« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月28日 (金)

クリスマスプレゼンツ

キャンプの帰り、サンタさんを求めてWILD-1へ。(つか、お立ち寄りはお約束?)
ウヘヘー。
妻はちゃっぷい冬でもソロキャンできるようにと、サンタさんからええモン頂いちゃったですよ。
このキャリーバックにインナーテントまで突っ込んだら、思った以上にデカくて重くなるのと、テントと同じグレーぢゃないってのがちと気に食わなかったりもするのですが、まぁしゃぁーないかな、と。

Imgp5659

↑勿体無くて、未だにビニール袋から出してもおりませぬ。

SPのランドブリーズ2LX(フライシート)でごぢゃいます。
これでランブリの前室も広々ですヨ。
あぁ、早く使いたい~。

んで、この商品を小脇に抱えていそいそとカウンターへ行きましたらば、SPストアのスタッフに「これ、差し上げます~」とSPのステッカーを渡されたのです。
思わず、妻・・・。
「こんなモン、ゴミになるだけだし、いらねーっ」と口にしてしまいましたの。
スタッフ、涙目(汗。
「いらないなんて言われたの、初めてです・・・モゴモゴ」
んぢゃ、代わりになるものを何か、と探しに行ったスタッフ。
すんませんのぅ。
待っている間に、WILD-1のスタッフS氏に「ボクからのクリスマス・プレゼントです」とこーんなもの渡されました。

Imgp5652
↑「腹の足しになるモンの方が嬉しいらしいっスよ。携帯ストラップだって、醤油つけてクチャクチャやれば、ええ酒のアテになると思うっスけどねー」。

お菓子の詰め合わせ。その名もチャイルド・パック。
思わず小躍りする妻。
子供かよ。
SPのスタッフには、その後、携帯ストラップを2本頂いたのですが、さすがにこっちは「これもいらねーっ」とは言えませんでした。
不必要な小物くれるくらいなら、欲しいモノ少し値引いてくれりゃええのにー(笑・本音)。
んで、夫へのサンタさんのプレゼントですが・・・。
夫担当のサンタさんは、トナカイのソリぢゃなくて、徒歩で移動のようでして。
1月の中旬まで到着が遅れるそうでございます。

Imgp5660

てことで、プレゼント引き換え券の紙切れ一枚のみ。
まぁ、金額的にちょいと差があったりして(格差がこんなところにも!)妻的には不満もあるのですが・・・。
これで、夫もお江戸周辺で快適ソロキャンプができそうなのであります。
よかったね、夫。
しっかし、サンタさんからのプレゼントとかいいつつ、我が家の家計のダメージがデカいのはなんでだ?

にほんブログ村 アウトドアブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

湯治キャンプ最終日

昨夜、シュラフに潜った瞬間、バシバシとフライシートを叩く音が聞こえました。
12月だってのに、雪ではなくて雨ですよ。
暖冬のバカ~ン!
明け方になれば雪に変わるだろうと期待しつつ寝入ったのですが、目が覚めてもソレは雨音のままでした。
暖冬のうんこたれーっ!
午前6時にテントから這い出て、タオルをぶら下げ温泉へ走ります。
ゆーっくり朝一の湯を堪能したら、小雨の中、2匹を連れてプラリとお散歩。

12241

↑雨のせいであっちもこっちもシャーベット状態。滑って歩きづらいよ。初日はもう一組いたけど、連泊したのは我が家を含めて3組。左がまらだ家サイト。右は青森からのご夫婦。奇しくも3組とも愛車が同じ車種~。

雨は降ったりやんだりの繰り返し。
時折強くなったりするし・・・。
空を見上げても分厚い雲が一面にかかってるので、どうやら雨の中の撤収になっちゃいそうです。
駐車場まで遠いし、かなり凹む高橋夫婦。
夫がテントを撤収している間に、妻は朝飯作り。
残った海老をぜーんぶぶち込んでトムヤムクンです。
灰汁も旨みの一部だーぃ!とかいいつつ(結城センセが言うとった)。もちろん海老は殻つきで(笑。
食後は、ダラダラとシェルの撤収。
荷物をソリに乗せて2往復。
でも、駐車場までは下りだから、意外にラクチンでございました。
あれもこれもズブ濡れになったけど。
焚き火跡にスコップで雪をぶっかけて、痕跡を消して全て終了したのが午前10時半。
2匹を車に突っ込んだら、夫婦はタオル持って最後のお風呂へ行きました。
髪の毛まで洗ってゆっくり浸かってたら、雨がいきなり雪に変わりまして。
しかも大雪。
がびちょーん。
急いで撤収することなかったぢゃんねぇ、とちょっとガックシ。
管理人さんにお別れを言って、キャンプ場を後にしたら小安峡にかかる橋から大噴湯を見下ろし、しばし吸い込まれそうになる(ヤベー、飛び降りたくなるよ)その景色に見とれておりました。

Imgp5640

↑雪がすっかり溶けたら、木道を歩いてみようそうしよう~。

で、その後は前回も立ち寄った佐藤養助商店さんへ行き稲庭うどんをペロリ。

12242

↑夫は比内地鶏あったかつけ麺(1,400円也)、妻はせいろとかけのセット、味くらべてんぷら付(1,650円也)をおいしくいただきました、ゲフーッ。

どーでもいいんですけど、店内に「テレビでおなじみの七代養助のうどん製造工程のパネルです」なんて張り紙がしてあるんですけどね。
この「テレビでおなじみの」ってのは、七代養助に掛かってるのか、うどん製造工程にかかってるのか、パネルにかかってるのか・・・妻は悩みながらうどんを啜っておりました。
どれもテレビでおなじみぢゃないしーなんつって。

おなかいっぱいになって、助手席でグースカ寝こける妻。
気づいたら、自宅ではなくwild-1へ到着しておりました(お約束?)。
クリスマス・イヴだもの・・・。
ココにサンタさんがいるのよね、きっとーっ!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

湯治キャンプ2日目

夜中トイレに起きて(ついでに風呂まで入りました)、おぉ~、道中明るいわぃとホンノリ光るニャーの明かりにホッコリしたのですが・・・朝テントから出てもソレは点いておりました。
スゲーッ。

12231

↑灯油満タン(340cc)でいったいどのくらい点いてんだろねってことで、消さずにずーっとつけっぱ。お散歩から帰ってきたら朝ごはん。朝はおなかに優しいコーヒー牛乳をホットで。アルコール入りだけどね。

なんだか前日よりも暖かくて、ところどころ地表が顔を出してるところがありまして。そこを歩くと2匹の腹が真っ黒になりそうだったので、スノーシューを履いてお散歩です。
犬は、寒いと逆毛が立つんですね。妻は別のところが立つけど。
サイトに戻ってきたら朝ごはん。
今朝のメニゥはカニたっぷり雑炊~とゆーより、この後三つ葉一袋分を無理やり入れたので三つ葉雑炊になっちまいましたが。

12232

↑椅子から立ち上がる度に、干してた夫の長靴のインナーが妻の頭にキックを食らわせる。キェーィ!お昼はタコと干し海老と粗挽き肉入れたチヂミ。タレなんかいらないくらいよい味出とりました。ビールも進むぜ~。

暇になったら散歩して風呂に入っての繰り返し。
本日がとことん山スキー場のスキー場開きっつーことで、お昼近くになるとスキーヤーがちらほら。
スキーもスノーボードもレンタル料金(セット)は2時間で1,000円。
やすーっ。
1日リフト券なんて500円ですってヨ!
ますますやすーっ。
って、1日リフト券購入しても、1,2本滑ったら後はレストランでビールばっか飲んでた記憶しかない妻ですけどね。

今回の上段の浴槽が恐ろしく熱かった女風呂ですが・・・。
壁に貼り付けてあった説明書きによると(初めて読んだ)、温泉の泉温はなんと80.6度。
加水してたんですけどね。
それでもおっつかないくらいアチーノ。
油で汚れてギドギドの鍋は、この80.6度の湯でササ~っと流すと綺麗になったけど・・・。

12233

↑上段の浴槽は循環濾過装置ありだそうで、中段と下段がかけ流しだそーです。でも下段の一番奥に入っちゃうと、橋渡ってる人にフルヌードを披露することになるっす、多分。

午後6時を回って、辺りが暗くなっても昨日点けたニャーはまだ輝いておりました。
結局26時間点いてましたよ、ドシェー!
晩御飯は南仏風ブイヤベースと老人風パエリア(夫が水を入れすぎたので、米がヌチョヌチョぢゃ)。
どちらも同じ食材を使った超手抜きだったりします。
んで、出来上がったら味見もせずにお隣のまだら家に毒見させに行きました。
耳を澄ましても呻き声は聞こえなかったので、安心してそれから高橋家は食事開始(極悪人)。

12234

↑おつかれちゃんのBJおいちゃんは、サラの尻を枕に爆睡。まだら家から具沢山カレーうどんをご馳走になっちゃったですよ。「海老の殻がちゃんと剥いてあるーっ!」と、夫、大感激。悪かったな、妻は手抜きで。

結局、この日妻は10回以上もニューヨーク。
鍋の油をよく落とす湯が、妻の脂っけもすっかり落としてくれて、顔面粉噴きババアの一丁上がり。仕上げは、焚き火の煙と煤でコーティングです。
シュラフに入ったのは午後10時過ぎ。
温かいと、東北生まれの夫の口も滑らかになるし(若干)、ついつい夜更かししちゃいますねー。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

クリキャン?うんにゃ・・・湯治キャンプなのダ

慣れないコトはするもんぢゃないですね・・・。
年末の大掃除ってワケぢゃないけれど、連休前に三脚を使ってレンヂフードの隅っこをコシコシやってたら、体を無理に捻ったのか腰を痛めてしまいまして。その痛みが尋常ぢゃなく、歩くだけでも鈍痛が走り、散歩で犬糞拾うのも命がけ(大袈裟)だったのです。
拾って立ち上がろうとしたら尻餅つきそうになって~んで握り締めた糞団子(あんこはうんこ。皮はちり紙)潰しちゃうしー。
そんなわけで、連休は腰の治療。でも、キャンプには行きたい。
てことで、湯治キャンプとあいなりました。
クリスマスだっつーのに。
前回、工事でお風呂が使用不可だったとことん山キャンプ場ですが、電話で聞いてみると「もぅだいぞーぶ、思う存分入れますよー」とのこと。
温泉が妻を呼んでますー。
まずは、鳴子の蕎麦屋で腹ごしらえ。

12221

↑蕎麦屋なのに妻は親子丼。丼デカーッ。しかも蕎麦までついて700円。

キャンプ場に到着したら、ソリを借りてサイトまで荷物を運びます。エンヤコラ~。
腰が痛くてつらいけど、その後ゆっくり温泉に浸かれると思ったら、このくらいなんのその。
(とかいいつつ、設営は殆ど夫任せ。すまんのぅ)
温泉棟の前には、見慣れたテントが。
まだら家の皆さんでした。
二度目ましてー。

12222

↑設営前に、まずは雪を掻いて地均し。薪は1束315円也(税込み)。2束買ったらぶっとい木を数本おまけしてくれまちた。管理人さんに感謝の意を表してハイタッチ&股間嗅ぎ。

水を汲みにいったついでに薪を買い、ソリに乗せて引っ張ってたら枝好きBJが反応。
薄暗くなったゲレンデに2匹を連れて行き、走れ~!と声をかけたら、お互いのリード咥えてその場をグルグル回るだけ。
仕方がないので、走りました。
夫が。
夕飯までそれぞれ温泉三昧。
妻はビール片手に雪見酒です。
あぁ極楽。
んで、温泉効果か酒の力か、若干腰痛も緩和されてきたような・・・。

12223

↑夕飯は野菜たっぷりプルコギ。ニャーもいい感じ。

サイトから温泉まで、直線で雪を踏みしめて道を作ってくれりゃいいものを、夫が踏み固めてくれた道はクネクネ曲がったコース。
てことで、夜中おしっこに起きて、足を踏み外して雪の中にダイブしないよう、途中にニャーを灯します。これがなかなかいい感じ。
んで、シェルの中はといいますと・・・。
んもぅ、あちぃのなんの。

12224

タケちゃんノーススターだけでもホカホカなのに、 フェザーランタンまでつけちゃって、ココは南国ですかーっ!?ってくらい暑くなる。しかも眩しいし。

そうそう、この天ちゃんなんですけどね。
我が家で愛用していたのはオートなのに、今回使っていたのはオートイグナイタのついていないもの。
なーんでか。
それはね。
5度目の修理に出したから。
んで、なかなか戻ってこないなーと某ストアに文句を言ったらですね・・・。
原因が分からなくて、修理に手間取ってご迷惑をかけるのでとコイツを渡されたのです。
ほいぢゃ、修理に出してる自動点火装置付きの我が家の天ちゃんが退院したときにコイツを返すのかと問えば、いえいえ差し上げますとのこと。
つまり、タダでいただいちゃったわけで。
何度も修理に出してて、「天はもぅお釈迦かのぅ」と半ば諦めていたのですが、とどさん見習ってしつこく修理に出してよかったってことでしょうかね(笑。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

牛野ダム2日目

撤収する日なんて、大雑把に説明すると、起きて~飯食って~撤収して~帰宅~なわけで別段書くこともなかったりするわけですが…(そんなわけで、気合いが全く入りましぇんの)。

12091

↑外に出たら、タープにくっついてた水滴が凍っておりました。朝日が昇るとたちまち溶けてたけどね。

夜通し降ってた雨は、明け方には霙に変わって、日が昇るとまた有難くない雨に大変身してくれました。
寒いので、夫は起きて早々タケちゃんいぢり。
タープ内の芝は雨でグッショリ濡れていたのですが、タケちゃんパワー恐るべし。
1時間もするとタケちゃんを中心に、どんどん乾いていったですよ。
すんげー。
朝ごはんは、前日の残りにご飯ぶっ込んだタイカレーおぢや。
タイ人も多分びっくりの、超手抜きな一品で腹を満たします。
雨が上がったのを見計らって、お散歩。
達居森の登山口には車が停まっておりました。
お天気イマイチのこんな日でも、上る人っているんですね。
その後、ダラダラとテントを片して昼ごはんも食べて、牛野を後にしたのでありました。

12092

↑お昼ごはんは頂き物の桜海老を大量投入したちぢみ。運転しない妻だけアルコール摂取。わりぃね、わりぃね>夫。

牛野に別れを告げた後は、WILD-1に寄って無事手術を終えたシェルを引き取ってきたのでありました。
でもって、昨夜「あるといいね」なんつってた301用の五徳もちゃっかりゲット。
うへへ、これで次回はタケちゃん囲んで燗つけたポン酒を味わうことができちゃうぜー。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

今年最初で最後(多分)の牛野

おはようございますー。
昨夜、晩飯を食べているときは死ぬかと思うくらい寒かったけど(やっぱシェルなしは、きっついねー)、シュラフの中はヌクヌクでした。
テントの中でも息は白くて、出してる顔は痛いほどだったけど。
午前6時。
テントの外に出ると、ドドーンと雪を被った岩手山が目の前に。でっかーぃ。
早速、昨夜の残りの石狩鍋に餅をぶっこみ火を入れて、簡単朝食。
寒いと火力もイマイチで、温まるまでが待ち遠しい~。

12081

↑午前8時を過ぎると日がさしてきてポカポカ。でも、道路はガッチガチ。このとき道路気温表示板には-3度の文字が。

その間にサクっと撤収。
パリパリに凍ったテントのフライシートを引っぺがしたら、インナーテントの上に雪が積もっておりました(汗。
結露が雪に変わってたのかしらね。
さらば、岩手山(帰り車の中からしばらく拝めたけど)。
また来るよ、姫神山一本杉園地(暖かくなったらね)。
車に荷物を積み込んだら、ぐぐーっと南下です。
んで、到着したのは今年初の牛野。
でもって今年最後の牛野。
煩い外人集団もいないし、貸し切りですウヘヘ。
いやぁ、着いてびっくり。
ダムの水が、全くありませーん。

12082

↑いやぁ、それにしても暖かい。昨夜に比べたらココは常夏ですよ(言いすぎ)。着いてそうそう、BJなんて腹踊り始めちゃったしね。

スリーポールをたてて、その中にハーフムーンⅡを。
リビングシェルSに比べたら、室内広々~。
散歩もしたし、走り回ったし、2匹の欲求不満もこれで多少は解消されたかと…。
昼飯食べてる夫婦をずーっと睨みつけてる目は、不満もりもりって感じだったけど。

12083

↑お昼ご飯は焼き物。アルコールもすすんで、重かったクーラーボックスが一気に軽くなっていきます。

食後、夫はこの日がデビゥの武井バーナー @通称タケちゃんと格闘でございます。
その作業を見守る妻。
うーん、めんどくさそう。
こりゃ妻1人ぢゃ扱えないかもー(汗。
門灯用に(自宅の門灯は電気代節約のために殆ど点けることないくせに)ニャーにも点火。
ニューアイテムを使うってだけで、キャンプの楽しさが倍増しちゃうんですよね。
そんなわけで、「キャンプってのは、最初に道具を揃えちゃえば、その後は金のかからないものなのダ!」ってわけではなく…。
キャンプ貧乏は永遠に続くのでありました。
嬉しいやら哀しいやら。

12084

↑晩飯のタイカレーに、夫の実家@金成の酒「萩の鶴」。合わねーっ(笑。いやぁ、それにしてもタープの中はヌクヌク。ちっこいくせに、タケちゃん、ええ仕事します。

寒いとどうしても燗をつけたくなりますねー。
だったら、日本酒入れたシェラカップを乗っけて燗つけることもできるけど…。
タケちゃん専用帽子@五徳があるといいのにー。
なんてことを話しながら、気づけば午後10時。
暖かかったからか、夫婦の会話も弾みました。つっても、妻が一方的に喋ってるばっかだったけど…。
そろそろ寝ますか、とテントの中に潜り込んだらバシバシとタープを叩く音。
どうやら雨が降ってきたようです。
明日は撤収なのに…。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

とことんのハズが…

金曜日にお休みが取れたので(夫が)、当然の様にキャンプへ出かけよう!ってことになったのですが、とことん山の温泉三昧が忘れられず、体は「湯」を求めております。
リビングシェルは入院中。
ここでちょいと愚痴らせてもらうとですね、前回、「シェルの中にネイチャーストーブ入れただけでも、結構あったけくなるんでね?」なんて妻が提案したわけですよ。そうしますとね、夫は「そいつを中に移動するなんて、キミがやったらきっと幕体にくっつけて穴を開けるに違いありません。おやめなさい」なんて言ったんですよ。
その矢先、やつがやってくれたのです。
チワーュッて!
SP社って、リペアキッド売ってないのね。
自分で修理なんてすんな、ですと。
そんなわけで、入院中なのです。治療費3,000円。
冬場にシェルがないのは辛いので、倉庫から久し振りにスリーポールスクリーンタープを引っ張り出してレッツラゴー。
2匹の朝の散歩が超手抜きだったので、途中、大和町総合運動公園へ寄ってみました。

12073

↑総合っつーだけあって、園内には陸上競技場、テニスコート、自転車競技場なんかがあります。

田中誠氏の描く「ギャンブルレーサー」で競輪場は見たことがあったけど、本物を目の前にするとウヒャー。なにこの傾斜。壁ですよ、壁。三角乗りとかケンケン乗り(っつーの?)が出来ない妻には、到底走れないコースでした。
お昼過ぎに目的地に到着すればええよね、なんつって、道の駅で蕎麦食ったりしつつのんびりドライブを楽しみながら走ります。

12072

↑あら伊達な道の駅で初めて手打ち蕎麦を食べました。鶏蕎麦。750円。食い終わった高橋夫婦の感想は…「たけーよな」。この一言で味は察してください(笑。右の看板はとことん山の手前にあったやつ。なぜか文字が逆さま。鏡で見ればちゃんとした文字。バックミラーで気づいて、Uターンしろってことでしょうか。

とことん山は小雨がぱらついておりました。
積もった雪はグズグズのシャーベット状態。
この状態で設営したら、テントはドロドロになりそうでちょっと凹みましたが、でも温泉を思い出したらそんなこたぁ、屁でもございません。
気合いを入れて、管理棟へ。
すると…。
「実は~お風呂、使えないんですよー」
ぎゃーっ!
温泉の管が破裂しちゃって工事中なんですと。
そういえば、前回利用した際、男風呂の脱衣所が湯気だらけで、床が水浸しだったんダ、と夫が言ってたっけか。
「この際、床も張り替えることになっちゃって…」
風呂に入れない雨降りのとことん山なんて、絶対やだぁー!
ほいぢゃぁ、どこへ?
日本海側を脱出して、急遽太平洋側へ移動することにしたのでした。
向かった先はとどさんお勧めの姫神山一本杉園地。
ナビにセットしたら、思った以上にすんごーく遠い(笑。
一般道路をダラダラ走っていくと、到着予定時刻は夕方の5時半ですと。
5時半なんつったら、真っ暗ぢゃないの。
初めての場所なのに、そんなの怖くてやだ。
仕方がないので高速に乗って先を急ぎます。

12071

↑高速に乗ったのに、到着したらあっちゅーまに辺りは暗くなってしまいまして…。おまけにもっすご寒い。雪なんて、フカフカぢゃなくてガチガチ(凍。BJも余りの寒さで妖怪化しとりますな。炊事棟の電気は煌々とついとるのですが、水はでません。SAで水を汲んでてホント、えがったよ。

目的地の随分手前から、道路は圧雪状態。なのに、上り下りの坂道がわんさかあって、四駆ぢゃない我が家の車で無事に辿り着けるのかドキドキでした。
「ココ、この小道を上った辺りが絶景ポイントって言ってたんだよねー」
しかーし、我が家の車では駐車場に車を停めるのがやっと。そこから登山口の上まで行くなんて、雪どっちゃりで無理です。
荷物を担いで高台で設営するか…。
炊事棟のある下の方まで運んで、そこで設営するか…。
悩んでるうちに、すっかり真っ暗になってしまいました。
何にも見えねーっ。
あわわー。
しかも、さぶぃ。
恐ろしくさぶぃ。
山をナメとりました。
(つか、雪があるなんて思ってもなかったんです。アホですな)
しゃーないので、駐車場の隅っこに急いでテントだけを設営。
「飯食って、とっとと寝るべー!」
てことで、バターどっちゃりの石狩鍋を建造。
食べてるときは体が温まるけど、それも一瞬といいますか…。
シェラカップに取り分けても、数分でひゃっこくなるし。
ビールなんて飲む気さえおこりませんでした。
「こりゃ何かの罰ゲームかよ!」
なんこと言いながら、空を見上げたら満天の星。
流れ星いっぱい見られたから、まぁいっか。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »