« GWカヌーキャンプ 其の2 | トップページ | GWキャンプ最終日 »

2008年5月12日 (月)

GWカヌーキャンプ 其の3

この日も前日と同じ時刻に起床。
朝ごはんの前に、漕ぎ出しました。
他のサイトの方々はまだ殆ど出てきておらず、聞こえるのは鳥の鳴き声だけ。その声に混じって、時折木を突く音も。
アカゲラかな(双眼鏡持っていくんだった)。
嘴でコツコツやるんでしょ。
ものすんごい高速ですよ。
アリーさんの上で、ちょっと真似をしてみようとヘッドバンキング妻。
数秒で頭クラクラ。
鞭打ちにもなりそ。

05051_2

↑ほっけと鮭で朝ごはん。夫の炊いたご飯は、かなり軟らかめ(通称ババ飯)。

天気予報では、本日午後より雨予報。
お隣のキャンカーファミリーは、1泊で撤収してこのあと岩泉に観光に出かけるのだとか。
我が家の本日3泊目は、どこか別のキャンプ場に移動するか(当キャンプ場のピクニック広場とか…笑)とも悩んでいたのですが、それも面倒になってきて、管理棟へ延泊の手続きに。
雨が降り出す前に片しちゃったほうがええよねってことで夫がアリーさんを解体していると、他キャンパーさんも続々と撤収作業を始めました。
てことは、本日、新たにキャンパーさんがやってこなけりゃ、我が家で貸し切り? ウヘヘ

05052

↑タップリ遊んだ後は、ちょっと寒いからか団子になって寝る2匹。それにしても、BJはヤバいくらい太いなぁ(汗。

ずーっと空には分厚い雲がかかってたけど、雨が降り出したのは夕刻になってから。
あ、お昼過ぎ、以前斜面に隠すように置いてあったマッドリバーのカヌー。
あの持ち主の外人ファミリーがディでやってきたですよ。
ワンコ2匹とおとーさん、おかーさん、そしてお子様。
全員では乗艇できないので、ワンコとお子様をおとーさんがまず浮島へ。
おとーさんはソロで戻ってきて、おかーさんを乗せてまた浮島へ。
帰りもこんな感じでピストン輸送。
おとーさん、パワフル!
その様子をぼんやりと眺めておりました。

05053

↑お天気は夕刻までなんとか持ちました。シェルの中から見える景色。対岸に見える白いガードレールがなかったら満点なんですけどね。夕方になると風と共にパラパラ落ちてきました、ヤツらが。

朝、ガッツリ食べたからか、お昼になっても腹は減らず、午後4時ごろ遅めの昼食とゆーか、早めの夕食とゆーか。
メニゥはお好み焼きだから、これが夕食だとちと悲しい。んで、遅めの昼食ってことに。

05054

↑管理人さんが軽トラで持ってきてくれた白樺の薪(無料)。ぶっとくて超長持ち。鉈でぶった切りながら使いました。

食事を終えると雨脚と風がちょっと強くなってきたので、パネルを下げてシェルの中ですごします。
椅子の上で丸くなって寝ていたBJがむっくりと起きて、じーっとテントを見つめておりました。
「寒いから早くテントの中へ入れろ」ってことなんすかね。
抱きかかえてテントに放り込んだら、即効でシュラフに包まっておりましたが…。
この日は、夜になると4℃近くまで下がっておりました。
夫婦は交互にサラブタンポ抱っこして、ラジヲを聞きつつ乾き物で酒。
ラジヲ番組にゲストで来た黒柳徹子さんの話がおもしろくて、ひゃーひゃー笑いながら聞く妻。
んで、夫のほうを見たら…船漕いどります。
仕方ない、そろそろ寝ましょうか…。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

|

« GWカヌーキャンプ 其の2 | トップページ | GWキャンプ最終日 »

コメント

アリーさんを片づけているかっちゃんさんの図は、どこかのA型を思い出したですよ。
どこかのO型の嫁は見ているだけならまだしも邪魔しますからね。

白樺の薪っちゅうのは、また違ったニオイがしたりとかするんでしょか?

それにしても、白樺と湖畔の雰囲気エエですね〜。
ここが貸し切りだったら、ちとくらいの雨ならもうエエかな〜とおもうですよ。

投稿: emizo | 2008年5月12日 (月) 15:57

>ちょっと真似をしてみようと

わかるなあ、その気持ち、、、笑

投稿: エドヤマ | 2008年5月13日 (火) 00:54

いい景色だな~
これで晴れていれば申し分ないでしょうね

投稿: 恵那爺 | 2008年5月13日 (火) 05:02

いや~本当に素敵な景色だね。
白樺って絵になるね。
天使と悪魔、大魔神のような豹変ぶりにわろた。

投稿: riko | 2008年5月13日 (火) 07:13

こんにちは(*´∀`*)

わんこさんの寝顔可愛い~☆
ぎゅうってしたくなりますぅ(≧▽≦)
ちらりと見える旦那様も素敵です♪( ̄∀ ̄*)イヒッ

いつも癒されてま~すヽ(´▽`)/~♪

投稿: yotuba | 2008年5月13日 (火) 13:03

>emizoさん
いやぁ、手伝おうとしてるのに結果的には邪魔だったO型の方が、端からやる気のないB型よりまだ可愛げがあってええですよ。
匂いも違うですね。白樺の皮部分は焚き付けに使えそうなくらい、ボーボーよく燃えまっせ。脂分が多いんぢゃろか。
シェルの中から見える景色がホント、よかったっすよ。
あぁ~あのガードレールが白ぢゃなかったらなーと、マジで何度も思ったです。
最近のガードレールは、景観を損なわないようにて、茶色いやつとかあるみたいですねー。

>エドヤマさん
エドヤマさんもやってみたクチですか?
いやマジで、やつらの首の筋肉はスゴイんだろうなぁ、と。

投稿: りえぴ | 2008年5月13日 (火) 14:47

>恵那爺さん
晴れてたら、もしかしたら貸切ぢゃなかったかもです。
雨予報だっつーんで、急遽撤収した方もいたようだし。
雨のお陰で独り占めですよ。うへへ。

>rikoさん
そのうちご一緒しましょー。
カヌーにも引きずり込むから~。
オートサイト料金1泊3,000円てのが、ビンボな高橋家にはちと辛いんだけどね。
サラおばちゃん、わしに抱かれてるのが嫌だったのか、夫に声をかけられたのがご不満だったのか…

>yotubaさん

#ちらりと見える旦那様も素敵です♪( ̄∀ ̄*)イヒッ
きっとこの一行を読んで、夫は嬉しさのあまりバク転しとると思いますよ。
バク転でけんけど(笑
うちのサラおばちゃん、両目をちゃんと閉じて寝てることの方が少ないんですよねー(いつも白目むき出し)。

投稿: りえぴ | 2008年5月13日 (火) 14:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/20907156

この記事へのトラックバック一覧です: GWカヌーキャンプ 其の3:

« GWカヌーキャンプ 其の2 | トップページ | GWキャンプ最終日 »