« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

那須キャンプPart2

PCがぶっ壊れて、ニューマスン(激安で使いづらい)になりました。やっと更新がでけるようになったんですが、随分前の那須キャンプの続きを今更UPするのもどーかと思いつつ、emizoさんちのブログを見ながら(カンニング)やりまっせー。

2日目の朝。
雨は上がっておったのですが、お空は相変わらずどんより。
天気予報では、午後から雨なんですと。
今回のキャンプでは、犬連れでロープウェイに乗ろう!なんて言ってたのに…。
雨が降らなくても、こんだけ曇ってちゃぁ眺望は期待できないし。
てことで、朝ごはんを食べたら、雨が降る前に那須自然研究路を歩き倒したろーてことになったのでした。

09141

↑朝ご飯、スズ家にゴチになったトルティーヤ、うまー。我が家はクレソンスープ(手抜き)。八幡温泉から弁天温泉(前日入ったプチお化け屋敷的温泉)まで続く那須自然研究路。キャンプ場はちょうど中間地点にあるので、八幡温泉へ向けてGO。展望台から見た茶臼岳(右側は朝日岳?)。矢隠岩は、那須与一が弓の練習後に矢を隠した岩らしいけど、岩自体が木々に隠れてて探すの大変だったぜ。

キャンプ場から八幡温泉までのルートは丸太階段が所々にある下り坂。
途中、展望台や東屋もあって、なかなか楽しい往路ではあったのですがね。
下りばっかてことは、復路は上りばっかってことなんですよね。犬らは帰りも同じコースを歩くなんて思っちゃいないから、行きはサクサクルンルン。
八幡温泉に到着したら、あら、その先にもつつじの群落を楽しめる遊歩道があるぢゃないの~。
ニンプーのemizoさんには八幡温泉の駐車場で待っててもらって、3匹と3人で行ってみました。

09142

↑八幡つつじ群落へ渡るためのつつじ吊橋。高さ38mっすよ、タケー。でもって、中央部分は金網になってて下が丸見え。スリル満点で楽しいー。でもって揺れるー。

つつじ群落までたどり着いて見渡すも、緑一色。春先だったらきっと綺麗なんでしょうね~。
emizoさんを待たせてるし、ってことで回れ右。

09143

↑復路はずーっと上りなんで、休み休み少しずつ前進。東屋の屋根にぶら下げられたトラップはスズメバチに大人気。満員御礼でした。

帰りは、皆がだんだん無口になってくのがおもろかったー(笑。
キャンプ場に戻るとお昼ご飯食べて、男衆はお昼寝。
女二人は3匹を眺めながら飲んでくっちゃべって…。
いやぁ~、もぅどんだけ飲んだんだか。

09144

↑お昼ごはんはスズ家のペンネと我が家のピザ。運動した後の飯はうまいー。酒もうまいー。言うことないー。

起きてきた夫。
飲みかけだった缶ビールを口にして「イテーッ!」と絶叫。
見たら上唇がみるみる腫れてきまして。
なんでも、缶ビールの中に闖入してた蜂さんに、2箇所も刺されたんだそうです。
そういや、スズ家のパビリオンの周りにはあまり飛んでなかったのに、我が家のシャングリラにはスズメバチがブンブン飛んできとりました。
黄色だったから?
そりとも、妻を花だと勘違いして?(ない)
前回妻がジガバチに刺されたときに学習したので、今回はちゃーんと持参してたポイズンリムーバー で夫の上唇をチュゥー。そのせいか、腫れはもっと酷くなっちゃったけどね。下唇だったら「オイッス!」が似合ったのにー。
腫れは結局、次の日にも引くことはなくて、夫の顔を見るたびに吹き出しとりましたよ。
笑いの少なくなった倦怠期の夫婦には、唇の蜂刺され…お勧めです(笑。

09145

↑晩御飯はkenboさんお手製のフォカッチャ。岩塩効いててうめぇ。我が家はつみれ鍋。他にもたーくさんあったのに…酔っ払ってフラついてるからピンボケだし写真撮り忘れてるし…。

午後から雨予報だったけど、雨に降られることもなく、夜は中秋の名月を拝むこともでけました。
中秋の名月て、まん丸ぢゃないのね(笑。
楽しすぎて、なんだかあっちゅー間に寝る時間になったような…。
てことで、妻はBJを抱えてテントへ。
夫はサラを抱えてシャングリラの中へ。
おやすみなさーい。

にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

那須キャンプPart1

13日の午前3時半、車に乗り込んで向かった先は、ナスー! 今回はスズマル家と休暇村那須キャンプ場でウハウハするのであります。
でも、チェックインの時間は13:00。
時間有り余りすぎ。
美術館やら、なんちゃら園といった観光施設だって、当然開いちゃおりまへん。
てことで、時間を気にせずにいける場所へ~それは滝。
ナビに表示された「矢沢の滝」てのをまずは目指しました。
が。
お化けが出そうなトンネル潜って辿り着いたのは深山(みやま)湖でした。矢沢はどこへ…。
(帰ってからググってみたら、「矢沢の滝に辿り着けずに深山ダムに行っちゃったよー」て人が多かった)

09132

↑3分で観光終了。することないので、深山ダム湖畔のなーんにもない広場で2匹は朝飯タイム(萎。その広場から見える大倉山。ピンク色の部分が七千山水源の森といわれるところなんだそーな。

ちぇっつ。
矢沢の滝でマイナスイオンたっぷり浴びるつもりだったのにー。
愚痴りながらダムにあった観光案内の看板を見ると、「乙女の滝」の文字が。
乙女の滝休憩所の前には駐車場があって、そこから矢印の通り歩き始めたのですが…朝の散歩も兼ねてと思ってたほどの距離もなく、あっちゅーまに滝の前に到着。
そのたいした距離もない間に、こ洒落たカッヘなんてのまであったりして、あぁ~こーゆーのがリゾート地那須なんだなぁと変なところに感心してみたり。
結局ココも10分程度で観光終了。
で、小腹も減ってきたしと、南ヶ丘牧場へ移動したのでありました。
実は前もってemizoさんに「ココならタダで入れるよー」と聞いてたから。
でもまだ時間は早いよ、大丈夫かちら…ダメもとで…。
心配しながら行ってみたら、ドッシェー!
駐車場には車がたくさん。
みなさん、我が家と一緒でタダに弱いのかしら(笑?
腹の減ってる夫婦は、とりあえず「メシ、メシ、食うモンー!」と呟きながら、犬連れでも一緒にいられそうなテラスへ。
で、夫に仕入れてきてもろたのが、ピロシキではなくペロシキと牛乳。
でもなに、コレ。
齧っても肉汁ナッシングのペロシキが1個320円、紙コップに入ったうっすい牛乳が1杯200円て(とかいいつつ完食)。
ペロシキとミルク、セットで250円が妥当かと…。
流石、那須。
牧場内を散歩しようにも、「ココから先はペットNG」なんつー看板があって、2匹が歩けるところなんてたかが知れとりましたし…。

09133

↑園内にいた羊さんが、モシャモシャ旨そうに舐める網を、興味シンシンでガン見するBJ。スズマルさん、お久しぶりー。

牧場とかいうてチョウザメおるのが解せん!
生協牛乳の方が安くて旨いわぃ!
などと文句垂れながら歩いていると、スズマル家とバッタリ~。
久しぶりの嬉しい再会に、それまでの不満もぶっ飛んだです。うへへー。
この後、2家族はロープウェイに乗ろう(これもかなりの那須価格)~とマウントジーンズスキー場を目指したのですが、山にはどす黒い雲。おまけに雨まで降り出してきたので断念。
それならば、温泉に入ろう~てことになったのでした。
選んだのは山の中にポツンと1軒ある秘湯弁天温泉旅館
「いくらだろね」
「ココも那須価格なんぢゃね?」
「んぢゃ、風呂上りに飲むコーヒー牛乳の分も入れて、2人で2,000円持って入ってみますか」
ええと、館内に入って料金聞いたら、1人1,000円といわれました。
風呂上りのコーヒー牛乳はナシです(笑。
宿泊客はだーれもおらず、お風呂を利用するのも4人のみ。貸切です。ええお湯です。
んが、この旅館。
暗い~。
古い~。
廊下の床や壁や天井にはシミがあって、そのシミが人型に見えたりしてコエーッ(笑。
違った意味でも秘湯なのかもしれまへんね。

09131

↑内湯は男女別ですが、露天風呂は混浴。後で男湯覗いたけど、男湯の方が日差しが入って明るいし広いし、掃除もされて女湯より綺麗だった。アテクシたち4人だけだったので、露天も満喫してまいりました。

風呂から上がって、キャンプ場に到着したのは12時半。
まずは、休暇村の本館で受付をせねば(そう書いてあったし)と行ってみたらば、受付のおねーさんが「キャンプの受付はキャンプ場の管理棟へ」ですと。
へぇ?
でもって、「午後1時になったら、管理棟に係りのものが行きますから」と。
そんなわけで、1時まで管理棟の前で突っ立ってたんですけどね。
1時になっても管理人たら、来やしない。
おまけに、先に到着しているキャンパーさんたちは、受付もしないのに勝手に設営してるし。
ええのんか?
休暇村本館の受付のおねーちゃんに連絡をすると「受付前に設営は認めてません」と言うのに、後で管理人に聞けば「予約の時にサイトを指定された方かもしれませんねモゴモゴ」て。
えー?
アテクシが予約するときに、前もってサイトを指定できるなんて一言も教えてくれなかったぢゃーん。つか、人によって言うこと違うと戸惑いますってば。
(実は、予約時に犬連れと伝えたら「吼える犬はお断り」と随分横柄に言われたんですよね。いたぞ、吼える犬が。あの方にも同じように横柄に伝えたのかちら?)
まぁ、そんなこんなありながらも、スズ家はA-11(パビリオン張れる広さがあるのは11と10くらいだったと思います)、我が家はA-8サイトを選んで設営。

0913a

↑炊事場もトイレも立派で綺麗な建物(掃除をマメにしてくれれば)。初日は、この炊事場を私物化してるキャンパーがゴロゴロおったですよ。

ま、受付の際、管理人のにーちゃんに食って掛かりそうになりましたが(汗)、結果的には木道を挟んだこの2サイトを選んで正解だったかなと。
荷物の搬入は、リヤカーもありますが、上地図の鼠色部の道路なら車の乗り入れは可能なので、さほど気にはならず。ゴミステーションも有り。
1サイト1,000円で、大人一人400円。2泊しても、2人で3,600円。リゾート地那須でこのお値段ですからね。ヨシとせねば。

09134

↑ナマパビリオンを初めて見たー。カッチョエエー。広いー。我が家は今回フィールドデビューのGOLITEシャングリラ6。夫はこの中にコット置いてサラと寝るです。その後にハーフムーンたてて、妻はBJとテント泊。晩御飯(とゆーかツマミ)はひっきりなしにいろいろ出てきたんで、もぅナニを食べたのかも覚えとりまへん。

設営が済んでしばらくしたら、雨がー。
おかしい。
雨予報は明日だったハズなのに。
でもまぁ、お天気が前倒しになるだけなら、ええか。
てことで、広いスズ家のパビリオンの下にお邪魔。
それは3時のおやつから晩御飯、そして飯後の飲みへとダラダラ続くのでした。
午後10時近くまで、いやぁ、食べた飲んだ喋った笑った~。
明日は晴れるとええね、そう空にお願いしながらシュラフにもぐったのでありました。
おやすみなさーい。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

ゲリラ豪雨deキャンプPart3

テントに入ってからも、激しい雨音でなかなか寝付けずにいました。
なんとなく、インナーテントのボトムが湿ってる感じがするし。
イスカの コンフィマットレスの下にはレジャーシートを敷いていたので、寝入りばなは大丈夫だったのですが…2匹にシュラフを横取りされ、マットの下に落とされた妻。その後も2匹の妻に対する虐待はやむことなく、蹴り飛ばされ続けていつの間にかレジャーシートからもはみ出していたのです。
ちべたぃ。
湿ってるとゆーか、インナーテントのボトム、完璧に濡れとりますよ。
床上浸水キャー!
あぁ~、こーゆーときこそコットを利用すべきだったと後悔。
すっかり目が覚めてしまったので、夜中、妻は一人でお風呂へ。
その頃になると、既に雨は上がっておりました。
でもね、ココは林間サイト。
雨が上がった後でも、風が吹くと葉から雨粒がバラバラと派手に落ちてくるのです。
テントの中にいると、見えないだけに状況が飲み込めず「いやん、また雨降ってきちゃった?」てなるのよね。
午前5時半。
外が明るくなってきて目が覚めました。
で、気づきました。
インナーテントには、明らかに泥はねと思われる汚れが幾つも…。

09083

↑昨日の豪雨が嘘のように、地面はすっかり乾いてます。山の力って凄いねー。昨日から梵天丸さんは、このように3箇所からロープで拘束されとりました。地べたより椅子の上の方が気持ちええってこと、覚えてくれますように…。

rikoさんも起きだしたので、とりあえずテントの汚れのことは置いといて、2人で風呂へ。
(テントだけぢゃなくて、クーラーボックスも椅子もテーブルも何もかもが泥まみれになってたんだけどねー)
風呂から戻って犬たちを散歩させたら朝ごはん。
コッヘルで米炊いたら、ちとゴッチンだったけど、生産者@はる子さんから直接手に入れた米だから事故米ぢゃないヨ(笑。安心して食うのだー。
食後、テントだけをとりあえず片そうとヨロヨロと撤収作業の開始。
フライをしっかり乾かしたいので、日当たりのいい場所まで移動しました。
が、中に何も入ってないテントのくせに、なぢぇか重い…。
それは、テントをひっぺがしてグランドシートを目にすると理由が分かりました。
泥ですよ、泥満載。
グランドシートの裏面ぢゃなくて、テント乗っかってたほうにビッチリ。
川のようになった場所に設営して、まるでウォーターベットのような感じで寝てたんだもんね。そりゃそーだ。

09082

↑勿論テントの底も泥まみれ。グランドシートを炊事棟で洗って、テントの底も、ほんでもって泥はねしてた側面も綺麗にして乾かします。よかった、今日がピーカンで。

お天気もよくて、あっちゅー間に乾きそうだったので2人であーぢゃこーぢゃ言いながらテントのお掃除。
乾燥中は、3匹を思う存分ゲレンデで遊ばせてあげました。
これで昨日の分を帳消しにしてくれたまい。
それにしても、日差しを遮るものがないゲレンデは暑くて、すぐに汗だく。
お盆前にココに来たTさんは、ゲレンデで日光浴してサイトに戻ると「クーラー効いた部屋に入ったみたいに涼しく感じる」と言ってたけれど、ホントそーですね。

09081

↑最後は犬たちもリヤカーに乗せて…と思ったら、梵さんは飛び降りたので乗ってるのは年寄り犬のみ(笑。

最後にお風呂に再び入って、稲庭うどん食べて、「あら伊達な道の駅」でソフトクリーム食べて(眠かったの)…家に帰ってから散歩させるのが面倒だから散歩代わりに宮床でワンコたちを走らせて家路についたのでした。
いやぁ~ゲリラ豪雨に見舞われて散々な初日だったけど、終わってしまえば笑い話。
ええ経験になりました。
2度は味わいたくないけどね。
今回に懲りず、また付き合ってくださいねー>rikoさん。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

ゲリラ豪雨deキャンプPart2

日曜日、午前9時にrikoさんちへ行き、そこから2台連なって秋田のとことん山キャンプ場を目指します。
花山は、地震後、道路が復旧されているのか不安。
もしも復旧工事が済んでいたとしても、ここ最近の雨続きで地盤が緩んでて、土砂崩れが起きてるかもしれないし…。
てことで、鳴子~鬼首経由で目的地へ。
(途中、道を間違えて先導する妻、泥湯方面へと曲がってしまい、山道を走るハメに…)
川原毛地獄辺りは強めの雨が降っていましたが、とことん山は時折霧雨が落ちてくる程度です。
その雨も「午後になるとやむみたいよ~」との管理人さんの言葉に、喜ぶ妻とrikoさん。
夕方からは雨予報だけど、設営するときくらいは降ってほしくないもんね。
今回は、rikoさんが設営の練習も兼ねてヘキサタープを張ったので、妻はテントのみ。
リヤカーで運ぶ荷物も少なめでラクチンなのであります。
林間サイトのちょうどド真ん中辺りに設営。
到着時に、管理人さんが教えてくれた通り、Tさんの見慣れたテント&タープが見えます。
土日の1泊で来ていたTさん。
この日は撤収なのですが、急ぐ用もないのでと我がサイトへ来ていただきました。
いろんなキャンプ場でお会いしてるのに、こうやって膝突き合わせてお話するのは初めてー。
いやぁ、楽しかったです。
が。
Tさんと談笑し始めて30分もすると、ポツポツ雨が。
で、その雨は次第に…とゆーより、いきなり激しくなりました。

09071

↑気持ち雨脚が弱まったのを見計らってトイレへ走る妻。膀胱破裂しそーだったぜ。ワンコたちはすることないのでひたすら不貞寝し、人間はひたすら酒を煽る。

こんだけ激しい雨のときは、やっぱシェルタイプのタープのほうがええですね。
会話は雨音に掻き消されて聞こえないし、あれもこれもズブ濡れになるし…。
酒で腹を十分満たしてたんですが、せっかく食材持ってきたのに使わないと腐るー!てことで、仕方なく(笑)rikoさんが持参した手作り餃子の餡を皮で包みます。
妻だって、いろいろ作るつもりではいたんですよ。
でもね。
ヤル気、ゼロ。
餃子の皮を包むための水。
水タンクは手の届く範囲にあったのにー。
シェラカップに新たに水を汲むなんて、あぁ、面倒。
そう、たったこれだけのコトすらやりたくなくなるくらい、妻のヤル気は雨と(酒も原因の一つ?)一緒に流れてしまったのでありました(当然、写真も殆ど撮っておりまへん)。
「あら、ええもんみっけ。このシェラカップに水あんぢゃん。これ使おうよー」
てことで、そいつを利用しました。
梵天丸さん用のシェラカップです。
梵天丸さんの涎タップリで、餡かけのようにトロ~っとした水です。
ええのええの。
酔ってるし(笑。
焼きたての餃子、うまー。
酒もすすむー。

09072

↑Tさんのサイト。雨が弱まったら撤収に取り掛かろうとするも、弱まるどころか強まる一方。結局午後7時、真っ暗になってTさんはズブ濡れになりながらとことん山を後にしました。妻がテントを張ってた場所は、どーも雨水の通り道だったようで…まるで川の上に立てちゃったみたい。ペグ打ちしてなかったら、きっとテント、流れてたね。

Tさんが帰ってしまうと、テントサイトは貸切。
2度ゆっくり温泉に浸かって、雨の中大声で喋って、何本空けたかわからないくらい飲んで、時計も見ずに(携帯引っ張り出して時間を確認するのもメンドクサー)寝たのでありました。
ワンコさんたちとっては「椅子の上にわざわざ拘束されに来たのかよ」っつーくらいつまらない日だったかも。明日は晴れ予報。今日はお散歩できなかったけど、そのぶん、明日はガッツリ遊ばせてあげるから許せ~。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

ゲリラ豪雨deキャンプPart1

日曜、月曜と、キャンプに出かけました。
選んだキャンプ地は、久しぶりのとことん山。
出かける前にちゃーんと天気予報のチェックはしていたんですよ。
「日曜日の夕刻は、ちょいと雨が降りますが、日曜日は晴れるでしょう~」。
設営予定の日曜日の午前中は曇りだし、撤収の月曜日は晴れ予報だもの。夜中少々雨が降るくらい、別に問題ないよねー。そんな感じで決行したのです。
同行してくれたのは、rikoさんwith梵天丸さん。
現地に到着すると小雨が降ってはおりましたが、木々の多い茂るサイトはその葉が傘の役割を果たしているのか、まだ地面は乾いております。
管理人Aさん曰く
「午後からは晴れるって言ってたから…」とのこと。
おぉ、そーなんですかっ!
なんてラッキーなんでしょ。
サクっと設営を済ませ、土日でキャンプに来ていたTさんと久しぶりの再会を喜び、しばし我がサイトで談笑…しておりましたら。
午後3時。
ポツリポツリと落ちてきていた雨音のリズムが、次第に早くなってきて…。
ギャオォー!

Imgp0306

すげーっ。
1mも離れてないrikoさんやTさんとお話をするのに、喚き散らさないと会話ができないくらいの激しい雨になっちゃいました。
その雨はタープを激しく叩き、流れ落ち、そしていつの間にか地面にでっかい川を造りだしております。
で、その川が妻やrikoさんのヤル気も一緒に流してしまったのでありました。
(本日撤収のTさんだけは、このゲリラ豪雨の中、撤収しとりましたけど。スゲー)
「飯炊きも、犬の散歩もナンもしたくねーっ」
いやぁ、ちょっと激しい雨くらいだとため息出るだけだけど…。
ココまで凄いと笑っちゃいますよ、ええ。
いろいろと大変な1泊2日キャンプではありましたが、ええ経験になりました。
もぅ怖いものはございません。
てことで、詳しいレポは後日改めて…。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

お預け~

土日、せっかく夫がお江戸から戻ってきてるから、行こうと思ってたんですよ、キャンプに。
なのに、ナンなの。
土曜日の午後から雷雨。でもって日曜日も晴れは望めないような天気予報。
まぁ、BJのお肌の調子もイマイチ(とゆーか最悪)だし…とお泊りは諦めたんですけどね。
「日曜日、カラっと晴れたらデイキャンでも…」
そう思ってたんですよ。
とゆーのも、ちょいと前に妻が夫に内緒で購入した(もぅバレまちた)ブツの試し張りがしたかったから。
そのブツとゆーのが、コイツ↓。

Imgp0272

なのに、日曜日もお天気はグズグズ。
自宅で広げてみるも、ペグ打ちしなきゃ設営でけない代物だしー(ダメぢゃん)。
やっと晴れ間が出てきた頃には、二人とも車なんて運転でけるような状態ぢゃありまへんでした(酔っ払い)。
久しぶりに夫婦揃ってダラダラと自宅で過ごした週末。
愚犬の散歩は夫任せ。
妻なんて、呑んぢゃ寝、呑んぢゃ寝の繰り返しで、両日合わせて100歩も歩いてないかも…。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »