« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

権現森ルンルン♪ハイク

火曜日の午後は、権現森を歩いてきました。
勿論2匹を連れて~。
座禅道場活牛寺の脇に車を停めて、寺横の登山口を上っていきます。ちゃーんとハイキングコースが整備されとるので、歩きやすい~。

4281

↑僅か314メートルの低山だけど、眺望良。愛子の町が見下ろせるのです。んでもって、正面にあるお山が、何度も上ったことがある蕃山。その向こうにぼんやり見えるのは青麻山。

途中、ニッカポッカ履いたにーちゃんとすれ違いました。
「この先で、伐採作業してるんで、工具に気をつけてくださいねー」とのこと。
そうだよ、今日は平日なんだよ。
ついつい夫が仕事休んでるから(二日酔いで)土日と勘違いしちゃった~。あ…でもさっきのにーちゃん…確か片手に缶ビール持ってた…よね? 飲みながら作業っスかー?(笑

4282

カタクリの季節が終わった権現森には、イカリソウがニョキニョキ。
他にもモミジイチゴがわんさか。
花を見ながら歩くのも、これまた楽しい~(スミレは種類が多すぎて、何がなにやらよくわからんが)。
30分ほどで南峰の松尾神社に到着。

4283

↑途中、コシアブラの木に「健康!」のプラカードが。うん、健康大事。でも松尾神社では金持ち祈願。

この森はアップダウンがさほどなくて、山登りぢゃなく山歩き好きな妻にはお似合いのコースでございます(おこちゃまだって大丈夫)。短足な犬どもにもちょうどいい距離なのか、2匹ともホクホク歩いてくれました。ただ…。
歩いている途中でBJが2度ほど「キャン!」と叫びました。
肉球に伐採後の落ちた枝が突き刺さったのか、はたまた松ぼっくり踏んづけて痛かったのか…。
足の裏を見ても流血している様子はなかったんで、下山するまでほっぽっておいたのですがね。
怪我してたのは、足ぢゃなくて…。

Imgp4444

腹でした(汗。
ったくー。腹が出てるから、そんなトコロに枝が刺さるんだよ、と。
このハイキングコース、活牛寺付近は日当たりがいまいちよろしくないらしく、ちょっとぬかるんだ箇所があります。ワンコ連れだったら、JR仙山線側の表参道から森へ入るほうがよろしいかと。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

開花前のとことん山キャンプpart3

とことん山キャンプ場を後にした一行は、まず近くの蕎麦屋さんで腹ごしらえ。
3人とも750円のざる蕎麦を注文してズルズル~。
んで、秋の宮へ移動したのです。
秋の宮といえば、前回冬期休館中だったアソコ。秋の宮博物館~♪
駐車場に車を停めたら、お隣にはビニールテープでデカデカと「祝 高速 千円」と書かれた車が停まっておりました。すげーっ。
東京⇔の横は空欄になってたけど、一体どこまで行くのかな~。「新潟」とかだと、テープで文字書くの大変そうだな~なんて思ったり。

4195

↑博物館内の岩風呂は、とどさんが「つげ義春のねじ式みたいなお風呂だよ~」とおっしゃってた通り! お湯はチト熱め。窓の外は川が流れております。

入り口入ってすぐ右側の受付で入館料一人500円を支払うのですが、視界に飛び込んでくる懐かしグッズの数々に目が釘付けになって我を忘れてしまいそぅ~。
「あら、お風呂に入られますか?」
手にぶら下げてたタオルを見て、受付のご婦人に声をかけられました。
「だったら、今、あいてますから、どうぞ~」
入館料500円の中に入浴料も入ってるんですよ、やすぅー。
てことで、展示品の鑑賞は後回しにしてまずお風呂をいただくことに。
入り口の立て札をペロンとひっくり返すと「ただ今入浴中」の文字。
軋む階段を下ると脱衣所があって、右側が浴室。
とりあえずどんなもんぢゃろと引き戸を開けたら、ありゃー。浴槽は1箇所しかありまへん。つまり、男女混浴で、っつーわけ。なるほど、だから入り口に立て札あったのね。貸しきり状態で入るお風呂なのね(1組30分以内のご利用で、とのこと)。
いくらrikoさんとタカハシ家夫婦が仲良しだからって、3人で裸の付き合いはねぇ。
「夫は後から一人で入ればええんでね?」と思ったんですが、rikoさんは「アタシは別に入らなくていいからー」と遠慮がち。
お言葉に甘えて、夫婦でお湯を頂いちゃったです。
熱めだけど、ぎもぢいいー。
風呂から上がったら、さぁ展示物の数々をゆっくり拝見させてもらいましょ。

4196

↑古めかしいランタンやカンテラ、木製スキー板、家電製品、映画関係のもの、レコード、鉄道モノ、もぅありとあらゆるモノが無節操に集められてて、一応それなりに部屋別に分けられ所狭しと並んどります(笑)。

「これ知ってるー」「ひゃ~懐かしい~」「えぇー、知らないー」「ジェネレーションギャップー」
やんや言いつつ3人で見て廻りました。
おもろい!
ちょっと不気味なモンもあって怖い!(土人形とか)
でも、一番怖いのは傾いだ建物だったりしてー(笑。
受付にいらっしゃったご婦人に聞いたところでは(rikoさんが)、なんとこの収集物は全て彼女の旦那様が一人で集めたんですと!
すごいパワーだ。
4号館が松島にオープン!というチラシが置いてあったのですが、てことはココは本館なんですかね。で、2号館、3号館も存在するわけですよね。
全ての展示物のその数を想像すると…ひょえー。
よかった、彼の妻ぢゃなくてと思うのでした。
一通り見終わって外に出ると、ご婦人が「こちらでお茶でもどうぞ~」とご主人力作(廃材利用。だから、壁の一枚が使用済みガラスの自動扉だったりするのです。これまたおもろい)のサンルームへと案内してくださいました。
テーブルの上には甘物。
お風呂にお茶まで頂いて500円でいいのかしら、と。
いやぁ~、満足まんぞく。
皆さんにもお勧めしたい楽しい博物館だったです。
その後、「そういや桜~」てことでプラリと牛野ダムにも寄ってみました。
夕方の犬散歩をココで済ませてやろうという魂胆です。
到着したのは午後4時過ぎ。
土日、多くの花見客やキャンパーさんたちで賑わってた…ハズですが、時間も時間なんで閑散としとりました。
もうちょい早めに到着してたら、junkさんに会えたのね~残念。

4197

↑ソメイヨシノが満開だったです、よかったー。撤収中のキャンパーさん1組、帰られる寸前の団体さん1組、それに永住者(?)1名。ダムの反対側の広場には、まだ宴会中の団体さんが1組いらっしゃいました。

タップリ1時間、時間をかけてダム湖を1周して、帰路についたのでありましたとさ。
rikoさん、今回もお付き合いどうもありがとでした~。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

開花前のとことん山キャンプpart2

午前5時ごろに起きて、朝風呂~。んでテントに戻ったら二度寝ぶっこいちゃいました。rikoさんの声が聞こえたんで、仕方なく起きたのですが、先に起きていた夫はずーっと火遊びしとったようです。

4191

↑夫に抱っこされて固まるQooさん。片手でも持てる重さです。軽い!朝ごはんの前に小安峡大噴湯へお散歩へ。

階段降りて~歩いて~階段上って~。この上りがかなり足にくるけど、休まず一気に駆け上がりますヒィヒィ。
そういや、階段手前の側溝で溺死体を発見。
カエルさんの…。
茹であがっちゃったんでしょうか。
熱湯かな?と思って、手を突っ込んでみたけど、熱いってほどぢゃなかったのになー。
ご開帳した足が妙にセクシーだったりして(おい)。それにしても美脚だ…(なげーし)。
お散歩を済ませてサイトに戻ると、Iさんご夫妻のサイトが賑わっております。
振る舞い酒ならぬ、振る舞いコーヒー。
バニラ風味のおいちぃコーヒーをいただきました。
んで、しばし朝飯前のキャンプ談義。

4192

↑Iさん自慢のランタンのポンプノブは、自転車の空気入れのバルブが直接差し込めるよう細工されとるのです。「空気入れ使えば1,2回押せばオケーなのだよー」。ひぇ~そりゃスゲぇ。指が痛くならないようシリコンキャップまで装着されてるしー。

