« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月25日 (日)

とことん山雪中キャンプPart3

昨日は、気温が高く、昼間ちょろっと雨が降ったりしたので(その雨の中、焚き火…やっとりましたけど)、「明日、雨の中で撤収しなきゃいけなくなったらヤだな~」と思っていたのですが、最終日の本日は青空も広がるよいお天気でした。
目を覚ましたら、昨日同様、早速お風呂へ。
髪の毛もしっかり洗って、パンツも履き替えましたヨ。
そういや、キャンプで加齢臭感じなかったのって、初めてかもー(笑。
風呂三昧で、汚れる暇もなかったくらいです。

11251

↑朝ごはんは鍋の残りに残った食材全部と餅をぶっこんだだけ。そういえば、一度もダッチオーブン、洗っとりません。初日の河豚だしも滲みこんでたのか、この残飯鍋、かなり美味かったです。

風呂から上がったら、散歩を済ませてダラダラと撤収作業開始。
シュラフを畳むのに邪魔だからと、2匹をテントの外に放り出したら…

サラおばちゃんは、忙しく寝床作り。
彼女なりのこだわりがあるみたいなんですが、そのこだわりが何なのか、さっぱり分かりまへん。
撤収を済ませて2度目の風呂へ行くと、先に撤収を済まされたとど家の奥様が着替えて出るところでした。
「今回は、どうもお世話になりましたー」
「またお会いしましょう~」
なんつって、挨拶を交わしてわかれたのですが、その間、妻は真っ裸。
気を遣ってくれた奥様が、妻の醜い裸体を見ないよう、お尻を向けたまま頭を下げてたのが、後から思い返すとちょっと笑えましたです。
でもね、とどファミリーの皆さんは、妻と夫が風呂から上がるのをちゃーんと待っててくれたのですよ、風呂の前で。
改めて再会を約束して、最後のお別れ。

11252

↑左は初日のスキー場。右が3日目のスキー場。2日目の雨と、最終日のポカポカ陽気でゲレンデの雪も随分と溶けちゃいました。

管理人さんにご挨拶をしてキャンプ場を後にしたのは、ちょうど11時。
せっかく稲庭を通るんだし、土産に本場の稲庭饂飩でも買って帰ろう…って言ってただけなのにー、結局食っちゃったヨ。

11253

↑入ったのは佐藤養助商店さん(他は麺工場ばっかでココしか見つけらんなかったナリ)。店内にはゲーノージンの色紙が所狭しと張られておりましたが、誰なのか分からん人もおりました。夫が頼んだのは稲庭三昧梅おぼろ、妻は二味天せいろに炊き込みご飯をつけてもらいました。うまーっ。

その後は管理人さんに教わったとおり、高速に乗らずに鳴子経由で。
といっても、右手に雪化粧された禿岳がドーンと出現して、夫が声をかけてくれるまで、妻は助手席で涎垂らしながら寝こけてたのでどんな道を走ったのかさっぱり分かりませんけど。
この後、あ・ら・伊達な道の駅で濃厚なソフトクリーム食べたり、WILD-1に寄ったりしつつ帰路についたのでありました。
いやぁ~、今回は思いがけない出会いがあって、本当に充実した3連休となりました。
とどファミリーの皆さん、どうもありがとうです。
んで、高橋家。
WILD-1で新たにアイテムをゲットしてまいりました。
とどさんお勧めのランタン。
そりと、パーのつく火器(こっちはモロ衝動買い)。
後者を手に入れたので、もしかしたらフジカちゃんは自宅専用となりそーです。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

とことん山雪中キャンプPart2

朝5時半に目を覚まし、こっそりクーラーボックスからビールを1本抜き取ったら、タオルぶら下げて目の前の温泉へ。
ぷはぁ~、たまらんですね。朝風呂もサイコーだけど、寝起きのビールもサイコー。しかも雪を見ながらだなんて。
温泉で目が覚めて、ビールで眠気を呼び戻し(ダメぢゃん)なんぼでも眠れそう…だけど、風呂から上がったら2匹の散歩が待っております。

