« アイスモンスターとご対面 Part2 | トップページ | あだたらキャンプ ① »

2008年1月29日 (火)

荒沢湿原スノーハイク

週末、雪中ソロキャンにチャレンヂしよー!と思っていたのですが、爆弾低気圧のため嵐のようなお天気だった金曜日。
お江戸にいる夫から「週末の野営は危ないのでやめておきなさい」とのお達しが出てしまいました。
でも日付が変わると、あらいいお天気ぢゃないの。
キャンプに行けたぢゃないの。
残念だわー、と。
まぁ、金曜日の夜、友人と宴会予定が入っていて、案の定土曜日の午前中はグダグダのヘロヘロだったんですけどね…。
それでも、日曜日も青空が広がってて、気持ちのいいお天気。二日酔いらしきものもすっかり消えて、一日家にいるのは勿体なーい。
てことで、BJを連れて荒沢湿原へ行ってみることにしました。
やくらいスキー場は営業可能ってことになってるけど、果たしてその先の荒沢湿原の上はスノーシューでちゃんと歩ける状態なのかしらー?
わくわくドキドキしながら車を走らせていたら…。
宮床のトンネルの手前で、道路の両脇に数名が突っ立っております。
藪しかないこんなところになんで?と思って藪の中を見たら、ギャォー! 車が見事にひっくり返って落ちとりました。
(宮床は、数年前にも車がダムに落ちて亡くなった人がいたとか)
なんと反対車線の藪の中にももう一台、同じ格好をしてドーン。
シャーベット状の雪がまだ残る緩やかなカーブ。
どうも正面衝突して、それぞれの車が弾き飛ばされて薮の中に落っこちちゃったようです。事故直後だったのか警察車両も救急車も到着しとりません。
妻は薄情なので「うわー、しょっぱなからヤなもん見たなー。幸先わりぃよ」と思いながら通り過ぎちゃったんですけど。
同乗者の方たちは無事救出されたんでしょうか(後付)。
つか、スピードの出しすぎプラス雪でハンドルを取られちゃったっつー以前に、田舎のお年寄りってセンターライン無視してカーブを直線で走ろうとする傾向にあるみたいなので、気をつけたほうがええですよ、ホント>rikoさん(笑・田舎の年寄りっつーことでなくてね、テヘヘ)。
薬莱の温泉の辺りまで来ると、道路は圧雪状態。
でも、まだ雪量はそれほどでもないのか、両脇にできた雪の壁は1メートルにも満たない高さでした。そのせいで風が吹くたび粉雪が舞い上がって、目の前真っ白。コエーッ。

01271

↑橋を越えたら、車数台しか走行してないような雪の轍。スタックしそーっ。引き返そうかとも思いましたが、荒沢湿原まで目と鼻の先。ここまで来ちゃったんだもん、と強行突破。

いつも車を停める場所には、自然館の管理人のおっちゃんの車らしき軽トラ。その前に我が家の愛車を停めようとしたのですが、妻の車をココに停めると他の車が来たときに邪魔になるかもー。てことで、まずは駐車場の雪かきです。乗せててよかったスノースコップ。
つか、この雪かきで既に汗だくなんですけど…。
無事に車を停車させて、さぁスタート(ヘロヘロ)。
雪がチラチラ降ってきましたが、自然館までたどりつかねば(約300m)湿原も楽しめません。雪かきの疲労で、息が上がるぜ(ゼィゼィ)。
自然館に到着して見下ろしたら、湿原には足跡が一つもありません。
「まだしっかり凍ってないから危ないんぢゃないかねー」
管理人のおっちゃんは、そう言うとりました。
てことで、木道があると思われる場所を手、もとい足さぐりで進んで行きます(妻はドーンと落っこちるのがイヤなので、まずBJを先に歩かせたりして…)。

01272

↑ところどころ沢が顔を出しておりました。轍になってるところはスイスイ先頭切って歩くくせに、轍がなくなるとBJ、フリーズ。それでも鬼軍曹@妻はストックでBJのケツを小突いてGOサイン。ラッセルに疲れたBJは、妻の足の間に潜り込んできました。邪魔ですってばー。



木道も、しばらく歩くと轍が消えて、フッカフカの新雪に。
BJはなーんの役にもたちゃしないし。
自分で道を作るのって、疲れるね~。
それでも2時間ほどスノーハイクを楽しみましたぜ。

01273

↑道がなくなると、突然フリーズ。引き返そうとしやがります。自然館に戻ってきて、ホッと一息。いやぁ、よく頑張りました。

途中でカップ麺も食べたし(んでも、話し相手のいない一人ぼっちはちと寂しいのぅ)、久しぶりにタップリ汗も流せたし、満足満足~。
湿原は2月に入れば歩けるかしら?
そしたらまた来るぞー。
次回はタオル持参で帰りに薬莱温泉に浸かるのダ!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

|

« アイスモンスターとご対面 Part2 | トップページ | あだたらキャンプ ① »

コメント

すんげ〜。
二時間も一人で。
それも、雪かきの後に。
無理〜、ワタクシには無理〜。
だから、太るんですがねorz

BJさんはハダカんぼでも雪ン中スイスイですね。
ウチの坊っちゃん、もはやヌーディーな格好では外にさえ出なくなりました。
やっぱり薄毛だから???

投稿: emizo | 2008年1月29日 (火) 17:41

雪に慣れていない私なんぞここはゼッタイ無理ですな!
でもスノーシューで歩いてみたい

投稿: 恵那爺 | 2008年1月30日 (水) 05:36

>emizoさん
飯食ってる時間も入れて2時間だから、たいしたことないかもー。しかも、ちょっと歩くとヒィヒィで「5秒休憩~」なんつって立ち止まってたし(笑
つか、汗ダラダラ流してもちっともスリムにはなりませんが、なぢぇ? 出した汗の何倍ものアルコールを摂取するから?
洋服着せて雪の中歩かせると、その洋服が濡れて余計寒いんぢゃねーのかなと。いや、ワンコが雪の中で遊ぶとき用のお洋服なんて、高くて買えませんわよ。

>恵那爺さん
スノーシューで山を歩くの、楽しいですよー。
いつもは歩けない場所にズンズン入っていけちゃうし。
でもそこまでの車の運転は、けっこう気を使うですね。
JAF呼ぼうにも圏外ってところが多いし。

投稿: りえぴ | 2008年1月31日 (木) 10:55

こんにちは。
私達は、日曜日にはいりましたよ。
ワラビ園から、ハイクアップですね。

我が家は、土曜日の先頭だったので、約6kmのラッセルでした。
遊歩道と思われる場所を、右回りで回り、沢沿いに次の湿原に。
そして、一番奥の所から道路に出て、道路を戻りました。

帰りは、道路だから楽勝と思ったら、道路もトレス無し。
疲れた、一日でした。

私達の後を、後年の方と、ワイルド1ツアーが付いてきましたので、
思いっきりのアップダウンコースと、木道ギリギリ攻めにしましたよ。
当然、木道は雪を落として恐怖感をプラスでね。


2月9日は、澄川から刈田岳ツアー予定です。
天候次第では、順延あります。


じゃ。

投稿: TOM | 2008年2月 1日 (金) 09:32

こんばんは~、ちょっと失礼します!
ローカルニュースで今日しりまして~!(遅すぎるぞ~、明日かい!)
小安峡しがっこまつり・・・ ライトアップは明日の夕方6時からです!
http://aios.city-yuzawa.jp/kanko/event06.htm

ライトアップっておまつり期間しかやってないのかしら・・・
いや~~、古いテント持って行くべきか~~(また潰されたりして(爆)

その次の週は「犬っこまつり」開催ですよん^^

投稿: akasatana | 2008年2月 1日 (金) 21:21

>TOMさん
えーえーえー、わらび園てどこにあるんですかーっ!?
道路、除雪してないとものすごいことになってますもんね。
日曜日は、W-1のツアーもあったんですかー。
知らんかった。
一度はそういったツアーに参加して、いろいろ教わりながら歩いてみたいな~とも思ってるんだけど、なんせ我が家の場合は自由気ままな(躾がなってないともいう)犬が一緒なんて参加表明する勇気なくて。
w-1のスタッフにキャンプとかワンちゃんも一緒にどーぞーなんて声はかけてもらうんですけどねぇ。
刈田岳、風強くないといいですねー。

>akasatanaさん
みたみた!サイト覗きにいったですよ。
ライトアップて、期間短すぎー(笑
今週末は犬っこまつりてなってましたね。
犬っこて書いてあるからワンコさんが仰山と思ったら、写真にワンコさん写ってなかった(笑
お祭り期間中って、やっぱ人わんさかなんでしょか。
わんさかはやだなぁ。
テント、手に入れましたかー?

投稿: りえぴ | 2008年2月 5日 (火) 13:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/10130485

この記事へのトラックバック一覧です: 荒沢湿原スノーハイク:

« アイスモンスターとご対面 Part2 | トップページ | あだたらキャンプ ① »