« GWキャンプツアーPart6 | トップページ | 鳥海山再び~なキャンプPart2 »

2009年5月18日 (月)

鳥海山再び~なキャンプPart1

GW、鳥海山に行ってきたばかりなんだけど…GW明けの週末5/9~10で再び鳥海山へ。
その前に、途中寄ってみたのが山形県飽海郡遊佐町にある西浜キャンプ場。
通年営業だそうです。
でもって、利用料金は一人600円(子供は300円)。
管理棟側の並びには温泉施設もあって、入湯料は1回350円。
露天と内湯の源泉が違うので、2種類の温泉が楽しめるんだとか。
よさげー。

5091_2

↑管理棟に並んで、道路沿いに欧風コテージが並びます。キャンプサイトは道路を挟んで。松林に囲まれてて夏も涼しそう~(松くい虫にやられて随分切っちゃったらしいけど)。一番奥がペットサイト。そこからは鳥海山が望めます。ええ感じ~。

冬場でも海沿いのこの地域は、積もっても積雪50cm程度なんですと。
サイトの草も綺麗に刈られてるし、ペットエリアも広々。
オートは不可だけど、夏場の繁忙期には、キャンプサイトとペットサイト間のアスファルト道の車止めが開けられ、荷物の搬入のときのみ車を横付けしてもいいんだとか。
トイレも炊事棟もバリバリ綺麗だったです(冬期期間はトイレ棟の水道は止められるため、管理棟のトイレを使用とのこと。ペットサイトからだとチト遠くなるけど、このくらいならたいしたことないよね)。
ええとこなのに、だーれもいないしー。
てことは今日、ココでもええんでなぃ?
なんてチラリと思ったりもしたのですが、いやいや、ココは次の機会のお楽しみにとっておいて、やっぱりアソコへ行かなくちゃ~。
と、その前に…。
再び鳥海山の稲倉山荘へ。
GWにも来てうどん食べたくせに、なんでまた?
そりはね…、実は前回稲倉山荘で鳥海うどん食ったときに愛用の帽子を忘れちゃったから。
ダメモトで電話を入れたら「あぁ、ありますよー。なるべく早めに取りにきてくださいネ」ってことだったのです。

5092

↑稲倉山荘の受付で「あのー、帽子…」と告げたら、あぁコレね~!と帽子の入ったビニール袋を手渡されたのですが、その袋ってば、山荘の真ん中のぶっとい柱(お客さんにも丸見え)にぶら下げられてて、ご丁寧にその上に張り紙がしてあり、デカデカと「仙台のタカハシリエピさんの忘れ物です!」と書かれておりました。ハズカチー。

前回購入した辛味噌。既に半分以上食べちゃってたんで、再度2瓶追加で購入~。
うまいのよ、コレ。
ズルズルとうどんを啜って、急いで今宵のキャンプ地を目指します。
由利郡鳥海町にある法体園地キャンプ場。
利用料金は無料。
オートはできないけど、芝地は広々で炊事場、トイレの施設も綺麗~。管理棟はないけど(無料だしね)、すぐ上には売店があります。

5093

↑ココは映画「釣りキチ三平」のロケ地になったところ。そんなわけで、売店入り口には同じアングルで撮ってみては?と麦わら帽子、釣竿、撮影パネルの無料貸し出しがされとります。トイレは水洗で綺麗~(入り口の扉は網戸)。炊事場も使いやすい~。場内にはファイヤーサークルが2箇所。そこに空き缶捨てとる輩がおりました。

ちょっと気になったので、売店のおっちゃんにいろいろ伺ったところ、この園地はもともと地元の小中学生のキャンプ(体験学習)地として造られたもので、芝の手入れや各施設の掃除も、地元の方々でやっておられるとか。
それを他県の方にも無料開放し始めたのが数年前。
心して利用させてもらわねばですよ。
既に数箇所、石を組んで焚き火をした焦げ跡があったけど、せっかくの綺麗な芝地。地面にダメージ与えないよう、焚き火台なんかを使ってもらいたいもんっすよね。

Imgp5095

↑でっかいマルバヤナギの下にアスガードを設営。ここのところ、このテントで#0のシュラフだと暑かったんで、妻は#4のシュラフを使ったんですが…ちとさびかった。

サイト横には鳥海山の雪解け水が流れる子吉川。
夏場は水遊びができるし、もしかしたらカヌーもイケるんでね(ゴムボートならええかも)?なんて。
まぁ、流れの速いところがあるんで、注意しなきゃだけど。
その奥にあるのが法体の滝なのですよ。
てことで、2匹と一緒に滝を見にレッツラゴ~。

5094_2

↑橋を渡ると間伐材を活用して造ったとゆー展望台に続く階段。えっちらおっちら上っていくと道が二股に分かれてて、一方は展望台へ、もう一方はロープが掛かっていて立ち入り禁止になっとりました。落石ですかね。どこへ続く道だったのか…。あの道が通れるようになったら、お散歩ももっと楽しくなるかもー。

滝見物の観光客が数名訪れてきましたが、それも夕方になるとパタリといなくなり静かな時間が流れます。
この日、ココでキャンプするのは、我が家の他にソロのキャンパーさん1名のみ。
そのキャンパーさんも、日中はずーっとお出かけで、次の日の撤収時にチラリと顔を合わせて挨拶したのみ。
なので、だーれもいなくなったら芝地でしばし2匹を走らせます。
といっても、元気に走るのはサラだけで、BJは妻の周りをウロウロするだけなんだけどー。
お昼がうどんだけだったので、早めに晩御飯。

5095

↑コリが鳥海山の稲倉山荘で買った辛味噌。久々のヒット商品。しいたけにコッテリつけて食べると、すんげーうまいのだ。

ご飯食べ終わったら、風が出てきまして。
山に囲まれたココって、もしかして風の通り道でいつもこんな感じなのかちら?とか思ったり。
焚き火をしようと沢山枝を拾い集めてきてたんだけど、あえなく中止。
とっととテントに入ったのでありました。
明け方まで風がものすんごく強かったよー。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

|

« GWキャンプツアーPart6 | トップページ | 鳥海山再び~なキャンプPart2 »

コメント

まいど~。
この温泉は「あぽん西浜」ですよね。
○研の4日後、象潟の三崎公園に泊まった翌日行きました。
露天のほうがよかったですよ。

この時期の法体の滝は水量が多くて迫力あるでしょうね。
それにしても、キャンパーさんもっといっぱいいるのかと思ってました。夏は混みそうですね。

投稿: くう | 2009年5月18日 (月) 21:57

うまうま辛味噌ありがとう!
まじイケルネ、あれ。
このキャンプ場、すごくよさげですね。
釣り橋と滝に萌えます。

投稿: riko | 2009年5月19日 (火) 17:45

>くうさん
そですそです!あぽんです。けったいな名前だなーと思ったです。
象潟の三崎公園の前も通ったんですが、素通りやったですよ。
覗いてみればよかったー。
あの辺って、意外に沢山キャンプ場があるんですねぇ。
法体の滝、ちょうど雪解け時期だからなのか、水大量やったですよー。
流れも速かったし。きっと水遊びでけるからって、夏は混雑するんでしょうね。
ええとこやったんで、また行きたいっす。

>rikoさん
うまかったべ?
あれで炒飯とかしてもイケそうだわ。
思わず追加購入しちゃったしー。
法体ええとこだったよー。あと西浜もよさげ。ちと遠いけど、今度一緒にどう?
あ、それより風邪はよくなったですか?
山行こうよー。キャンプ行こうよー。
その前にきぼこぉぉぉー!(笑

投稿: りえぴ | 2009年5月20日 (水) 11:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/29665847

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥海山再び~なキャンプPart1:

« GWキャンプツアーPart6 | トップページ | 鳥海山再び~なキャンプPart2 »