« 桧原湖でカヌーキャンプPart1 | トップページ | 桧原湖でカヌーキャンプPart3 »

2008年11月 7日 (金)

桧原湖でカヌーキャンプPart2

ママキャンプ場2日目の朝は、それはそれはさむぅございました。
冷えた空気はキ~ンとして、目覚めはよかったけどね。
午前6時前に外に出てみると、いやぁ~ココも小野川湖の庄助キャンプ場同様、たくさんのカメラマンさんたちが…。

11021

↑テントもカヌーもパドルも真っ白。ちべたぃ~。大砲みたいなカメラ抱えた人もおりました。雲が少ないとよかったのにね~。

あ、昨夜寝るときにテントの中が「なんか臭い~」なんて思ってたんですが…
その原因は、次の日の撤収時に判明いたしました。
妻や夫の加齢臭やBJが垂らした肛門腺なんかではなく、カメムシだったのです。
実は、時期的にマズかったのか、キャンプ場付近はカメムシと緑色の小さな蜘蛛が大量発生(あと黒いナメクジも)しとりました。(カメムシが大量発生した年の冬は大雪になるってホント?)特にトイレにこのカメムシ軍団が居座っておりまして。
ママキャンプ場のトイレは、ポットンですが掃除がされていて、スリッパに履き替えることになっとるんですよ。
で、扉を開けて、そこに並べられたスリッパを履き、便器に向かって一歩踏み出したところ…。スリッパの置かれていたハズの場所に、黒いスリッパの跡がクッキリ。
あんれ?と目を凝らすと、その黒いスリッパの跡がワシャワシャと動きましてね。
イチカメムシー、ニカメムシー、サンシーゴーイッパーィ、キャー!
スリッパの下が、カメムシ一家(超大家族)の住処になっとったのですキョエーィ!!
やつらは、臭いだけでなく、飛ぶとゆー技まで持ってます。
多分、妻か夫、あるいは愚犬たちに貼りついたままテントの中に侵入したんでしょうね。
何処に行ってもなんだかカメムシ臭が纏わりついてくる感じがしたのは、マットの下で圧死したカメムシ2匹(長男と次男か?)の怨念だったのかもしれません。よーするに、妻と夫で仲良くカメムシ潰した状態で寝とったわけです。そりゃ臭いハズだわ。
臭いものにはとりあえず蓋をして…いや、このくらいにして、さぁ朝練に出発チンコー!

11022

↑寒いので2匹は抜きで早朝湖上散歩。「磐梯山が呼んでいる!」なんつって、お山に向かってひたすら進む~。

気温が低いため、湖から蒸気霧がモクモク。
幻想的~。
ま、温泉のようにも見えなくもないですけどね。裸で飛び込んだら、確実に風邪ひく。つか死ぬ(笑。
桧原湖も小野川湖と同じように、浮島が多く点在していてカヌーをするにはとっても楽しい。
この浮島、でっかい岩が重なってできたものばかり。もしかしたら過去2回に渡って磐梯山が噴火した際、ココまで飛んできたのかもしれないですね。
浮島にゴロゴロ転がるでっかい岩を見つめつつ、こりは磐梯山の抉れた箇所のどの辺に位置してたものだろう、なんてふと考えてみたりして。
妻がそんな感じで昔に思いを馳せてると、夫が「今、噴火してでっかい岩が飛んできたらどうしますかー」なんてことゆーもんだから、サイトに慌てて引き返す(笑。
午前8時、サイトに戻って2匹の散歩を済ませたら朝ごはん。
昨夜のもつ鍋にラーメン入れてハフハフ~。

11023

↑お昼用に「ささき亭」までパンを買いに…いやぁ、ここのレジ担当のおばさんが、宇樽部キャンプ場の管理人並みに無愛想だったりするのよねー(笑 お店を出た瞬間、夫が「スマイルは0円です!」とか呟いてましたわ。

前日から、夫が「ささき亭のシナモントーストが食べたい!」と言ってたので、食後は車にのってお出かけすることに。
別にキャンプ場のトイレを避けてるわけぢゃないのよ~(笑。
桧原湖には、船で渡って行くキャンプ場がたくさんあるのです。
でも、船で渡るからって別に浮島にあるわけぢゃなく、車が入れないだけの陸続きの半島。
歩いてキャンプ場に行くことはでけるのです。

11024

↑どのキャンプ場もオフシーズンでクローズ。狭いエリアにたくさんのキャンプ場が密集してるから、各キャンプ場の境界線がイマイチわからず…。

桧原湖探勝路をプ~ラプラ。
このキャンプ場はアリかなー、こりゃヤだなー、なんて言いつつ。
気になったのは、いかり潟キャンプ場。

11025

施設が綺麗なのはもちろんだけど、テントサイトからの眺めがよくて、カヌーのエントリもしやすそう~(カヌーのレンタルもあります)。
あ、船で荷物や人を搬送すんのに、リジットカヌーなんかはどうすんだろか…。
そいつに荷物乗せて、自力でキャンプ場に行けよ、ってか?

キャンプ場エリアをずんずん進むと、吊橋があって、その先を更に進むと休暇村があるらしいのですが(全6キロ)、3キロ地点の展望台で引き返した一行。
ヘタレです。

11026

↑3キロ地点にあった展望台東屋にて記念撮影。復路で松原キャンプ場をじっくり観察。

松原キャンプ場…。
実は10年以上も前に飲み友達と(サラもおりまへんでした)キャンプをしたところなのです。
懐かしい~。
当時、どこにテント張ったんだっけ? なんて言いつつサイト内をウロウロ。
HPを見たら檜風呂もあるみたいなのに…風呂に入った記憶なんてないぞー。
6キロのガッツリ散歩を済ませてママキャンプ場に戻ってきたら、遅めのお昼ご飯です。

11027

↑パン食べた後は、温泉へ。キャンプ場にいた時間が少なかったりしてー(笑。この大衆浴場も、前日訪れた「たばこや旅館」さんと同じ集落にあります。こちらも源泉掛け流し。つか、たばこやさんと源泉同じ。

コーヒー飲んで(妻は酒飲んでたけど)、さてどうしましょう。
風呂に行きましょう。
てことで、昨日と同じほうへ車を走らせます。
大衆浴場です。
入湯料はたばこや旅館さんと同じ400円。
シャンプー、ソープも常備されとりました。
女湯にはおばあさまが一人。んで、このおばあさまが上がると、妻、貸しきりなのをいいことに、腹這い状態で浴槽の向こう側に両足、こちら側に両手を掛けて腹を上下に動かしてドルフィンダンス~♪なんてことやってみたり。
だって、ちょうど浴槽の大きさがピッタンコだったんだもの。
その話を夫にしたら、「風呂でそーゆーことをやってる子供がいたら、やめなさいと真っ先に私は注意します」だって。
でへへ、実は昨日たばこや旅館さんでも同じことを妻、やっとりました。
ホッカホカになってキャンプ場に戻ってきたら、腹を空かせねばと再度湖上へ。
ちと風はあるけど、寒いっちゅーほどではなかったんでサラだけをアリーさんに乗せて出発です(BJはフロントラインしたばっかだからね。もしものことがあったらいかんと思って車中です。爆睡しとりました)

11028

↑昨日忘れてた焚き火も楽しみました。EBISUの赤を初めて飲んでみたけど、うまいね、これ

サラを乗せて進んだのは、午前中とは反対側のキャンプ場から向かって左側。
こちら側は浮島が殆どありまへん。
磐梯山から遠くなるからかな。
カヌーをやるなら、右側のほうが見所満載で楽しいかと。
暗くなる前にサイトに戻って晩御飯。
今夜のメニゥはカニ鍋ですよー。

あぁ、鍋からはみ出るくらいでかいカニを食えるような余裕が欲しい…(笑

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

|

« 桧原湖でカヌーキャンプPart1 | トップページ | 桧原湖でカヌーキャンプPart3 »

コメント

出遅れてる間にpart2に。
小野川湖、あのトイレがあんなに綺麗になってたんですね〜。
妊婦にあのトイレはキツそうだと思ってたんで、
綺麗になってたんだったら〜とクヤシいっす。

この辺りはホントにオサンポコースが多いですね〜。
我が家はタカハシ家と一緒に時にくらいしか温泉にいかないのですが(風呂なんか入らんし・汚)
意外とリーズナブルに温泉があるんですね〜。
来年はいろいろ行ってみるす〜。

投稿: emizo | 2008年11月 7日 (金) 15:11

りえぴさん、チョイご無沙汰しておりました。
いいなあ、寒そうで(笑 でもこの時期、穴場なんですよね~空いてて。
そうかあ、裏磐梯も探せばいいポイントいっぱいあるんですねえ。
大衆浴場ってのが土地柄を表現しててGJ!

投稿: エドヤマ | 2008年11月 7日 (金) 18:23

ご無沙汰してます。くうです(忘れられてるかも・・・)
一ヶ月ぐらい前、磐梯山登った後にこの野営場の看板みつけたんスが300メートルで戻ってきました。
あいかわらず根性なしです。

んでその後にちょうどこの大衆浴場(湖望の湯だっけ?)へ。あの温泉はいつ行っても空いてるんスかね。
あー冬はワカサギ釣り客で賑わうのかも。。。
それではまた~

投稿: くう | 2008年11月 7日 (金) 20:20

こんばんは~^^

小野川湖にも行ってみたいし 桧原湖もいってみた~い^^

カヌー 温泉 鍋 。。。しかも モツ に カニっすか~ たまらんですネェ

手抜きプレヒート 参考いやマネさせていただきます(笑)

投稿: simoji | 2008年11月 9日 (日) 20:31

>emizoさん
ひぃひぃ、レポがなかなか追いつきまへんです(焦
庄助にはビックリでしょー。
もぅシーズンオフになっちゃうけど、来年は必ず行かねば!と思ったですよ。トイレが綺麗なうちに(笑
桧原湖周辺て、ワンコには優しいっすね。
人にも優しくリーズナブルでいてくれると、もっとうれしいんだけどー(笑
最近、キャンプ=温泉に入れるてのが定番化してきつつあるです。
身体が温泉を求めるのー。

>エドヤマさん
これからは、どんどん穴場キャンプ場が出てくるですよねー。
裏磐梯行かれた際は、是非大衆浴場に行ってください。
わしは、この大衆浴場で、ばーさまに「学生さんか?」と尋ねられました。
若返りの効果もあるらしいです(笑

>くうさん
忘れてませんがなー。
1ヶ月前までは、ママキャンプ場の看板、ちゃんとあったのー?
おかちぃな。
「そろそろ今シーズンの営業終わらせるかなー」てことで看板はずしてたんだろか(そんな面倒な)
ところで磐梯山てうちの足の短くて太目の愚犬でも上れそうな山なんすかね?
上ってみたいなーとは常々思ってるんですが…

>simojiさん
息子さんのキャンプデビュー、いつになるんでしょね~。楽しみですね。
カニ鍋のカニは、鍋に入れずにそのまま食うたほうがよかったです(笑
鍋にいれっぱだと、味なくなってやんの。
DFのプレヒート、シェルの中でやるときは気をつけないと幕体に炎が!なんてことになるものね。

投稿: りえぴ | 2008年11月10日 (月) 18:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/25105454

この記事へのトラックバック一覧です: 桧原湖でカヌーキャンプPart2:

« 桧原湖でカヌーキャンプPart1 | トップページ | 桧原湖でカヌーキャンプPart3 »