« あだたら高原野営場 Part1 | トップページ | 今年初のとことん山キャンプPart1 »

2009年1月16日 (金)

あだたら高原野営場 Part2

朝6時、目を覚ましたらテントの外からまーだエンジン音が聞こえとりました。7時過ぎくらいにブォォ~ンと帰っていきましたけど。
妻より先に起きた夫は、タケちゃんをつけて、炭熾し。その上「コーヒーでも飲みますか?」と妻に声をかける働き者です。
テントの中をあらかた片して外に出たら、2匹を散歩させて(とゆーか、グルグル同じところを歩き回る感じ)、夫の淹れてくれたコーヒー啜りながら朝ごはんの準備です。
といっても、DFつけて鍋置いて、中にうどんぶち込むだけだけどさ。

01121

豆乳鍋の残りと、炭火で焼いた分厚い牛タン(伊達の牛たん…ちと塩気が強かったけどウメーッ)。
実はこの牛タン、リンクルマンちからの頂き物なのです。うへへ、どもありがとー。
お店で食べるのみたいに分厚いヨ。
んで、その余りの分厚さに、妻、2枚でギブだヨ。
朝ごはん食べ終わったら、ノロノロと撤収作業です。
荷物の積み込みが終わって、あとはペグを拭くだけ…。
この時、時刻は午前10時を回ってたんですけどね。
手にした雑巾が、すぐバリバリに凍って拭きづらいったらありゃしねー。
お日様昇ってポカポカ陽気なのに、見れば気温は-2度でした。
起きたときの気温は、一体何度だったんだか…。
寝ている間は、ちっとも寒いって感じなかったんですけどね。
最近購入した、汗を熱に変えるとかゆーアイスブレーカーのシャツ着てたのがよかったのかも。
あだたら高原野営場とは、これでさよなら。
車は温泉を求めて走ります。
岳温泉を通り過ぎ、ナビが示す奥岳温泉へと向かったのですが、辿り着いたらそこはスキー場まん前の 「あだたら高原富士急ホテル」。駐車場にはスキー客の車が沢山~。
いまいち入る気になれなかったので、次の候補である塩沢温泉へ。

01122

↑源泉温度は34.5度のため加温。内湯、露天の写真を撮ろうと思ったけど、他にも人がいたんで撮れませんでした。露天からの眺めはなかなか。ココに露天の写真が(見たくないのも写ってるけど:笑)。シェルヴェントさんで食べた日替わりランチは、夫がしょうが焼きと鯖の味噌煮の2品がついた和定食、妻は真鯛のポワレとブリの香草岩塩焼きの2品がついた魚定食。デザートは一口サイズのチーズケーキでございました。

お風呂から上がったら、ちょうどお昼。
小さな牧場のその隣に、ちょっと洒落た建物があったので、ソコでお昼ごはんにすることにしました。
お店の名前は「シェルヴェント」。
テラス席もあるから、そこならワンコ連れでも大丈夫かも。
雪どっちゃりだったんで、2匹は車の中でお留守番でしたけどね。
しょうが焼きのお肉はボリュームあったし、お魚の皮もパリパリ。
ドリンクはセルフでお好きなものをお好きなだけスタイル。
おいちかったです。
おいちかったけどね。
和定食にはコンソメスープぢゃなくて、味噌汁の方がよかったかな、と。
あと、牧場の絞りたて牛乳「開拓牛乳」は、「サラっとした飲みやすさ」が謳い文句らしいですが、妻には「水で薄めとるん?」と思えちゃいました(笑。
撤収中しばれるくらい寒かったり、「練炭自殺者?」なんつーちょっとドキドキなこともあったけど、真っ白で以前訪れたときとは違った雰囲気のあだたら高原野営場。
近くには他にもまだ入ったことのない温泉が沢山ありそーなので、また訪れたいゾ!
赤湯温泉にも入んなきゃだし。
てことは、道路が冬期閉鎖解除になってからかな。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

|

« あだたら高原野営場 Part1 | トップページ | 今年初のとことん山キャンプPart1 »

コメント

お寒ございマースsnow
相変わらず元気にキャンプですか
すごいな

牛タン美味しそうです。

投稿: 恵那爺 | 2009年1月17日 (土) 19:02

良かったですね〜、自殺者じゃなくて。
死んでたら、次から常駐の管理人になってるかもしれないから〜。

10時で-2度って、朝はホントに何度だったんでしょ〜?
それなのに、2匹は雪の上て(笑)
ま、食べたら体は温まりますけども〜。

けっこういろんな温泉があるんですね〜。
だけど、冬季閉鎖解除されてても、スタッドレスが無いとあの辺はちょっと不安ですね。
まだ、新しい車用のタイヤ買ってないしw
あ、ちなみにムスメのウンコはまだユルユルで出たとたん湯船中に広がります。
モノスゴイ早業でも取りきるのは不可能かと(笑)
固形になったら、温泉チャレンジっす(爆)

投稿: emizo | 2009年1月19日 (月) 11:40

>恵那爺さん
牛タン、ちょっと塩味強かったけどうまうまでしたー。
やっぱり分厚いほうがおいちぃですね。
キャンプ、1月2月が虫はいないし、人は少ないしのいいこと尽くめで、一番ええ季節ですよー。

>emizoさん
ひゃ~、常駐管理人、見える人にしか見えない!ってかー。怖すぎ~(笑
あ、アテクシ、霊感ナッシングだけど。
雪降ってると、下手に洋服着せると雪球だらけになっちゃうでそ。
だから裸。
嘘。
洋服持って行くと荷物になってかさばるから(笑
次回、スズ家があだたらで野営するときに、ええ温泉を紹介できるよう探しまくりまっせ~。
そんなに距離が離れてなくても、源泉違ったら色やら臭いやら全く違うところが不思議なのよねー。
硫黄臭プンプンの、色のついた温泉だったら、中でゆるゆるうんこしてもバレないかもよー(笑

投稿: りえぴ | 2009年1月19日 (月) 15:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/27195156

この記事へのトラックバック一覧です: あだたら高原野営場 Part2:

« あだたら高原野営場 Part1 | トップページ | 今年初のとことん山キャンプPart1 »