11241

↑シェルの中に干してたタオルが形状記憶タオルになっとりました。お散歩で橋を渡ってツリーハウスのある場所へ。下にはBBQ用のテーブルと椅子が設置されてたけど、雪でご覧の通り。

コテージの横を通って橋の上に立つと、遠くから我らアホ一家を呼ぶ声がしました。
振り返ると、男性用露天風呂で小さく動く肌色の塊(女性用の露天風呂は衝立の向こう側にあるため、橋からは見えないようになっとります)。
どうやら、とどさんちのご子息ミニととちゃんが手を振っていた模様。
双眼鏡持って行ってたら、もっとよーくみえたのに(笑。
散歩から戻って、昨夜の残りのふぐちり鍋にご飯とお餅をぶち込んで簡単に朝食。
その後は、スノーシューであちこちウロウロしたり…(長靴の夫はズブズブ埋まっとりました。痩せろ)

焚き火をしたり。
薪がちょっと大きかったので、BJは薪割りを手伝ってくれました(違。

その間、ずーっと飲みっぱなしだった高橋夫婦。
ミニととちゃんに「あっちでソリやってるので、一緒にやりませんかー」と誘われたのですが、既に酒が十分回ってヘロヘロだったのです。
「戻ってきたら一緒に飲みましょうって、おとーさんに伝えておいてー」と返事をして、時計を見たらまだ午前10時でした(汗。
高橋夫婦、ダメ人間まっしぐら。

11242

↑サラおばちゃんの涎は、いつの間にかシャリシャリに凍っておりました。お昼は焼き物。鰯の糠漬けも網の上に乗せたけど、こいつは焼かずに食える代物でした…。

「お風呂、何回入った?」なんてことをミニととちゃんに聞くと、「昨日と合わせたら、うーん10回かなぁ」なんて言われて、負けられぬ!と密かに闘志を燃やす妻。精神年齢低すぎ。
この日は頑張って5回。
汚れる暇もないくらい。
つか、指先なんてカッサカサ。
口の回りなんて、粉噴いてるし。
そして5回目にしてようやく「回数増やすには(まだ勝負してるつもりかよ)、1回の入浴時間を短くすりゃええんぢゃん」と気づくのでありました(遅。
午後のお散歩も済ませて、焚き火の周りでとどさんとしばらく立ち話。頂いた焼き芋、甘くて美味しかったです。

11243

↑米袋(米袋って水にも強いし、便利ですねー)一杯に詰めてきた薪を燃やし尽くしました。夕飯はトーニュー鍋に生湯葉や湯葉饅頭をトーニュー~(ダヂャレですから、一応)。「その上豆腐まで入れるんですかっ!」と夫に言われましたが、ココ、とことん山ですから。とことんやりまっせー。

夕飯の後、酒もってお邪魔しますからーと言っておいたので、早速とど家の広いシェル内へズカズカと侵入。
今回、我が家はお座敷スタイル(とゆーか、長座布団敷いての地べたスタイル)だったため、椅子がなかったのです。
ダメ人間夫婦のために椅子を勧めてくれたので、ミニととちゃんの座る場所がなくなってしまいました。
「ほれほれ、おばちゃんの膝の上に座りなさいグヒヒ」
舌なめずりをしながら妻が提案したのですが、やんわりと断わられました(笑。
肉座布団の座り心地は、クーラーボックスとは比べ物にならないくらい良いと思うんだけどなぁ。
いやぁ~、キャンプ話も楽しかったし、ギアの話は勉強になったし(妻の理解力25%)、お得情報も沢山提供していただいたし、あっとゆー間に時間が過ぎて、気づけば午後10時過ぎ。
本日、5回目の風呂に入ってホカホカの体でシュラフに潜ったのでありました。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

とことん山雪中キャンプPart1

(超手抜きですが…)
久し振りの3連休~。未だに行ったことのなかった、秋田県の湯沢市にあるとことん山キャンプ場へ行ってみることにしました。
冬季閉鎖中の道路があるため、ナビで検索。
すると、我が家のヘボナビ…北上まで高速道路を走れ、と。
その通りに行きましたよ、他に思いつかなかったから。
でも、後々キャンプ場の管理人さんに聞くと鳴子・吹上を通った方が断然近かったのにねと笑われまして。
高橋家は、遠回りした挙句、高速道路料金まで徴収されるというおバカっぷりをしょっぱなから発揮してしまったのでありました。
いやぁ~、それにしても、秋田道に入って横手の辺りまで来ると、雪のすんごいこと。
ドッカリ積もった雪を目にすると、興奮して顔が緩んでしまうのは、やっぱり九州生まれだからでしょうか…。
キャンプ場に到着して、管理棟の前まで進もうとアクセル踏んだら、この坂を上りきるのにあと1メートルとゆーところで進まなくなった我が家の愛車。やっぱ四駆ぢゃないとダメですねー(別ルートを通れば大丈夫だったけど)。

11232
↑サイトまではソリで荷物を運びます、エンヤコラ~♪。運び終わったら汗だくになりながら雪を踏み固めて地均し。さぁ設営とシェルを広げたら、2匹が飛び乗ってきました。雪がちべたかったんでしょうか。

除雪のされてないキャンプ場エリアは、膝まで埋もれるほどの積雪。
すげーっ。
雪が積もってても、せいぜい10cm程度だろうと思ったのに…。

サラおばちゃんなんて、雪の中を泳いでる感じ。
このキャンプ場は、オートはできないけど、温泉入り放題なのです。冬季はこのお風呂のトイレを利用してもらうので、風呂の真ん前に設営すれば?と勧められました。
なので、言われた通りに真ん前にドーン。
設営後は早速、目の前のお風呂へ。

11230

↑露天の岩風呂がこの下に2箇所。手前の扉はシャワー室へ。向こうの扉からお風呂に。脱衣所にはちゃーんとビン缶用のゴミ箱が設置されとるのです。てことは…グフフ。やるっきゃないよね、雪見酒。

いやぁ~、気持ちいいったらありゃしない。
寒いなーと感じたらお風呂へ。
トイレに行くついでにお風呂へ。
名前の通りとことん風呂へ。
お陰で、フジカちゃんを持参したのに、彼女ってば、ただのお荷物でしたわ(笑。
ところで、ダラダラと設営中、1組キャンプへやってきたファミリーがおりまして…。
もしかして~?うーん、でもちょっと今日はいつもと人数違うし~と夫婦で噂をしていたのですが、テントを見て予感が確信に。
お隣にやってきたのは、HPにお邪魔しているとどさんファミリーだったのです。
なんとゆードッキリ。
そんなわけで、夕食前にご挨拶に行きました。

11231

↑我が家の夕飯はふぐ刺しにふぐちり。夫のいない間、妻がキャベツの芯で生活を切り詰め手に入れた食材です。嘘です。単なる頂物です。とど家にご挨拶に行ったら、とど家のディナーを頂いちゃいました。

嬉しい出会いがあって、いやぁ~明日も楽しみだわぃ…と風呂上りのホカホカした体で眠りについたのでありました。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

笹倉山の紅葉

お天気もいいし、家でボ~っとしてるのもつまんなーい!
てことで、デブな方の愚犬を連れて七つ森のおにーさん山といわれる笹倉山へと行ってまいりました。
いつもだったら、登山口の駐車場には1,2台の車が停まっているのに、今日はだーれもおりません。てことは妻と頼りないデブ犬1匹だけ。
薄暗い杉林を歩いていると、どこからかガサガサと不気味な音がしまして。
いや~ん。
実は、数年前、七つ森界隈をドライブ中、車道を横切る熊さんと遭遇したことがあるのです。しかもキャンプ場のすぐ手前辺りで。
熊が出たらどーしましょ。
ちょっとドキドキだったのでありました。

11143

↑この山には何度も上りに来てるのに…日本刀「葉山丸」作刀の地がココだったなんて。こんな立て札、初めて見たような…。つか、葉山丸て何?(笑。写真の真ん中は、姥坂を登りきって右側のルートを進んだてっぺん。見晴らしはよくないけどね。

ドキドキだから、歌を歌いながら上ります。
「あるぅ~日、森の中~熊さんに~出あった~」
いやーっ!
出会いたくなぃー!
なんつって。
一方の愚犬は…

時折草を食みながら(サラダバー感覚ですな)ルンルンで前を歩きます。
しばらくこーんな感じの石段を進むと、木々の様子が杉からガラリと落葉樹に変わります。足元は落ち葉の絨毯だし、木漏れ日が当たって気持ちいぃ~。姥坂の手前にはベンチがあるので、ここで小休憩。
九十九折になった姥坂を登りきると道が二手に分かれております。
いつもは迷わず山頂へ向かう左の道を選んで進むのですが、今日は右側のルートも制覇。
上って~下りて~そして左ルートで山頂へ。
亀の子岩も踏みしめて、再び杉林に突入して、ひぃひぃ言いながらやっと山頂~と思ったら、東屋手前で倒木が通せんぼ。

11142

↑東屋から七つ森の弟分の山を見下ろす。今回の妻の必殺アイテムはグリコだぜ。一粒で300メートル。「オイラの必殺アイテムは棒っ切れだぜー」ってことでしょうか。

1時間ほどで東屋に到着。
七つ森を見下ろしながら、握り飯を頬張りつつしばしまったり。
うーん、お天気もいいし、風が気持ちいい。
オヤツに持参したキャラメルをくちゃくちゃやってたら、冠が外れそうになったけどね。
おまけについてたちっこい絵本を広げて、愚犬に読んで聞かせました。
「くっだらねー」とか「はしょりすぎー」とか突っ込みいれながら。
愚犬は枝齧ってばっかで、聞いちゃいなかったけど。

11144

紅葉もマズマズ。
(でも、今年はなんだか赤色が綺麗ぢゃないですね)
同じルートで下りてきて、そろそろ登山口に到着だってところで、前方から怪しい大群が接近。

11141

自衛隊の皆さんでした。
「えーっ! このワンコさんも山頂まで上ったんですかー?」
なんつって、声をかけられましたけど…。
「えーっ? 普通に歩いて上るの? 山頂まで匍匐前進で上るとか、そゆことしないの?」って思った妻。
きっと、彼らには熊退治とゆー命がけの任務があったのですよね、うん(笑。
駐車場に辿り着いたら、我が家の愛車はでっかい自衛隊の車に挟まれて萎縮してるようでした。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

小野川湖カヌーキャン3日目

「カメラ抱えたおっさんたちがわらわら集まって煩いから、朝の5時半くらいに起こされちゃうんだよー」
なんつって、前日皆を脅してたのにー。
次の日は思ったほどカメラおやぢはやってきませんでした。
ちぇーっ。
6時にテントを出て、高橋家は早速湖上へ。
昨日行かなかった小川の流れ込みへとズンズン進み、そして押し流されてきましたア~レ~。

11042

↑皆が起き出す前に高橋夫婦はお先にチャプチャプ。戻ってきたら、スズマル家、ロース家が続いてGO。

サイトに戻ってきたら、我が家はお散歩。湖へと漕ぎ出るスズマル家を見送ります。ロース家には我が家のアリーさんに乗っていただきました。いってらっさーい。ゆっくり楽しんできてちょー。

11043

↑朝ごはんは昨夜の鍋の残りに饂飩玉をぶち込んだだけ。スズマル家には磯辺餅、ロース家には柿をいただきました。ごちそーさまー。

食後はお日様を浴びながら、愚犬を抱っこしてホッコリ。
気持ちよすぎて、マジ寝しそうになったですよ。
そしてダラダラと撤収作業を開始します。

11044

↑にゃんと、サラおばちゃんがメインラウンヂャーにお座りになりました。器用ぢゃないのっ!