我が家のランタンお渡しするから、やっといてくれないかなー(笑。
すっかり話に夢中になって、朝飯の時間が遅くなってしまいました。
ちっこいホッケ焼いて~米炊いて~(筋子は外せないのです)。

4193

↑フライパンの中身は、rikoさん作「もちピザ」。腹にガツンときます。うめーなぁ。撤収前にゲレンデで一暴れ。

せっかくなんで、しつこく動画を貼り付けてみるですよ。



ゲレンデってとこはね、斜面なのですよ。腹踊りしながら実はズルズル落ちていっとるのです。お陰で画像ぶれぶれになっちゃいましたけど。
でもって、サラとQooさんが近くで走り回ってるのに、我関せずですよ…。ようやるわ。



そんなわけで、あっちゅーまに芝まみれ。きちゃない。ほんのり灰色になってるしー(でも家に帰っても風呂には入ってません)
つか、ゲレンデなんだから、走れよ。
なんつってたら…



走りました。ちょっとだけ。
背中に芝背負ったまま(おぢーちゃん芝刈りですかー?)。
つか、ギャンギャン煩いぞおまいら。
一頻り騒いだら、撤収開始~。
3匹は、ちと離れた場所にて待機してもらっておりました。

4194

↑コイツら、遊びに来てた人に写真撮られてたようです。我が家の2匹と待ってるのが嫌だったのか、いつの間にかQooさんは地面に降りとりました。帰る前に皆さんにご挨拶、とゆーかTさんの撤収の邪魔してみたりして。

とことん山とさよならした後は、昼飯食べてとある場所へ向かったのですが…
長くなりそうなので、つづくちゅーことで~。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

(ココログにyoutube貼り付けるの、プコプコタグ打ったんすけど、うまいこと表示されてんのかどうか不安~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

開花前のとことん山キャンプpart1

2階にずーっと放置されてた3ポールスクリーンタープを車に積んで、午前9時にrikoさんちへ。この土日は、rikoさんと一緒にとことん山でキャンプなのです。
rikoさんにとっては、今年初のキャンプ。初キャンプは、やっぱ温泉付きがええもんね。
途中、道の駅でおしっこ休憩&お買い物をして、現地に到着したのは正午。
受け付けに行こうとしたら、温泉棟の前で常連のTさんが手を振っとります。
「いやぁ~久しぶり~グフフフフ~スタッフのAさんが、今日チミたちが来るって言ってたから~」
再会をものすんごく喜んでくれたTさん。思わず勢いでハグしましたが、既に彼は酔っ払っておりました(きっと覚えてないだろ~な~)。

4181

↑リヤカーでお荷物(2匹)を運んで、さぁ設営。設営が済んだら、お昼ごはん。道の駅で買った炊き込みご飯と、ホルモン焼きヤキ~。rikoさんと夫は発泡酒、第三酒、(Qooさんは水)なのに、妻だけEBISU(笑)。

タープの中でうだうだやってると、Tさんが登場。
手弁当持参です。
「今日の晩御飯にね、海苔弁持ってきたんですよー、ウフォフォ」
よっぱのTさんは、蓋を空けて力作(白飯に海苔乗っけて醤油ぶっかけただけだけどねー)を披露してくれました。
でもって、ええ匂いがするのだ、食欲そそる香りなのだ、皆の衆嗅げ!と(笑。
「ははぁー」なんつって、恭しく3人とも嗅がせていただきましたけど。
もぅ、おもろすぎですから!
そういや、無事にこの日の夜、海苔弁を平らげたのか聞くの忘れた~。
近くに設営されてたIさんご夫妻、Sさん(ソロ)、そしてTさんは、なんでも3週連続でとことん山に来ているのだとか。
そんなわけで、連荘キャンパーさんたちに混じってアテクシたちもワイワイ楽しませていただいたですよ。
喉を潤してお腹も満たしたら3匹へご奉公。
ゲレンデを上っていきます。

4182

↑ゲレンデの上の方はフキノトウやカタクリがいっぱいー。おんつぁん、おばちゃんらはフキノトウ、ほんでもってコゴミを収穫しつつ急斜面を上っていきます。雪のないリフト降り場なんて、初めて見たよ。

