« 元旦の尺岳 | トップページ | あだたら高原野営場 Part2 »

2009年1月15日 (木)

あだたら高原野営場 Part1

1月11~12日と、あだたら高原野営場へ行ってまいりました。
野営場に行く前に、「そういや近くに通年営業のオートキャンプ場があったよね」てことで、まずは偵察に。でもってお財布に優しいとこだったら、ソコでもええんでない的なノリで。
そのキャンプ場てのは、「フォレストパークあだたら」でございます。
フリーサイトだけぢゃなくて、電源つきオートサイトもあるし、常設トレーラーや温泉施設もあったりする、どデカくてお洒落~な高規格キャンプ場。
でも、お値段聞いたら基本料1人630円プラスの、フリーサイトなら施設利用料金1,575円(これに入湯税150円が加算されます)とのこと。1泊だったら、2人で3千円ちょいといったところで、まぁ払えるお値段かな、と思ったんですが…。
ペットNGだってゆーぢゃないの。
んだよーっ。
ちぇっ。
「見た感じ『エコキャンプみちのく』みたいだしねー。ココが例えペットOKになったとしても、ど-せ狭い範囲に隔離されちゃうんだよ、フンッ!」
なんて悪態つきながら、フォレストパークあだたらを後にしたのでありました。

01111

↑そうそう、アテクシたちにはポットン便所の野営場がお似合いさ~。てことで野営場に到着したら、駐車場のすぐ脇に設営。サイトと駐車場の仕切りの柵が修理されてて、跨ぐのが大変でした。短足は、こゆとき不便。

真っ白に雪化粧されたあだたら高原野営場に、テントおったてるのは初めて。
時折風が吹いて、設営にはちょっと難儀したです。
リビングシェルの中にハーフムーンⅡのインナーテントを入れて完成。ホントは夫用テントも持参して欲しかったんだけどね…狭いから。でも1泊だし、我慢するですよ。
設営が済んだらビールも飲まずに温泉へと向かいます。
新野地温泉と以前行った鷲沼温泉の調度中間辺りに、赤湯温泉へと続く道があったのですよ。
まだ訪れたことないから、ソコに行ってみたいぞー!と。
んが。
新野地温泉から先は、冬期閉鎖でした。正確には鷲沼まで除雪されてはいたのですが、鷲沼温泉は冬期休業中。赤湯温泉へと折れる道は、そこから先が雪どっちゃり(除雪されてなかったよ)で辿り着くことができませんでした。
しゃーないので、今回も新野地温泉の相模屋旅館さんにお世話になります。

01112

↑脱衣所は当然吹きさらし。脱衣籠の中に洋服を入れると、雪がかかっちゃったり。野天風呂の湯はちと温めでした。なので、上がろうとして~また入って~の繰り返しで結局1時間浸かりっぱなし。

そういや、お風呂で一緒になったおばちゃんに「2階の露天風呂は入った?」なんて声をかけられたんですよね。
旅館の建物の中にも露天風呂があったなんて、知りませんでしたがな。
「でも、そこって泊り客だけが利用できるところなんぢゃないですか?」
そう聞いたら「んなことないがな!」とキッパリ。
でもって「アタシら日帰り入浴だけど、さっき入ってきたもん」と。
へーそうなの?
そりゃ新情報、ありがとうございます。
とその時はお礼を言っておいたのですが…。
でもねでもね。
フロントに戻る途中、階段の前に「2階大浴場 宿泊者以外立ち入り禁止」の立て看板出てましたよー。
いい加減なこと言うちゃ、イカンがな。
ホッカホカのプンプン(硫黄臭)になって野営場に戻ったら、2匹を放牧~。

01113

つっても、ウサギのように走り回るのはサラだけで、BJは牛歩。
挙句の果てには枝に八つ当たり。
行動範囲はリビングシェルを中心に、せいぜい半径2メートルがええとこでした。
お日様が沈むと、気温も一気に急降下。
空にはまーるいお月様が見えます。
(写真に撮ったんですが、どれもボケボケ)
お向かいの温泉施設「スカイピア」に訪れる人もいなくなり、辺りはシーン。
耳を澄ますと、聞こえてくるのは…サラの鼾だけだったり。
静かだー。
静か過ぎるくらいだー。
あぁ幸せ。

01114

↑夕飯は糖尿…もとい、豆乳鍋。随分早い時間に食べちゃったんで、日没後小腹が減ってシェルの中でソーセージ焼いたんですが、このソーセージ、脂が多くて煙モクモク。

そうそう、今回BlackDiamondのオービットを持参したんです。


これ、ダブルフックになってるからカラビナなんか使う必要なくってものすんごーく便利です。
しかも、手の平サイズでちっこいくせに明るいし。
我が家が選んだ最大の理由は単4アルカリ電池が3本ぢゃなくて4本使用てところなんですけど(笑。
「えー!?3本の方が少なくてええぢゃん」とお思いでしょうが、4本セットの電池買って1本余ると「はて、この電池は未使用のものか、それとも使用済みか」で悩むのよね(←要するにダメ人間)。
飲んで食べて、お月様も眺めて…満足したところでテントに入って就寝。
ホントに静かな夜…だと思ってたのに、深夜、エンジン音らしき音が聞こえ始めまして。
その音は30分経っても1時間経っても消えませんで。
「車の音かな。ココで練炭自殺でもするつもりやろか」
なんて隣の夫に声をかける妻。
それに彼はこう答えました。
「炭ならたーくさんあるから、分けてあげようか」
おい。
気持ち悪いんで、おしっこに起きた夫に見に行ってもらったら、駐車場に1台の乗用車が停まってるとのこと。でもって室内灯つけてたけど、しっかり中の人間は動いていた、と。
この車…。
結局、朝までエンジンかけっぱなしでサイト横の駐車場にいたんですよね。
家に帰れない深い理由でもあったんでしょうか。
悩みがあるなら聞いてやったのにー、なんつって。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

|

« 元旦の尺岳 | トップページ | あだたら高原野営場 Part2 »

コメント

この野営場、秋に行った時にGJ!と思いました。
何がって、無料!という点で。なかなか関東にはフリーで無料なく・・・
みちのく万歳と叫びましたm(__)m

投稿: エドヤマ | 2009年1月15日 (木) 21:24

えーっと、相模屋さんの2階大浴場入った事ありますよ。
11時頃行ったら入れてくれました。(いつも入れてくれるのかは判らないけど・・・)
でも2階に露天あったかな??

投稿: くう | 2009年1月15日 (木) 22:12

こんちは~^^
あぁ あだたらいぎてぇなぁ 岳、新野地温泉いぎでぇなぁって思ってたとこです^^
思ってるだけでいけませんがね^^;

フォレストパークねぇ オイラも偵察にはいきましたがね敷居が高そうで^^;
(エゴキャンプみちのく・・・(笑))

駐車場の車はカッポーではなかったのですかな?^^

投稿: simoji | 2009年1月16日 (金) 11:10

あそこ、他にも風呂があったんですか〜。
つか、子連れじゃ、しばらく行けないんですけどネ〜(中でウンコでもされたらタイヘン)

あの駐車場に車が停まってるって、ちと安心して寝られないですね〜。
朝まで、その人は動いてましたか〜?(怖)

投稿: emizo | 2009年1月16日 (金) 17:33

>エドヤマさん
そうそう、エドヤマさんお山のぼるのに来てましたよねー。
ブログみたですみたです!
安達太良山見えるし景色もよくて無料ですもんね。道路側のスカイピアどどーん方面さえ眺めなければ(笑。
冬はポットンでも臭いがなくてええです。

>くうさん
旅館の方の大浴場、露天ぢゃなかったとですか…
今回相模屋さんに行ったら、ロビーに人がうぢゃうぢゃいたんですよ。
お客さんの多い日は野天&内風呂のみで、館内の大浴場は日帰り入浴客禁止とかなのかもしれないですねー。

>simojiさん
駐車場に停まってた車、近くまで行って確認する勇気はございませんでした~(小心者なのよん)
あだたら、行けないの?
あ、ムスコさんいるもんね。
新野地温泉のお湯は、相変わらず濃くて次の日までプンプン体から香ってたですよ。
ええですよね、あのお湯。
フォレストパークにはがっかりやったです。
お値段聞いて、おし、そのくらいなら払ったろ!て一度は清水の舞台から飛び降りたのに(笑

>emizoさん
いや~マジで練炭自殺しに来たのかと思ったですよ。
今回炭を10キロ以上持参してたんで、「分けてあげよう」なんつってた夫の顔もマジで怖かったですけど(笑
ムスメさん、お家のお風呂の湯船でモリモリ~なんてことあんのー?
温かくて気持ちよくて、ついつい緩んで…なんてのはありそだけど。
うんこの手づかみは、アテクシ、既に経験済みなんでサクっと掬い上げましてよヲホホ

投稿: りえぴ | 2009年1月16日 (金) 19:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/27164964

この記事へのトラックバック一覧です: あだたら高原野営場 Part1:

« 元旦の尺岳 | トップページ | あだたら高原野営場 Part2 »