午前11時、キャンプ場で皆とお別れ。
暖かくなったら、また一緒にカヌーで遊びましょう~。
キャンプ場を出た高橋家は、磐梯吾妻レークラインとゆー有料道路を走ってみました。
930円も払って…。たけーっ。
途中、中津川渓谷レストハウスってのがあったので寄ってみたら、レストハウスの横ちょに渓谷へと続く中津川探勝路の入り口発見。
てことで、プチトレッキング開始です。

11041

↑遊歩道入り口から渓谷までは僅か徒歩10分。最後の階段はえらく急で、抱っこぢゃないと降りられないけどね。

水が綺麗~。2匹はガブガブと水分補給しとりました。
なんでも、ちょいと上流へ行ったところでは、シャワークライミングができるんだとか。
やってみたいぞー!
次回ココに来るときは、ウェットスーツ持参して、試してみるかなー。
でも、ココに来るのに930円払わなきゃいけないんだよなー(笑。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

小野川湖カヌーキャン2日目

午前5時。
ガヤガヤ ゴボッ グエーッ ガヤガヤ グエーッ…。
痰の絡んだ咳とおっさんの話し声で目を覚ましてしまいました。
そういえば、ヤジタロウ家とココに来たときも、早朝三脚持参のカメラおやぢの集団が湖畔沿いにズラ~っと突っ立ってたっけか。
あのときに比べると人数は少なかったけど、若干数名「ワシが地球の地軸!」的おっさんがいらっしゃったようで(笑。んもぅ、煩いったらありゃしない。
あ、小声で喋れないのは、耳が遠いからかもしれませんね。
シェルがあるのに気づかなかったのは、目が悪いからかもしれませんね。
トシで。

11033

↑さぶぃ。クーラーボックスの上の霜がシャリシャリ。管理人さんによると「氷点下いったヨ」とのこと。カメラおやぢたちが狙っているのは朝日。きっと我が家より、綺麗な写真が撮れてるんでしょーねー。

シュラフの中で、時々おっさんたちに向かって「うるさーぃ!」とボヤいてた妻ですが、お喋りは静まるどころか益々ヒートアップしてきたので仕方なくテントの外へ。
夫は既に長靴に履き替えて、乗艇の準備ができておりました。
ひぃ~、置いてかないでー。
2匹に「行く?」と声をかけたのですが、シュラフから顔すら出しません。
てことで、2匹はテントの中に放置したまま、慌てて妻もライジャケを羽織って後に続きます。

11034

↑おやぢたちがカメラを構える中、絵にならない高橋夫婦は早朝の船出(写真の邪魔だヨ、いぢわるしたんだヨ)。赤い実をつけた木。ズミかしらん?

噴火で真ん中の抉れた部分がぶっ飛ぶ前の磐梯山は、富士山みたいな形をしていたそーですね。
その抉れた個所が、岩盤剥き出しになっているのがこの距離からもわかりました。
サイトに戻ってお散歩を済ませて、朝ご飯を食べていたらスズマル家が到着~。
スズマル家が設営中、ソロ練したり焚き火したり…お手伝いなんてしない薄情な高橋家でございます。

11035

↑朝ごはんの海老天饂飩を啜ってたら、スズマル家が到着。スズマル家が設営を終えた頃ロース家も到着。ロースさんの表情がおもろいー。ロース家用にカヌーも借りてきたし、さぁ、行きますかーっ!

