« 桧原湖でカヌーキャンプPart3 | トップページ | 初冬キャンプ2日目 »

2008年11月11日 (火)

高塚高原が夏井川渓谷に変わっちゃったヨ、キャンプ

11月8~9日、久しぶりにソロキャンにでも出かけようかなーと思っていたら、週末、夫が仙台に戻ってくるという。
だったら行きたいトコロがあるのですよー。
ソロだと行けそうもないから(行きはルンルンだけど、遠いから帰りの運転が心配)、ソコに是非連れてってくださいな。
てことで、向かいました。
とどさんが先週訪れてた高塚高原キャンプ場。
オートキャンプ場なのに、利用料無料、おまけに施設もとーっても綺麗。場内には、ワンコも楽しめる散策路がたくさん!ってのも魅力的ぢゃあーりまへんか。
目的地が近づくにつれて、興奮してくる妻。
と、その前に、チト時間が早かったので「いわなの郷」とゆー看板を発見して、立ち寄ることにしました。
駐車場に我が家の愛車を停めたら、4,5台の車が間を置かずに入ってきました。
釣堀目的のお客様だった模様。

11081

↑施設内はとっても綺麗。コテージでお泊りもでけるようです…が、キャンプがOKかどうかは聞いとりまへん。見晴台まで上って2匹の写真を撮ってたら、BJのケツの横にナナフシくんが! 普通のナナフシくんよりも、ちとメタボ気味。

このナナフシくん、漫画チックとゆーかオモチャのような顔してて、なかなかキュートぢゃないですかっ! それにちょいとデブなところも、妻のハートを鷲づかみ(笑。
ヤスマツトビナナフシとゆーんだそうです。クン付けで呼んだりしてるけど、「本種は単為生殖を行います」ですと。てことは、女なんですかね。
全く動こうとはしとりませんでした。
「死んだフリが得意」なんだそーな。
そんなぢゃ、天敵に食われるで(笑。
ええもん見たな~と満足したところで、キャンプ場へ…。
行こうとしたのですが、ちと風が強くなってきたので(このときは、そのうち風はおさまるだろうと思ってました)「かわうちの湯」へ。
実は、助手席に座ってるとどーしても眠くなってきてですね。
夫には内緒だけど、湯船に浸かりながらウトウトしたかったのです(笑。

11082

↑入湯料は500円。HPには「アリカリ性単純温泉。肌がつるつるになる美人の湯」なんて書かれてますけど、温泉って感じはしなかったなぁ。館内には地元の小学生の絵や習字が展示されとりましたが、その中の一枚に釘付け。大胆!どんだけ草ボーボーの草原なんだろか、と想像を掻き立てられますな。原とゆー字のガンダレがリーゼントに見える(笑。

お風呂に入ってスッキリ目覚めた(笑)ところで、レッツラゴー。
目的のキャンプ場は、高塚山の山頂付近にあるのです。
車で山を上っていくうちに更に強まる風。
時折、愛車が浮いてるよーな気もします。コエーッツ!
んで、とりあえず管理棟前前の駐車場に到着したんですけどね。
脇にある風力発電のプロペラが今にも飛んでいきそうな勢いでブンガブンガ回ってるし、降りる気にすらなりまへんでした。そもそも管理人さんすら来てなさそうだし(笑。
どうしましょう、なんつって車内でウダウダしていると、一台の車がやってきて、2人の女性が出てきました。
どうも、この強風の中、ハイキングをするよーです。
すげー。
女性の髪の毛が重力に逆らって、ぜーんぶ空向いとるがな。
でもって、車から出したトレッキングシューズを地面に置いた瞬間、コロコロコロ~。転がっていきましたがな。
そんな状態なのに、今からお山に上るなんて、ダダダダ、ダイヂョブナンデスカ?
何かあっても知りませんよー。
携帯、圏外だし。
アテクシたちは、この強風、とゆーか暴風の中、テントを設営するなんてとてもぢゃないけど無理。
(この日は、立ってることもままならず、写真が撮れませんでした)
明日、お天気よかったらまた来てみましょうってことで、指を咥えながらキャンプ場を後にしたのでありました。
ほいぢゃ、今日はいったいドコに泊まろうか…。
山を降りても、川内村の中をグールグル。
もぅこのまま帰ってもええわぃ、くらいテンション下がりまくりの妻。
でもって、なんだかイライラ。
「そのイライラは空腹から来るものです」
てことで、途中で見つけたCafe「DANONY」さんへ。んもぅ、川内村を知り尽くす勢い(笑。

11083

↑妻は4種類のカレーの中から2種類をチョイスできるカレーセット。夫はハンバーグセット(だったっけか)。どちらもサラダバイキングつき。店内には美味しそうな手作りパンも売られとりました。

川内村から近いほかのキャンプ場といったら…。
かわうちの湯に行った際、ロビーに「夏井川渓谷MAP」が置いてあったのよね。
てことは、夏井川渓谷キャンプ場がココから近いんでね?
ヨッシャ、決定~。
(以前訪れた際、ゲートボール場みたいなキャンプ場だったから、イマイチ気乗りしなかったけど、贅沢言ってるばやいでなかったり)
そして着いてみて、思い出しました。
ヤジタロウ家やうーたん家と一緒にキャンプした際、この場所で砂嵐に襲われたことを(笑。
山から下りてきたのに、夏井川渓谷キャンプ場も強風だったのです。
四方を山に囲まれてるから、風の吹き溜まりになるのでしょうか。あっちから吹いたと思ったら、こんどはこっちから。風の向きも一定ぢゃありまへん。
ドッシェー。
シャングリラ、大丈夫かしら。
てことで、少しでも風を防ぐために、植え込みにビターっとくっつけるように設営。
強風だけど、背戸峨廊を歩きに来た人たちの車が出入りします。

11084

↑江田駅前の商店で「この近くで薪を売ってるトコロ、ありますか?」と聞いたら、これ持っていけと腐った枕木を2本渡された。お宅で出たゴミですよね、ソレ(笑。その先の農家で薪を売ってくれるヨ、と言われて行ってみたら、1束500円で渡されたソレは…、木とゆーより細っちぃ枝(江田だけに?)を束ねたものでした。

薪は現地調達に頼るべからず(笑。
夫が腐れ枕木を解体している間、妻は愚犬のお散歩へ。
風ちべたくて、さびぃー。
体の芯まで冷え切っちゃったので、風呂へ行こうと夫を急かし、ナイトスクープで言うところの「パラダイス」へ。(いや、マジで小枝に行ってもらいたいパラダイスだヨ!)
ジャジャ~ン、背戸峨廊保養センターです。
あのインパクト大なロビーは、健在でした。
うっとり(笑。

11085

↑洋服、電池、台所用スポンジやら便所ブラシやらは、まぁ分かるとして(泊まった人が必要かも…便所ブラシが必要な客ってのもアレだけど)…なぢぇ左官道具なんかが売ってるのかがわからん(笑。

女湯の3つある浴槽のうち、1つはフツーのお湯。あとの2つはよもぎや芋つるなんかの薬草風呂になっとります。香りもよくて、これが思いのほか気持ちいい~。
洗面台には、ちと怪しい手作り化粧水なんてのも置かれてましたが…誰かトライした人、効果のほどを教えてください(笑。
お湯は「かわうちの湯」より、パラダイス浴場のほうが身体が温まった感じ(笑。
ホッカホカになってゲートボール場(違)に戻ったら、風もおだやかになってました。
よかった。
これで焚き火もでけます。
(腐れ枕木の臭かったことといったら…鼻モゲるかと思うた)
晩御飯はちゃんこダイニング若のちゃんこー。
軟骨入ったつくねがうまいのよね、これ。
「この葉っぱ、何ですか?」
口いっぱいにつくねを頬張っていたため、即座に答えられなかった妻、己の股間を指差してボディーランゲージで返事。
「あぁチンゲン菜ですか」
ツーといえばカー。
夫婦も長いことやってると、言葉なくても通じ合うっつーもんです。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

|

« 桧原湖でカヌーキャンプPart3 | トップページ | 初冬キャンプ2日目 »

コメント

高塚高原オートキャンプ場、なかなか良い所ですよね~。
上る途中の紅葉もかなり色付いていたでしょう?
当日は風が強い日で残念でしたね・・・
管理棟は開放されていて中には薪ストーブもありました、悪天候時は管理棟でゴロゴロさせてくれたら最高かもね。
管理人さんもとっても良い方でしたよ。

それにしてもこの川内村・・・あの立派な温泉施設と言いこの高塚高原の整備状況と言い、大したものですな^^
自分のところは市でありながらあんな立派な施設は・・・(汗

投稿: 温泉とど | 2008年11月11日 (火) 20:11

>とどさん
なかなかどころか、我が家にはよすぎるくらいのキャンプ場だったですよ。
ホント、今回は残念無念。
土曜日うかがったときは、強風のためか結局管理人さんはお休みだったみたいです。
(実は2,3度覗きにいったのですよ。おかげで、もぅ目をつぶっても辿り着けそう~)
温泉施設もそうだし、いわなの里もかなり豪華な設備だったですよー。
経営者が村長さんになっとりました。
やっぱ自衛隊のお陰なんですかね~。

投稿: りえぴ | 2008年11月12日 (水) 16:46

はじめまして。
いつも楽しく拝見させて頂いてます。
かわうちの湯の「草原」見てきました!
実物は迫力がありとても素晴しかったです!
私もキャンプが趣味なのでどこかでバッタリ会えるのを楽しみにしてます!

投稿: 白鳥 | 2008年11月27日 (木) 22:24

>白鳥さん
どもども、はじめましてー。
うはは、生「草原」ご覧になりましたか!
あの一枚が一番目立ってましたよね。
つか、まだ貼ってあったなんて…(笑
かわうちの湯へ行ったてことは、高塚高原へ行かれたんでしょうか。
キャンプ場で見かけたら、是非声をかけてくださいねー。
合言葉は「草原」で(笑

投稿: りえぴ | 2008年11月28日 (金) 15:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/25231278

この記事へのトラックバック一覧です: 高塚高原が夏井川渓谷に変わっちゃったヨ、キャンプ:

« 桧原湖でカヌーキャンプPart3 | トップページ | 初冬キャンプ2日目 »