« Tさん迎撃キャンプinとことん山-part1- | トップページ | Tさん迎撃キャンプinとことん山-part3- »

2010年7月15日 (木)

Tさん迎撃キャンプinとことん山-part2-

午前4時ごろ、バシバシとフライシートを叩く雨音で目が覚めるも、二度寝。
1時間くらいすると、今度は風の音で目が覚めまして。
宴会場のお屋根は、レクタタープLの2連結。
張り綱は大丈夫かちらー。テーブルの上に乗ってるものは飛んでってない? 椅子が倒れてたりしてー。
心配になったので、見に行ってみました。
夫が。
妻は自分のテントの中で横になったまま鼻くそをほぢりつつ…夫を起こして無理矢理見に行かせたわけです。鬼?
大丈夫との声を聞いて安心して目を閉じたものの、午前6時前に膀胱破裂しそーになって再び目が覚めました。
風は弱まってたけど、雨は降り続いてるー。
でもって、妻のパンツもこのままだとズブ濡れになるー。
サラぢゃあるまいし、お漏らしするわけにもいかないんで、仕方なく雨合羽着て温泉棟へ向かいます。
んで、ついでに入浴~。
真冬と違って夏場は寒くないから何度も温泉に入んなくてええよね~、なんて言い合ってた割には既に4回近くも風呂に浸かってる妻。
(だから蚊に食われるんダナ。でも、お陰でその度にアルコールが抜けて、一から飲みなおせるんダナ…記憶もリセットされがちだけど)
風呂から上がったときには雨脚は弱まっておりました。
この調子だと、栗駒山登山隊…出発しそーだなぁ。
なんて思いつつも、サイトに戻ったらまたテントの中へ。そして横になる妻。
「病み上がり後一発目が栗駒山ってハードかちら? 行ったほうがいいと思う? でもチミは連れてけないしねー。行って欲しくない? どうよ、どうなのよー」
BJにブツブツと話しかけてたら、こちらに向けた口を開いてお返事してくれました。
「プゥ~」
屁で。
勿論こちらに向けた口は、下の口。
つか、なしていつも尻を妻の顔にくっつけるようにして寝るんだ、この犬はーっ!
インナーのファスナーを全開にして篭った臭いを拡散させてると、なにやら外が騒がしくなってきたです。
ポツポツ皆さん起き出してきた模様。
ほいぢゃ、アテクシも起きますかねー。
外に出てしばらくしたら、きゃー、また雨脚が強くなってきちゃったヨ。
「これぢゃ、山登りは諦めた方がいいねー」
残念そうなルーフさん、マキちゃん、Sくん。
ニヤけ顔が止まらない妻。
「しゃーないねー」
笑いながら登山隊が取った行動は、缶ビールのプルタブを開けることだったです。
切り替え、早っ(笑
カンパーイ♪

101

↑悪天候ってこともあって、結局林間サイトは1組のみ(ソロ)。煩いかな?との心配も杞憂に終わったです。えがった。つか、雨音できっと笑い声もかき消されてたよね。今日はキャンパーさんが増えるかなー。一夜明けたら、夫はかなりの二日酔い。妻みたいに何度も温泉に行けばよかったのにネ。Tさんがキャンプ場着で送ってきてくれた肉厚なホッケ。2箱もあったとですよ。うまいー。うますぎーっ。1年分は食べたかも~。

飲みながら各自朝ごはんの準備に取り掛かってたら、Aoさんご夫妻が登場~。早っ!
Aoママは「お餅持ってきたのよー」と炊飯器を手にぶら下げとりました。
他にも美味しそうな食べ物がたーくさん。
にゃんと、午前4時起きで作ってくれたんですと。
うれちぃー。
そういや、たしか午前4時頃まで寝ずに呑み続けてた人がいたんぢゃなかったけか?

102_2

↑他にも次から次へと並ぶ豪華なメニゥが、酔っ払いたちの胃袋の中に消えていきます。ホント、どれもこれもウマかったんですよー。たーくさんあったんですよー。でも写真撮ってない…。妻も朝から食べまくり。でもその分しっかりとアルコールも摂取。そりゃ体重も増えるっつのー(涙。

山に行かないとなったら、呑んで食って喋ることしか思いつかないのですよね。
似非登山隊だし。
筋トレよりも臓トレ。
もぅダラダラ。
本格的に腰を据えて呑み始めたら(といっても午前9時ごろ)、雨が小雨になって~でもっていつの間にか上がって~あら? もしかしたら山登り今からでもできるんでね?と一瞬思うも、この後、誰も山の話題を持ち出すことはなかったです(笑。

103

↑横になって肝臓を労わるSくん。若いくせにっ(笑。黄色と黒のコントラストが胸キュンなヤンマさん。何ヤンマなんでしょねー。いかつい顔したわりにはかなりドン臭く、二日酔いでヘロってる夫に簡単に捕獲されたです。

いつの間にか昼になり~。
昼になったら昼ごはんと昼ビール。
んで、時々風呂でアルコール抜いたりしてたら、またいつの間にか夕刻になり~。
夕刻になったら、晩ごはんと晩ビール(notバンビーノ…バブーッ)。
モモマロ家とtako♪ちゃんもこの日から加わって、いっそう食べ物も会話も充実。
普段は一滴もお酒を口にしないダンディーMご夫妻がアルコール呑んでたのは、やっぱりいつも以上に楽しかったからですよね、きっと。
水やお茶ぢゃなくて、酒ならナンボでも入るって、ホント不思議だわ~。
この日は、この後撮った写真が、どれもボケボケでUPできるような代物ぢゃなかったです。
シャッター押した妻が酔っ払って左右に揺れてたから。
被写体も酔っ払って左右に揺れまくってたから。
相殺されてピント合っててもおかしくなかったのになー、なんつって。
女子キャンのときに「ワタシ、呑んだら凄いんです!」と言うてたAoママ。
嘘はつかないね~。
うん、仰るとおり凄かったです。飛ばしまくり。壊れっぷりが、かなり衝撃的でオモロかったです。
Aoママ見習って、この勢いでPart3まで一気にUPしよーかと思ったですが…妻は息切れ。
なので、つづきは次エントリーまで引っ張るですヨ(汗 ハァハァ。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

|

« Tさん迎撃キャンプinとことん山-part1- | トップページ | Tさん迎撃キャンプinとことん山-part3- »

コメント

ノリピーです♪(若いね~)
楽しかったですね~。
北海道より生還?したTさんとも会えたし
ス・テ・キな殿方ともお話できたし
パワフルな熟女オールスターズとも飲めたし
最高のキャンプでした。
りえびさんの飲みっぷりには脱帽です。
まるで、パンティーM?ダンディーM?の名品
穴あきシェラカップのようでした。
マキちゃんのダンディーAの「君さ~」チョーはまりました。
あと、旧姓山田チームで盛りあがれたし
mamakoマダムの「馬のパッパカ」頭から離れましぇーん。
最後に、うちのパパさんのつたない多国籍語(通訳なし)
を聞いて頂いてありがとうございました。(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

投稿: Aoママ改めノリピー | 2010年7月15日 (木) 18:28

いやぁこの間はお世話になりました(◎´∀`)ノ初のスーツ姿も完全スルーでしたね。
今度はピンクのYシャツでも着ていくかな( ̄ー+ ̄)
ほんと飲んで食って、寝て温泉入って。
天国の様な(話題は地獄の様な)すんばらしぃおキャンプでした。
しかしBJに足舐められていたとは・・・(´,_ゝ`)
女子キャンの時に男一人のBJを表敬訪問した時から何気に急接近してましたからね。
ほっけのにおいが染み出していたんでしょうか??
突然ですが、  整いました!(*゚▽゚)ノ
Tさんが持ってきたほっけと掛けまして!
今回のおキャンプと解きます!
その心は?

乾く(皮食う)まで時間がかかるでしょう(・∀・)
なーんちゃって。
でわ皆さん、またあそこで( ´艸`)プププ
Sっちでした(_´Д`)ノ~~

投稿: Sくんです | 2010年7月15日 (木) 22:57

>ノリピーさん
久しぶりに元気そうなTさんを見られたのもそうだけど、今回はゆっくりAoママと呑めたのも嬉しかったことの一つですわ~。
それにウマウマなお料理の数々~
いつもよりたーくさん食べたから、あんだけ呑んでもへっちゃらポンだったのかもしれんです。
自分の卑しさに感謝。
んもぅ、次女子キャンするときは、絶対「調理大臣」(マキちゃんは副大臣ってことで)で召集かけますからー。
あ、パパもついてきちゃうかな(笑
「君さ~」
Aoパパも真似っこすればいいのにー。
頭にタオル巻いて(笑
 >>最後に、うちのパパさんのつたない多国籍語(通訳なし)
んもぅ!飲んでたコーヒー噴出しちゃったぢゃないですかっ!

>Sくん
そうだった!スーツだった!(笑
でもって皆スルーだった!
普通スーツ姿の男子には胸キュンするとかゆーけど…
あの場にいた女性陣を思い出してごらんなさい。普段から何かに胸キュンするよーな人がいますかいな?
つか、既に出来上がってたしねー。
Sくんがコットに寝てると、勝手に歩いてって勝手に乗ってたよ。うちのアホ犬。
ほんで、クンカクンカペロンチョやっとった。意外と気持ちよかったんでない?
整いました!
今回のキャンプとかけて、スーツ姿で謎掛けするSくんと解きます。
その答えは
もちっとショー人(精進)が必要ですな
チャンチャーン。
いや、また近いうちにご一緒しましょー!

投稿: りえぴ | 2010年7月16日 (金) 12:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/35751810

この記事へのトラックバック一覧です: Tさん迎撃キャンプinとことん山-part2- :

« Tさん迎撃キャンプinとことん山-part1- | トップページ | Tさん迎撃キャンプinとことん山-part3- »