« とことんソロキャン① | トップページ | とことんソロキャン③ »

2008年2月15日 (金)

とことんソロキャン②

目が覚めたのは、ナント午前8時半過ぎ。
昨夜、湯あたりしちゃって倒れ込むようにテントの中に入ったんだけど、それにしても寝すぎ。ビールだってしたたか飲んだハズなのに、なぢぇ尿意を感じなかったのかしら?
最後のアノお風呂で、汗としてぜーんぶ出し切っちゃったってことなのかしらん。
つか、起こせよ!>サラ&BJ(笑。
慌ててテントの外に出たらうんこバックを引っつかみ、朝の散歩タイムです。
顔、洗ってないけど。
寝癖思い切りついてるけど。
サイトに戻ってきたら、既にお隣のキャンパーさんは撤収作業をしておりました。
出遅れた我が家は、やっとこ朝食。

02111

↑昨夜から今朝にかけて、随分暖かかった~と思ったのだけど、お隣さんによると気温は-4℃だったとか。風がないと体感温度、高いっスよ。

朝ごはんは当然昨夜の残り。
うどんぶちこんで、豪華に卵も乗せて。
つくねを投入したら、嵩が昨夜以上に増えて、これまた食いきれず…昼に持ち越しとなりました。
かなりこの味にも飽きてきたんですけどー。
昨夜は1泊で撤収しようかどうしようか悩んでたんですけどね。
朝飯食べるときに、ついアルコールを(お茶代わり?)飲んでしまったんで、延泊するっきゃねーな、と。
てことで、管理棟へ出向いて手続き。
ついでに今日の分の蒔きも購入。
うへへ、昨日以上にサービスしてもらっちゃいましたよ。ウレピー。
んが、この薪。
今まで気づかなかったんですけど、東屋の中でよく燃えるようにと乾燥させてる束は、どうもカメムシ君たちの恰好の住みかとなってるらしく…。
前室に束を置いてたら、いつの間にかテーブルや椅子の上やらに這い出てきとりまして…。
寒いから動きは緩慢なんですけどね。
それでも触れると十分臭いわけで。
見つけ次第、丁重に極寒の中へと放り出し、凍死していただいてたんですが…。ナムー。
中には必死で薪にしがみ付き、炎のメラメラ上がる焚き火の中へ投げ込まれちゃったやつもおりました。
なんで分かったかとゆーと。
燃えるとなお臭い、カメムシ臭。
キョーレツ過ぎです。
皆様も、一度お試しあれ。

食後、お天気もいいので、再び2匹を連れてウロウロ。

02112

↑コテージのあるところまで行ったら、カマクラみっけ。嫌がるBJを無理矢理押し込んでみました(足で・汗)。1人と2匹で作った獣道。2往復したら立派な散歩道に。それでもBJは先頭を歩くのを嫌がるのよね。

新しく散歩道を作ってみたり、撤収の済んだサイト跡にお邪魔したり…(圧雪されてるから、ちょっとしたドッグランになって2匹大喜び)。
んで、すげーすげーと関心したのが、お隣のサイト。
そう、昨夜妻が湯あたりするまで話し込んだ奥様のいたサイト跡です。
空の一斗缶で固めた雪のブロックを積み上げて壁を造り、その中にはちゃーんと雪の椅子まであったのですよ(この上にウィングタープを張っておりました)。
「スクリーンタープがなくても、雪の壁が風除けになるし、中で焚き火すれば暖かいのよ」
そうおっしゃってましたが、なるへそネ。
勉強になります。
一人ぢゃちと造るのは大変そうだけど、今度夫に造ってもらいたい(笑。

02113

↑お隣の素敵な作品を見て、芸術意欲を掻き立てられた妻。2匹をテントの中に押し込んだら、外で雪の彫刻作成。おっぱい星人(デカ乳首つき)と道祖神様でおま。

このおっぱい星人。
出来上がってみて、小学校のときに作ったブロンズ像と、殆ど同じだったことに気づきました。
成長してないってことですかね?(汗。
連休中は賑わっていたテントサイトも、次から次へと撤収されて、ガラ~ン。
最後の青森ナンバーのご夫婦が帰ると、貸切になってしまいました。
静か~。

02114

↑晩御飯は韓国雑煮のトック。日本の雑煮が恋しくなる味でした(スープの作り方間違ったのか?)。rikoさんにいただいたトマトのお酒がウマー。焚き火とニャーと道祖神様。思わず両手を合わせたくなる光景です(違。いつの間にか、おっぱい星人の乳首が落ちて、奈美悦子になっとりました。

薪が3束あるからね。
今日も焚き火三昧ですよ、ウフフ。
てことでファイヤー。
これが意外に忙しかったりするんです。
焚き火台の周りの雪が溶けますからね。
ちょいと目を離すと傾いて、薪がドサーッと崩れ落ちちゃったりするし。
そんなこんなしてると、次第に風が出てきました。
あちこちで、ドサーっと枝の上の雪塊が落ちる音がします。
ヒエー。
設営時、とりあえず空を見上げて危なくなさそうな場所を選んだつもりですが…。
あんなのがテントの上に落っこちてきたら、壊れちゃいますよね。
怖い、怖い。
さっきまでお星様が見えていたのに、月も霞んでドンより。
風呂で十分温まってテントに入ったんですが、風はますます強くなってきたようで。
ゴォォォー。
なんだか、ものすんごい音がしとります。
ちょっと心配になったので、張り綱張って寝たのでありました(ペグ打つのに穴掘ってたら、掘った穴に頭から落ちそうになったぜ)。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

|

« とことんソロキャン① | トップページ | とことんソロキャン③ »

コメント

BJさんも雪を食べるんですね、スズさんもです。
そして、こないだの雪中キャンプで雪をくっとるのは、スズさんだけでした・・・
電波っすか?やっぱり?

カメムシって、越冬するんですね〜。知らなかった。
お試ししようにも、このところカメムシさんにお会いすることもなく〜。
今度ニオイをビニール袋にとっておいてください。
嗅ぐのはkenbo氏ですがw

前日のBLOG写真見てて、BJさんはいないのかと思ったら、
いたようで安心しました(笑)

投稿: emizo | 2008年2月15日 (金) 14:06

薪を燃やした炎
かっこいいです
今度もっとちゃんと撮って~
もう少しアップで見たい

カメムシさんの臭いはかぎたくないっすよ!

投稿: 恵那爺 | 2008年2月15日 (金) 18:34

雪のソロキャンプ楽しそうだに。
温泉、酒、雪かき、そして雪での一人秘宝展(笑
おっぱい星人がちと怖いけど@顔。
今回も無事に帰りつけて良かったね。

投稿: riko | 2008年2月16日 (土) 09:06

>emizoさん
1匹だけだったら、どんだけラクチンだったことか。
2匹いるとさー、2匹ともわしのシュラフに入ってくるのよ。
んもぅギューギュー。
ぐるちぃ。
えーっ!他のワンコさんたちは雪、食わないんすか?
うち、BJだけぢゃなくてサラも食うちょりますけど(汗
ハレンチブルドッグだからですかね。
とことんに来たら、真冬でもカメムシさんと会えるですよ。
軒下に置いてある薪には流石に張り付いてはなかったみたいすけどね。


>恵那爺さん
風邪、よくなったですかー?
もうちょっとよかデヂカメやと、もっと綺麗に撮れるんでしょうけどね~。
アップにするとね、ボケボケなのがバレますの(笑
ほんと、炎って見てて飽きないですよ。

>rikoさん
一人秘宝展サイコー。
童心に返るっちゃね。
他に沢山キャンパーさんがいたら、ちょっとこっぱずかしぃけどさ。
あ、水曜日、泉ヶ岳でも雪どっちゃりありそーだよー。
連絡するっす。

投稿: りえぴ | 2008年2月18日 (月) 12:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/10520965

この記事へのトラックバック一覧です: とことんソロキャン②:

« とことんソロキャン① | トップページ | とことんソロキャン③ »