« 夏休みキャンプPart1 | トップページ | 夏休みキャンプPart3 »

2008年8月18日 (月)

夏休みキャンプPart2

9日より、5泊6日の夏休みキャンプへ出かけました。
(法事がなけりゃ、もっとゆっくりできたのにー・悔)
初日に訪れたのは、岩洞湖。
マリちゃん積んでる我が家の車を見て、管理人さんはいつものようにオートサイト用の台帳を取り出したけど、ノンノン。
今回は、いつも「ココ、サイコーですヨ」と太鼓判を押すとどさんを羨ましく感じてたので、思い切って水遊びはナシ。白樺林に囲まれたピクニック広場(利用料:無料)を利用させてもらうですよー。
しばし管理人さんと雑談。
で、ふと管理棟前に生えた木に目をやると…
んんっ?
なんか変。

0809101

犯人はマイマイガ。
大量発生したんですと。
つか、この量、「大量」の域を超えてる気が…(笑。
ギョエー。
ちょっと前は、幼虫の毛虫がそこらじゅうウヂャウヂャしてたそうです。
ますますギョエー。
近くでよーく見たら、半分近くは息絶えてたけど、その死骸の横には黄色い卵が(この卵も不気味)。卵を産むと力尽きて死ぬんだそうです。
それにしても、すんごい数。
夫がデジカメ持って近寄ると、背中に一匹ペタリ。
「すぐに追い払わないと、ソコで卵産みつけちゃいますよー」と管理人さん。
ヒィィィ~。
今回は、初めからピクニック広場を利用させていただくつもりでいましたが、ホント、よかった。
管理棟から近いオートサイトだと、蛾の集団に襲撃されてたかも…。
(ピクニック広場は、ちょいと離れてる上、街灯もないので蛾は殆どおりませんでした)。
広場に移動すると、既に2組のキャンパーさんがいい感じの距離をとって設営されとります。

0809102

↑無料のサイトだけど、バリアフリー用(扉が自動開閉)のトイレまであります。お掃除も毎日されてて、トイレ、炊事場共にものすごーく綺麗。ココが無料で利用できるなんて、素敵すぎーっ。

オートはできないけど、駐車場からさほど離れていない場所に設営すれば荷物の搬入は苦になりません。
設営後は、早速目の前に広がるだだっぴろーい広場でひとっ走り(夫とBJが)。
酒を飲みつつそれを眺める妻。
こうしてダラダラと初日が過ぎていくのでした。

0809103

↑日が暮れると急激に気温が低下。結局13度まで下がりました。涼しいとゆーより、ちと寒い。てことで焚き火。切り株そのまま突っ込んでガンガン燃やします。夜はビビンバ丼(昼は何食べたか忘れたー)。次の日の朝、寝たり無いのか、撤収を断固拒否する女が1匹。

今回は、夫も「コットで寝たい~」と言うので、テントはたてずに、リビングシェルの中にコットを二つ並べて寝ました。
2匹はいつもの椅子の上で寝てくれ…と思ったんですが、寒いのかプルプル震えております(座布団とバスタオルだけぢゃダメだった模様。フリースは夏だしってことで持参しなかったのよね)。
仕方ないんで、妻がBJを、夫がサラをシュラフに突っ込んで寝たのですが…。
出たり入ったりが激しいデブ犬のせいで、妻、寝不足ですよ、トホホ。
朝起きて、お散歩済ませたら朝粥で簡単に朝食を済ませ、急いで撤収。
今日はもっと北を目指して移動するのであります。

0809104

↑二戸の深山神社付近で見かけた剥き出しの岩(なのか、土なのか…)。なんだかボコボコしてて、気色わりかった。金田一温泉の看板にはカシオペアランドの文字。何がカシオペアで、どこがランドなんだ?

で、その前に温泉。
ナビで目に入った「金田一温泉」とゆー名前に惹かれて、寄ってみました。
どこに入ったらいいのかわかんないので、まずは観光案内へ。
そこで頂いたパンフレットには「ホテルまべち苑…二戸市内を眺望できる露天風呂」、「緑風荘…座敷わらしに会えるかも(TVで見たことあるー!。座敷わらしが出るといわれる部屋は、お客が持ってきた人形やおもちゃで埋め尽くされてましたよね、確か)」なんてゆー魅力的なキャプションが。
「観光案内の人は、『温泉センターゆうゆうゆ~らく』をお勧めしてたよ」と夫は言うのですけどね。
温泉センターなんて味気ないぢゃん(響き的に)。
前出の2つにまずは行ってみたのですよ。
んが。
旅館に続く細い舗装道の両脇の草が伸び過ぎて、道を半分塞いでる感じ。
草刈しろよーっ!
んで、旅館に到着したらしたで、広い駐車場は草ボーボー。
植栽も堆く伸びた雑草に埋もれた感じ。
なんとかしろよーっ!
外観どんより。
ロビーも薄暗っ!
どちらも活気を感じませんでした。
つか、金田一温泉郷自体、温泉センター以外には人が寄り付いてないっつー寂れた感じが漂ってたんですが…。
ナルヘソ、観光案内の人の言葉は当たってたのかも。
てことで、入浴料一人600円を支払って日帰り温泉館「ゆうゆうゆ~らく」へ。
この日は女湯がひば風呂。男湯が岩風呂(日によって入れ替え制らしいです)。シャンプーなどは常備されとります。
お湯の感想はっつーと…うーん、無色無臭。殆ど覚えておりまへん。
昨日から風呂に入ってなかったし、とりあえず汚れは落とせたんで、まぁええかな、と。
いや、他にもちゃんと探せばええ温泉があったかもしれないのにねー、と。
でもまぁ、気を取り直してズンズン進むぞー。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

|

« 夏休みキャンプPart1 | トップページ | 夏休みキャンプPart3 »

コメント

ぎょえ〜!
すんげぇ蛾の大群。群衆。いや〜!!
ワタクシ、虫全般大丈夫なんですが、蝶と蛾だけはダメなのでございます。
これはダメかも。卒倒するかも。

にしても、無料なのにトイレ立派すぎ〜。
本栖湖のトイレなんて、ブロック塀で囲まれてて、いっつもジメジメしてて、トイレの間の壁なんて、
湿気かなにかで穴が開いてるんですよ、下の方。
トーホグはええな〜。
芝生の感じもいい感じだし。
くっそ〜、予約が入らないんだったら、行けば良かったか?(笑)

投稿: emizo | 2008年8月18日 (月) 13:31

大変ごぶさたしてます。
今夏は長期に休みが取れそうなんで、北東北も検討していて・・・
過去レポいろいろ参考にさせて頂いてますーv
もちろん岩洞湖は筆頭に入ってるのですが、最初の写真でひきました(>_<;;スゲー
でも白樺広場は居なかったんですね〜。ココイイ感じですね〜^^タダだし
で、ここからは湖岸(エントリー出来るとこ)から遠いのですか?
続き・・・楽しみにしてます

投稿: バロンパパ | 2008年8月18日 (月) 15:25

>emizoさん
蛾、すごいっしょ。
マイマイとか名前は可愛いけど、こんだけいるとグロいよね。
いや、1匹だけでも蛾はグロいけど。
ピクニック広場に行こうと車に乗り込んだら、わしの足に1匹貼り付いてて、そりゃもぅ大変だったですよ。
振り払うつっても触りたくないし、足ブンブン回しても逃げやしないし。足ごと切り落としたかったですわ。
ピクニック広場、とどさんお勧めだけあってええとこだったです。
トイレも綺麗だし。焚き火やり放題だし(笑。
ICからちと遠いのが難点かしらね。
でも、機会があったら是非行って欲しい~。
あ、そのときは当然わしらも邪魔しに行くですけど。

>バロンパパ
どもどもー。ご無沙汰です。
といっても、ブログはマメに覗きにいっとるんですよ。いろいろ突っ込みたい(違)んだけど、コメント欄ないんで、グっと我慢でストレスたまりそうです(笑
北東北を長期キャラバンですかー。ええなー。
岩洞湖は、ピクニック広場からだと800㍍くらいあるのかちら?(距離感がいまいちアレですが)
オートサイトに泊まってピクニック広場まで往復すると、ちょうどいいお散歩になる、って感じの距離です(それぢゃわからんて)。
ゴロゴロつけてカヌー引っ張っていくにも、砂利道なんで車で移動したほうがよろしいかと。

投稿: りえぴ | 2008年8月18日 (月) 17:58

dog五泊六日の旅ですか~sign03
良いですねrvcar

私らはそんなに家を空けてられなかったweep

トイレがキレイなキャンプ場
良いですね
それも無料なんてsign03

投稿: 恵那爺 | 2008年8月19日 (火) 09:23

気持ちわるすぎ…
私、蛾とか毛虫が大嫌いだから卒倒するわ。
小学校の頃、これと似た状況を見たことある。
近所の空き地の木に一本だけ、隙間ないくらいに毛虫がびっちりと付いてたんだよね、思い出しちゃったわ。

投稿: riko | 2008年8月19日 (火) 09:53

>恵那爺さん
法事がなかったら、もうちょいゆっくりしてられたんですけどね~。5泊6日でも足りませんです(笑
このキャンプ場、ホント、素敵な管理人さんたちなんですよ。
すぐ近くには姫神山(登山者に人気のようです)もあるし、そのうち機会があったら恵那爺さんも奥様とご一緒にどーですかー。

>rikoさん
我が家ぢゃ数年前に天道虫が大量発生して、うげーってなったけど、アレ以上にキモいね、蛾っつーのは。
こんだけいると、鱗粉もかなりのものだったらしくて、近寄るとムセたよ。わし、絶対大量に吸い込んだーオエーッ。
こいつら、木を食い散らかすらしくて、「木が枯れて困る~」って管理人さんが嘆いてたわ。

投稿: りえぴ | 2008年8月19日 (火) 14:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/23061532

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みキャンプPart2:

« 夏休みキャンプPart1 | トップページ | 夏休みキャンプPart3 »