« スズ家とあだたらキャンプpart1 | トップページ | 薬來山へ »

2008年4月 2日 (水)

スズ家とあだたらキャンプpart2

「冷え込むかもしんないねー」なんつって寝たのですが、いやぁ、思いのほか暖かかったです。つか、背中には汗かいとるがな。
ホカロン3つも貼ってたからかしらん。
朝起きたら、まず薪に火をいれます。
昨夜できなかったからね。
でもって、高橋家は朝飯に干物を焼くからね。炭も熾さなきゃだしさ。

03301

↑昨日山に分厚い雲がかかっておりましたが、朝起きたら真っ白に。こんなに積もってなかったんすよ、前日は…。スズマル家にはもつラーメンをごっつぉになりました。うめーっ。高橋家も昨夜の鍋の残りに饂飩ぶっ込むだけにしときゃよかった。

朝飯前に3匹は場内を散歩。とゆーか、気ままに動いていただきます。
あぁ、勝手に散歩に出かけてって、自ら糞を拾って戻ってきてくれたらええのに…(無理)。
この野営場、ボコボコと至る所にモグラさんの建造物がこんもりありまして。
それはええのですが、奥のほうにいくとドッグフードにそっくりな鹿の落し物がコロコロ。
どれも乾燥しているので、踏んでも靴底にグチャ~なんてことにはならないのですが、アホの仔たちが食っちゃわないか目が離せないのですよ(見向きもしなかったけど)。

朝飯に、高橋家はコッヘルで米を炊きました。
味噌汁と鯵の干物と明太子と筋子がおかずだから。
んが。
バーナーパットを忘れたので大失敗。
ごっちん米です(ごっちん米て標準語とちゃうの?)。
かてぇ。
まぢぃ。
勿体無いから妻は食うけどね…顎疲れるよ、ったく。でもお陰ですぐに腹いっぱい。
夫は納得がいかなかったらしく、この後6インチダッチで米炊きに再チャレンジ。
今度は水が少なかったらしく、またもや固めの米になったそーです。
そんなに米炊いて、誰が食うんだよ…。
kenboさんにお願いしました、てへへ。
お天気もいいので、食後はダラダラ。
犬たちもポヤポヤ。

03302

↑OG、もとい…emizoさんによる特殊学級の野外授業も行われました。スズ家の極上おやつに群がる我が家の卑しい愚犬ども。

シュラフを干すついでに、スズ家のアメSと我が家のハーフムーンⅡのインナーテントを並べてみました。
幅はアメSに比べると、ハーフムーンの方が狭いですね(長さはハーフムーンの方が3センチほど長く感じました)。
つまり、ハーフムーンの方が大人二人の密着度が高いってことです(窮屈)。
新婚さんなどのラブラブカポーにはこちらの方がよさげ。倦怠期の我が家が使うと、「腕が邪魔ー!」「こっち向くな、臭いっ」といった具合に罵り合いになったりするので注意が必要です。
いや、設営楽だし、かなりお気に入りのテントなんですけどねー。
ソロで使うには(笑。
撤収が済んだら、岳温泉へ向かいます。

03303

↑この道をズンズン進むと、安達太良山の登山口に到着すると標識には書いてありました。岳温泉にはでっかいザック背負った登山家の方々が結構いらっしゃいます。

岳温泉には、他にも日帰り入浴でけるところが沢山あるみたいだけど…探し回るのも面倒なので(あらかじめ調べておけよ)、とどさんお勧めの「岳の湯」さんへ。
ちょいとお湯が熱めでございました。
いやぁ~この女湯で、強烈な石鹸の使い方をしていたおばちゃんがおりまして…。
もぅ目が釘付け。
思わずポ~っと見とれてしまい、タイムロス。
もうちょい長湯したかったけれど、男湯から「上がりますよー」の合図があり、仕方なく風呂から出たのでありました。
駐車場でスズマル家とはさよなら。
いやぁ、なかなか充実した2日間でした。ありがとー。
今度はアリーさんでチャプチャプキャンプ、やりましょう。
あ、emizoさんがソロキャンするときは駆けつけるからね、グフフ。

スズマル家と別れた高橋家は、道路標識の公園という2文字に誘われ、二本松にある霞ヶ城公園へ。
あまり期待してなかったんですが(近所の三角公園くらいのノリ)、なんのなんの。
二本松城(そんなのがあったとは…)跡の石垣だけでなく、手入れの行き届いた庭園やら茶室まであって、意外に広びろ。

Koen1

↑敷地内の遊歩道にはウッドチップが敷かれてあるところもあり、ものすんごく歩きやすい。傘松は樹齢300年なんだそうです。この横には鶴松ってのもありましたが、そっちはどこから見ても鶴には見えず…(笑)。

ワンコのお散歩にはもってこいの公園ですよ、ココ。
近所に住んでたら、毎日来たい。
桜の木もソメイヨシノなんかが1,700本近く。
花見の名所になってるようです。

Koen2

この遊歩道には提灯がぶら下がってて、花見の準備が整っておりました。
桜の花はまだ堅い蕾だったですけどね。
んで、その広場の脇に「相生の滝」なるものがあったんですが…
「この滝は場内の自然地形を利用して作られ…場内中腹を東流する二合田用水から水をひき、その水は箕輪門前の用水路へと流れ込み城下へとつづく」
どうみても、この場所だけで循環させてんでねの? って感じでした。
滝も人工的だったし(笑。
公園内のアップダウンのある遊歩道をあちこち2時間近く歩き回って、2匹グッタリ。
二本松ICから高速に乗って自宅へと戻ってきたのでありました。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

|

« スズ家とあだたらキャンプpart1 | トップページ | 薬來山へ »

コメント

ごっちん米…笑
この辺だとめっこご飯かなぁ~^^
旦那様の実家周辺もそんな呼び名ですよね?

霞ヶ城公園。いい所ですね~♪
桜の季節はすっごく混みそうですが…
にしても2時間うろうろ。りえぴさん家らしい^m^
私は最近メタボでちょっと歩くとはぁーはぁーと…情けない。

投稿: chie | 2008年4月 4日 (金) 07:49

あのあと行った公園がこんなええところだったとわ。一緒に行くんだった(笑)
しっかし、我が家はオオモノ買わねば行けなかったので、しょうがないっす。残念っす。

朝ご飯は、ホントに遠慮無く人んちのウマウマ食材頂きまして、ありがとございました。
ご飯が堅かったかどうかは、kenbo氏はなにも行ってなかったので、許容範囲だったのかも〜。

ゼヒゼヒ、またご一緒おねがいしまっす。
あ、ソロもでけたら(笑)

投稿: emizo | 2008年4月 4日 (金) 10:25

>chieさん
あー!めっこご飯って、うちの夫も言ってたですよ。
とーほぐではそうなのかな。
んでも、めっこてちっとも堅そうな感じがしないですね。
霞ヶ城公園、ココ、わんことお散歩するにはマジでお勧めするです。
ええとこでした。
うん、桜が咲いたらすんげー人で混雑しそうですけどね。いやぁ、園内をくまなく歩くだけで、そのくらい時間がかかったとですよ。

>emizoさん
キャンプ場から、意外に近いところにあったとですよ。
いやほんと、行き当たりばったりで寄ったんすけどね。
到着して、スズ家も一緒だったらよかったなぁと思ったです。
んでも、アレがアレだったものね。スズ家は(笑
大物のアレ、今週末デビュするんでしょうか。
レポ楽しみにしとりますけんね。
わしは、あれのものすんげーちっちゃい盤のツインほにゃららが気になるとですよ。
朝飯はすっかり老人用て感じでしたけど…あの鯵はなかなかイケたですね。よかったっす。
こちらこそ、またよろすくですよ、うへへー。

投稿: りえぴ | 2008年4月 4日 (金) 11:33

これぞ、日本の朝ごはん!
朝に干物。おいしそう~。
ご飯を炊きなおしたご主人に
男のこだわりを感じます!

公園の石垣の写真怖いですね。
BJくんは高いとこ怖くないんですか?


投稿: junk | 2008年4月 4日 (金) 22:41

>junkさん
そうそう、和食、ええっすよね。
これにおひたしなんかも加えたかったっすよ。
でもって米がごっちんぢゃなかったら、もっとよかったんだけど~
石垣、わし、あの上からぼんやり景色を眺めておりましてね。
気づいたら、あやつがあんなところへ。マジでびびったです。
写真撮るときはリードが伸びないようにロックかけたんですけど…
どんだけ高いのかちら?と思って柵越に覗き込んだんですが、あんな隅っこに行かなくても足がすくんだですよ。あいつは遠近感わからんアホです。

投稿: りえぴ | 2008年4月 5日 (土) 15:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/12160398

この記事へのトラックバック一覧です: スズ家とあだたらキャンプpart2:

« スズ家とあだたらキャンプpart1 | トップページ | 薬來山へ »