サイトに戻ったら、早速収穫したブツを調理。
でもね、コゴミは殆ど3匹の腹の中に入ってしまいました…。
夕飯に、Iさんご夫婦からウドの味噌炒めとお好み焼き(人数分だよ、3枚もだよ、多いよ、腹はち切れそうだったよ)をごっつぉーに。
Iさんちの鉄板は、自作らしくて、6,7ミリの厚さがあるとですよ!
もぅ本格的~。
キャンプ場でお好み焼きの出店、やれるぜ。

4183

↑我が家はプルコギ。rikoさんはお手製餃子。3人とも若くないのにね…食いすぎだわよ。

この日は計4回の入浴。毎回タップリ時間をかけて…。
露天の桜は、まだ固い蕾だったけど、ほんのり硫黄臭があって相変わらず気持ちのいいお風呂でございます。
金曜日から連泊のIさん曰く
「土曜の早朝は、そりゃもぅ冷え込んで、一面に霜が降りてたんだよー。真っ白だったんだよー。今晩も寒くなるかもよー」とのこと。
でも、思ったより寒さは感じませんでした。
タケちゃん持参してたけど使わなかったし。
風呂にばっか入ってるし(笑。
お腹いっぱいになったら、睡魔が襲ってきまして。
てことで、9時半頃には思わず3人ともテントに入って寝てしまいました。年寄りは夜がはえーよっ。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

牛野でキャンプ 桜は咲いた…か? part2

先にテントから出てコーヒー飲んでた夫。妻はいくらでも眠れるぞー(思い切り早寝したくせに)。でもBJが臭い。
今日はやることあるからね。仕方ない、起きますか…。

04121

↑おはようございますー。朝ごはんはタラちゃんのホイル焼き。愚犬たちにも朝飯食わせて…うんこはまだ出すなよ、さぁ出かけるゾ。

朝ごはんをちゃちゃっと食べたら、後片付けもそこそこに出かける準備。
お散歩を兼ねて、達居森を歩きにいくのです。
水持ったかー。
シェラカップぶら下げたかー。
ストック持ったかー。
あ、夫、何やら新しいストックを…。ブラックダイヤモンドのトレイルコンパクトです。コッソリお江戸で買ってたらしい。
「だって安かったんだもん…フリックロック式だから今までのやつのように、クルクル回さなくても長さを固定できて便利なんですよ、ホラね」
ふーん(よく見てない)。
夫のものは妻のものー。
ナルヘソ、クルクルタイプだとスノーシューで遊ぶときには、凍り付いちゃって回せなかったりするし、いちいちグローブ外さなきゃだもんね。それがないんだコイツは。便利なんだなコイツは。
ならば、アテクシが使わせていただきます(鬼)。

04122

↑達居森を少々馬鹿にしとりましたが、カタクリの群落は今まで見た中で一番だったかもー。すげーのよ。でも我が家のうんこデジカメでその様子を俯瞰で撮ると、何がなにやら…。悔しいー。復路では思いがけずショウジョウバカマも見つけて、妻、大喜び。

キャンプ場から登山口まで、いつもだったら車を出すところですが、今回は歩きで。
登山口手前から、既に2匹はゼーハーになっとりました。
上り始めて10分。
すげーすげー!あっちもこっちもカタクリだらけ~。
まだ時間が早いからか、花びらは閉じ気味だったけど、この陽気なら復路の景色は期待できるんぢゃなかろうか、と(カタクリは13度以下だと花を開かないらしいです)。
春の山ってええね~。
思わず足取りも軽やかになります。
しかも、この低山は上ったり下ったりの起伏が多いから、足にあまり負担もかからないし。
40分ほどで山頂に到着(早っ)。

04123

↑三角点のケルン状に石が積み上げられたソコには、なぢぇか眼鏡が…。忘れ物ですかー? 途中の休憩ポイントからは、キャンプ場が見えました。肉眼では、もっとはっきり見えたのに…。

展望台でちょっと休憩して、「カタクリは咲いたかな~」なんて言いつつ来た道を引き返しました。
予想的中。お見事! ぎーれーいー(涎)。
いやぁ~、一番いい時期に上ったんだなーと改めて自分を褒めたくなったですよ。ホント、上ってよかった。
サイトに戻ってきたら、お隣の小次郎さんちは既に撤収がほぼ終わっております。
はえっ!
お別れ前に、親睦を深めなさいと我が家の愚犬に勧めたところ…。
ドラ鳴らしながら頭突き&体当たりするサラ(凶暴)。
小次郎さんを素通りして草を食むBJ(牛)。
ちっとも友好的ぢゃありまへん。ごめんなさいねー。
こんなトホホなやつらですが、また会ってくださいですよ。

04124

↑小次郎さんが帰ると死んだように眠る愚犬たち。テント撤収作業でウロウロする妻の足が当たろうが(要するに蹴飛ばした)このままの状態です。生きてるのか心配になったぜ。

そういえば、後から聞いたのですが…。
小次郎さんちとは反対隣には、妻が欲しがってたモールーム をたててたカッポーがおりまして。当うんこブログを見てくださってたらしいのです(夫がそう言うとった)。
妻もお話したかったなぁー(夫婦間で会話が弾んでないのがバレバレですね)。
土日で15組と大賑わいだった牛野も、次々にキャンパーさんたちが帰っていきます。
みんなはえー。

04125

↑シャングリラだけを残して我が家は昼飯。カップラ~。手抜き~。妻の小さな影に体を押し込んで、少しでも涼をとる賢いサラと、頭カンカンに熱くして寝てる牛。

お昼ごはん食べてシャングリラ片しても、うだうだ~ホケ~。
だって気持ちいいんだもん。
こんなにええお天気なら、コットを持ってくるんだったー。

0412imgp4066

お昼をとうに廻って、そろそろ帰ろう…としたとき、あーっ!
コレって、一応、咲いたってことになるよね。1輪だけだけど。咲いたってことにしといてください。
花見キャンプ…でけたってことで(汗。
(ダムの向こう側の桜は咲きかけの桜の花がいくつもありました)

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

久々牛野でキャンプ 桜はまだか~ part1

お天気もよさそうだし、高速道路料金は1,000円になったし、ちょこっと足を伸ばして満開の桜の下でキャンプしたいねー、ついでにアリーさんも出せたら尚のことええわーなんて言ってたんだけど…前日、一目千本桜を見に行った妻には思った以上に疲労が残っておりました。
足がダルいの。
体が重いの。
でもせっかくだからキャンプはしたい。
てことで牛野へ行くことに。
先週、荒沢を歩いた帰りにrikoさんとチラっと寄ったけど、そろそろ桜も咲きそうだったしね。
冷蔵庫をゴソゴソ漁って食材を取り出す妻の動作は超スロー。
業を煮やした夫、一足先に牛野に行って設営だけ済ませてくれるといいます。
んぢゃ、設営が済んだら迎えに来てね。こゆことが出来るから近くのキャンプ場って素敵(笑。
いってらっさい。
程なくして夫より電話があり「桜、まだ咲いてないですよ」とのこと。
え~?ガックシー。
「でも、気温が20度超えらしいから、今日明日で咲くんぢゃないですかね?」
その言葉を信じます。
つか、時間的に、もぅ他のキャンプ場を思い浮かべることがでけまへん。
電話がかかってきた時点で、既にクーラーボックスに食い物を詰め終わっていたため、夫は設営することもなく自宅へとんぼ返り。
妻を拾って再び牛野へと向かったのでした(2往復目)。
牛野に到着して、まず目に付いたのが、先週いたソロキャンパーさん。
テントの上にかぶせてたブルーシートの数が一枚増えとります。
もしかして、ココに住み始めちゃったのー?(笑。
ホカホカ陽気なので、2匹を係留して設営開始。

04112

↑なにやらガシガシ音がすると思って見に行ったら…ガス缶のキャップを噛んどりました。コレ、前人が置いてったゴミですばい。

テント立てて、写真でも撮ろうかと思ったら、バッテリー切れ。
あわわ。
換えのバッテリー、持ってきてないぞー。
騒いでいたら「取りに帰るなら、酒を飲む前に行ってきなさい」と言われ、3往復目~。
アホです。
この勢いなら、風呂入りにちょいと自宅まで…って今後あったりしてね。
サイトに戻ってきたら、お隣にオガワのとんがりテント@ピルツ9がたっとりました。
なんと小次郎さんのサイトでした。びっくりー。
やっと酒が呑めるぜ~。
てことで、焼き物しながらプシュー。お天気もいいし、言うことないね。これで桜が満開だったらサイコーだったんだけど。

04113

↑夫が鉈で割ってるこの木…お江戸で使ってた組み立て式のベットです。リサイクルに持っていったら「説明書がないから受け取れない」と拒否られて、薪になりそして灰になる運命に。サイト横の桜の木に開きそうな花が…明日までにパカーンといってくれるかしら。

小次郎さんのパパに、「BJとサラにどうぞ~」と焼き芋いただきました。
犬に…と言われたのに、一番最初に口をつけたのは夫です。
半分以上腹に入れたのも夫です。
我が家には越後屋がおりまっせ。

04111

↑夕飯はテキトーカチャトーラ。湯で溢しの必要がないクスクスってキャンプには便利かも~。昼間からずーっと読んでた「転職のあいまにバックパッカー」。おもろい。1週間前から滞在中のソロキャンパーさんは、もしかして「転職のあいまに牛野」?。

日がくれると風がダム湖側から吹いてきたので、シャングリラの出入り口を道路側に移動しました。
進行方向と逆に停めてる車(何故?)が視界に入って妙に気になるけど、焚き火を眺めながら酒をチビチビ。
時計を見たら、まだ7時~。
でもなんだか眠い~。
「8時半までは頑張って起きてましょう」
我慢比べのような1時間半を過ごし、2匹にしっこさせたらアスガードに潜っておやすみなさいー。
金~土曜でいらしてたキャンパーさんに、「夜は冷え込みますよ」って言われてたんですが、あちぃーあちぃ。このテント使うんだったら、シュラフは#3でよかったかも。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

一目千本桜~

金曜日の朝、rikoさんから「お花見散歩でもしませんかー」とメールが入りまして。
ならば、せっかくだから船岡まで行っちゃおうぢゃないか、と。
途中、しっこ休憩(人が)も入れて、片道約2時間。なんとか昼前に船岡駅前に到着しました。
ココから、大河原駅まで豚犬連れて歩くのです~。
ザックに丸めた茣蓙突き刺して歩きはじめた妻。その影はまるで「熊、仕留めに行くどー!」のマタギのようだけど(茣蓙が鉄砲に見えたり…)、花見にコイツは必要だもんね~。

04101

↑いつもお付き合いありがとねの梵天丸さん。でもって久しぶりのQooさん。

船岡駅から次の大河原駅までは片道約3.5キロ。
復路は川向こうを歩いて戻るつもりだったけど、日陰がなさそうなので同じ道を行って来いすることに。

04102

↑ずーっとアスファルト路を歩くのは肉球にもよくなかろうと、土手を歩いたりして~。いやぁそれにしても阿武隈川沿いの桜は満開。圧巻です。

大河原駅前の土手には平日だとゆーのに、ちゃーんと出店が軒を連ねとりました。
その前の斜面に茣蓙を広げて小休憩。
とゆーか、昼寝。
のハズだったんですが、道行く人に声かけられて(犬らが)、そのたびにわさわさ犬らが動くもんで熟睡できないー(マジ寝するつもりかよ)。
茣蓙の上だっつーのに、土足でガツガツ上がりこんで、妻の隣に寝てたBJを撫で…るのはええけど、オイ、ソコ、アテクシの髪の毛、思い切り踏んどんぢゃ!いてーっつの!つか茣蓙の上は土禁ぢゃボケッ!
と、マジ切れしちゃいました。
3歳児に(汗。
休憩するときは、道路沿いぢゃなくて、ちと離れた場所にすべきだったと後悔。

04104_2

↑船岡駅まで無事に戻ってきたら、人のしっこタイム。rikoさんの帰りを待つ3匹(3匹?)。BJは仲間から外れて(とゆーか、ヘロヘロ)妻の足元でアザラシ化。

7キロのお散歩、お疲れ様。
梵さんは、なにやら肉球を負傷したとか…大丈夫かしらー?

Imgp3896

↑妻がしっこから戻ったら、我が家の2匹はこの通り。座って待つ忠犬さなんてありゃしまへん。後で気づいたけど、BJの前足の下には、ぺしゃんこになったハエがおりました。おまいが潰した…のか?オエーッ

大河原で食べたのは、途中で買ったコンビニおにぎりだったけど…次回は花見弁当作っていくぞー!
深山山頂でお花見ってどう?>rikoさん
アソコだったらお昼寝を邪魔されることはないよ~ん。
(ただ、上ってみないと桜が咲いてるかどうか分からんとゆー心配が)

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

水芭蕉を求めて

土曜の夜、rikoさん夫婦ときぼこで呑んだ際、そろそろ荒沢湿原の水芭蕉が見ごろだから、行かないかっつー話になりまして…。次の日の日曜日、両者旦那を自宅に残し、女2人と男2匹で行ってまいりました。
数日前にTVで荒沢の水芭蕉のニゥスが流れたからか、いつもだったら数台しか停まってない駐車場は満車。駐車場までのさして広くもない道路の路肩にもわんさか車が停まっております。荒沢湿原は中高年でごったがえしとりますよ、ヒョエー。TVの威力を改めて知らされた瞬間。

04051

↑冬場は自然館前のこの沼地も雪に覆われて真っ白。スノーシューでズンズン歩けるのよね(去年辺りから温暖化の影響か、完全に凍ることが少なくなったみたいだけど)。

2匹を連れて沼の周りに敷かれた木道を歩きます。
んが…歩き始めて数分後、BJの背中が持ち上がり、なんだか力み始めた様子。
うんこだな!と手にしたちり紙をケツ穴の下に広げたら、口からゲボ(そっちかよ!)。
立て続けに2回もゲボ。
くそーっ。
うんこバックを忘れた妻は、途中のコンビニで買ったジプロックにテッシュで包んだゲボ球を入れます。既にパンパン。
ゲボは汚いけど、咲き始めたばかりの水芭蕉や、木道脇に咲いてた紫色のキクザキイチゲは綺麗だったですよ。
やっと、とーほぐにも春がやってきたんだなぁ~。
「沼を抜けて、以前スノーシューで歩いたコースを再び行こうぜ」
なんて歩き出したんですが、木道が途切れるとそこは根雪まみれ。
つぼ足で歩くと脹脛の辺りまでズッポシいっちゃいます。

04052

↑雪がまだまだ残ってる荒沢。この辺りはやっぱ寒いのねー。そういや、去年の今の時期、薬来山上ったけど山頂は雪ドッチャリだったんだ…。

靴の中に雪入り込んでちべたい思いしながら、なんとか対岸へ到着。
こちら側は日当たりもよくて、ホカホカです~。
自然館や山並みを眺めながら、しばし休憩…足元では2匹が枝と格闘しとりましたが。
沼をグルリと1周してさぁどうしよう。
歩き足りない感もあるけれど…とりあえずは腹ごしらえダ。
「薬来の道の駅(ありゃ道の駅なのか?)と橋の中間辺りに、確か蕎麦屋さんあったよね!」

04053

↑手打ちそばの「宗右衛門」さん。かも重そば(1,050円)をチョイス。舟形山の湧き水で打ってるらしいです。

てことで、その蕎麦屋に入ってみました。
ちっこい店だし、さほど期待はしてなかったんだけど、なかなかどーして旨かったです(お汁はかなり濃い目だけど)。
鴨肉がこれでもかっちゅーくらいに入ってたしー(驚。
腹ごしらえしたら、2台の車は牛野ダムへと向かいました。
この辺りから、やっと前日の酒が完全に抜けて元気モリモリになっちゃった妻。
「達居森でも上ろうか?…それともダム1周にする?」
rikoさんに尋ねたら、「ダム1周の方!」と即答されました。
キャンプ場ではソロキャンの方1組と、デイキャンプで訪れたファミリーが数組。

04054

↑キャンプ場とはちょうど反対側のプチ広場で2匹を放牧。妻が棒っきれ掴んで振り回したら(この姿をIさんは「サーカス団の団長さんみたいだ」と言います)、それを取ろうと必死に走り、ジャンプする梵天丸さん。その間BJは突っ立ったまま目で棒っ切れを追うだけ。たまにジャンプしてみるも、地上から5センチ程度しか離れてなかったり…(涙。

ガッツリ走って、ダム湖1周約2キロを歩いて、キャンプ場に戻ったら東屋で小休憩。
ご覧の通り、BJはヘロヘロでございました。
梵天丸さんもお疲れ様~。
今度はキャンプで会えるかな?

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »