとりました。積もった雪の重みとかが原因なのかしら。いやーそれにしても、豆太がビビリそうなモチモチの木みたい(知ってます?)。

だーれの足跡もなくて、目印は幹の赤ペイントのみ。
なのに、雪で埋もれそうになってたりして、分かりづれぇ~。
もすこし降ってたら、完全に隠れとるがなー。
ま、妻はナビを夫に任せて、後ろをついて歩くだけなんですが。
しかも、分かっちゃいながら、自分の足元しか見ずにね(笑。
三叉路辺りは雪がもっとどっちゃりこ。
北泉ヶ岳の山頂へは、時間的にもちょいと厳しかったので、ブナ林の巨木に抱きつきにだけ行っときました。
「これだ!この木だ!」
随分探し回って見つけはしたんですが、幹の太さが同じくらいの木が実は回りにいくつかあるし…巨木巨木と騒いでた割には葉っぱが一つもついてないとどれも同じように見えちゃって…自信はないのだけど(ダメぢゃん)。
うーん、新緑の季節だと一発で分かるのにね~不思議。
今回も、北泉ヶ岳側はけっこう吹雪いて鼻水凍りそうだったけど、それでもやっぱり楽しいのです。
雪の泉ヶ岳、北泉ヶ岳サイコー。
雪の残っているうちに、一体あと何回来られるかな~。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

2匹と雪の笹倉山

最近ホトショップの調子がイマイチなんで、Odekakeブログを更新する意欲が萎えていかんです…ホヘェ。
愚犬らを連れて戸神山に上った次の日、本当だったら夫婦二人で泉ヶ岳に上るつもりだったのです…んが、朝目覚めたら思いのほか体が重くて、とても泉ヶ岳に上る気にならな~い。
でもこゆときにこそ、ちょこっと動かすべきなのよね。
てことで、サクっと笹倉山へと出かけたのでした。
2匹に一緒に行くかと尋ねたら「いぐいぐいぐーっ!」とゆーので(言ったハズです、ええ)、愚犬らも一緒に。

11

↑岩ゴロゴロの眺子ノ口展望台に上ると、青空が~♪ 景色もいいし気持ちいいねーと思わずニタニタ。でも、サラの顔にはちょうど枝の影がかかって、しょぼくれたよーな表情に(笑

尾根道に上っても、亀の形をした亀の子石は雪が積もっててどこにあるのかわからず。
なんだか、あっちゅー間に国見崎展望台に到着してしまいました。
天気もいいし、せっかくなので山頂の薬師堂まで行くことに。

12

↑眺子ノ口展望台からの眺め。薬師堂までの坂。もしもトレースなかったら…きっと妻はグニャグニャ曲がりながら歩いたんだろな~(汗。


カランカランと派手に本坪を鳴らして、今年一年怪我なく(特に妻)過ごせますよーにとお願いしときました。賽銭入れなかったけど(汗。
国見崎展望台に戻ったら、東屋の下でお昼ごはん。
2匹とちょろっと遊んだり、オヤツやったりして下山してきたのでありました。
2時間ちょいの雪上ハイクで、物足りなさもあったけど(下山後やっとエンジンかかってきた感じやったです)、2匹にはちょーどよかったんでないかしら。
雪のあるうちに、目一杯雪遊びしに行くぞー!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »