« 泉ヶ岳スノートレッキング | トップページ | しつこくアソコでキャンプ② »

2008年2月25日 (月)

しつこくアソコでキャンプ①

天気予報は「荒れますヨ」ってことなのに、行ってきました、とことん山へ。
だって、荒れるつったのは宮城県の天気予報だし~。
秋田の予報は見てないし~(汗。
午前11時過ぎ、現地に到着。
管理人のK氏は、今晩から大雪の予報なんで、今から木地山キャンプ場の雪下ろしに出かけるんだと言っておりました。
木地山キャンプ場といえば、過去に数回、カヌーキャンプでお世話になったところ。
でもって冬季閉鎖なので、勿論キャンプ場までの道路は途中から除雪がされておりません。
かんじき履いて、延々と歩き、そして現場に到着して雪下ろしの作業。
想像しただけで大変そう。
「気をつけて行ってらっしゃいませ」と声援を送ると、「そちらこそ、今晩から明日にかけてお天気荒れるから、気をつけて」と逆にエールを送られました。
本日、ロッジに2,3組の宿泊客はいましたが、テント泊は我が家だけ。
ソリで荷物を運んだら、早速、雪をかいて設営です。

02231

↑まず階段作んなきゃサイトまで辿りつけね~っ。夫、「こりゃ何かの訓練かヨ!いや罰ゲームだヨ」などとボヤきながら雪掻き。前日お天気がよかったらしくて、雪がガッチガチだったのです。

お天気悪いかも、ってことで今回設営したのはアメニティドームのみ。
ガチガチの雪を掻くのが面倒だったので(夫が拒否)、二人で足踏みしながらテントの広さ分を圧雪していきます。
と…。
ポツポツ。
雪?
いいえ、雨でございました。
ガビチョーン。
しかも、強くなってきましたよー。
ソリの上に置いたまま放置してたインナーマットなんかを、濡れないようにロッジの軒下に急いで移動。
すると、雨が霙に変わってきました。
風も出てきちゃったし。
さびぃー。
設営してるインナーテントに降りかかる霙が、あっとゆーまに凍っていきます。
急げ~!
急いでフライをかけるんだ~っ!
ええと、設営完了したところで、霙はサラサラの雪へと変わりました。
んだよ、もうちょっと待ってから設営すりゃよかったんぢゃん、と。
しかも、時折日差しまで射しやがるし、ピカリーンッ。
慌てる乞食はナントカってやつですね。

02232

↑設営が済んだら、ビール持ってまず温泉へ。そして、鰹のお刺身と湯豆腐で遅めの昼食。グリコの「カマンベールチーズ51%」と「チェダーチーズ52%」、うめーっ。もちろん愚犬どもがもらえるのは、匂いだけ(わざと、ハ~っと鼻先に息を吹きかける意地悪な妻です。愚犬は、その吐いた息をペロペロ舐めとります。息を舐めても、腹は膨れんとおもうぞ)

この後ダラダラと晩飯タイム~そして飲みに突入~!
といきたいところだけど、犬連れだと散歩に連れ出すという大切な仕事があるわけで…。

02233

↑キャンプ場内のコテージの一つが大変なことに。屋根に積もった雪が、デッキの庇を直撃して倒潰。キャー!

雪の降る中、とりあえず橋を渡ってコテージのあるほうへ。
2週間前にあったカマクラ…、穴は小さくなってはいたけど健在でした。
(妻が建造したおっぱい星人と道祖神さまは跡形もなく消えてたけどね…雪に埋もれて)
その後、ゲレンデへ。
あまりの寒さに、BJはサラのリードに八つ当たり。
ひとしきり遊んで(とゆーか、寒さと戦って)テントに戻ったら、テントの中でゴロゴロ。
設営前に、手抜きして、テケトーに足踏みしちゃったツケが…。
もぅなんつーか、ボコボコなのですよ。
ココは八方スキー場のピョンピョン平かYO!っつーくらい。
窪みと窪みにちょうど尻タブをあてがうと、ポッコリ盛り上がった箇所がちょうと肛門様を刺激するといいますか…。
ついでに、同じ場所に長時間胡坐かいて座ってると、体温で雪が溶け、そこがズンズン沈んでいって、新たな窪みを建造するわけで。
まぁでも、これぞ雪中。
楽しまなきゃね。
日が暮れると風が強くなってきまして…。
飛行機の音と思っちゃうような爆音が頭上でゴォォォー!。
ま、張り綱は完璧に張ったし、テントの中にいると、さほど風の強さは感じないんですけどね。
てことで、階段部分を照らすようにと持参したニャーは、風で倒れるのを心配して前室で灯火。
テントの中ではフェザーランタンを。
これに、晩飯のちゃんこ鍋に火をいれたらテント内は、とりあえずホカホカです。
といっても、室内温度0度だけど。

02234

↑鍋をひっくり返したりすると大変だから、食事中は細心の注意を払わねばならぬのです。汁も飛ばさないように、そーっとな。そーっと啜れ。BJは知らぬ間にシュラフの中へ。サラは夫の真横でガタガタ震えながら丸くなっとりました。チミもシュラフの中に入ればええのに…。

床はボコボコなんだけど、ええですねー。
横になりながら酒が飲めるって(笑。
多摩川の河川敷とか、○○公園なんかで生活してる人って、こんな感じなんぢゃね?なんてことを話しながら夜は更けていきます。
自堕落野営生活一直線。
本日の入浴回数3回。
テントの中のランタンを消したら、あっちゅー間に気温が下がって、吐く息真っ白。
外は吹雪いてるけど、ホッカホカの体でシュラフの中へ。
風の音で寝付けね~とか思ってたけど、いつの間にか夢の中でした。
でもね。
夫のシュラフには、体重9キロ未満のサラ。
妻のシュラフに13キロ越えのBJが潜り込んでいるのです。
しかも、太ももの上にぶっとい胴体、股間の上に顎乗せて。
起きたときに、両足が異様に重いのはこのせいなのよね…。
ワンコ(デブ犬)連れで雪中キャンプやられてる方は、どーやって寝てるのかちら…。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

|

« 泉ヶ岳スノートレッキング | トップページ | しつこくアソコでキャンプ② »

コメント

さすが、りえぴ家はあの風の中のテント生活もご無事だったようで。えがた。
このチーズのオヤツウマイですよね〜。
「よくぞスバラシイつまみを考えてくれた!」と思ったですけど、一袋190円は高価だな〜。

冬のキャンプ中は、emizo氏は湯たんぽがあるのでスズマルさんはkenboさんの横にて就寝。
ものすごくキッツイそうです。肩が。ただでさえ怒り肩なのに。
普段はemizo氏のオマタで就寝です@スズマル。

投稿: emizo | 2008年2月25日 (月) 21:04

だんなサン、階段お上手ですね。
雪中生活はまず雪の工作できるかどうかで・・・
センスばっちり、今度八ヶ岳ご一緒させてください

投稿: エドヤマ | 2008年2月25日 (月) 21:48

scissorseye
おいしそうなビール飲んでんナ~lovely
コタツ抱いて寝てるんだから良いんで無いの
チョット重いのはdog

投稿: 恵那爺 | 2008年2月25日 (月) 21:52

またまた いらっしゃ~~~い!!!

>13キロ越えのBJ・・・
そうは見えないけど~~チョビは14㌔に限りなく近い13㌔っす!
飼い主は。。。。どうしようも無いくらい増量中(滝汗)

確か・・・土曜の夜って。。。暴風雪波浪警報が出るくらいビュービューいってましたよね?!(蔵王を思い出しとりました!)
「今日は・・りえぴさん来ていないよね?」って旦那と話してまして~~~

日記②が、まさかの展開に・・・・な~んてなってないですよね?^^


投稿: akasatana | 2008年2月26日 (火) 11:59

>emizoさん
ヤジ家と沼沢でキャンプ(台風)したときのことを思えば、このくらい…(笑。
そうそう、このオヤツ、高いのよねー。旨いんだけど。
100円にならんかのぅ。
こないだソロでやったときなんて、わしのシュラフに2匹っすよ。圧死しそうでしたわ。
ブタンポ2個で温かいのに、血が止まって足先ちべてーの(笑
スズさんは、kenboさんの肩を枕にして並んだ感じで寝とるんですか。がわええー。

>エドヤマさん
ふふふ、頑張って造った作品も次の日にはなくなってましたけどねー(笑
ええと、前回わしが作ったおっぱい星人のあのセンスはどんなもんでしょうか…

投稿: りえぴ | 2008年2月26日 (火) 14:25

>恵那爺さん
普段家では発泡酒か第三酒なんすけどね。
キャンプくらいはええ酒を、と(笑。
だからキャンプ好きになるのかもしれません。
そういや、昔の実家(夫の)は、重い掛け布団でしたわ。重さで寒さを帳消しにしろ、と。そんな感じ。

>akasatanaさん
てことは、チョビさんは、BJを長毛にしたような感じなのかしらね~。
うちだって飼い主は無制限に増量中っすよ。寒さをしのぐためには、己の体に脂肪をタップリつけるしかないのです。とか言い訳しながら(熊かよ)。
もしかしたら、おニゥのテントでまだら家がきてるかもーなんて思ったんだけど~。
3月一杯まで雪中楽しめるってスタッフが言ってた。
まだまだやれるねー。

投稿: りえぴ | 2008年2月26日 (火) 14:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/10748769

この記事へのトラックバック一覧です: しつこくアソコでキャンプ①:

« 泉ヶ岳スノートレッキング | トップページ | しつこくアソコでキャンプ② »