« 壁な日 | トップページ | 木地山キャンプPart2 »

2008年6月10日 (火)

木地山キャンプPart1

土曜日の早朝、アリーさんとキャンプ道具を車に積み込んで秋田県の木地山キャンプ場へ向かいました。
設営前、早朝の凪いだ桁倉沼でカヌー遊びができるんでね?と思ったから。
午前8時前にキャンプ場に到着~。
んが。
風が強い上に、雨まで降っとりました。ガビチョーン。
んだよー。
せっかく早起きしたのにー。
泥湯まで足を伸ばしたり近場を車でプチ観光して戻ると、管理人さん到着。
手続きを済ませます。
キャンパーさんは他にだーれもおりません。
管理人さんに昨日のお天気の様子を聞くと「サラっと小雨がパラついたけど、その他は終日いたって穏やかだったよー」とのこと。
うぐぐ。
昨日から来てたら貸切だったし、カヌーだってでけたかもしれないんぢゃん。
ガックシ。
まぁでもしゃーない。
気を取り直して設営開始です。

06075

↑今回はレクタLとアメニティードーム。風強いし、さびーし、リビングシェルにするんだったと後悔しきり。設営後、炭を熾す夫を残して妻はお風呂へ。女風呂には2箇所、お湯が張ってありました。

設営が済んだら、妻は缶ビール持って早速お風呂へ。
この野趣溢れる露天(とゆーより野天)風呂の、源泉温度は97.7℃と超高め。加水してあるためか広いお風呂はちょうどよろしぃ湯加減になっとりました。屋根がないから、いろんな虫さんや柳の綿がプーカプカしてるんですけどね。そいつらを洗面器で掬いながらの入浴。けっこう忙しい(笑。
ホッカホカになってサイトに戻ったら、riko号が到着しておりました。
テントを設営して、軽くランチ。
rikoさんが道の駅で買ってきてくれた筍ごはん、うまー。
この頃になると、続々とキャンパーさんが到着。
その中には、とことん山で何度もお会いしている青森ナンバーの方(今回はパパがソロで)がいたり、ゴンタムさん一家がいたり。
いやぁ~、キャンプ友達が増えていくって素敵ですねー。
つか、行く場所が意外にカブるもんだなぁとびっくらですよ。
お昼ごはんを食べたら、ワンコを連れてグルリと桁倉沼を1周します。
数年前ココを訪れたとき、ちゃんと設備された気持ちのいい遊歩道があったのですが…。
「あぁ、アレねー。予算の関係で手が回らなくて…。木道やら手摺りが朽ちたままになってるし、随分草刈もやってないんだよねー」
あちゃーっ。
てことで、歩いたのはアスファルトの車道。
ちょいと犬的にはおもろくなかったかもしれないけど…許せ。

06074

↑キャンプ場の目の前にあるのが桁倉沼。その近くにはコケ沼や田螺沼、五才沼なんかの湿原が点在。コケ沼にはミズゴケがプーカプカしていて、湖面が緑色なのです。回りの草がボーボーなので、見晴らしよくないのが残念だけど…。

入浴中や散歩中、気になっていたのです。
ジージーと晩夏を思わせるような音がするなぁ、と。
セミかちら?
まさかねー。
蛙ぢゃね?(←夫談)
なんて言ってたのですが、犯人を散歩中に捕獲。
ハルゼミくんでした。
夫が掌に乗せて指先で触ると「ジジィジジィ」と叫びます。
うん、キミの言ってるコトは正しい(笑。
んで、BJにハルゼミくんを見せると、ジジィと鳴いた瞬間、食おうとしとりました。危ねぇ。
何度も風呂に入りにいって、ちょっと早いけど夕飯の準備。
今夜のメニゥは、rikoさん特製唐揚げと妻特製ボンゴレ。
シャブリがうめぇーっ。
食後は焚き火を眺めつつ、ワインを白から赤へ。でもってビールやら焼酎やら。
あっちゅー間にrikoさんが撃沈しました(笑。いやぁ、壊れていく様がおもろかった(鬼。
その後、就寝前の一っ風呂てことでヘッドランプつけて風呂へ。
妻、結局この日5回入湯~。
ごちそうさまでした。
そして、おやすみなさい。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

|

« 壁な日 | トップページ | 木地山キャンプPart2 »

コメント

この間はドーモでした♪
またお会いできるなんて^^
BJくんのお尻ナデナデが好きな私。

夜はね。パパさんと一緒のお風呂だった父ちゃん
楽しくお話させてもらったようです。宜しくお伝えくださいね♪

投稿: chie | 2008年6月10日 (火) 16:12

画像で見ると、温泉雰囲気と〜ても良さそうなんですが、意外とワイルドだったんですね〜。
最近は人様のサイトでキャンプネタみると妬ましくって、胎教に悪そうっす(笑)

BJさんも梵天丸さんも、オソロイの服がよ〜く似合ってますよ。
セレブ犬のセレブリティ〜なキャンプ場に早変わりっす。

投稿: emizo | 2008年6月10日 (火) 16:21

とほほ…またやらかしましたね。(涙目
もうね、馬鹿は死ななきゃ治らないっていいますもんね。
反省しても長続きしない駄目人間な私ですよ。
これに懲りずにまたよろしくね。

投稿: riko | 2008年6月10日 (火) 17:54

良いとこですねぇ~!
んん~!行ってみたい!
97.7℃の温泉入りたい!
温泉卵作れそうなとこはあるんですか?


投稿: junk | 2008年6月10日 (火) 20:54

またまた楽しそうなキャンプにお出かけしてたのねーっ
ワタシは独り(+1アホ)で笹倉山に登ってきました(^^)
見晴らし台でマッタリしてる時にちょうど梵さんママからメールが入り、宮床でしばし合流したのでした。
りえぴさんもご一緒できたら楽しかっただろーなーと思いました♪
それよりさ、梵ママは今度は何やらかしたの~??
ケータイ紛失疑惑て。どんだけ失くしたいのだ?やっぱお目付け役が要るかねーっ(笑)

投稿: ルークままん | 2008年6月10日 (火) 23:50

>chieさん
どもでしたー。
まさかまたお会いできるとは思ってなかったですたい!(笑
ゴンタムさんの写真、正面ぢゃなくてごめんなさーい(汗
そういえば、わしとchieさんは一足違いだったもんね@風呂
着たばかりの洋服脱いでまた入るだけの気力がなかったです(酔

>emizoさん
風呂、ワイルドでっせ。
数年前にココ訪れたときは、源泉の吹き出し口の真下で、イモリだかヤモリだかがクルクル回っとりましたから…ええ加減に茹で上がって(笑。
小動物のエキスも入っとるわけです。おえーっ(笑
梵さんは、次の日、あのシャツの襟をずーっと立てとりましたよ。でも、お洒落とゆーより、ちょっと頭のアレな子がパーマンの真似しとる風でした。

投稿: りえぴ | 2008年6月11日 (水) 21:15

>rikoさん
反省なんてせずに、今後もぢゃんぢゃんやっちゃってくんさい。
おもろいから(笑
つか、あんだけぶっ壊れたら、わし、次の日一日中死んでるよ。よく歩いたり車運転したりでけたなぁと感心しきり。
やっぱスタミナあるわ、rikoさん。

>junkさん
温泉卵、作ろうと思えば作れるかもー。
でも、鍋とか笊とか持って風呂にいかねば、かな?
(卵を置いておくよーなトコロがなかったような…)
水辺が近いんで、アブとかブヨとかはおるですが、なかなかええとこですよ。釣りもでけるし。
でもお勧めは秋かなー。

投稿: りえぴ | 2008年6月11日 (水) 21:19

>ルークままん
携帯はわしよ、わしー。
「なくしたー!」とか大騒ぎしたけど、キャンプに持っていってなかっただけだったの(笑
そんなわけで、ルークままんが笹倉山でヘロってたのも、rikoさんがメールくれたらしいのに読んだのは次の日(ダメダメ)
宮床でわしも合流したかったよー。

投稿: りえぴ | 2008年6月11日 (水) 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/21541209

この記事へのトラックバック一覧です: 木地山キャンプPart1:

« 壁な日 | トップページ | 木地山キャンプPart2 »