スズ家が設営している間に、我が家はお散歩がてらささき亭さんにパンを買いに(2日連荘だぜ)行ったのですが…「あれ?こんなに遠かったっけ?」とだんだん不安に。
途中で夫だけが引き返し、車で来てもらうことにしたのですが、夫がお店に到着したときには、既に妻は買い物も済ませて店の前で2匹とホケーっと突っ立っておりました。
ええと、キャンプ場からささき亭までは、2.2キロ。
たいした距離ぢゃなかったけどさ。
こりを歩いて往復すると4.4キロになるわけで、たいした距離になるわけです。
最初から車で行くんだったよ。
午前10時頃にはロース家も無事に到着。
おはよー!久し振りー。
お土産の甘物を広げてしばし歓談。
今回のカヌーキャンプでは、浮島に上陸してそこでランチでも…と思っていたのだけど、以前よりも水量が多いのです。てことは、上陸できそうな場所がないかもしれないわけで。
お昼ご飯は戻ってきてからってことにして、早速出発~♪

11036

↑kenbo氏がマーキング中、左側に近づく3艇のカナディアンカヌーが…。kenbo氏、早くっ!早く終わらせて仕舞うんダッ(何を?)。

ロース家はもしかしたら、沼沢湖で我が家のアリーさんに試乗して以来のカヌーだったのかしら?
でも、ロースさんがおとなしく乗ってるから、我が家のカヌーよりも揺れずに進んでおりました。スーィスーィ。
雲が広がって生憎のお天気だけど、やっぱり水の上は気持ちいぃねー。
寒いとおしっこ近くなるけど。
てことで、早くも高橋家、近くの島へ上陸。
流石に小さな島で妻と連れションは嫌だったのか、kenbo氏はその先の別の浮島へ。
遠くからその様子を眺めておったのですが…。
回り込んで来る3艇のカヌー発見。
心の中で「見られちゃうぞー。早く終えるんだーっ!」と声援を送っていた妻ですが、いやぁ、kenboさんの放尿タイムがえらく長く感じられました(笑。
キレ、悪いの?(笑
「地面が恋しくなってきたー」と誰かが言ったので、適当な場所(つっても、かなり無理があったかも)で今度は全員で上陸。
ワンコたちも、それぞれマーキング。
(つか、妻の上に必ずサラがマーキングて…酷いよ、サラちゃん)

11032

↑帰り、途中からロース家と夫婦交換してみました。バウに座った妻が後を振り向くと…。ロースさんてば、そんなトコロに…(しかも妻の顔を見ようともせず・笑)。そんなに妻が怖いっすか?

戻る途中、ロース家のカヌーに妻が、アリーさんにみかいちさんが乗ってみました。
我が家の2匹は、ガンネルに前足かけて妻の方をジ~っと見とります。
がわいぃのー。
片側に体重思い切りかかって漕ぎにくそうだけど(笑。
んで、ロースさんはどうしてんのかと振り返ったら…。
妻から少しでも離れたいのか(笑)、ロースパパ@タロウさんの膝の上。
「ロースさんの耳って、美味そうだねぇー」なんて言ったから、食われると思っちゃったのー?

11031

↑サイトに戻ってきたら、お昼ごはん…そして時間を置かずに晩飯に雪崩れ込み(笑。ロースさんの手作りごはんが物凄く美味しそうだった。涎が垂れるの、分かるよ、うん。

カヌーでタップリ遊んだ後は、サイトに戻ってスズマル家のシェルにお邪魔してお昼ご飯(とゆーか、酒のつまみとゆーか)。で、そのまま適当に晩ご飯作りになって、さっき昼ごはん食べたばっかだっつーのに、晩飯タイムへ雪崩れ込み。
初めて食したスズマル家のスキッパ…は妻で、ゲロッパはゲームスブラウン…そうそうトリッパ(ハチノス)の煮込み(写真撮るの忘れたーっ!)は、想像以上に軟らかかったです。うめーっ。ロース家は肉団子鍋。うめーっ。我が家はちゃんこ。
日が沈むとグーンと気温が下がってきたけど、昨夜より寒く感じなかったのはストーブやらヒーターが家族分あったからか…。楽しい仲間がたくさんいたからか…。どれもうまうま料理で体が温まったから…。ダウン着たから…。いや、単に昨夜より気温が高かっただけなのかもだけどー(笑。
焚き火台2台をくっつけて薪をガンガン燃やします。
その周りで、突っ立ったままお尻を炙る男連中。
彼らに椅子は不要だった模様。
少しの間、雲がかかって見えなくなったけど、星も堪能できてすんばらしぃ宴となったのでありました。
で、寝たのって何時だったっけか?

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

小野川湖カヌーキャン1日目

金曜日にお休みが取れたので、木曜日の深夜に自宅を出発して途中のSAで仮眠をとりつつ、福島の小野川湖を目指しました。2時間半ほどしかかからないから、別に深夜に出なくてもいいよーな気もするけど(汗。
今回お世話になったのは、庄助キャンプ場
予約の電話を入れたら「予約なんてしなくていいですよー」とのこと。
でもって、「朝は6時半くらいから、どーぞ」なんて言われたので、午前7時前に襲撃しちゃいました。

前日雨だったのか、サイトには水溜りが至る所にありました。
空もどんより。
一雨きそうなそんな雰囲気。
てことで、コットを出すのを渋った妻。
椅子1つに2匹を座らせたら、いやぁ、窮屈そう(笑。

設営が済んだら、車でパン工房ささき亭さんへ朝ごはんの買い出しへ。
サイトに戻って、コーヒーを淹れて小野川湖をぼんやり眺めながらもしゃもしゃと3個も食べてしまいましたゲフーッ。

11022

↑ささき亭は午前8時オープン。キャンプ場の看板犬マックス(手前)とゲン(奥)。マックスはかなりのビビリんちょ。

お腹がいっぱいになったら、夫婦交代でアリーさんに乗ってカロリー消費ですヨ。
うへ~っ、やっぱ一人で乗るほうが楽しいわぃ。

11023

↑お天気悪いけど、アリーさん出してソロ練。風も出てきて、時々パラっと雨が降ってきました。

なんつって、調子コイて波の立ってるところへと漕ぎ進んでいったら、ドシェー!
真っ直ぐ進んでるつもりが、アリーさんってば、風に押されて真横ヘスゥ~。
漕ぐ手を休めると船首がクルリと回りそうになっちゃうし。
戻れねーっ!(笑
ちょっぴり焦りましたわ。
ソロ練が終わったら、夫はBJとシュラフを奪い合いながらお昼寝タイム。
妻はお昼ご飯の支度…ではなくて、晩御飯の準備です。

11021

↑卵を茹でた後は、ダッチで大根まで茹でました。しかもネイチャーストーブで。すんげー時間がかかったですよ。ネイチャーストーブの上に乗っけるのは、6インチが限界ですな。

晩御飯は海鮮おでんとカツオのたたき(薬味乗せすぎ?)。
ゆで卵って、炭でちろちろ茹でるのってNGなんすかね?
それとも茹であがってもそのままお湯の中に長時間放置してたのがいけなかったのか…。殻を剥こうとしたら白身まで一緒に剥けちゃって、ボロボロでーす。4戦4敗(笑。
それにしても寒いーっ。
午後5時を回ると、気温は4度。
「明日はもっと寒くなるかもしんないからー」とダウンを出すのを我慢して、焚き火に当たりながら暖をとるのですが…ビールを一口飲むと背筋がブル~ッ。
何本空けてもちっとも酔えません。
てことで、テントに入ったのは午後7時前(はやーっ。
シュラフに包まって、おやすみなさい。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »