« 七ヶ宿でちょこっと漕ぎ | トップページ | 吹上キャンプ-2- »

2010年9月27日 (月)

吹上キャンプ-1-

SW前半の3連休~。
久しぶりに吹上高原へ行ってきたです。
ご一緒していただいたのはルーフさんご夫妻。
2日目にキャンプ場から禿岳へ上ろう~♪なんて計画を立てて…。
当日、あ・ら・伊達な道の駅で待ち合わせをして2台連なってキャンプ場へ。
うん、やっぱり別々に入場するより、一緒に受付したほうが安かった…ヘンなのー。
連休っちゅーこともあって、場内は大賑わい。
ペットサイトもあちこちにテントがたっとりましたが、いつもの場所にはポッカリ空間ができてたので、ソコにちゃちゃっと設営。
んで、早速道の駅で買ってきた炊き込みご飯やら握り飯やら、ルーフさん持参の軟骨から揚げなんかで乾杯です。

11

↑ヘロヘロに酔っ払う前に生卵持って地獄谷へ。木道を渡ろうとしたら、前方はちょうど熱湯噴霧タ~イム。避けすぎると木道から落ちるし…。

無謀にもこの中を駆けて通り過ぎてみたです。
愚犬らは…きゃー!でもヤダーでもなく…無反応。フツーに歩いとりましたが。熱くなかったんだろか…(汗。
温泉卵を作る卵湯には、ちゃーんとソレ用に笊が数個用意されとりました。
むふふ、いい感じに仕上がったですよ。
サイトに戻って、早速いただいたです。
トロトロでうま~。ビールもすすむ~。
しばらくしたら、キャンプ場入り口にあるレストラン「鳴子の風」のバギー販売がやってきまして。
暑かったので、試しに何か買ってみよか…なんつって、購入してみました、米で作ったとゆービールを…。
「新発売なんDeath!!」
て言われたらしーけど。
多分、来年にはなくなってるんぢゃなかろーか、と(汗。

12

↑地獄谷までお散歩しただけで、この日の運動は終了~。あとはずーっと食って飲んで…笑ったお陰で多少腹筋は使ったかもしれませんが、明らかにカロリー摂取オーバー。

夕飯は肉祭。
ルーフ家のクーラーボックスから次から次へと出てくる肉をジュージュー焼いて、片っ端から胃袋に入れていきます。
せせり、うまーっ。
我が家は餃子。
白菜が高くて買えず、キャベツと韮で。あと、大蒜大量。
焚き火もちゃっかり楽しんで、周りが静かになったので「ほいぢゃアテクシらも~」と各自テントに入って寝たのでした。
あ、我が家はもちろん、別居で(笑。
2日目の朝~。
ええと、禿岳に上る!なんて言うてたのですが、あらら、ヘタレハイカーたちには嬉しい残念な雨模様。
てことで、山から温泉へと目的をサクっと切り替えましたです。
温泉三昧な一日にするのダー!
はてさて、幾つの温泉を巡ることがでけるか…。
「しんとろの湯は外せないなー」てルーフさんは言うてましたけどね。

21

↑お山に行く朝は、飯なんか悠長に作ってる時間ないで!てことで、我が家の朝ごはんは紅茶ケーキとシナモンスティックのみ。山行かないのに。侘しい。ルーフさんちのカレーラーメン(だっけ?)を卑しい目で見てたら、おすそ分けしてくれたです。うへへ。

朝ごはんを食べながら、本日巡る温泉を選別~ほんで、見事白羽の矢が当たったのは~「肘折温泉」て…遠いやん(笑。しかも山形県だしー。ココは宮城県ですけど?
ええのです。時間ならタップリありますから。
「山上るのは中止~」てなった瞬間から、缶ビール飲んでた妻。
助手席に座った途端、寝腐ってしもとりました。
運転手の夫、すまぬ。
日帰り温泉に選んだカルデラ温泉館は、肘折温泉街からちょっと離れた黄金温泉とゆー場所にある六角形の屋根をした建物。
到着したときは、ちょうど女性が露天利用の時間だったので、J子さんとまずは露天へ。
壁の石がちっこいテーブルみたいに突き出してて、タオル置き場になっとります。
お湯はちょっと緑色がかった湯で炭酸泉。でも、浸かってみたらプチプチした感じはせず、トロ~ンとお肌に優しい感じで、なかなかグッドであります。
気持ちよかー。
ホカホカになった体で今度は内湯へ。
内湯の方が若干湯の温度は高かったような。
男性陣もしっかり露天を堪能して、カルデラ温泉館を後にしました。
そうそう、入り口の発券機には、ココの湯とこの後寄った上の湯の両方で利用できる券がお安く購入できるよーでした(買っときゃよかった)。
風呂から上がったらお昼ごはん。
肘折温泉街の中にある、そば処「寿屋」さんで板そばをいただいたです。
夫婦2人で仲良く1板そば。
中年の胃袋には、ちょうどええ量でした。
1人で1板そばだと腹はち切れてた。
山形そばだけど、ボソっとした感じがなくて、喉越しが楽しめる妻好みのお蕎麦(妻には未だに蕎麦の香りとゆーのがわかりまへんが)。
山葵ぢゃなくて、一味でいただきました。ええねー、一味。
腹いっぱいになった後は、温泉街をプーラプラ。
温泉街のあちこちに自噴する源泉があって、座っただけで腰を温めることがでける腰湯とゆー珍しいものも。背中側にある温泉ドームの中は、ドッカンドッカン源泉が噴き出しとりました。
んで、次に入る温泉、上の湯(肘折温泉郷内)に向かったのですが…長くなりそなのでつづくー。
(忘れる前に更新するゾ…)

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

|

« 七ヶ宿でちょこっと漕ぎ | トップページ | 吹上キャンプ-2- »

コメント

「新発売なんDeath!!」(笑)
お米のビールはイマイチだったんですね^^;

地獄谷という所で温泉卵が自分で作れるんですか?
めっちゃ美味しそうです!

やっぱり東北は質の良い温泉がたくさんあって、いいですね〜*
単純温泉より、強酸性とか癖のある温泉の方が好きなわたしにはたまりません(笑)

投稿: Lena | 2010年9月27日 (月) 21:52

吹上行ってたんですね。
ハチマキ大将軍と私は稲刈りでした。
禿岳登れば我が家が見えたかも?
最近、寒くなったから温泉恋しいです。
そろそろ別荘に行かねば(゚ー゚)

投稿: ノリピー | 2010年9月28日 (火) 07:32

>Lenaさん
米ビール、いまいちとゆーか、ありえないーみたいな(笑
いや、旨いって思う人もいるから商品になってるんだろうけど、アテクシのビンボ舌にはちょっとあわなかったです、てへ。
温泉卵はね、温泉に漬けておく時間が難しいみたい。泉温が日によって違うのかも。
「短いんでねーの?」って感じだったんだけど、ちょうどよかったです。
アテクシも温泉は硫黄臭プンプンのほうが好きです。
温泉入りましたっ!感あるもんね~。
タオルが臭くなるけど(笑

>ノリピーさん
うへへー、実はルーフさんたちと話してたんだよー。
上ったらいるかも!とか、山頂から見えるかも!とか。
稲刈ってるところ、見えたかもー(無理)。
芋煮もやんなきゃですよね~。
ここんとこホント一気に寒くなって、我が家もアソコのキャンプ場が恋しくなっとりますー。
来月にはお会いできそうな予感!

投稿: りえぴ | 2010年9月28日 (火) 16:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/36951687

この記事へのトラックバック一覧です: 吹上キャンプ-1-:

« 七ヶ宿でちょこっと漕ぎ | トップページ | 吹上キャンプ-2- »