« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月27日 (火)

花山青少年旅行村でキャンプ

7月24~25日は、車にキャンパー乗っけて花山青少年旅行村キャンプ場に行ってきたです。
このキャンプ場は、我が家の初代カナディアンカヌー@アリーさんの進水式をしたところ。
つまり、初めてカヌーでチャップンコしたキャンプ場なのです。
2008年のアノ岩手・宮城内陸地震の後、しばらく営業をしてなくて…。
「どーせまだだろうなー」とずーっと思ってたら、あら、ボコペコ家が花山でキャンプしてるレポがUPされてるぢゃないの。てことは営業再開してるのねー。
んぢゃ、行こうよー、てことになったわけです。
キャンプ場に向かう前に、ダメモトで大崎ファームさんへ立ち寄ります。
「シロコロホルモン、あるかな~」
ありました!うひょひょーい。
ユニセラと炭を持ってきた甲斐があったヨ。

11

↑初めてこのキャンプ場に来たときは、水がものすごーく多くて、東屋が半分水に浸かってたんですよね。そのイメージが余りにも強すぎて…。だから「第1駐車場からサイトまでの距離だってたいしたことないしー車は乗り入れなくてもいいんでない?」なんて言ってたのに…。来てみてビックリ。「え?お水、こんなに少ないのー?」「サイト、めちゃんこ広いんですけどー」。てことで急遽車を乗り入れることに。

受付をするため管理棟の下の広い駐車場に車を停めようとしたら、そこには被災地仮設住宅が建てられておりました。
未だに不便な生活を強いられてる人がいるそのそばで、楽しむためにやってきた我が家(汗。なんだか居心地悪いけど…。
すんませんね、ホントすんません…と心の中で謝って、クルリと体の向きを変えたら、もぅ頭の中はキャンプ一色になっとりました(薄情。
いやホント、すんません。
キャンプ場の利用料は、入村料大人1人150円。でも1泊したら2日分とられちゃう。
車を乗り入れた場合は、1台につき1,050円。これも1泊しちゃうと次の日の分もしっかり徴収されて2日分の2,100円が加算。
テント1張り520円。これは1泊でも1日分(なーぜー)。
でもって、タープも張っちゃうと別料金(520円、1泊でも1日分)がかかっちゃう。
えー?
こんなにかかったっけ、ココ(特に駐車場料金)。
管理人さんは「昔からこの値段です」ていうてましたけど…。
うそん。
経営母体(下請けかもだけど)が、変わったのかいな。
領収書を見たら「株式会社 ゆめぐり」て書いてありました。
ゆめぐり?
この会社って、金成の温泉「延年閣」やってるとこやんけー、てことは絶対値上がりしとるやろっ!と延年閣の入湯料金を思い出して何度も頷いた妻なのでした(ローカルネタですんません)。
花山ダムの水が少ないってことは、サイトが広いってことなのです。
カヌーをエントリしやすい場所に設営すると、トイレがかなーり遠くなるってことなのです。
悩んだ挙句、サイトのど真ん中に設営することにしました。
他にだーれもいないしネ(その後、1組来ましたけど、いい感じに離れとりました)。
んで、設営が済んだら早速カヌー…といきたいところだけど、日差しも強いけど風が意外と強いのです。
なので2匹を遊ばせることに。

12

↑走りまわったらダム湖の水で勝手にクールダウンのサラ。BJは足先つけるだけ。ま、殆ど走ってないしねー。キャンプサイトにはU字溝つきの蛇口がいくつもあるので、水に浸かろうとしないBJにはこうやって強制的に水攻撃。

田植え前の水量の多い時期は、当然このU字溝のある辺りは水没します。
だからなのか、単にお日様の熱で溶けたのか、ホースがネチネチのヌチャヌチャになってるのがあったですよ。
遊んだ後は昼寝。
鼻の下にでっかい絆創膏貼った妻は、左手に缶ビール(懲りません)、右手にハエ叩きを握り締めてアブ殺し(酔拳っぽかったかも)。
これがかなりおもろくて、カヌーなんてどーでもよくなってるし…。
んで、ダラダラ過ごしてたら、あら晩御飯の時間ぢゃないの。
炭を熾して、念願のシロコロを焼きやき~。

13

↑遊び疲れた2匹。気持ちよさそうによく寝とります。晩御飯、シロコロの他は持参した豆アジの南蛮漬けと、友達に頂いたキュウリの佃煮(?)乗っけた冷奴。中年の胃袋にはシロコロ300gでも多かったらしく、他のもの(ちゃんと用意はしてあったんですよ、いつものホイル焼きばっかだけど)に手をつける気にもならんかったです。

胃袋がはち切れそうで、ちょっと横に…のつもりがマジ寝してしまいまして。
今回は二人揃ってコットで。
数時間後、ピカピカとシェルの外が明るくなるので目が覚めました(既に深夜)。
耳を澄ましたら、遠くに雷の音。
んで、しばらくしたらシェルを叩く雨音。
あ~れ~?
天気予報ぢゃ、土曜日は晴れ。日曜日の午後から崩れるんぢゃなかったっけか…?
雨脚はどんどん強くなっとります。
それと同時に上がる湿度。
ちょっと肌寒いんだけど、妻のシュラフのナイロン地はベタベタした肌に当たると結構不快。
夫が掛けてた綿シュラフの方がマシなんで「アテクシにも半分よこしなさい」と広げて、仲良く使用しました。
愚犬らは、妻のアガラッシュコットよりも夫のコットの方が寝心地よかったらしく、2匹ともが夫側へ移動。
「BJ、おまいもか…」
お陰で妻はゆったり寝ることがでけたんですが、ちと寂しかったヨ…グスン。

14

↑雨降って地面が濡れてなきゃ、絶対コットをくっつけたりしないんだけどねー(笑。そんなことより、なしてそんな格好でご飯を食べるんだ?

中年夫婦、いつものように6時前に起床。
外は雨~。
強い雨~。
もぅ笑うしかありません、ウケケケ。
カヌーまで持ってきて、でもってそんな設定いつからー?びっくりだヨーな駐車場料金2日分までお支払いして、何しに来たの?って感じです。
おまけに、昨夜の食べすぎが祟って、二人して胃が重いし。
「おし!決めた!撤収ぢゃぃ」
今までにないスピードでサクっと片してしまいました。
んで、最後にデカいゴミ袋にシェルを突っ込んだら…あんらー?
雨上がったし。
しかもお日様出てきちゃったよ、ピカリーンて。
ナニ、コレ…いぢめ(笑?
「だったら、せっかくだし、夫だけでもチャプってきたらー?」
てことで、笑顔で送り出す妻。
…は、エアコン効いた車の中で犬ころいぢりながら、缶ビール飲んどったわけです。
胃が重いとか言うとったくせに、何故か入るのよね…ビールは別腹?
夫のカヌー遊び1時間ちょい。
こうして花山キャンプは終了。
次回ココにカヌー持ってくるときは、ディキャンでええかなー。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

北上川を下ろう

7月18~19日は、北上川ダウンリバー。
午前7時に長者原SAでカヌー友達のKさんと待ち合わせ。
「お久しぶり~」とKさんの車に近寄ったら、助手席にはMさんが乗ってました。
「きゃー、これまたお久しぶりー」
Mさんとは小野川湖以来です。
2台連なって、まずは本日のゴール地点である展勝地公園に向かいます。
カヌーのエントリもしやすいし、綺麗なトイレもある。カヌーキャンプにはもってこいの、ええとこぢゃないですかー。
ココに車を1台置いて、とっととスタート地点へ移動する…つもりだったけど、Kさんの車は荷物が満載で、どう整理しても4人と2匹が乗れるスペースがありません。
てことで、急遽KさんとMさんのテントを設営して、二人のキャンプ道具も置いていくことに。

11

↑本日がフィールドデビューというMさんのソロテント。夫がニヤケ顔でお手伝い。美人には優しい。

設営が終わったらKさんの車に2艇を積んで、スタート地点の朝日大橋へ。
チンタラ準備してたら、釣りのおっちゃんが気さくに声をかけてきてくれました。
ほんでもって、別れ際に「コレ、持ってけー」と食パンを1袋プレゼント。
ひもじそうに見えちゃったのかちら。
「朝日大橋から下流は、さほど流れがないだろうから、今日は必死で漕がなきゃいけないかもねー」
なんつってたんですが、雨の影響か水嵩も流れもけっこうアル~。
ついでに、濁りも(笑。
漕がなくてもズンズン進むんで、早速1本いただいちゃいました。
うまーっ。

12

↑お天気よすぎて2匹は早くもゲハゲハー。ちょっときちゃないけど背に腹は変えられません。ってことで、川の水を頭からぶっかけてクールダウン。

時々瀬が現れたりもするけど、この区間の流れは押しなべて緩やか。
あっちの岸に近づいて寄り道してみたり~漕ぎあがってみたり~うはは、たのちぃ。
早くも2本目に手を伸ばしてしまう妻。
もぅね、スタートする前から暑さで頭の中はビールのことしかなかったの。
ソフトクーラーに4本しか入れてこなかったのを後悔。
もちっと積み込んでくるんだった…。
しばらく下ったら、右岸によさげな上陸ポイントを発見。
ココでランチタイムです。
がーっ!
KさんやMさんがバーナー出してるのを見て、初めて気づきました。
あがが…。
我が家、お昼ごはん持ってきてないや、と。
だってほら、飲むことしか考えてなかったし…。
「食パンあるぢゃん、さっき釣師に頂いたやつー」
あの釣りのおっちゃんは、これを予知しとったんでしょうか…ありがたやー。

13

↑暑いので川の中に入って立ったままパンを食らうビンボ夫婦。で、それに集るビンボ夫婦に飼われてるビンボ犬たち。

タップリ遊んで、タップリ休憩したら再乗艇してゴールを目指します。
時折気持ちのいい風が吹くけど、やっぱり暑いー。
「いきますか? いっときますか?」
なんつって、いきなりKさんが川の中にドボーン。
飛び込んどりました。
「うははー、冷たくて気持ちいいよー」
冷たいのは分かるけど…。
ちょっと臭うよ、この川(笑。
アテクシには真似できまっしぇーん。

14

↑Kさんが乗艇した後、Mさんと何やらボソボソ。ほんでもって、いきなりガンネルに立って…うわわー、いくの? いっちゃうのー?

てことで、潔いMさんの勇姿を(笑。



素敵すぎ。
この後、KさんとMさんからは、ずーっと何やらプ~ンと北上川臭が香ってたけどね~。
キャッキャ騒ぎながら下ってたら、目の前に白いでっかい橋が見えてきました。
展勝地公園手前にある珊瑚橋。
てことは、もぅゴ~ル間近。
なんだか、あっとゆー間だったなぁ。
(意外と流れがあったから?)
上陸したらタープを立てて、早速宴会開始です。
持参したお惣菜と乾き物でカンパーイ。

15

↑Kさん、Mさん、夫の3人に連れられて2匹はお散歩。妻も一緒に行っとくんだったと、後になって激しく後悔することに…いやマジで一緒に行っときゃよかったー(涙。

ここから先は、あんまり書きたくないのよね。
なしてかっちゅーと、取り残された酔っ払い中年女。
調子コイて、流血事件を起こしちゃったから。
簡単にいうと、転んで顔面ザックリ切って救急病院で縫われて~、キャンプ地に戻ってきたら午後11時過ぎてて~晩飯も食わずにおやすみなさい、だったから。
お楽しみの夜の宴会がパーになっちゃったから(そこか)。
うえーん。
顔にでっかい絆創膏貼り付けて戻ってきたとき、待っててくれたKさんに
「ええとー、明日のカヌーなんだけどー、どこまで…?」
とか聞いて、
「ばっかぢゃねーのー?」
「やれないっしょ、そんなぢゃ…」
と男2人に言われる始末。
わははー、そっかー。
そうだよねー。
てことで、カヌーはこの日1日のみだったわけです。
月曜日は、前夜食べなかった我が家の晩御飯を皆に無理矢理食べてもらって(妻は口が殆ど開かなかったため、見てるだけ~)、お昼近くまでダラダラして撤収。
いやはや、ご心配おかけしました。
でもって、夫婦二人の留守中に愚犬らの相手してくれてどうもありがとでした。
病院に同行してくれた夫も、ありがとう。
抜糸が済んだら、お祓い…行ったほうがええかもですね、ショボーン。

まぁ、愚犬らが怪我したわけぢゃなかったんでヨシとしますか…(うちの2匹、保険入ってないしー)。
ええ経験したとポヂティブシンキングー。
それより、救急病院て、どこもカードきかないんですかね。
現金足りなかったらどーしましょ、って支払いのときにかなり焦って酔いも冷めたです…。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

病み上がり初登山

3連休。
ホントは2泊3日で北上川を下ろうと思うとったのです。
でも宮城県の梅雨明けは日曜日だと言う某番組の天気予報士。
でもって、「梅雨明け直前はお天気が荒れて、雷雨に見舞われる場所もあります」とまで言うとったのです。
今回のスタート地点は、前回のゴールだった朝日大橋の下。
仙台より当然北に位置するし、梅雨明けは仙台より遅いカモ。でもって、雨で水嵩増えて土曜日は下れそうにない…なんてことになったらせっかくの3連休が台無しになるんでないのー。
てことで、スパっと川下りは日~月曜の2日間だけってことにして、土曜日はお山へと行ってきたです。
妻が甲状腺を悪くして、しばらく遠のいてたお山。
病状が最悪のときは、歩くのはおろか立ち上がることさえできなかったし、そんなこんなで落ちまくった筋肉。少し体調がよくなっても、2階に上がっただけで動悸がしてたから、「山頂までちゃんと上れるかちら」とけっこう不安だったのですよ(一応、山再デビューに向けて柔軟だけはやっとりましたけど)。
病み上がり一発目のお山に選んだのは…やっぱココ。
泉ヶ岳~のファミリー向け水神コース。
何度も上ったことあるお山のコースだと、自分の体力がどの程度回復してるのか分かるしネ。
この日、湿度がものすごーく高くて、登山口にたどり着くまでに既に汗だく。
ちょい歩きづらい。
でも、お山の中に入ったら気温がちょっと下がったみたいで、意外とサクサク歩くことがでけました。
うん、なんかいい調子~。

11

↑いつもは素通りするけど「たまにはネ」と入山届けを書いて…みよーとしたら、ペンやえんぺつがなかった。泉ヶ岳の水神コースで妻が一番好きな場所が、カラマツ林の小道。秋になると黄葉した葉が落ちて、金色の絨毯みたいになるんだよね~。この日は前日の雨で落ち葉も何もかも流されて、山土見えた状態だったけど…。

「水神様…まーだー? こんなに遠かったっけー?」
気づいたら、夫…かなり後方でフーフー言うとりました。
「多分、あと20分くらいぢゃね?」
妻は夫よりこのコースを歩いてるからね。
もぅ目を瞑っても歩けちゃうくらいなのヨ。
何でも聞いてっ、ムハーッ!
なーんてエラソーなコト言った5分後に水神様に到着しました。
沢のキーンと冷えた水で顔を洗います。気持ちいいー。生き返るー。
空になったナルゲンに水を汲む夫。
この後も妻が前を歩いて~水分補給しながらちょい休憩してる間に夫が追いついて~追いついたら夫が水分補給して~それを待たずに妻進む~の繰り返し。
二人で来た意味があんまりなかったりして(汗。

12

↑大岩に短い足を上げて乗ってみる。賽の河原入り口付近にあるお地蔵さん。ココまできたら、もぅあとチョイ。お地蔵さんの上に、何故か鈴がぶら下げてあったです。

ホラ、お地蔵さん~。
「ここまできたら、あと5分程度だよー」
なーんて振り返って夫に言うも、5分経っても山頂には到達せず。
何度も言いますが、妻、このコースは何度も上っとりますの。
目を瞑っても歩けるハズなんですの。
でも辛いコトって記憶から即効で消去されちゃうのよねー。
ごめーん、まだだったみたい、ガハハ。
夫、もぅちょいガンバレー。
やっとこ目の前に溶岩帯が広がりました。
ホラ、見ろ! ドーンと下界の景色が広がって見えるゾー。
て、ガスっててなーも見えんけどね(汗。

13

↑上り始めてから1時間半で山頂到着。途中、水神でガッツリ休憩した割には意外と短時間で上ってこれたかも。体力、十分戻ってんでね? えがったえがった。

山頂の祠に手を合わせてココで昼食~と思ったけど、ガスってる上に風がなくて蒸し暑い~。
なので賽の河原まで戻って、ランチタイムです。
ブーーーーンブーーーーーン。
妻の周りに集まってくるハナアブさんたちと一緒に。
大量におったのですよ。レンゲツツジやウツギの花に群がるハナアブさんたちが。しかも、大中小と何種類も。
その中に混じって、体が重そうに飛んでる1匹を発見。
「いやん、泉ヶ岳の山頂にクマバチー、きゃわいいー」
なんて興奮しましたが、よく見たら羽は2枚。
クマバチではなく、オオハナアブさんだったです。
オオハナアブも動きが可愛かった。コイツも足に花粉の球っころつけたら、ちょっとお洒落になってええのにー、なんつって。
妻が足元に置いてたペットボトルの帯がピンク色だったんですが、ソレをお花だと勘違いして1匹、また1匹とペットボトルに激突。
人の生き血を吸うわけぢゃないので、「意外とおもろいやっちゃなー」と余裕で観察…してたら、妻が口に入れようとしたサンドイッチのトマトにいきなりハナアブさん着地。
気づいたら、妻の口の中から聞こえる羽音。
ぎゃぉーっす!
危うく食ってしまうところでしたわっ、オエー。
眺望もあまり期待できないので(時折雲が流れて山肌がチラっとは見えたけど)、1時間ほど休憩したら同じコースを下山。
ステロイドはまだ飲んでるけど、もぅ大丈夫そう。
嬉ちぃ。
久しぶりの山歩きは、やっぱり楽しかったです。
首に巻いたタオルマフラー、絞れるくらい汗かいちゃったけど。
8月末辺りまでは犬連れは無理だろうから、暇を見つけて今度は違うコースを上りに来よう。
そんときは、一人で(笑

にほんブログ村 アウトドアブログへ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

Tさん迎撃キャンプinとことん山-part3-

朝起きてテントの外に出たら、晴れてるー。
タープの下には、既に椅子に座ってビール飲んでた御仁がおりました。
Tさんです。
前日はお先に失礼して先に寝ちゃった妻。
Tさんは随分遅くまで飲んでたらしーのに…もぅ起きてるなんて。
流石、お年寄り(笑…の酒好き。
妻も朝ビールを美味しく頂くために、まずは温泉へ。
林間サイトは昨日の雨のときはどこもかしこも川のようになっとりましたが、地面がすっかり乾いとります。
木漏れ日も気持ちいいね~。

114

↑北海道旅行で炎上しちゃったダンディーM氏のテント(修理済み)を囲んで、あーだこーだ。朝からテーブルの上には色んな食べ物が並びます。みんなよく働くなぁ~。妻の体にも無数の蚊に刺された痕があるんですが、左足には3個もでっかい青タンがっ! なーぜーっ。もしかして誰かを蹴り上げた?

風呂から戻ったら朝ごはん。
昨晩飛ばしまくってたAoママが、ちょっと静かだったけど(笑←二日酔い?)、他のみんなは朝からビールで乾杯ですー。
それにしても、よく呑むこと。
最終日のこの日、Tさんの電車の時間の都合で早めに撤収となったTさん&ダンディーM家。
朝食後、Tさんとの抱擁の儀式を済ませ、ダンディー号を見送ります。
「元気でなー」
「長生きしろよー」
「また会おうねー」
「つか、9月にまたどーせ来るんだべ?」
なんつって。
残った他のメンバーは、主役(Tさん)や声のデカい役者(ダンディ夫妻)のいない時間を偲んで寂しく静かに過ご…すハズもなく、ゲラゲラと笑い声が絶えることなくお昼ごはんに突入~。
お昼近くになるとAoママ(ノリピー)も生気を取り戻してたし、ヨカッタヨカッタ。
いつもとことん山でお会いするAo家は、酔っ払ったAoパパが印象的(とゆーか、素面なのを見たことがなかったり)だったけど、今回は意外とシャキっとしてたヨ。
バリバリの山形弁なんで、話半分しか理解できなかったけどー(笑

115

↑mamakoさん作チヂミと特製ダレ(絶品)とか、マキちゃんお手製のこれまたウマウマ餃子とか…あとtako♪ちゃんのコロッケとか、これでもかっちゅーくらいまた料理が並んで強制給餌タイムは最後まで続くのでした。アテクシらはフォアグラ目的のガチョウか…。

いやぁ~食べまくりで呑みまくりで喋りまくりで笑いまくりの3日間だったです。
楽しすぎて、次の日から数日間は抜け殻のようになっとりました。
蛍を見ることが出来た感動的なキャンプでもあったし。
しかも1匹だけ。
ちょうど初日に、ダンディーMさんがママを迎えに行ってる最中に現れた1匹の蛍。
ずーっとアテクシたちから離れようとしなかったのよね。
「もしかして…」
「いやきっと…」
「この蛍は…」
「そうだよ、ダンディーMさんだよー!」
「あわわー」
…一同合掌(笑いながら)。
なんてこともあったしねー。
ちゃんとママと一緒に無事キャンプ場に戻ってきたんだけど。
Tさん、こんな素敵な3日間を作ってくれてどーもありがとーでした!
では、また9月に(笑。
でもって、ご一緒してくれたみんなも、どーもありがとでしたー!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

Tさん迎撃キャンプinとことん山-part2-

午前4時ごろ、バシバシとフライシートを叩く雨音で目が覚めるも、二度寝。
1時間くらいすると、今度は風の音で目が覚めまして。
宴会場のお屋根は、レクタタープLの2連結。
張り綱は大丈夫かちらー。テーブルの上に乗ってるものは飛んでってない? 椅子が倒れてたりしてー。
心配になったので、見に行ってみました。
夫が。
妻は自分のテントの中で横になったまま鼻くそをほぢりつつ…夫を起こして無理矢理見に行かせたわけです。鬼?
大丈夫との声を聞いて安心して目を閉じたものの、午前6時前に膀胱破裂しそーになって再び目が覚めました。
風は弱まってたけど、雨は降り続いてるー。
でもって、妻のパンツもこのままだとズブ濡れになるー。
サラぢゃあるまいし、お漏らしするわけにもいかないんで、仕方なく雨合羽着て温泉棟へ向かいます。
んで、ついでに入浴~。
真冬と違って夏場は寒くないから何度も温泉に入んなくてええよね~、なんて言い合ってた割には既に4回近くも風呂に浸かってる妻。
(だから蚊に食われるんダナ。でも、お陰でその度にアルコールが抜けて、一から飲みなおせるんダナ…記憶もリセットされがちだけど)
風呂から上がったときには雨脚は弱まっておりました。
この調子だと、栗駒山登山隊…出発しそーだなぁ。
なんて思いつつも、サイトに戻ったらまたテントの中へ。そして横になる妻。
「病み上がり後一発目が栗駒山ってハードかちら? 行ったほうがいいと思う? でもチミは連れてけないしねー。行って欲しくない? どうよ、どうなのよー」
BJにブツブツと話しかけてたら、こちらに向けた口を開いてお返事してくれました。
「プゥ~」
屁で。
勿論こちらに向けた口は、下の口。
つか、なしていつも尻を妻の顔にくっつけるようにして寝るんだ、この犬はーっ!
インナーのファスナーを全開にして篭った臭いを拡散させてると、なにやら外が騒がしくなってきたです。
ポツポツ皆さん起き出してきた模様。
ほいぢゃ、アテクシも起きますかねー。
外に出てしばらくしたら、きゃー、また雨脚が強くなってきちゃったヨ。
「これぢゃ、山登りは諦めた方がいいねー」
残念そうなルーフさん、マキちゃん、Sくん。
ニヤけ顔が止まらない妻。
「しゃーないねー」
笑いながら登山隊が取った行動は、缶ビールのプルタブを開けることだったです。
切り替え、早っ(笑
カンパーイ♪

101

↑悪天候ってこともあって、結局林間サイトは1組のみ(ソロ)。煩いかな?との心配も杞憂に終わったです。えがった。つか、雨音できっと笑い声もかき消されてたよね。今日はキャンパーさんが増えるかなー。一夜明けたら、夫はかなりの二日酔い。妻みたいに何度も温泉に行けばよかったのにネ。Tさんがキャンプ場着で送ってきてくれた肉厚なホッケ。2箱もあったとですよ。うまいー。うますぎーっ。1年分は食べたかも~。

飲みながら各自朝ごはんの準備に取り掛かってたら、Aoさんご夫妻が登場~。早っ!
Aoママは「お餅持ってきたのよー」と炊飯器を手にぶら下げとりました。
他にも美味しそうな食べ物がたーくさん。
にゃんと、午前4時起きで作ってくれたんですと。
うれちぃー。
そういや、たしか午前4時頃まで寝ずに呑み続けてた人がいたんぢゃなかったけか?

102_2

↑他にも次から次へと並ぶ豪華なメニゥが、酔っ払いたちの胃袋の中に消えていきます。ホント、どれもこれもウマかったんですよー。たーくさんあったんですよー。でも写真撮ってない…。妻も朝から食べまくり。でもその分しっかりとアルコールも摂取。そりゃ体重も増えるっつのー(涙。

山に行かないとなったら、呑んで食って喋ることしか思いつかないのですよね。
似非登山隊だし。
筋トレよりも臓トレ。
もぅダラダラ。
本格的に腰を据えて呑み始めたら(といっても午前9時ごろ)、雨が小雨になって~でもっていつの間にか上がって~あら? もしかしたら山登り今からでもできるんでね?と一瞬思うも、この後、誰も山の話題を持ち出すことはなかったです(笑。

103

↑横になって肝臓を労わるSくん。若いくせにっ(笑。黄色と黒のコントラストが胸キュンなヤンマさん。何ヤンマなんでしょねー。いかつい顔したわりにはかなりドン臭く、二日酔いでヘロってる夫に簡単に捕獲されたです。

いつの間にか昼になり~。
昼になったら昼ごはんと昼ビール。
んで、時々風呂でアルコール抜いたりしてたら、またいつの間にか夕刻になり~。
夕刻になったら、晩ごはんと晩ビール(notバンビーノ…バブーッ)。
モモマロ家とtako♪ちゃんもこの日から加わって、いっそう食べ物も会話も充実。
普段は一滴もお酒を口にしないダンディーMご夫妻がアルコール呑んでたのは、やっぱりいつも以上に楽しかったからですよね、きっと。
水やお茶ぢゃなくて、酒ならナンボでも入るって、ホント不思議だわ~。
この日は、この後撮った写真が、どれもボケボケでUPできるような代物ぢゃなかったです。
シャッター押した妻が酔っ払って左右に揺れてたから。
被写体も酔っ払って左右に揺れまくってたから。
相殺されてピント合っててもおかしくなかったのになー、なんつって。
女子キャンのときに「ワタシ、呑んだら凄いんです!」と言うてたAoママ。
嘘はつかないね~。
うん、仰るとおり凄かったです。飛ばしまくり。壊れっぷりが、かなり衝撃的でオモロかったです。
Aoママ見習って、この勢いでPart3まで一気にUPしよーかと思ったですが…妻は息切れ。
なので、つづきは次エントリーまで引っ張るですヨ(汗 ハァハァ。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

Tさん迎撃キャンプinとことん山-part1-

7月9~11日と、2泊3日でとことん山へ行ってきたです。
金曜日、わざわざ有休とって。
なしてかっちゅーと、北海道に転勤になったTさんがとことん山にやってくるって聞いたからです。
早めに自宅を出た我が家。たまには違う道通ってとことん入りするのもええんでない?ってことで、一般道を北上。
須川温泉付近を通り再開通した道路や、建設途中の橋を見てきたです。

91

↑途中で見つけた復興の碑。その横には、須川岳秘水「ぶなの恵み」の冷たい湧水。橋や道路を飲み込んだ栗駒山の、山肌に生える木々は震災なんてなかったように青々と葉をつけとりました。

ぶなの恵みを少しお裾分けしてもらって、再出発。
お昼過ぎにとことん山に到着~。
金曜入りしてるハズのルーフさんやダンディーMさん、Tさんはまだのよう。
寄り道したのに、我が家が一番乗りだったです。
「大人数になりそーだしねー。他のキャンパーさんに迷惑かけるのも嫌だしねー」
なんてことをスタッフAさんと喋ってたら、ルーフさんご到着~♪
温泉棟からは離れちゃうけど、オートサイトに設営することにして一緒に移動。
ちんたら設営してたら、本日の主役@Tさんがダンディー号でやってきました。
移動中既に大量のアルコールを摂取したらしく、助手席に座ってたTさんはダンディーMさんの肩に寄りかかって夢の中。
いやん、一瞬イケナイ二人に見えちゃったですよ。

92_2

↑まずは管理棟で一服~。ルーフさんご夫妻が到着したので、オートサイトに移動して設営開始。ココって、駐車場からちと死角になってるので、この後到着する皆は「うわっ!だーれもおらんがなっ!迎撃キャンプて嘘だったの?」と騙された気分を数秒間味わうことに(笑。ダンディーMさんに頂いちゃったヨー@焚き火用マント。うへへー、ありがとですー。

今回の我が家は完全にキャンプ別居です。
夫はサラとアクトで、妻はハーフムーンの中にコットを入れてBJと。雨が降ったときのことを考えて、タープ10も張っときました。←お陰で出入り時濡れずにすんだです。グッジョブ、夫。
我が家のテントの奥にあるのが、北海道キャンプで火達磨になったらしい(想像してたより軽症だったわー)ダンディー家のムーンライト…とTさんのテント。

関係ないけど、ダンディーM氏のブログにはSくんが激写したそのときの哀れな画像がUPされとるのですが…どーせなら炎上中の写真を載せなきゃー!と思ったのは妻だけぢゃないハズ。既に火が消えちゃってたなら再度点火っしょ(笑。ついでに、火柱上がるテントの周りを皆で踊りながら回ってる動画も載せにゃー!と思ったのも妻だけぢゃなかったハズ(笑。

ルーフさんは手前にエッグ(コット寝)をたてとりました。
テントを設営したら、早速中に入ろうとするインドア派の我が家の愚犬。
なので、ゲレンデに連れてって走らせときました。
一番沢山走ったのは夫だったけどね。

93

↑ダンディー家のモナークチェアに座る酔っ払い。見事に尻餅。この後、妻もトライして同じ結果に。ええ、勿論仲良し夫婦だからです。なんかたーくさん食べるものあったのに、殆ど写真に撮ってなかった…。で、何食ったんだっけ?(汗 ついでに主役!とか言いながらTさんの写真もないしー。

日が暮れると予報通り、雨が降ってきてあっちゅーまに芝地のサイトは田圃のよーな水浸し~。
でも酔っ払いキャンパーたちは、お構いなしです。
仕事を終えて駆けつけてくれたSくん、マキちゃん、tako♪ちゃん。ほいでもってダンディーママ、シズちゃん(土曜日入りかと思ってたのに~)。
謎の一家もお土産持参でかけつけてくれて~。
人数もドドーンと増えて、会話も盛り上がる…とかいいつつ、一体何の話ししてたのか思い出せず…。
酔い覚ましに温泉に向かった妻。
一人になると一気に睡魔が襲ってきまして。
風呂の縁で大の字になって熟睡してしもたんです。
しかも、顔に洗面器被せた状態で(隠す場所、間違ってる?)。
「蚊やアブに刺されないよう、今回は虫除けターップリ塗って~、生足だって出さないゾー!」
気をつけてたハズなのに…夏場の露天風呂で寝るなんて、やっちゃいかんですね。しかも大の字て。素っ裸なのに。
まんまと蚊の餌食に。
この後、キャンプ中ずーっと腹や尻を掻きながら過ごすことになったのでした。
「明日はお天気も回復するんぢゃないかなー? てことで、栗駒山に登りに行くヨ」
そうおっしゃるルーフさん。
「んぢゃ、ワタシもーっ!」
ノリノリなマキちゃん。
うががぁー、妻も行きたい。
久しぶりに山登りしたーい。
でも、装備にイマイチ自信がないのよね。KEENのサンダルだけどええかしら…。
どうしよう、どうしましょう。
迷いつつテントに入ったのでありました。
尻を掻きながら…。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

スズ家とキャンプin小野川湖

7月3~4日は、久しぶりにスズマル家とキャンプだったのです。
いやホントに久しぶり。
しばらく会わないうちに、スズマルさんには妹(人間だけど)のピメコさんができちゃったりしてー。でもって、あと数ヶ月もしたらまたまた弟か妹が(こっちも人間だけど)できちゃうらしぃしー。
そうなのです。
ただ今emizoさんはニンプーなのです。
悪阻はかなり酷かったらしいけど、今は体調も安定してるっつーんで今回のキャンプde再会が実現したのです。
場所は小野川湖の庄助キャンプ場。
我が家…今年何回目の庄助だろか(笑。
現地着午前10時前を目標に家を出た我が家。
高速乗って数分後、前方にモクモクと発炎筒の煙が見え始めました。
あら、事故かちらー?
と思ったら、警察のしとが「はいはーい、出口の方に進んでー」て誘導しとります。
えと…さっき高速乗ったばっかなんですけどー。
次のICまで一般道走るハメになりました。
300円の損と、1時間のロス。ウキーッ。
でも、スズ家もピメコさんが車中でゲロリンチョしたそーで「遅れそう~」とのメールが。
結局、ほぼ同時刻にキャンプ場入りした両家。
うひょー、お久しぶりー♪

11

↑雨予報だったんで、我が家はレクタLを。スズ家はパビリオン。お天気悪いといわれるこの週末にココでキャンプしてる物好きは、我が家&スズ家のほかにあと1組のみ。その1組はニャント、カヌー友達のKさんだった(笑。

ちゃちゃっと設営済ませたら、何はともあれ乾杯~♪
ニンプーemizoさんは飲めないけど、アテクシは呑むよ、すまんねぇ。
お昼ごはんにと、kenbo氏がどデカハンバーガーを作ってくれたです。
うまい。
でも重い(笑。中年の胃袋には、けっこうガツンときます。
我が家が提供したのは、途中のスゥパで買った鰹とか、家から持っていった惣菜とか。
今回も何にもしないつもりでおりますよ、このグータラ女は(呑みに徹すのです!フンガーッ)。

12

↑ピメコさんが、自らの手でお水を掬って何度もサラの口へ。でもその後、犬用の水が入ってるシェラカップを自分の口へ…そしてゴックン(完飲)。ひょえええー。ええの?ええの?(emizoさんを見ると…)ええみたい(笑。

アリー乗りのスズ家。
今回はお天気が心配だったので、カヌーは自宅でお留守番。
なので、kenbo氏に我が家のキャンパーに乗ってもらうことにしたです。
バウに夫、スターンにkenbo氏。ついでだから「男らみーんな行っちまえ~!」てことで、スズさんとBJも(2匹ともオカマだけど)乗艇して、いってらー。
残った妻とemizoさんは、兎に角ずーっと喋りっぱなし。
楽しすぎてカヌーなんて、どーでもよくなってくるのよね(笑。
気づけば2時間くらい過ぎてたのかちら?
突然空からバラバラと大きな雨粒が。
湖畔を見たら、遠くに我が家の緑色のキャンパーが見えます。
早く早く~濡れるから早く戻ってこーい!と声をかけても、そこはユルユルのんびりのカナディアンカヌー。
男二人が必死に漕いでも、出るスピードは高が知れてるわけで。
ずぶ濡れ男衆がやっとこサイトに戻ってきたら…空から監視してたかのよーに、雨、上がりました(笑。代わりに出てきたお天道様。
誰だ、雨男は。
3時のおやつはemizoさん作のワッフル。
お昼に食べたハンバーガーがまだしっかり胃袋の中に残ってたけど、外側カリカリでおいちくてペロリと食べてしまいました。
たまにはええね、甘物も。
おいちーおいちーと貪り食う我がバカ夫婦の横で、忙しく晩御飯の下ごしらえ中のkenbo氏。
洗い物にも行ってたし。
んで、彼が炊事棟から戻ってくる際、またもやザザザーと大粒の雨(サイトに戻ってきたらやんでた)。
濡れたのはkenbo氏のみ。
ははーん。
そうか、雨男はチミだったのね(笑。
その後、3匹一緒にお散歩したら男女交代で近くの香の湯へ。
この温泉、内湯とゆーのがなくて露天のみなのです。洗い場も開け放されてて虫たちの出入りは自由。
妻は蚊の餌食になりました。
酒の呑み過ぎっちゅーことですかね…(涙。
日が暮れると気温がググーンと下がって、7月なのになんだか肌寒い~。
サラは椅子の上で丸くなってプルプル震えとります。
なのでレクタの下から、パビリオンの中に民族大移動。

13

↑昼からずーっと食べっぱなし。なのに夕飯の豪華なこと。お皿に盛られた鶏の塊は1羽丸ごとぢゃなくて腿の部分だけっすよ。美味しくてついガツガツ食べすぎた妻。多分、この時だけで1か月分くらいの鶏肉を摂取。kenbo氏お勧めのワインが、これまた料理によーくあってグイグイすすんでしまうのです。

我が家は毎度ながら手抜きのホイルもの。でもね、なーも用意しなくてよかったかも。
kenbo氏が次から次に色々出してくれるんだもの。
絶品ミネストローネ。
あと、何度も復唱して覚えたハズ…なのにもぅ失念しちゃったハムー。コッパとあと何と何だったっけか…(汗。
「夜、お天気荒れて大雨になるみたいだよー」
そう管理人さんは言うとりました。
なので、レクタの下に出してたものをパビリオンの中に入れ、我が家のテントをレクタの真下に移動。
すっかり呑み過ぎちゃった妻は、宴の最中に激しい睡魔に襲われ午後10時頃テントへ。
お先に失礼、おやすみなさいませ。
で、心配してた雨ですが…。
多分1粒も落ちてこなかったと思うです。
なんだか拍子抜け。
午前5時前にテントの外に出たら、湖面は凪いでます。
前日は一切カヌーに乗らなかった妻。
取り合えずカヌーキャンプだし…行っとこかー。
てことで、我が家の2匹を乗せてちょこっと繰り出しました。

14

↑朝、目覚めたら妻のシュラフの足元部分のファスナーをこじ開けて、そこから顔を出して寝てたBJ。写真ぢゃ分かんないけど、カヌーの周りにはちっこい虫が飛び回っとります。その正体はブヨ。湖のど真ん中で飛んでるわきゃないので、多分サイトから妻や夫にへばりついてきた模様。

しっかり刺されました。
特にきちゃない生足を出してた夫が。
「イタッ!刺された!」
「ふーん、刺されたんだー」
「うわっ、また刺されたー」
「ガハハー、虫除けしてきてないからだよ、ドンクサー」
「…」
「うぎゃ!アテクシも刺されたー!」
「…」
「戻ろう、戻ろうー」
夫が刺されても前進するのに、自分が刺されたらとっととUターンしようとする妻。
どこの夫婦も、きっとこんな感じですよね。違う?
サイトに戻ったら、朝ごはん。
前日食べ過ぎてスッパイものがこみ上げてきてたので、持参してた冷奴をチマチマ食べてたんですが…目が卑しいもんだからkenbo氏が作ってくれたホットサンドもペロリ。

15

↑微笑ましい雰囲気の2匹。BJよりもね、スズさんの方がデカかったよー。いや、正確には長かった(笑。撤収が終わって車に乗り込みしばらくすると本格的に降り出した雨。濡れずに済んだ(数名を除いて)2日間。なんだか得した気分です。一般道で自宅を目指した我が家は、途中、バイク事故に遭遇しちゃいました。

詰め込みまくりだった2日間。
美味しいものを、たくさんどうもありがとー!(しっかり体重も増加。これはあまり嬉しくなかったり)
おもろい話やギョギョギョーな話も、たくさんどうもありがとー!
楽しかった~。
食後、ユルユルと撤収して午前11時頃、名残惜しいけどキャンプ場にてスズマル家とはお別れしたです。
第2子が生まれる前に、またやれるとええね、いや絶対やりましょー! 
次回は肉、少なめで(笑

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »