« 病人キャンプ | トップページ | 雪のとことん山Part2 »

2009年12月22日 (火)

雪のとことん山Part1

19~20日、今季初となる雪中キャンプを楽しんできたです。
場所は、秋田のとことん山。
んが、当日はココ、宮城県も大雪。
泉ヶ岳に向かう道路だって、下の写真のような有様だったのです。
時折ハンドル取られて、横滑りしたりしてギョエー!
「どっかで昼飯食って、温泉入って戻ろうか…」
と、運転手の夫はかなり萎え気味。
前回rikoさんと入った鬼首の蕎麦屋に夫も行ってみたいとゆーので、それならソコまでは頑張って運転したまい!と助手席の妻は叱咤激励するのでありました。
鳴子~鬼首~と車を走らせるにしたがって、どんどん強くなる雪。
途中、事故った車も数台見ちゃいました。
夫、慎重にねーっ。
なんとか辿りついた鬼首の蕎麦屋「鬼の庄」。

11

↑夫は天ざる、妻はおろしざるを注文。おろしは、普通と辛め、どちらか好きな方を選べます。もつろん、辛いほうをチョイス。いんやぁ~山葵なんていらないほど恐ろしく辛くてウメーウメー。

「食べたいと言うとったが、どうだったかね?」
店を出た後夫に感想を聞いたら…
「うーん、天ぷらがイマイチ…期待したほどぢゃなかったなぁ」とのこと。
量は前回同様多かったんだけど、どうも油がいただけなかったらしいでごザル。
「で、どうしますか? 鳴子で温泉入って帰りますか?」
同意を求めるような表情で聞いてきた夫に、優しい妻は答えました。
「うんにゃ、とことんまで行くゾー!」と。
吹雪の中を運転するのは夫ですからね。
少しでも役に立てればと、助手席の妻も必死で睡魔と戦いましたヨ。
負けましたけど(汗。
まぁほら、隣でわけわからんこと話しかけられて注意力散漫になるよりよかったんでないかと…(後付)。
仙秋鬼首トンネルを抜けて秋田県に入ると、途端に雪の量がドドーン。でもって皆瀬まできたら更にドドドーン。流石豪雪地帯でありまーす。でも、除雪がされてて、道路に積もった雪はちゃーんと圧雪状態。宮城県内を走るよりなんだか安心だったりするのです。

12

↑先週末は全く雪がなかったとゆーゲレンデもご覧の通り。前日からの雪で真っ白。でも圧雪作業をしてないのでスキーはでけまへん(23日オープンって言うてたっけか)。ソリで荷物を運んだら、さぁ設営前に雪掻き~。

キャンパーさんは、我が家の他に栃木からいらしてたソロキャンの方が1名のみ。
他にはいないっつーのに、悪いなぁ~と思いながらもお隣に設営させていただきました。
風呂の真ん前。
1泊だし~てことで、雪の上だけどアスガードHPは自宅にてお留守番。今回もハーフムーンinリビングシェルにお世話になりまーす。
設営後、2匹を散歩に連れ出したら、雪食ってばっかなんですけど…。

13

↑初日、4回。ほんでもって2日目も4回。計8回も入湯~。油分すっかり落としてカッサカサですわ。でも雪見酒できてええのよねー。んもぅサイコー。

鬼の庄で蕎麦を食べたのがお昼過ぎ。
前日、忘年会で飲みすぎた上に、天ざるの油が残って胃もたれ気味の夫。
「うーん、あまりお腹が空かないんですけどー」
妻は飲めればええし。
鍋の用意もしてたけど…、酒のアテに鮭のホイルバター作っただけ~。
んで、頑張ったんですが午後8時半を回ると二人して船を漕ぎはじめちゃって…。
我慢できずにおやちゅみなさーい、となったのでした。
夫が運転中、グースカ寝てばっかだった妻なのに、どーして眠くなるのか不思議ですねウララララ~。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

|

« 病人キャンプ | トップページ | 雪のとことん山Part2 »

コメント

こんばんは^^

さすが東北!積もってますねぇ
横浜なんぞは雪も降らないし、降っても積もることは
まずないので、いろんな意味で雪には弱いですね~

随分前に、雪道でクルクル回って以来、車を走らせる
のも怖いことを告白しちゃいます(^-^;)

でも雪中キャンプってのも、ちょっと憧れちゃいます~
でも本気で寒そう。。。。

投稿: nontaro | 2009年12月22日 (火) 22:01

やはり…行きましたか…私も早く行ってみたいのですが???休みが…(Tさんは今週なそうですよ)

クソ-!! 行きてぇー!

雪はこっちも凄いですよ(市内は20cm・郊外は25~30cm)雪は十分に鑑賞できる環境です
もうそろそろ見たく無い(雪かきが辛い)
年内はもう無理ですから年明けには「でびゅー」するぞー!

多分…ジュピターも行きたがってるんじゃないかな(行くのがイヤなのかも?)

投稿: ダンディーM | 2009年12月22日 (火) 23:27

はじめまして、とことん山でご一緒?した者です。
いつも、ブログ楽しく読ませていただいています。

はじめ旦那さんを見たときもうん?と思い、奥さんを見たとき
もしやと思ったのですが、犬連れじゃあ無いからちがうかなぁと思い、
声をおかけするタイミングを逸してしまいました。

今回の雪はすばらしかったですね。
レポ楽しみにしております。
では。

投稿: tos | 2009年12月23日 (水) 13:46

うちでも雪の中で走ってるとすごく眠くなると、いつも助手席の妻が言っております。coldsweats01
ところで雪中キャンプのときのグランドシートってどうしてます?
銀マットとかでしょうか?

投稿: とーます | 2009年12月24日 (木) 11:19

>nontaroさん
雪、寒く感じるけど、実は雪がどっちゃりあったほうが暖かかったりするですよ。
寝ている間に、ジワジワと背中が冷えてくることはあるけど(笑。
あ、アテクシも去年はとことんに来る途中(ソロで)、雪道で滑って死に掛けました。あわや崖下のダム湖に落ちそうになって、「BJ、サラ、ごめん!」って言ったもの。マジで死を覚悟したですよ。
スタッドレスタイヤを過信しちゃいかんっちゅーことですよね。
以来、雪道のスピードにはかなーり気を使うようになったです。

>ダンディーMさん
年明けにはお会いできますよね、うふふん、楽しみにしてますー。
今回Tさんに会えるかと思ったのに、残念!
会ったら聞こうと思ってたのに~@ガムテダウン。
そちらはやっぱり雪、多いですね。
仙台ではもぅ3,4年近く雪掻きってやってないなー。
ジュピター、せっかくの冬用テントなんだもの~雪のあるうちに是非是非ですよ!

>tosさん
どうもです!書き込みありがとうございます!
そうそう、夫が後で「ブログ見てくれてるらしいよー」って言うてました。
お話ができなかったのが心残りです。
ホントはね、夜、飲みに誘おうか~なんて言ってたんだけど…
もしかしたら、一人でしっぽりするのが目的でとことんにいらしたのかもと遠慮したです。
ちょっと遠いですけど、とことん山まで足を伸ばして、んでもってお会いできたときは一緒に飲みましょうですよ!

>とーますさん
奥様もそうですか(でも、奥様の場合は「眠くなる」だけで「寝る」わけぢゃないんだ…笑)。
なんでですかね。周りがシーツと同じ真っ白だからですかね(笑。
我が家はグランドシートの上にテント、その上にレヂャーマット(綿入ったやつ)、んでZライト。そんだけです。
でも、マットからはみ出るとやっぱりちべたさがジワジワ伝わってくるので、次回は銀マットか何かを追加で持っていかねばと(シュラフがへたってきたのもあるかもです)思ってます。

投稿: りえぴ | 2009年12月24日 (木) 13:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/32697087

この記事へのトラックバック一覧です: 雪のとことん山Part1:

« 病人キャンプ | トップページ | 雪のとことん山Part2 »