« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月28日 (木)

紅葉カヌーキャンプin岩洞湖-1-

23~24日の週末は、岩洞湖まで北上してきたです。
そろそろ紅葉が見頃かな~と思って。
嘘。
給料日前でビンボだったから、無料サイトの誘惑に負けたのです(笑。
朝早くに家を出て、お昼前にキャンプ場に到着。

11

↑数日前、氷点下を記録したとゆーこのキャンプ場。キャンパーさんもめっきり少なくなったので(この週末は、他にソロの方が1名いたのみ。あ、デイキャンで1組、ファミリーはおりましたが)「わわわー、リヤカー分解して片しちゃったのー、ごめんなさいー」と管理人さん。代わりにわざわざ一輪車を持ってきてくれたです。

お天気いいから、別に駐車場とサイトを荷物運びで何往復しようと苦にならないんだけどねー。
設営済んだら、早速飲みながら酒のアテに肉が殆ど入ってない貧相餃子をジュージュー焼きます。
んで、色づいた木々のその向こうの湖面を眺めながらホケ~ッ。
「うわー、この餃子、いくらでも食べられるねー」
「うヘー、ビールってのは、なんぼでも飲めるよー」
なんつって。
陽気に誘われて、眠ってしまいそー。
いかんいかん。
もしかしたら、今シーズン最後のカヌーになるかもなんだから、今日はガッツリ漕がなきゃなのよ(既に酔っ払いですが)。
てことで、着替えて早速レッツラゴー。

12

↑相ノ山の紅葉が一番よかったかな。レストハウス側や柴沢方面の紅葉は、日当たりが関係してるのかいまひとつといった感じ。常緑樹も意外と沢山あったしなー。

ヨークにシェラカップが巧い具合に嵌るってことに気づいた今回。
カヌーの上でもいつでもお水、飲めますよ、お二人さん(ちょっと高さありすぎだけど)、なんて言いながら、水入れるのを忘れたもんだからパドルについた水滴を一生懸命舐めとりました。アホの仔が。
いやそれより、このシェラカップ、もしかしてドリンクホルダー代わりになるんぢゃないかちらー、なんて思ったりして。
人間がパドリングを楽しんだ後は、赤い鳥居のある浮島@弁天島に上陸して愚犬らのフリータイムです。

13

↑2匹をフリーにしている間に、島一周のソロ漕ぎへ。戻ってきたら選手交代で、今度は夫が島一周。ダム湖の水量が少ないってことは、島がでっかくなってるワケで。てことは1周の距離も増えてるってことなのよねー(笑

先週、七ヶ宿ダムで船首に夫を乗せて漕いだら思うように前に進まなかったけど、一人だとスーイスイ。
うははー、楽勝ぢゃん!なんて気分よく進んでたですが、島の反対側に出ると風が予想以上に強く…。
パドルを入れて~舵をとる前にズンズン流されるのですよ。いや、流されるとゆーか、回っちゃうとゆーか。
前にはぢぇんぢぇん進まないし、後退してるしー。
焦るーっ。
妻は基本左漕ぎなんですが、そんなこんなで2度ほど右にパドルを入れてしもーたです。
ダッセーッ。
うーん、ヘッポコだから気持ちにも体力にも余裕ないのよね。まだまだだのー。
無事に赤い鳥居のあるところまで戻ってきたら、今度は夫がソロで。
その間、ロープ振り回して(妻が)2匹を走らせます。
BJは殆ど走ってなかったけど(汗。

14

↑浮島、我が家の愚犬サイズくらいなら、走り回るには十分過ぎるほどの広さ。つっても、基本、妻の周りをグルグル猛ダッシュしとるだけなんで、いつも畳2枚程度の広さで足りるんだけどね(汗。

夫が戻ってきたら、サラはお迎えに走っていき思わず入水しとりました。
BJは水を避けていきなりカヌーにダイブ。
こゆときだけ、身軽な男に変身するのです。
思い切り遊んだからか、サイトまで戻る僅かな時間でも本気寝してたですよ。
あ、そうそう。
今回、船内に水が入ってもちべたくないよーにと、サラのためにホームセンタでマットを購入してみたです。
一枚百数十円のものを2枚。
安物だけど、継ぎ足していけば大きさ変えられるし、何より分厚くてええ感じ。
乗っていいヨとも言ってないのに、敷いたらすぐその上で寝とりました。
でもね、ケチって2枚しかかわなかったから…
寝返り打ったら落ちてやんの。
しかも何度も。
BJも乗りたそうにしてて、結局このアホ犬に奪われたりしたんだけど(数分間)、その間ずーっと恨めしそうにマットをガン見してました。
なので、キャンプの帰りに大枚はたいて(え?)、もぅ2枚追加購入してやったでー。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

紅葉カヌーにはチト早かった

栗駒山に登った次の日の日曜日。
「そろそろアソコも色づき始めたんぢゃないの~」てことで、行って来ました七ヶ宿ダム。
七ヶ宿ていうたら、スキー場だってあるトコロだもの。
我が家の周辺より寒いハズなんだもの。
大丈夫よ、うん大丈夫ーっ。
まだでした(そりゃそーだ)。
でもいーのです、漕げれば。

11

↑たまには俯瞰で撮ってやろーと頑張ってみました。気持ちはグーグルアース。でもいかんせん妻のタッパが…。後ろ向いていつも撮る写真と、たいしてかわんねーし(汗。次はガンネルに足かけてもっと高いところから撮ってみっか…(落ちたりして)。

今回はいつも素通りしてた橋の、その向こう側へ。
「なんか淀んでて、水があまり綺麗くないー」
「油浮いとんとちゃうのー?」
「アテクシ、こんなところにパドルつけたくないもんねー。だから漕がないっ」
なんてブーたれとったのですが、別に油なんかぢゃなくて、腐葉土の栄養分なんですよね、これ。
もっと奥へ進んだら、小川の流れ込みがあって、綺麗な水がダムに注がれとりました。

12

↑こっちの流れ込みもお水、綺麗ー。でもってちべたいー。お船の上で買ってきたコンビニパンやらお握りを頬張ってランチ。2匹、ガン見。ええと、チミたち…意地悪な夫はビニール袋をワシャワシャさせてるだけで、中身、入ってないの気づかないの?

無風状態なんで、愚犬ら(特に重いほう)が左右に移動しない限り、パドルを入れなくてもカヌーは停止したまま。
腹ごなしが済んだら、バウに座った妻が体の向きを変えてソロ漕ぎの練習です。
夫と向かい合わせのまま。
ワッセワッセー。
進まねーっ。
あーぢゃこーぢゃと指示する夫。
わかっちゃいるけどね、あーた。
でもって言われた通りやってるんだけどね、あーた。
あーたに問題があんでねの?と。
夫の座ってるほうが明らかに重いので、船首の方が沈んだ状態なのですよ。
これぢゃ進むわきゃないしー。
あっちゅーまに汗だく。
そんなこんなで、2時間以上コギコギしてカヌー終了。
紅葉は楽しめなかったけど、二の腕が筋肉痛になるほど運動でけました。

13

カヌーの後は、広場で走り回って犬らもタップリとガス抜き。
お水は意外と綺麗だし、犬らを走らせる場所もあるし、ホント、ココはええとこだー。

Imgp3289

「はいなっ!大満足ですわ~」

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

上って下ってまた上って~の栗駒山

最近すっかりレポをUPする気力が失せております…ハフーッ。
そんなわけで、随分と日が経って記憶もアレなんですが、土曜日のレポをとりあえず…。
何度も上ったことのある栗駒山ですが、今回は初の須川コース登山となりました。
須川コースつったら、登山口は秋田県。えらい遠い。なのに我が家の車の運転手、最初一般道で向かうつもりだったらしい。勘弁しちくれ。
助手席にふてぶてしく座った司令官より、高速に乗れ!との指示が出て、渋々高速へ。
で、登山口の須川温泉に到着したのは午前9時。
一般道走ってたら、一体何時に着いてたんだか…。
既に広い駐車場にはたーくさんの車。でも殆どの人は、温泉目的だったみたい。

11

↑登山口に入ってすぐの岩の間からドッコンドッコン温泉が噴出してて、その流れの先にこんな感じの足湯が。大勢の旅行客が足、突っ込んどりました。昭和湖には、ちゃーんとトイレ棟まで建っとりますよ。ココまでは軽装でも余裕で歩いて来れそう。お天気のええ日に限るけどね。

上り始めて15分程度でお花畠に到着。お花なんて咲いとりませんが。
その先には、有毒ガス発生!立ち入るなの看板が。
お花の匂いぢゃなくて、屁の臭いが辺りに漂っとります。
しかも強烈に。
んで、あっちゅー間に昭和湖に到着。
ベンチが設置されてたので、甘物出して小休憩。
この昭和湖までは、傾斜も殆どないダラダラ坂。なんちゅーことありません。
が。
昭和湖の手前辺りから雨が降ってきて、視界ゼロ。
このところの天気の悪さも相まって、足元ドロドロ。
なんちゅーことない登山道だけど、気をつけてないと泥濘に嵌ったり、ズルっとやっちゃう危険があったです(実際、前を歩いてたベテランさんぽい男性登山者が、ズルリンチョのドテチンしとりました)。
昭和湖を過ぎたら、やっと登山道っぽくなってきたです。
でも、雨脚も激しくなってきて、本格的な雨登山になってしまいました…アヂャパー。
しかしナンですね、上っている最中に夫は「雨合羽…やっぱ下も履くー」とか言うてザックおろしてゴソゴソやっとりましたが(他の登山客も大勢雨合羽取り出して着替えとりました)、シューズ泥まみれで、ザック置けそうな場所も(あっちもこっちもドロドロのデロデロ)あまりないところで、皆さん器用にお着替えなされること…。
妻は…当然面倒っちぃーんで、「濡れるのがナンボのモンぢゃい」とそのまま歩き続けましたけどね。
で、濡れるから「早く山頂でゆっくりしたいー」の気持ちが強くなって、ピッチが早まりますの、エッホエッホ。
気づいたら到着しとりました。
昭和湖から山頂までの道、殆ど覚えてない。
よさげな場所を見つけて昼飯にしようと思ったら、雨が上がって~ついでにそれまでどんより覆っていた分厚い雲が消えて青空まで!
わーお。
山頂には大勢の登山客がおったのですが、そのうちの半数以上の人が…なんかアテクシたちと格好が違うのよね。
雨合羽なんて着てないし。
濡れてもないし。
どうも宮城県側から上がってきた人らは雨に遭遇しなかった模様。
秋田県側はジャンジャン降ってたのにーっ。
オニギリ食べながら、どのコースで下るか夫としばし作戦会議。
「産沼通って下るコースって、ルーフさんがおもろないって言ってたしねー」
でも、数年前の地震と、雨の影響で通行不可なコースもあるのです。
「東栗駒山のほうに下ってって、その手前の…避難小屋がある辺りの分岐のところから秋田側に回るコースもあるで~。裏掛けコースは通れないけど、その手前なら大丈夫みたいだし…。こっち歩いてみっか?」
てことで、お日様当たって気持ちのいい宮城県側の斜面を下っていきました。

12

↑斜面には作業中のあんちゃんたちが。崩れた登山道の修復作業です。おちかれさまー。聞けばよかったー、チミたち、歩いてココまで上ってきて、ほんで作業しとんの?それともヘリコでココまで運んでもろたの?て。紅葉はうーん、お花畠は黄金色だったけど、木々は期待してたほどぢゃなかった…。なんか今年はダメっぽいね。猛暑の影響で夏の間に虫の大発生で枯れた木や暑さで葉っぱが焼けた木も多かったし…。

20分ほど下ったら…いつの間にか藪コギになりまして。赤テープはあるものの、人が歩いた気配もなく、どこが登山道なのかだんだん分からなくなってきました。
「おかしい…歩けるハズなのにー」
先の方に赤いお屋根の避難小屋が見えます。
てことは道を間違えてるワケでもないのよね。
でもでも。
妻が立ってた急な下り坂。どう見ても、崩れちゃいましてん~って感じのガレ場だったのです。
登山道らしさゼロ。
崩れたままで修復されてないのかちら?てことはこの先、もっと酷くなるのかちら?つか誰も歩いた形跡ないんですけどーっ!
しゃーない、1時間以上のロスになるけど引き返そう。
てことで、回れ右。再び藪を漕ぎ~水溜りに足突っ込み~下ってきた坂を上ります。
途中、我が家と同じようなコトを考えて下ってきたらしい老夫婦にあって立ち話。
「この先、崩れちゃったみたいで道、なくなってるっぽいけど、行く気になればまぁ、いけないこともないかもしれないかもかも…」みたいな役に立たない情報を伝えときました(汗。
老夫婦も仕方なくUターンするっぽかったけど(放置)。
作業中のあんちゃんたちに二度目ましての挨拶して、この日二度目の山頂…は快晴。
で、結局ルーフさんたちが「おもろないよ」と言ってた産沼沿いを歩くコースで下ることに。

13

↑産沼コースも所詮秋田県側。足元は…膝に超優しい軟らか土。つか、ヌチョヌチョー。泥跳ねしないよう注意して歩いたつもりなのに、ストック何度も足に当てちゃって妻のタイツは元も子もない状態に。

とにかく足元がずーっとヌチョヌチョだったので、景色を楽しみながら山歩きなんてでけませんでしたの。
往路は雨降りでガスってて景色どころぢゃなかったけど、復路は時々日も差してたっつーのに。
まぁ、産沼コースは熊笹が妻の身の丈ほどに成長してて、360度見渡してもちびっこには熊笹しか目に入らなかったんですけどね。
産沼を過ぎた辺りで、またもや雨がパラパラ。
天気予報に雨マークなんてなかったのよ。
山の天気は予報なんてアテにならんもんです。
でも須川コースへの合流地点、苔花台辺りにくるとまた日が差してきたー。

14

↑この沢渡るの、水量もっと多いと大変だわ。妻の前を歩いてたおっちゃんは、飛び石を渡るでもなく、ジャブジャブ水の中歩いとりました。普通のスニーカーで。男らしいっ!一面黄金色の名残ヶ原は気持ちいいね~。

午後3時過ぎ、無事に下山。
汗だくとゆーより、雨に濡れて気持ち悪かったんで登山口横にある須川高原温泉大露天風呂に入ることに。
1時間600円ですと。
ちとお高い。
露天のみなのに(笑。
でも、ちゃーんとシャンプー類は置いてあります。
カランの湯がチョロチョロとしか出なかったんで、温泉の湯で洗ってたらちーっとも泡たちませんでしたけど。そんだけ酸性が強いってことなんでしょうかね。
1時間制限!とデカデカと書かれてるけど、そんなに長くは浸かってらんねだろ~なんて笑いながら入ったんですが…、お湯は若干温め。
気持ちいい。
これならなんぼでも浸かってられそう~。
なるほど、制限してないと長居しちゃう人、いるかもと思ったです。
(一番長居してたのは、無賃入浴のやつら。プカプカ浮いてた沢山の虫たち)
ちなみに…男湯は、場所によっては外の足湯から見えちゃいますので注意を。
「さぁ、今から上るぞー!」ってときに、ふとおっさんのおケツが目に入って思わず二度見しちゃいましたから。
いやぁ~ハプニングはあったけど、やっぱり山歩きは楽しいね~。
今回は珍しく筋肉痛にもならなかったし。
まだまだ他にも色んなコースがある栗駒山。
そのうち全部歩くぞー。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

わいわい網張キャンプ-2-

向こうは2人、こっちは9人。モモマロ家、Sクン&マキちゃんは今日帰っちゃうけど…。それでも人数的に勝ってるぢゃん!(何の勝負?)
てことで、宇樽部にいるルーフ家をなんとか網張に呼ぼうと策を練る面々。
結局、二日酔いダンディーM氏の泣き落とし作戦が功を奏して、ルーフ家がこっちへくることに。
やったー。
これで思う存分飲める!
安心しきっちゃった妻は、2匹を連れてルンルン気分で休暇村の足湯へ。

105

↑足湯は湯の花プーカプカ浮いてて、網張温泉の湯よりも濃い感じ。足を浸けてる間、2匹にはベンチに腰掛待っててもらって…たハズなのに、BJ、思い切り飲んでるがなーっ!しかもガブガブ。ええのん?

温度も調度よくて、服脱いで浸かりたかったくらい。
数分浸かってるだけで、全身から汗がジンワリ。
サイトに戻ったら、本日撤収予定のmamakoさんが、ルーフさんのためにシチューを作っていくヨ!とゆーんで、お手伝い。
十分煮込んだらルーを入れるだけ~の状態に仕上げ、夫に後を任せて女性陣は温泉へ。
激混みでした。
体洗うのも順番待ち。
素っ裸でホケ~っと突っ立ってなきゃいけないくらい。
サイトに戻ったら、ルーフさんちが到着してて、設営中。
お昼過ぎに我が家とダンディーM家が宇樽部のキャンプ場に到着するからって、雨の中朝早くに奥入瀬歩いてゆったりしてたところをごめんちゃい。
「来てくれたら設営、みんなで手伝うからー」
なんて電話で話したけど、でへへー…なーもやっとりまへん。
見てただーけー。
薄情なやつです。
時々毒を吐きながらも(笑)汗だくになって設営を済ませたルーフ家は、女性陣と入れ替わるように温泉へ。
モモマロ家もSクン&マキちゃんも、ルーフさんたちと夕飯を済ませて帰るよう引き止めて、皆で楽しく晩御飯スタートです。
我が家はえび団子入れたタイ風スープ。
シャンツァイ忘れてたんで、ルーフ家にたくさんおすそ分けしてもらいました。
くさくさでうまーい。
ダンディー家はウドと豚をチャチャっと炒めて~他にもどんどん出てきてテーブルの上はあっとゆーまに食い物だらけ。
仕上げを夫に任せてた件のシチュー。
煮込み時間が足りずに、人参ガリガリやったけど(おい)、これもうまうまー。
もちろんアルコール類もどっちゃり。
幸せ~。
名残惜しいけど、モモマロ家とSクン&マキちゃんとはこれでお別れ。
また近いうちに会いましょう~♪

112

↑美味しいものを食い倒した後、酒のアテに出てきたのは…ルーフさんからくさいくさいくさーいクサヤのご提供。くさい物好きな妻にはたまらん!うまい。舌しびれるけど。くさいものがもっと好きなBJは、臭くなった指を食らって大満足…か?

で、腹いっぱいになって酔いも回ってきたところで、ダンディーM氏お勧めの仙女の湯へ繰り出すことにしたです。
ダンディー家、ルーフ家、我が家、そして嫁入り前のシズちゃんの7人。
この温泉、露天の混浴でございます。
酔っ払ってなきゃ、殿方の前で裸を披露するなんてでけまへん。
洋服脱いで真っ先に風呂へ向かったJ子さん…ですが、熱くて入れないと大騒ぎ。
温度計見たら、50度近くあったです。
火傷するべ。
てことで、男性陣がおケツ丸出しであーぢゃこーぢゃやってたんですが、いやん、ちゃんと隠して!芋(?)が見えるー。危険すぎーっ。
「こっち見るなよー!見たら妊娠しちゃう!」とかワケわからんこと言いながら、皆で賑やかに入浴。
まぁ、いろいろとハプニングはありましたが、足湯以上に濃くて、あっちゅーまに体もタオルもクサクサ~。でもホカホカ~。
サイトに戻って飲みなおして~午後11時頃、クサヤと温泉臭で鼻もげそーなくらい臭い体のままおやすみなさいしたのでした。
テントの中がえらいこっちゃでしたわ。
朝目覚めると、昨夜あれだけテントの中が臭かったのに、あら無臭。不思議。
単に鼻が臭いのに慣れちゃってただけかもしれんですが。

111

↑3日目の朝。我が家のクーラーボックスの中には、缶ビール2本と…食えるものといえば、チューブ入りおろししょうがのみ。ぐえーっ。なので、朝ごはんは完全に貰い飯。ビールも、これまた貰いビール。ゴチになりっぱで、どーもすんまへん。

ダンディー家とキャンプすると、食べ物たくさんで「うち、作んなくてもよかったんでね?」て毎回思うのよね。
だから食材少な目だったんだけど…完全に計算間違い。
ホント、申し訳なかったです。
んで、なーんもせず箸だけ持って座ってたら、目の前にいつの間にかJ子さんお手製フォーと、ダンディーMさん作らーめんが。
昨夜ガッツリ食べたのに、あっちゅーまに完食ですよ。
キャンプの度に、胃拡張になっとるよーで怖いわー。
食後はだらだら撤収作業。
(ルーフ家に来てもらって大正解でした。だって、だってだって…ダンディーM家の撤収作業って、すんげー時間がかかるんだものー)
撤収作業しながらも、残り物でお昼ご飯作っちゃったりして。
いやぁ~いつも楽しいメンバーで、あっとゆーまに時間が経過しちゃいます。
ココにTさんがいないのが寂しいねー。
なんて何度思ったことか。
今回参加できなかったA家やtako♪ちゃんも、雪が降る季節になったら、アソコに集いましょ。もちろんTさんもだよー。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

わいわい網張キャンプ-1-

3連休。ルーフさんご夫妻と「十和田湖でカヌーキャンプやりましょ!」なんて話してたのです。
「十和田なら、我輩も行くナリ!」なんて急遽参加になったダンディーM家。
「カヌーするならご一緒したい!」とこれまた来ることになったKさん。
んがしかし、天気予報が「やめときなはれ」て言うてましたの。
土日にしっかり雨マーク。
月曜日だって、なんだか怪しい感じ。雨降っちゃったらカヌーはできないし…どーせ紅葉はまだだろうし…だったら十和田まで行かなくても…ねぇ。
直前までどーする、どーする、場所変えちゃう? なんて悶々として、結局網張でカヌーなしの温泉三昧キャンプをやろぅ!てことになったのでした。
そう、網張に全員集合~♪のハズだったのです。
午前10時にルーフ家、Kさんと滝沢PAで待ち合わせ。
カヌーしないし~てことでお誘いしたシズちゃんを拾うために、我が家は7時前に出発。
あと30分でシズちゃんちに到着だわ~なんて余裕かましてたところでハタと気づいたです。
忘れ物をしたことを…。
プンギャー!
遅刻覚悟でUターン。
それだけ大事なものだったの…妻にとっては。
お迎えが遅れる旨をシズちゃんに伝えたら、「助かりました…」の返事が。
どうも酷い二日酔いで、約束の時刻(午前8時)になんて絶対無理ダー!状態だったとか。
いつもの倍の時間をかけてシズちゃんちに到着したら、魂抜けた感じのシズちゃんが駐車場に出てきたです。
酒に滅法強くて、二日酔いなんてしそーにない彼女なのに…(前日の酒は余り美味い酒ではなかったらしい)。
助手席に彼女が座った瞬間、車内に広がる酒の香り(笑。
モワァ~ン。
ルーフさんにも遅刻しそーだから、先に現地入りしとくれーのメールを送ります。
すると返ってきたのは「ボクちゃんち、十和田行くしー」て。
なーぬー?
ルーフ家にとっては未踏の地、十和田湖の宇樽部キャンプ場。
雨の奥入瀬もこれまた風情あってええんでないの~?と思ってネ、なんてコトを前日の晩に夫宛にちゃんとメールしといたっつーぢゃないですか。
オイ、コラ、夫。
どーゆーこっちゃ、ア~ハ~ン?
ハイ、前の晩は飲み会ではっちゃけとりまして、メールを放置してくれとりましてん。
こうなると、車中の夫婦間には、イヤーなムードが漂うわけですよ。
シズちゃんが同乗してくれたお陰で、血を見ることはなかったけど(笑。
まぁ、そんなこんなで道中ちょっと慌しかったけど、なんとか網張キャンプ場に到着した我が家とKさん。
自宅を出たときは雨なんて降ってなかったのに…。
キャンプ場はポツポツ雨が降っとります。
前日入りしてたモモマロ家のシェルがポツンとたってたので、その近くに早速設営開始。
夫がレクタを張ってる間は、女二人車内で待機。
メール見忘れた罰だよ罰!なんつって。
その後、各自のテントを設営してたら、風呂に行ってたモモマロ家が帰ってきたので、手を止めてしばし談笑です。
ナント、前日、モモマロ家はダンディーM家の接待を受けたとゆーぢゃないですかっ。じゃじゃ麺食わせてもろたり、混浴の仙女の湯に入りに行ったり…。
えーなー。
つか、今日この後キャンプに来ることになってんのに…前日も日帰りでココに来てたなんて、ダンディーM氏ってば身体は重そうだけど(おい)フットワークはえらい軽いオッチャンだなぁ~と。

101

↑妻と夫のテントの間には、シズちゃんのテント。緩衝材の役割を果たしてくれとりますの。

設営後は温泉に行ったり、いつものように飲んだり食ったり、また温泉に行ったり(キャンプ場の受付をすると温泉の割引券をくれるのです。割引券は当日、もしくは次の日の1日しか使えないけど、その間は温泉入り放題なんだヨ)飲んだり食ったり…。
ダンディーM家が到着したら、レクタを2連結してサイトは一気に賑やかムード。
お土産に持ってきてくれた福田パンとやら。
餡バターとコンビーフサラダの2種類だったんですが、いやぁ~これがおいちくって。
食べた食べたー。
で、その後、晩御飯タイムに突入して、これまたダンディーM家提供の玉山支所前食堂とゆートコロのホルモン鍋が登場~。
ナニコレ、旨すぎなんですけどーっ。
あ、我が家はカボチャのグラタンを。
そう、忘れ物ってコレだったのですよ。
前日に「あとはダッチにいれるだけ~」の状態まで仕上げて、出てくる前にコンロ脇に置いてたのにクーラーボックスに入れるのを忘れてたわけで。
別のものを作りゃええかと一旦は諦めたものの、家に戻ったときに腐ってたらエライコッチャだしー、てことでね。
でも取りに戻ってよかったです。
皆さんにもオイチィと言うてもらえたし。
雨の中、タープ下でワイワイやっとったのですが、肌寒くなってきたんで2次会はモモマロ家のシェル内に移動。

102

↑レインボーとランタン、そりから人の熱気で中はホカホカ~♪ お疲れBJはシズちゃんの膝の上で…落ちた。んで、この後、妻も落ちた…。

「9時過ぎにSクンとマキちゃん、来るってよー」
頑張ったんですけどね…。
普段以上に固形物を胃袋に入れちゃってるもんだから、8時半頃から、もぅ限界。
腹も瞼も、重っ。
隣にいたシズちゃんも、午後5時頃からようやく二日酔いから開放されて飲み始めたけど、妻と同じようにオネムな感じ(その後、見事な復活を遂げ、飲みなおしたらしいけどね。スゲー)。あらら、モモマロ家のパパ@ひろぽんもコックリ。
アテクシだけぢゃないのね、ってことでSクンとマキちゃんの到着を待たずに妻、BJを抱えてテントへ。
フライを叩く雨音を聞きながら、いつの間にか夢の中へ誘われとったのでありました。
薄情なやつで申し訳ないー。
朝、目が覚めてテントの外に出たら、レクタの真下にマキちゃんのウルトラマンテントが!

103

↑夜、雨脚が激しくなって、ちょうどその頃到着したらしいSクン&マキちゃん。レクタの下に設営したのは正解だったネ~。で、もういっちょのレクタの下には何故か夫のズボンが干してあった…なーしーてー?

酔っ払ってこけたらしい。
皆が起きてきたのに、なかなかテントから出てこない夫。
午前3時過ぎまで飲んでたんですってヨ!
足元フラフラになるまで飲むなんてね~。どんだけ楽しかったんだか…。
いつもだったら朝からテンション高いダンディーMさんが、大人しいー。
「頭、いてっ…ぎもぢわるぃ…」
二日酔いだそーで。
夫も久しぶりに軽い二日酔いになったとか。
でも、そんな二日酔い連中なんかにゃ構っちゃいられまへん。
こちとら、腹減ってんだもーん。
てことで、2匹の散歩を済ませたら早速朝ごはんの準備。

104_3

↑朝から豪華~。餃子入りのスープに親子丼。我が家はアゴだしでお雑煮(汗。冥加と葱を分厚いチャーシューに乗っけて…コレ、絶品やったです。うまーっ!

実は前日、宇樽部に向かったルーフさんにこう伝えてあったのです。
「網張で1泊した後は、我が家だけでも宇樽部に向かうヨ」と。
その話をしたら、ダンディーMさんも「んぢゃ我が家も宇樽部に行っちゃおうかな~」なんて昨日の時点では話してたわけで。
でも、移動するハズのこの日の朝。
夫とダンディーMさんは酷い二日酔いときたもんだ。
車の運転なんてできないぢゃん。
つか、撤収作業ですらやれそにない状態。
「あら、いつも旦那様に任せっきりなんぢゃないの。こゆときくらい、妻のアータがやってあげたら?」
なんてお思いでしょうが…。
ムリムリー。
だって、朝ごはんのときにシズちゃんがフランス土産の美味しいチーズやらパテやらを出しちゃったんだもん。
呑めってことでしょ?
いや、土産がなくても当たり前のように呑んでたけど…(汗。
ルーフさんからは「何時に宇樽部に到着するのか…云々」の連絡がきてるわけで。
うみゅー、車が運転できないとなると、はてさて宇樽部までどうやって行けばいいものか…(犬そり?)。
つづくー。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

とことん山キャンプ

なんだか最近、膝が痛いのです。トシ?
そんなわけで、10月最初の週末は湯治目的の温泉キャンプ~♪
もちろん、温泉入り放題のとことん山です。
岩手・宮城内陸地震で被災して、通行止めになってた国道398号が開通したしネ。
この道路を通れば、30分ほど短縮でけるのです。
地震前にはよく通ってた道路。
当時は通行量も少なくて、すれ違う車と1台もあわなかった!なんてことも多かったのに…。
開通したばっかってのと、紅葉前ってことで、いやはや車の多いこと。
土砂が崩れて山肌が未だに剥き出しになってる箇所が出現するたびに、先頭の車がブレーキ踏むもんだから(多分、地震の爪痕を観察しとったんでしょう)、後続車はトロトロ運転で、どんどん渋滞の列が長くなっていきます。
踏めー!
アクセル踏まんかーっ!
助手席で毒ついてた妻(笑。
そんな妻も、崖の補修工事をやってた作業員の皆さんにはちょっとコーフンしてしまいました。
ほぼ垂直に近いその崖で、ロープたらして宙吊り状態で作業しとったのですよ。
「クライミングだ!スゲー」と。
ほんで、思い出しました。
そういやしばらくボルダリングにも行ってないなー、と。
Zi;box…アテクシが顔を出さないから、潰れてたりしてー、なんて(←おまい何様?)。

11

↑途中で栗駒神水を汲んで行ったです。ヒルバーグタープは木を利用して(ポールが短いの2本しかなかったの)。お昼はカレー。前日の我が家の晩飯…の残り。「温めるのメンドクセー」なんつって、冷えたまま(クーラーボックスの中でキンキンに!)炊きたてご飯にかけたら、これがマヂーのなんの。しゃーないのでコッヘル取り出し温めることに。最初からやっときゃええものを。

顔面ブラックジャックになって、初のとことん山。
スタッフのTさんに、なして顔がこんなことになったのか詳しく説明して「ヒャー!」とか言われる。
ついでに、数日前から妻の左目は結膜下出血てのになっちゃって(便秘糞力みすぎたのが原因ぢゃないかと)、白目が真っ赤。
だもんで、これまたTさん「ヒャー!」。
ゾンビかよ!っつーくらいキモい顔だったのです。
ま、自分の顔なんて鏡見ない限りキモいってわかんないから本人は至って平気なんだけどねー。
しばし談笑した後、空いた場内を見回し区画エリアの上に設営することに。
もしかしたらパラっと雨が降るかもしんないってことだったので、なるべく水捌けのええ場所にテントをたてたかったのです。
荷物をリアカーに乗せようとしてたら、夫がいきなり奇声を上げました。
なに、なんなのよー。
「リビングシェル、忘れた…」
ええ、この後しばらく夫は妻にこれ以上汚い言葉はこの世に存在しないかも、っちゅーほどの罵詈雑言を浴びせかけられとったんですが…。
ヒルバーグのタープがコンテナに入ってたんで、そいつをはってなんとか事なきを得ました。
いやぁ、とことん山が寒くなくてよかった。
設営終えて、夫婦喧嘩も終えて(笑)、ゲレンデで2匹を遊ばせて、風呂入ってまったりしてたら、1組のファミリーが来場。
あろうことか、すぐそばで設営はじめちゃったとです。その距離僅か3メートルほど。
温泉棟の前とかドドーンとあいてるし、あっちもあっちだってほら、あいてんぢゃん。なのに、なぢぇー?
なぢぇーなぢぇーなぢぇー?て感じで、ずーっと見てたんですけどね(睨んでたともいう)、結局妻の視線なんてこれっぽっちも気づいてもらえず、その寂しんぼ家族はお構いなしにどデカい居を構築。
張り綱なんて我が家のとくんずほぐれつ絡まりつつ、みたいな状態やったし。
ありえねー。
しゃーないので、既に5本の缶ビールを胃袋に流し込んだ不自由な(え?)身体で、お引越しすることに決めました。
温泉棟のまん前に。
あー、疲れた。
でもって汗かいた。
でも、入り放題の温泉があるから、こゆとき便利~♪
風呂から上がって、さてそろそろ晩飯の準備でも~なんて思ってたら、これまたお酒でええ感じになってるっぽい男性が我が家のサイトにやってきて声をかけてきたです。
はじめましてーのギターさんでした
いやはや、あえそうであえないニアミス続きだったお方。
やっとお会いすることがでけました。
聞けば関東からお越しの銀杏さん(後に『教授』とHN改名;笑)ととことん入りしてるとのこと。
それならば、と夜、我が家のサイトで一緒に酒を飲んでもらうことにしたです。

12_2

↑我が家の晩飯は鴨鍋。ご飯食べ終わったころ、ギターさんと銀杏さんも合流。そこへ、謎の変な夫婦もデイ(とゆーか宴会のみ)参加。賑やかな夜になったです。

謎の変な夫婦には、美味しい静岡のおでんやら海老煎餅やら酒やら、たーくさんごっつぉになっちゃって…なのに「変な夫婦」とか言うとる妻。罰当たり。こんなだから顔面怪我したり、目ん玉赤くしたりするのかちら?
いやぁ~食べたー。飲んだー。笑ったー。楽しかったー。
一足先にテントに入っちゃったんですが、外から聞こえるギターさんの、ギターはええとして、歌はイマイチ(笑)なBGMを聴きながら、いつの間にか眠りについとりました。
日曜日の朝。
目を覚ましたら、まずは一っ風呂。
ほんで小安峡までお散歩に。

13

↑散歩の後はつけ麺で朝ごはん。もっと寒くなったら、つけ麺てすぐ冷めちゃうだろうし、嬉しくないメニューかもね。

雨の心配はなかったけど、朝からやたらと風が強いー。
撤収中、テントを飛ばされたファミリーもおったです。
でも風のお陰で結露してた幕体も一気に乾いて乾燥撤収でけました。
撤収後は、ゲレンデで2匹のガス抜き。



(↑やっぱBJの方が、走るの遅っ)

お昼前にはキャンプ場とさよならしました。
なぢぇかっつーと、冬期になると閉鎖されるアノお店で美味しいお昼ごはんが食べたかったから。
「案山子」から「山猫舎」に名前が変わったレストラン。
春に来た時は山菜三昧のヘルシーなランチだったのよね。
秋だから今日はキノコ尽くしなご飯がいただけるんぢゃね?
なんて期待に胸膨らませて訪れたんですが…
店の前に立てかけてあるメニューを見たら、稲庭うどんとか、なんちゃら丼とか…。
あれ?ココって、お昼は山菜三昧なランチ1種類しかないハズぢゃ?
「今までやってたばーちゃんたちがね、もぅやれなくなったーって言うもんでね、ワタシが代わりにこの店を引き継いだんですよ…山菜ものはばーちゃんたちが数品、今でも作ってはくれとるんですけどね…」
と、店の主らしきおっちゃんが言うとりました。
あぁぁー残念ー。
でも、せっかくなので稲庭うどん定食(800円)てのをいただくことにしたです。

14

↑ばーちゃんたちが引退しちゃったなんて、すごーく残念。知ってたら、もっと足まめに通うんだった。うえーん。でも、お饂飩は…佐藤〇〇店の稲庭うどんより、こっちの方が好きかも。小鉢もね、絶品なのよ。キクラゲの胡麻和え、うめかったー。

食後に、お菓子までいただいちゃいました。いやぁ、ごちそーさまでした。
寒くもなく、お天気に恵まれた2日間でした。
酒盛りに付き合ってくれた、ギターさん、銀杏改め教授(しつこい)さん、変な夫婦のお二人様、楽しいひと時をどうもありがとでしたー。
土日両日とも走り回って、2匹もきっと満足して…くれたハズ~。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

SW後半は岩洞湖でカヌーキャンプ-2-

2日目の朝は、予報通りやっぱりどんより。霧雨みたいのが降ってるー。
本降りになっちゃう前にちゃちゃっと2匹のお散歩を済ませて、お出かけすることにしたです。

21

↑シェルの外に出しても動こうとしないBJ。しゃーないので、リードつけて引っ張りました。場内にはキノコがニョキニョキ。図鑑を見て食えるかどうか調べようとするも、よくわからんのですよ。キノコってさ、成長早いしさ、成長過程で色も形も変わったりするしさ、そゆのが全部写真で載ってるわけぢゃないしさ…。ピピっと撮影したら、食用かどうか瞬時に判別してくれる、そーゆーiPadのアプリ、誰か作ってくんねーかなー、なんつって。あ、iPad持ってないけど(汗。

「荒れるかも」とラジヲで言うてたので、ご丁寧に張り綱ぜーんぶ張って、車に乗り込んで目指すは温泉~♪
昨日、風呂に入ってないしね(汚。
どの温泉に行こうかとしばし悩んで、結局網張温泉にしたです。
ココ、女風呂にはシャンプーだけでも3種類、洗顔石鹸やクレンジングオイル(妻、化粧しないので必要ないけど)、化粧水なんかも色々置いてあるのです。
おもろかったのが、妻が入る前から洗い場にいたおばちゃん。
さっきもあろとったやん!て思わず言いたくなるくらい、ゴシゴシ体洗っては湯船に浸かり~また洗い~を繰り返しとりました。
洗い場に設置されてたシャンプー、ボディーシャンプ全種類使ってた模様。
気持ちは分からんでもないけどね。

22

↑姫神の湯の近くは一面ピンク色。これ、ぜーんぶ蕎麦の花。ピンク色の蕎麦の花なんてあったんだーと、ちょっと感動。夜は佐藤精肉店で買ったモツ鍋セット。この上に大量の韮やらモヤシやら豆腐(店のおばちゃんが豆腐入れるとええよーて言うたから)をのっけていただきますー。うまー。

ドライブして~温泉入って~サイトに戻ってきたら小腹が空いたとゆー夫はホットドッグを貪り食っとりました。
妻は固形物よりも水分補給。
心配してたお天気ですが、たいして風も強くなく、雨もパラパラっと降っただけみたい。
なーんだ。
読書してまったり過ごして、来るときに買ったお待ちかねのモツ鍋を作ります。
これね、モツと豚肉が半分ずつ入っとりました。
おいちぃ。
今回は塩ホルモン鍋を買ったですが、他にも回鍋肉風の黒味噌鍋とかチゲモツ鍋とかいろいろあったので次は別のやつを買ってみようかな~。
食後も酒飲みながら本読んだりダラダラ過ごしとったのですが、睡魔に負けてこの日も早めに就寝。
おやすみなさい。
3日目の朝、5時半。
湖面からはモワ~ンと霧が立ち込めて、とっても幻想的。
次第に空が明るくなってきて、気づいたら雲ひとつない青空が広がっとりました。
そしてぽっかり浮かぶお月様。
気持ちいいー。
寒いけど。
吐く息は真っ白。
なので、2匹は置いて2時間ほど2人だけで朝の湖上散歩に出かけたです。

31

↑お散歩は湖畔沿いを歩いてオートサイトまで。途中、でっかい獣の糞が落ちとりました(去年も同じ場所にこんもりありました)。後で管理人さんに聞いたら熊さんですと!大きさからなーんとなく予想はしてたけど、改めて聞くとやっぱこえええええええー。どんぐりたーくさん拾ったので、殻斗をBJに乗っけてみたりして。

朝ごはんは昨日の残りにマルタイラーメンぶっこんでいただきます。
げふーっ。
朝露でグッショリ濡れてた幕体も、あっちゅーまに乾いてお陰さまの乾燥撤収。
お天気いいから、ついつい作業中も遊んだりしちゃうんですよね。
椅子に座った2匹の前に腰掛けて…。
「ふーん、夫婦で働きたいわけ? で、旦那さんの名前は…ペーさん? んで奥さんがパー子さんですか…。パー子さんいうわりには、アナタ、ニコリともしないね。つか仏頂面だけど。うちは接客業だからね、スマイルスマイル~口角上げて~。自給いくらくらい希望してんの? 100円くらい? あ、そう、ヤダ…ですか。金より現物支給のほうがいい、と。まかないはついてるよ。あ、それだけでいい、と。ほほー、そりゃいいね。で、特技は…目から死ね死ね光線出すこと?…使えんわーそんな特技ー」
なんて、面接官ごっこしたり(アホ)。
ま、2匹はずーっと呆れ顔しとったですが(多分夫も)。
撤収を済ませて管理人さんにご挨拶したあとは、だーれもいないピクニック広場でひとっ走り。

32

↑どんなに頑張っても、おばーちゃんサラに負けるBJ。ガブリとつい反則技を出してみたり。妻も一緒に走ったけど、妻にも負けるドン臭さぶり。で、挙句の果てには妻の靴にガブリとやりよった。この卑怯者めがーっ!途中でみっけた野菜の無人販売。キャベツ1個50円、3個で100円やったですよ。勿論3個買わせていただきました。

お天気いい日のピクニック広場はサイコーに気持ちええです。
タップリ遊んだその後は…
ご覧の通り、サラは後部座席でヘソ天の大股開きで寝腐っておりました、イヤーン。
お疲れちゃん。
2日目は雨降りのせいであまり遊べなかったけど、満足してもらえたんぢゃないかちら~。
岩洞湖の木々。ちらほら色づき始めてる木はあったけど…10月末辺りが見頃なのかもねー。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »