« 北上川を下ろう | トップページ | 茂庭っ湖DEカヌーキャンプ-Part1- »

2010年7月27日 (火)

花山青少年旅行村でキャンプ

7月24~25日は、車にキャンパー乗っけて花山青少年旅行村キャンプ場に行ってきたです。
このキャンプ場は、我が家の初代カナディアンカヌー@アリーさんの進水式をしたところ。
つまり、初めてカヌーでチャップンコしたキャンプ場なのです。
2008年のアノ岩手・宮城内陸地震の後、しばらく営業をしてなくて…。
「どーせまだだろうなー」とずーっと思ってたら、あら、ボコペコ家が花山でキャンプしてるレポがUPされてるぢゃないの。てことは営業再開してるのねー。
んぢゃ、行こうよー、てことになったわけです。
キャンプ場に向かう前に、ダメモトで大崎ファームさんへ立ち寄ります。
「シロコロホルモン、あるかな~」
ありました!うひょひょーい。
ユニセラと炭を持ってきた甲斐があったヨ。

11

↑初めてこのキャンプ場に来たときは、水がものすごーく多くて、東屋が半分水に浸かってたんですよね。そのイメージが余りにも強すぎて…。だから「第1駐車場からサイトまでの距離だってたいしたことないしー車は乗り入れなくてもいいんでない?」なんて言ってたのに…。来てみてビックリ。「え?お水、こんなに少ないのー?」「サイト、めちゃんこ広いんですけどー」。てことで急遽車を乗り入れることに。

受付をするため管理棟の下の広い駐車場に車を停めようとしたら、そこには被災地仮設住宅が建てられておりました。
未だに不便な生活を強いられてる人がいるそのそばで、楽しむためにやってきた我が家(汗。なんだか居心地悪いけど…。
すんませんね、ホントすんません…と心の中で謝って、クルリと体の向きを変えたら、もぅ頭の中はキャンプ一色になっとりました(薄情。
いやホント、すんません。
キャンプ場の利用料は、入村料大人1人150円。でも1泊したら2日分とられちゃう。
車を乗り入れた場合は、1台につき1,050円。これも1泊しちゃうと次の日の分もしっかり徴収されて2日分の2,100円が加算。
テント1張り520円。これは1泊でも1日分(なーぜー)。
でもって、タープも張っちゃうと別料金(520円、1泊でも1日分)がかかっちゃう。
えー?
こんなにかかったっけ、ココ(特に駐車場料金)。
管理人さんは「昔からこの値段です」ていうてましたけど…。
うそん。
経営母体(下請けかもだけど)が、変わったのかいな。
領収書を見たら「株式会社 ゆめぐり」て書いてありました。
ゆめぐり?
この会社って、金成の温泉「延年閣」やってるとこやんけー、てことは絶対値上がりしとるやろっ!と延年閣の入湯料金を思い出して何度も頷いた妻なのでした(ローカルネタですんません)。
花山ダムの水が少ないってことは、サイトが広いってことなのです。
カヌーをエントリしやすい場所に設営すると、トイレがかなーり遠くなるってことなのです。
悩んだ挙句、サイトのど真ん中に設営することにしました。
他にだーれもいないしネ(その後、1組来ましたけど、いい感じに離れとりました)。
んで、設営が済んだら早速カヌー…といきたいところだけど、日差しも強いけど風が意外と強いのです。
なので2匹を遊ばせることに。

12

↑走りまわったらダム湖の水で勝手にクールダウンのサラ。BJは足先つけるだけ。ま、殆ど走ってないしねー。キャンプサイトにはU字溝つきの蛇口がいくつもあるので、水に浸かろうとしないBJにはこうやって強制的に水攻撃。

田植え前の水量の多い時期は、当然このU字溝のある辺りは水没します。
だからなのか、単にお日様の熱で溶けたのか、ホースがネチネチのヌチャヌチャになってるのがあったですよ。
遊んだ後は昼寝。
鼻の下にでっかい絆創膏貼った妻は、左手に缶ビール(懲りません)、右手にハエ叩きを握り締めてアブ殺し(酔拳っぽかったかも)。
これがかなりおもろくて、カヌーなんてどーでもよくなってるし…。
んで、ダラダラ過ごしてたら、あら晩御飯の時間ぢゃないの。
炭を熾して、念願のシロコロを焼きやき~。

13

↑遊び疲れた2匹。気持ちよさそうによく寝とります。晩御飯、シロコロの他は持参した豆アジの南蛮漬けと、友達に頂いたキュウリの佃煮(?)乗っけた冷奴。中年の胃袋にはシロコロ300gでも多かったらしく、他のもの(ちゃんと用意はしてあったんですよ、いつものホイル焼きばっかだけど)に手をつける気にもならんかったです。

胃袋がはち切れそうで、ちょっと横に…のつもりがマジ寝してしまいまして。
今回は二人揃ってコットで。
数時間後、ピカピカとシェルの外が明るくなるので目が覚めました(既に深夜)。
耳を澄ましたら、遠くに雷の音。
んで、しばらくしたらシェルを叩く雨音。
あ~れ~?
天気予報ぢゃ、土曜日は晴れ。日曜日の午後から崩れるんぢゃなかったっけか…?
雨脚はどんどん強くなっとります。
それと同時に上がる湿度。
ちょっと肌寒いんだけど、妻のシュラフのナイロン地はベタベタした肌に当たると結構不快。
夫が掛けてた綿シュラフの方がマシなんで「アテクシにも半分よこしなさい」と広げて、仲良く使用しました。
愚犬らは、妻のアガラッシュコットよりも夫のコットの方が寝心地よかったらしく、2匹ともが夫側へ移動。
「BJ、おまいもか…」
お陰で妻はゆったり寝ることがでけたんですが、ちと寂しかったヨ…グスン。

14

↑雨降って地面が濡れてなきゃ、絶対コットをくっつけたりしないんだけどねー(笑。そんなことより、なしてそんな格好でご飯を食べるんだ?

中年夫婦、いつものように6時前に起床。
外は雨~。
強い雨~。
もぅ笑うしかありません、ウケケケ。
カヌーまで持ってきて、でもってそんな設定いつからー?びっくりだヨーな駐車場料金2日分までお支払いして、何しに来たの?って感じです。
おまけに、昨夜の食べすぎが祟って、二人して胃が重いし。
「おし!決めた!撤収ぢゃぃ」
今までにないスピードでサクっと片してしまいました。
んで、最後にデカいゴミ袋にシェルを突っ込んだら…あんらー?
雨上がったし。
しかもお日様出てきちゃったよ、ピカリーンて。
ナニ、コレ…いぢめ(笑?
「だったら、せっかくだし、夫だけでもチャプってきたらー?」
てことで、笑顔で送り出す妻。
…は、エアコン効いた車の中で犬ころいぢりながら、缶ビール飲んどったわけです。
胃が重いとか言うとったくせに、何故か入るのよね…ビールは別腹?
夫のカヌー遊び1時間ちょい。
こうして花山キャンプは終了。
次回ココにカヌー持ってくるときは、ディキャンでええかなー。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

|

« 北上川を下ろう | トップページ | 茂庭っ湖DEカヌーキャンプ-Part1- »

コメント

「花山青少年旅行村」なんだか清く正しそうなキャンプ場名ですね。
でも値上がり?してるよ絶対に!な不思議なキャンプ場・・・
駐車場代2日分取られるキャンプ場って初めて聞きました。
シロコロ美味しそう♪

投稿: shiho | 2010年7月27日 (火) 17:37

こんばんは~
お顔を切っても、ビール呑み呑み、キャンプ行っちゃうなんて
私もやってました。(苦笑)
でも、お大事にして下さいね。

シロコロってなんでしょう?ホルモンかな?
お酒がすすみそうですな~

リビングシェル あっちもこっちも開けちゃってるじゃないですか!
我家も早速ポール?増やしました。
りえぴさんとこのリビシェル(略は良くないな…)は、綺麗な感じですね。
我家のは、ぷちぷちドット柄のカビが~ ギャー

貸切状態のキャンプ場で、あんなロケーションは滅多にないので羨ましいです。
むっちりぶーさんで気持ち良さそうに寝ているびっくんさん枕してもらいたい。
さらさん腹巻も いいな~むっちりむちむち☆

カナディアン 素敵

投稿: keroko | 2010年7月27日 (火) 23:54

おおっ 花山 あの地震の日 なぜだか忘れたけどそこ通ったよ リビシェル張ってるところ自衛隊のヘリポートになっていた でかいヘリコプター 3機ぐらいいたよ

投稿: Tさん | 2010年7月28日 (水) 02:35

傷の具合は如何ですか?
シロコロは国産でしたか?塩味でしたか?
食べたい…
今週末は仕事…

投稿: ルーフです | 2010年7月28日 (水) 06:46

>shihoさん
どもですー。このキャンプ場、以前は村だか県だか国だか(いい加減)が直でやってたと思うとですよ…
こんなとこにも事業仕分けの影響が出てるんですかねー。
駐車場代、1泊なのに2日分なんて、おっかしーでしょ。
荷物の搬入だけの乗り入れでも、結局1日分のお支払いをしなきゃいけないっぽいし。
いろいろ言うても、「決まりだから」の一点張り。
融通きかんようです。
シロコロ、旨かったですよー。お陰で食べすぎちゃいました。

>kerokoさん
うはは、同類だわね。是非お会いして一緒に杯を酌み交わしたいわー!
シロコロね、ちっこく切ってなくて、腸が(でいいんだよな、確か)筒状のままブツ切りになっとるとですよ。内側脂身もりもりでトロトロ~、外側焼いてカリカリーで激ウマでございます。機会があったら食してみてくだされ。
今回コット寝にしよーてなったのは、タープ代金別に徴収されるっつーからなの。
リビシェル1個だったらテント代金だけでええしね(ケチ)。
でもやっぱ暑いしー。
なので大開放スタイルですわ。
あ、うちのシェルも継ぎ接ぎだらけで、けっこう痛々しいっスよ。
シームテープも剥がれそうな感じだしー。
メンテが必要でございます。やんねけど(笑
カビ、洗剤つけて洗ってもダメかいね。
BJ枕、意外と快適ですよん。動かねーし。ちょっと重い…でも動くの面倒…って感じなんでしょうかね。
そうそう、カナディアンでもロールやる人いるから、是非kerokoさんちのご主人にトライしてほしーです!

>Tさん
そうそう!アテクシらも地震の後、吹上(だったかな?)でキャンプした帰りだかに寄ってみたとですよ。
ヘリコ、停まってた!いっぱい。
あと自衛隊のでっかい車もいっぱい。
今は周りに仮設住宅がけっこうたってるよー。

>ルーフさん
昨日抜糸してきたです。「あ、ココも壊死してるねー」なんつって、糸切るついでに壊死した皮膚もチョッキンやられたです。壊死ってことは死んでるわけだから、麻酔とかしなくても全然痛くないのねー。
ルーフさんに教えてもらったお陰で、旨い思いをしたです。
シロコロは生で、J子さんに教えてもらった塩タレに漬け込んで焼いて食ったですよ。国産だったのか輸入物だったのかは…あ、見てないや(笑

投稿: りえぴ | 2010年7月28日 (水) 09:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/35918231

この記事へのトラックバック一覧です: 花山青少年旅行村でキャンプ:

« 北上川を下ろう | トップページ | 茂庭っ湖DEカヌーキャンプ-Part1- »