« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月27日 (土)

クリスマスキャンプ 其の2

ゆのさわスキー場をチラ見しに行ったついでに(ちっこいスキー場でした)、スキー場手前にあるレストハウスでお昼ごはん。
日替わりランチを選んだけど、どうも豆腐料理がお勧めだったよーですね、メタボな中年夫婦にはそっちの方がよかったよ、ちぇっ。

12213

↑レストハウス「ゆのさわ」の横には公衆浴場「ゆう林館」がありました。入湯料金ナント大人一人250円ですよ、やすーっ! 途中の道の駅で酒のアテ用にお漬物を購入。タッパー持参して試食をお持ち帰りしちゃう人がいるから、こーゆー注意書きがあるんですよねぇ、きっと。

二匹のお散歩もレストハウス付近で済ませて、とことん山へ戻ったら、早速チャップン(入湯)。
晩御飯にはブイヤベースを建造。
一応クリスマスってことでね。
自宅で作って持ってきたシュトーレンも切り分けて~
白ワインも開けたです。
うめーっ。
この日、Sさんご夫婦は奥様のみが帰宅されて、旦那さんはソロキャンプなんだとか。
てことで、食後は我が家のちっこいリビングシェルにSさんを拉致って強制的に宴会に参加していただきました。
焚き火を見ながらキャンプ談義。
なかなか楽しい時間を過ごすことがでけました。
Sさん、どうもありがとうでした。
またお会いしたときはご一緒してください。今度は奥様も一緒に。
日中のお天気は生憎だったけど、陽が暮れると雲が消えて空には星がビッカビカ。
綺麗~。
だけど、さびぃー。
こーゆーときは冷え込むのよね、なんつってたらやっぱりその通り。
早朝目を覚まして朝風呂へ行こうとしたら、ハーフムーンのフライはバリバリに凍っておりました。
撥水効果がなくなってきちゃったから、フライについた雨粒がそのまま氷になって貼り付いとるんですよ。この氷が撤収するときまで融けず、いやぁ難儀したですよ。
そんなこんなで、「フライシートを洗濯したる!(洗濯機にぶち混んでやろうかと)」と意気込んで一応キャンプの帰りにニクワックスの防水剤なんかも買ったんですけどね。仙台、雪降り&強風続きで未だに洗濯でけとりまへん。

12231

↑最終日になって、やっと雪。シェルの中で「誰かに頭殴られた!」と思って振り向いたら、その犯人はぶら下げていた愚犬用の雑巾でした。こいつもガッチガチ。

耳が千切れそうな寒さ。
こーゆーときは走って体温を上げるのダ。
てことで2匹を連れてゲレンデへ向かったのですが、いやぁ~メタボな犬は動かねーっ。
戻ってシェルやテントに入ろうとするし、挙句の果てにはサラのリードに八つ当たり。

12232

↑クリスマスだしってことで、一応手作りサンタ服を2匹に着せてみまちた。プレゼントなんて持ち合わせてないボンビー子豚サンタ(ち)、スタッフのAさんにいぢくってもらって喜んどりました。何年前に作ったのか忘れたけど、あの頃BJの方の服はこんなにピッチピチぢゃなかったハズ…(涙。

昨日の雨でシェルのスカートについた泥の塊も凍って貼り付いてなかなか取れません。
こりゃ家に帰って水をぶっ掛けて洗うしかないわね、ってことで朝ごはんを食べたら早めに撤収…したつもりが、作業終了したのはいつもと変わらぬ午前11時だったです。
最後のお風呂を頂いてとことん山とはお別れ。
キャンプ場近くにある皆瀬牛と手打ち蕎麦のお店「かえで庵」で、ざるを1枚ずつ頂いて小安峡を後にしたのでありました。
いやぁ、今年もとことん山にはたくさんお世話になりました。
来年もヨロチクね。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

クリスマスキャンプ 其の1

12月21~23日でとことん山へキャンプに行きました。妻、3週連続。行きすぎ?
予想はしてたけど…

Imgp2282

またもや雪がありまっしぇーん。
クリスマスキャンプなのに。
ホワイトクリスマスぢゃなくてグリーンクリスマス。
いや、芝地の草は枯れて茶色だから、うんこ色クリスマス。まぁ我が家にはピッタリ!
お昼に現地に到着すると、土日でいらしていたぽん家とバッタリンコ。既に撤収を終えて風呂に入って帰られるところでした。
今回は、風呂からちと離れた常設テントが設営される場所に妻用のハーフムーンを。この上に夫用のアクトも立てようとしたんだけど、ちとスペースが足りず、その向こう側に設営することにしました。
夜はギューギューより、やっぱゆったり寝たいものね。キャンプ別居、マンセー。
翌日のお天気が雨予報だったんで、土の上よりは枯葉の上の方がまだマシなんでね?とリビングシェルを葉っぱの上に設営したんですけどね…。
タケちゃんつけてシェル内が暖かくなってくると、なーんか臭うんですよ。
カメムシ臭らしきものが。
枯葉の下でお休み中のやつらが、暖かくなったのをいいことに活動し始めちゃったのかもしれません。
夫にはその臭いが気にならなかったみたいだけど…。

12211

↑夜は石狩鍋。固形タイプぢゃなくてチューブタイプのバターを使うと、視覚的に旨さが半減することに気づきました(チューブタイプのやつつかうと、まるで漫画グソ)。食後の酒のアテは味噌こんにゃく。

クリキャンとか言うとりますが、いつものとことん山キャンプとやっとることは変わりありまへん。
散歩して風呂入って酒飲んで風呂入って酒飲んで…ウダウダ。
この日、サイトはSさんご夫婦(11月の3連休にもココでご一緒してた模様)と我が家のみ。
風呂の湯がちと温めだったので、4回の入浴とはいえ湯船に浸かってた時間を合計したら3時間以上だったかもー。
2日目、月曜日の朝。
予報通りの雨ー。
こゆときは、山土だらけのサイトでうだうだしてるよりお出かけしたほうがええのよね、ってことで朝ごはんを食べたら早速車に乗ってGOであります。行くあても別にないけど。
とりあえず車は横手方面へ。
途中の道の駅には、横手やきそば味のドロップなんてのが売っとりました。想像しただけでオエー…でも意外にも売れてるらしいですよ。酒のつまみになるんだとか。買わなかったけど。

12212

↑三又温泉の女湯。浴槽は2つあって、手前は若干温め。奥が42,3度。冷えた体にかなり効きます。ホカホカ~。

とことん山で湯治キャンプとかいいながらも、別の温泉に入るたくなる欲張り夫婦。
横手市の三又温泉へ行ってみました。
(この温泉より先の道路は冬季閉鎖)
ちょうど貸切風呂には先客がいたのですが、空いてれば1000円で利用できるのだとか(4名まで。お友達夫婦とーなんていわれたけど、裸の付き合いしてる夫婦っているのかちらね)。勿論、予約もOK。
今回は男女別に違うお風呂を利用させていただきました。入湯料は一人400円。
お湯は低張性弱アルカリ性の単純泉。無臭で透明のちと熱め(加温しとります)です。
お宿の女将さんが、とっても素敵な方で、風呂から上がったとき蕎麦を打っとりました。
風呂から上がってホカホカの体で次に向かったのはほっとゆだ駅。
ココって駅構内に風呂があるんですねー。
入ってみたい衝動に駆られましたが、なんせまだ風呂から上がったばっか。
次回訪れたときの楽しみにとっておきました。
んで、昼飯食ってサイトに戻ったんですが、つづくーてことで。
(年内にUPでけんのか?)

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

男同士で笹倉山

12月20日。本当だったら、夫の実家へ米を貰いに行く予定だったのです。
「なーんだっちゃ、はっぱこねーなー。早く取りにこねーと新米が古米になるべー」
なんて言われてたからね。
でも、当日の朝電話をしたら親戚のお葬式があるとかで、全員出払って家にいないのだとか。
残念~。
てことで、お天気もいいし、ついでにメタボ対策にと山登りに行くことにしたのです。
といっても、妻は前日「きぼこ」でしこたま飲んだので二日酔い(頭痛なんてのはなかったんだけど、とにかく体がダルダルだったの)だったんで、おうちでサラさんとお留守番。
妻が行ったわけぢゃないから、別にUPしなくてもと思うんだけど、せっかく夫がうんこ写真撮ってきたんでテケトーに(笑。

Imgp2271

↑笹倉山の姥坂手前にて。

姥坂までは薄暗い杉林を歩くけど、ココからは落葉樹ばかり。
短足犬は落ち葉の中を泳ぐように上っていくのです。

12211

亀(の形をした石が二つあるのです)の上に乗って天下取った(気分に浸った)り、獣の匂いを嗅ぎわける優秀な犬のフリしてみたり…。

Imgp2276

頂上から男二人で下界を見下ろしてみたり…。
まぁ、それなりに楽しかったんぢゃないっすかね。
夫にとっては、随分と久しぶりの里山ハイクだったし。
と、思いきや…。
「1時間もかからずに上っちゃって、物足りなかった」というとりました。
泉ヶ岳にしときゃよかったかもねー。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

クリスマスプレゼンツ第一弾

子豚さんの山行だとか、クリスマスキャンプだとかレポはたまっておりますが、我が家にクリスマスプレゼントがやってきたので、そのネタを。
ジャジャーン。
KELTYのテーブルにもなっちゃう「BintoBar」…ではなくて、そのBintoBarにすっぽり収まっちゃうサイズのソフトクーラー「Cooler Binto」です。

Imgp2368

実は、今まで白ガスやケロなどの燃料系を入れる洒落たケースがなくて、ダンボール箱を使っていたのです。
雨や雪にも対応でけるよう、底面や縁にビニールテープ貼って(汗。
でも、そのヘタリ具合もとうとう限界にきてしまいました。
クリスマスキャンプの帰りに、修理に出していたマットを受け取るためWILD-1に寄り、店内を物色していたら、スタッフのSさんが「ボクはSPのソフトクーラーやコレを燃料入れにしてますよ」とナイスアドバイス。
ナルヘソ、防水性の高いソフトクーラーなら液体燃料が漏れて他のものを汚す心配はないやね。
(揮発性の高いガソリンは別に零れてもどーってことないけど、灯油は勘弁してほしいっす)
でもSP社のソフトクーラーを燃料入れに使うなんて、ひゃぁ、もったいない。
だって、アレ、たけーし。
でも、このCooler Bintoなら3,000円でおつりのくるお値段ぢゃないですか。
そのうちBintBarを買う楽しみもあるし…って、その予定は全くないけど。
てことで一つお買い上げすることにしました。
でも、燃料入れにしてはちと大きいのでは? とお思いですよね。
うん。
このクーラーバックの中に、プレゼントが入っているのです。

Imgp2371

DFに続いて、もいっちょ。
灯油も使えるストーブでございます。
それに加えて、こいつ用の燃料ボトルも1本。
(どうも「大は小を兼ねる」的貧乏人気質がもろに出てしまい、またもやデカいのをチョイス)
実はこの火器がメインのお買い物だったわけ。
火器が増える。燃料ボトルも増えた。てことは、ヘタってヨレヨレのダンボール箱がサイズ不足…んでソフトクーラーまで追加購入しちゃったYOてのが実際のところなんですけどね。
表題ではプレゼンツ第一弾とありますよね。
えへへ。
第二弾は、妻が「ほちぃほちぃ」とゴネまくってたもの。
でもね、それは2月中旬にならないと手に入らないのですよ。
いや、別に今でも手に入れようと思えば入るんだけど。
家計のことを考えて少しでも安く、と思ったら2月になるのです。
2月でもええです。
待ちます。
だから、お願い。
忘れ…ないでね。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

またアソコdeキャンプ 其の2

更新サボってたらレポがたまってアップアップでございます。
記憶も定かぢゃないしー(汗。
てことで12月13~15日の後半は超手抜き~。

Imgp2249

朝起きたら積もってました。
つっても、4,5センチ程度だけどね。
場内貸切なので、2匹をフリーにしてみたら、走り回って体温上げる賢いサラさん。

12152

もう一方のメタボ犬は、しっこしたら速攻リビングシェルの中へ。
こんなだからメタボになるのですよトホホ。
DFに火を入れて朝飯建造中、夫は外で朝から残った薪で火遊び。
朝一の風呂にもゆっくり入ったし、撤収後にもまたのんびり浸かったし、やっぱとことん山はええねー。
ここんとこ、お風呂のお湯が温かったりしたけど、今回は女性用の利用者は妻一人だったんで常時適温だったし。
ゆるゆると撤収したけど、午前11時ちょい過ぎにはとことん山を後にしました。
その車中…。

12153

荷物を雑に積み込んだのがいけなかったのか、後部座席の空スペースがいつもより狭く、2匹はこーんな↑感じになっとりました。
13.8キロの上に10キロ。
多分、サラにとってBJは単なるクッションだったのよね、うん。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

またアソコdeキャンプ 其の1

12月13~15日と、またとことん山へ行ってきました。今回は夫も一緒。先週のソロキャンのときに比べて、雪、どのくらい増えたかなーなんてワクワクしてたのにー。
鬼首トンネルを越えて秋田県に入っても、雪ナッシング。
とことん山キャンプ場のサイトにも、全くといっていいほど雪がありまへんでした。
12月ぢゃないみたい。
受付に行くと「うふふ、きてますよー」とスタッフの方。常連のTさん(ソロ)でした。
GOLITEのSHANGRI-LA3だー。てことでナマの三角テントをタップリ鑑賞させてもろたです。
キャンプ場は、Tさんと我が家のみ。静か~。
温泉棟を挟む感じで、ちょいと離れた場所に我が家は設営いたしました。

12131_2

んで、設営が済んだら早速お風呂へ。
女性風呂は妻一人の利用ってこともあって、湯加減最高でございます。
ソロぢゃないけど、今回も本と酒を持ち込んでタップリ長湯させていただきました。
酒飲んで時々ちょろっとお散歩しての繰り返しでダラダラと過ごして、夕飯は鶏のつくね鍋。
食後はせっかくなのでTさんを我が家のリビングシェルにお招きして、3人で宴です。弾む会話に進む酒量。
持参した麦焼酎(だっけ?)を殆ど飲み干しちゃったTさん…、2度も転げちゃったりして…ぶっ壊れました(笑。
やっぱガタパウトチェアーて不安定でしょ?(←妻もぶっ倒れたことありますもの)
傷、その後大丈夫だったでしょうか…。
写真撮る気にもならないくらい楽し過ぎて、あっとゆーまに寝る時刻。
お風呂に入ってハーフムーン2に2人と2匹、ギューギュー詰めになっておやすみなさい。(マジで狭いね。結露もスゲーし。キャンプ同居するなら、やっぱもぅちょい広いテント、ほすぃー)
日曜日の朝7時。ユルユルとテントから出て、まずは朝風呂。

12141_2

↑6インチDOでお米を炊いて筋子とお味噌汁で朝ごはん。Tさんに頂いた朝めしのりがウマー(次は味付けぢゃないやつもくださいです:笑)。道の駅東由利のお食事処「やしお」で、夫が選んだのは蕎麦の実入りのそばめし定食、妻は味噌カツ丼。期待してなかったけど、どちらも安くて美味しかったですゲフーッ。メニューに載ってたデコレーション炒飯の写真にびっくら。誰か頼んでみてくださいー。

「本日は午後3時を目標に撤収します」というTさんを残して、我が家はお出かけすることにしたのです。
「海を見に行こう!」「鳥海山も見たいー」なんつって。
んが、日本海の遠いこと。
100キロ近くあるのね。
てことで、ヘタレ一家は八塩の辺りでUターン。ちょうど腹も減ったことだし「道の駅・東由利 黄桜の里」でお昼ごはんを食べることにしました。
この道の駅、温泉もありましたよー。
んで、この道の駅の近くでキャンプ場の看板を発見したので寄ってみることにしました。

Imgp2210_2

八塩いこいの森。
ドドーンと広い駐車場。
その横にはパークゴルフ場があって、数名の方たちがゴルフを楽しんでおられます。んが、施設自体は多分冬季閉鎖中。だって、トイレ棟は閉まってたし…。
てことは、あの方たち、おトイレ行きたくなったらどーしてたんでしょね(笑。
いこいの森には散策路もたくさん~。手入れも行き届いております。
お天気もいいし、気持ちいい~。
いこいの森に辿り着く前に見た看板には、八塩オートキャンプ場て文字を見たような気がしたのに…
八塩ダムの周りにあるサイトはオートはできない感じ。
うーん、多分こりは八塩オートキャンプ場ではなくて、いこいの森キャンプ場なのですね。
でも荷物の搬入は車を横付けできるみたいだし、サイト利用料はHPで見ると1泊1,000円。
いいかもー。

12142_2

↑サイトの前にはちっこいけど八塩ダム。カヌーをエントリできそうな石の階段が設置されとります。実際、管理棟でペダルボートが借りられる模様。カヌーの持込がOKなら、ますますええトコなんでない?このキャンプ場。

散策路には桜の木。
ワンコと一緒に歩くところはいっぱいあるし~、八塩いこいの森キャンプ場は春にでも訪れてみたいな、と思ったキャンプ場だったです。
八塩オートキャンプ場は結局ドコにあんのかわかんなかったけど(笑。
2匹も満足したところで、さてとことん山へ。
戻ってきたのは3時過ぎ。
ちょうどTさんが荷物を車に積み込むところでした。
よかった、サヨナラのご挨拶に間に合って。
また近いうちにお会いしましょう!
我が家はもう一泊。
Tさんが帰ると完全に貸切になっちゃいました。
ますます静か~。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

雪中ソロキャンプ2日目

サラの鼻飛沫を顔面に受けて目が覚めた午前3時ごろ、おしっこのついでに温泉へ…行こうとしたら、インナーテントの横ちょに引っ掛けていたタオルは完全に凍っておりました。カッチカチ。
おぉさぶさぶー。
かかり湯したら、ぎょえー。すんげー温い。
見れば、加水用のパイプが完全に外れて(普段はこのパイプにホースを突っ込んで、洗い場に流れるようになっとるのです)水がジャバジャバ湯船の中に入っとります。
多分アレだね、ガキんちょらが外したんだね。
バカチンがぁぁー!
お陰で白々と夜が明けるまで浸かっているはめに。
手足シワシワ。

12071

↑夜中のお風呂も撮ってみたり~。風呂から上がった後も、真っ暗な中一応雪掻きはしておいたのに…朝起きたら更に積もっていて、風呂まで作っておいた轍もなくなっておりました。

午前6時前、風呂でギャーギャー騒いでいる団体の声で目を覚ましました。
迷惑そうな2匹を連れて、まずは朝のお散歩。
残ってた野菜は見事にカッチカチ。
ウォーターキャリーに汲んでおいた水も凍っておりました。
てことで、しばし暖をつけて前室を暖めます。
昨夜のもつ鍋に凍ったままの野菜と、ラーメンぢゃなくてうどんをぶち込んで簡単に朝ごはん。
(雪が降ってなかったんで、DFのプレヒートはちゃんと外でやりましたばい>夫)
2匹をテントの中に残して、妻は車の雪降ろし作業へと向かいます。
駐車場の積もった雪は、この後綺麗に除雪されとりました。
その後はちんたら撤収作業。
レヂャーマット引っぺがしたら、インナーテントのボトムはグッショリ。あちこちに水溜りが出来ておりました。すげー。

12072

↑青空も広がってお天気良好。たまには、と2段目の湯船からも写真を撮ってみたりして…。

撤収で一汗かいたんで、最後にゆっくりお風呂。
ホッカホカになって出ると、風呂棟の前でぽんママさんとmamakoさんがフジカちゃんを囲んでお喋りしてたので図々しくもお仲間に入れていただきました。
いやぁ、思いがけずローカルな話に花が咲いて、楽しかったです。
そういえば、ワンコさんたちの写真を1枚も撮ってなかった~(汗。
両家ともご近所さんだし、ワンコ連れなので、今後もどこかのフィールドでお会いしそう。そのときは、またよろちくですよ。
この後、お風呂に入るという両家の皆さんとさよならして、一足先にとことん山を後にした我が家。
その帰り道、ちょうど午後散歩の時間だしってことで、牛野ダムに立ち寄ってみました。

12073

↑雪はところどころに少し残る程度。サイト周りの植栽は盛り土もされて綺麗に整備されてました。

あちこちクンカクンカ匂い嗅いでばっかで、ちっとも前に進まない愚犬2匹。
後で知ったけど、chieさんたちがいたんですねー。
ごんたむさんたちの残り香が気になってたのかちらん?

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

雪中ソロキャンプ1日目

まー、なんちゅーか、凹むようなことがありましたが、とりあえずキャンプ場について受付を済ませたら早速設営。
場内には既にリビングシェルが二つたっておりました。
シェルティー飼いのぽんママさんファミリーと、チワワ飼いのmamakoファミリーさんの2組。
どちらも始めましてです。
ソリに荷物を積んで運ぼうとするも、サイト手前のアスファルト道の坂道には雪なんてありゃしない。そう、サイトにもサラっと雪がかかってる程度だったのですよ。
なので、踏み固め作業やら面倒な雪かきはいらず、短時間で設営を終えるハズ…だったのに久しぶりのLXの前室クロスフレームに少々梃子摺ってブチ切れそうに(笑。
ついでにペグの本数の多さにもイラついたりしてー。
3往復目で愚犬たちを車から出して、まずはお散歩。

12061

↑設営時からハラハラ降ってた雪は、しだいにワシャワシャ。今回は犬椅子もナシで、散歩から戻ると即テントの中。前室のDドア開けて2匹をテントの中にぶち込む際、雪がテント内に入り込んで四苦八苦でしたわ。

雪で冷えた体は、犬用シュラフとホカロンと己の体温でなんとかする愚犬たち。
一方の妻は単行本と酒持って風呂へ。
あぁ、人間に生まれてきてよかったわい。
でもね、屋根つきの半露天の一番上の湯が若干温めで、1時間浸かっててもさて上がろうと湯から出るとプルってしまうのですよ。
あがれねー(笑。
2段目の湯は適温だったけどね。

12062

↑雪が降り込まないようメッシュは閉じ、キャノピーを開けて風呂の出入り口を見ながら晩飯の準備。焚き火テーブルの天板だけを雪の上に敷き、その上でDFのプレヒート。炎がこのあともっすごデカくなって、ちとビビる。メニゥはとんこつラーメンの液体スープ使った適当一人もつ鍋。唐辛子(5本分)入れすぎ?大蒜も3カケ入れまちた。くさー。

長風呂から戻ると既に辺りは薄暗くなっておりました。
ランタンに灯を入れねば…なのですが、持ってくるつもりだったフェザーランタンを忘れてきちゃいました。白ガスは車に積んできてたのに。アホやー。
でもって、ヘッドランプも予備のイーライトの方しか持ってきてないしー。
LEDランタン点けたら、こっちはチカチカ点滅しっぱなし(クリスマス仕様かよ)。おまけにスイッチ何回押しても消えやしないのですよ(壊れた模様)。
ま、手元と本の活字さえ読めればどーってことないんで、ええんですけどね。
でもチカチカはかなりムカつく。
ちっこい椅子も忘れたのでテント内のマットに尻をついて、前室に両足投げ出す感じで調理開始。
雪がもっとどっちゃり積もってる状態で設営してたら、前室の雪を掘り下げて座りやすくなってたのかもしれません。
激辛臭々鍋で体はホカホカ。
暖をとる為に一応、を持参したのですが、次の日の朝、ちょろっとスイッチを入れた程度で殆ど使用しませんでした。
なんたって、さぶくなりゃ風呂に行きゃええですしね。
てことで、食後しばらくして再び風呂へ。
んで、お風呂で本日のキャンパーさん、ぽんママさんたちと一緒になりしばし裸のお付き合い~。どちらも仙台にお住まいで、ナント、ご近所さんだったのです。
いやぁ、世の中狭いねー。
お二人が上がられた後も妻は温い湯に浸かって粘ります。
するとお二人と入れ違いに、ガキんちょどもがワラワラと風呂へやってきました。
どうも交流センターに泊まっている集団らしく、男湯には同時に大人(引率者?)も入ったハズなのにどちらもギャーギャーうるさいったらありゃしない。
しかも女湯の方には小学校3,4年と思える男子まで入ってきてるし。
んで、このガキんちょらがかかり湯もせずに湯船に飛び込んでくるんで、おばちゃん風呂桶掲げて思わず叱り飛ばしました。
ガキんちょらはこんなおばちゃんを無視して「下に行こう~」なんつって、2段湯へ。
ムッキー。
露天で暴れるだけ暴れて、再び一番上の湯にやってきて飛び込んだり湯をバシャバシャ叩くんで、再度一喝。
その間、男湯からは大人の騒ぐ声が響いておりましたけどね。
あの指導者にしてこのガキらか、と思ったですよ。
つか、おまいらのせいで本がびちょ濡れぢゃねーかっゴルァ!!ですよ、んもぅ。
ガキんちょらが上がって静かに雪見酒。
一体、何時間湯に浸かってたんだか(汗。
今回はちょっと荷物になったけど下からの冷気を考えてコールマンのパタパタマットも持ってきたのです。レヂャーシート2枚重ねの上にコイツを敷いて、更にZライトも敷くのです。
2匹は犬用シュラフ(3シーズン)で、妻は一人で…と思ってたのに、妻がシュラフに入るとBJが待ってましたとばかりにもぐりこんできました。横を向くとシュラフから顔だけをだしたサラ。
足元はBJブタンポでヌクヌクとゆーか暑いくらい。
雪対策と長湯効果で(湯あたり?)背中も朝までホカホカ…だったのですが。
ぶーぶー。
ブシューブシュシュー。
鼾が超煩い上に、時々鼻水シャワーが飛んできて、何度も目を覚ましたのでした。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

出だしで凹んだ雪中ソロキャン

12月6~7日の土日、1人と2匹でとことん山キャンプ場へ行ってまいりました。
久々のソロってこともあって、前日にちゃんと道具をチェキラしたハズなのに…忘れ物多すぎ。
まぁ忘れ物なんて、なきゃないでなんとかなるもんなんですけどね。
そんなことより…。
道中の雪にはまいりました。

Imgp2073

↑鬼首のトンネルを抜けて、秋田県に入ると一気に雪量が増します。普段は除雪され圧雪状態なんで、なーんてことないんですけどね。

お昼過ぎに現地に到着する感じで、のんびり出発したのがいけなかったのか、秋田県に入ると路上に積もった雪が融けだしてシャーベット。
轍にハンドルとられそうになること数回。
安全運転で行かnever~と、普段以上にスピードを落として走行いたします。
んが。
皆瀬町に入ったところで、キンタマの縮み上がるような体験をしました。キンタマ持ってないけど。
右にカーブした緩やかな下り坂。
多分時速40キロも出てなかったと思うのに、妻の運転する愛車が横滑りして、左のガードレールにあわやぶつかりそうに。いやマジで、ほんの数センチ手前で難を逃れた感じだったのですよ。
ガードレールの向こうは崖。その崖下には皆瀬ダム。
あぁ、落ちるな。
死ぬな、アテクシら。
気持ちは早々と諦めとりましたが(愛車がひっくり返って崖下に転落しているシーンが思い浮かびました)、体が拒否しとりました。
左のガードレールを寸でのところで回避した愛車は、今度は対向車線に滑っていき、右側に広がる田圃だか畑だかに突っ込みそうになったのです。これもなんとかかわして、しばしケツを振りつつやっとのことで体勢を立て直し、元の車線に戻ったのですが…。
制御の効かなくなった車って怖いと実感した数秒間。
対向車が来てたら、でもって後続車がいたら、それらを巻き込む大事故になったかもしれません。
こえぇ。
つか、こゆときってブレーキ踏んだほうがええの?
妻はブレーキが怖くて踏めず、ギアを落として、あとはハンドル操作でなんとかすることしかでけませんでしたが。
あーもぅ、忘れ物した挙句に恐怖の体験まで。
こりゃ、ソロキャンプはやめといたほうがええとゆーお告げなんでないか、とも思ったんですが、既にとことん山キャンプ場は目と鼻の先。
Uターンして自宅に戻るほうが危険ぢゃんか、ってことで現地へ辿り着いたのでありました。
去年よりもハンドル取られる感覚が多い気がしたし…もしやこないだのタイヤ交換で、夫は夏タイヤから夏タイヤに換えたんでねーのか?なんて疑っちゃいましたがな。
んなわけないだろうけど。
でも実際、お散歩友達のIさんちのご主人は「タイヤ交換済んだよ!」なんつって、夏タイヤから破棄するつもりだった前の夏タイヤに交換したことがあるのですよプププ。

Imgp2086

↑1人と2匹の住処はランブリ2LX。到着したときには、さほど雪は積もっておらず、踏み固め作業もいりませんでした。が…設営中、どっかどっかと雪が。チラチラとかそんなぢゃなくて、もぅウヂャウヂャ。なのに、なのに…。

そう。
前述した忘れ物。
その一つがレインウエアだったのです。
「これ、持って行かなきゃ」とわざわざ出しといたのに、ザックに入れ忘れるボケっぷり。マウンテンパンツだけはいれといたけど。
そんなわけで、スタッフのAさんにお借りしました。
いやぁ、マジで助かりました。どうもありがとです。
他にも忘れ物がタクサーン。
一気にリストアップすると、「あのとき死んどきゃよかったんだよバーカ」て気になるので、改めてUPすることにします。

あ、ズルズル体験中の2匹ですが、直後に心配になって後部座席を振り返ったら、2匹とも寝こけとりました。
サラなんてヘソ天で。
信じられん。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »