« 岩洞湖キャンプpart2 | トップページ | 久々ソロキャンプPart1 »

2007年9月17日 (月)

岩洞湖キャンプpart3

今日も雨音で目を覚ましたのですが…。なんだかその音が、昨日の音よりも激しいっ。
雨が弱まるまで~なんつってシュラフに包まりウダウダ惰眠を貪っていたのですが、一向に弱まる気配がありません。逆に激しくなってる模様。
テントから顔を出して、シェル内の地面を見たらドシェーッ!
「ココは田圃か?」って思うくらい水浸しになってるしー。
「小雨になれーっ! つか、晴れろー!」
30分間念力を送ったのですが、妻のパワーは天に届かず。
しゃーないので、起きると同時にテントの撤収を始めました。

09173

↑テント片して広くなったシェル内で朝ごはん(残り物だらけ)。パンがまぢぃー(涙。食後は雨音聞きつつ読書。そしてダラダラと撤収作業。マリちゃんの上は、すっかり秋模様でした。

んもぅ、すごいよ。
3秒外に出ただけで、バケツの水を頭からかぶったみたいにズブ濡れになるし。
そんな中、管理人さんが軽トラでやってきました。
わざわざ薪を入れてたボックスを回収するためです。
んでもって、雨が強いから時間は気にせず弱まってから撤収してくださいな、と優しいお言葉。
でもねー。
止みそうにないのよね。
つか、どんどん強くなってる。
サニタリーに続く道路なんて、川になってるし。
なので意を決して撤収開始。
いやぁ、やり始めたら早い、はやい(笑。
結局、チェックアウトの11時ピッタンコにキャンプ場をさよならすることができました。
(気仙沼ちゃん風の優しい管理人さんが、雨の中ずーっとお見送りしてくれたんです。かたじけないーっ。また来るからねーっ!)
キャンプ場を後にして走っていると、滝沢村辺りが渋滞しておりまして。
お昼も近いことだしと、4号線沿いの飯処「お台所 いっちょまえ」に入りました。

09172

ご覧の通り、お手ごろ価格な定食メニゥなんですけどね。
味はとゆーと、それなりとゆーか。
夫の頼んだ「生姜焼き定食」の肉は見るからに硬そうで、妻の頼んだ「いっちょまえ定食」は、衣の厚さがいっちょまえなだけ(半分以上、無理矢理夫の口の中へ押し込む)。
どうも、豪雨の影響で妻の美味しい店感知センサーが作動しなかったようです(涙。
飯はお代わり自由、コーヒーは飲み放題だったんですけどね…。
その後、高速に乗り一気に南下。
途中、普段は穏やかな流れの北上川が、カヘオレ色に染まり河川敷の殆どを飲み込んでる姿に、あぁ恐ろしやと驚きましたが、南下するにつれて雨は弱まり所々路面が乾いた箇所まで現れました。
長者原SA(前回、妻が携帯を忘れた場所)でおしっこタイム。
ココまで来ると、雨は殆ど降っておりません。
上り線の長者原SAのすぐ真横には化女沼公園がありまして…。
キャンプもできるらしいのです(公園の地図に描いてあった)。
てことで、2匹と一緒に偵察~。

09171_2

↑トイレはツワモノ仕様。鼻が詰まってるときとペロンペロンに酔っ払った状態でしか入れない感じ。漂う香りで、思わず大滝キャンプ場の便所を思い出しちゃったヨ。炊事場は…写真の1箇所のみ。なのにカマドが必要以上にあります。

綺麗な東屋が2箇所あり、1箇所はこの場所で宴会でもやった後なのか、若者集団がたむろし、そのうちの女性一人がゲロってる最中でした(笑。
うーん。
斜面を利用して造られた公園らしく、テント張れそうな平らなところは、見晴台の周りのみ。しかも見晴台に上っても、周りは木だらけで新緑の時期は展望ナッシング。
園内のこのトイレを使うくらいなら、SAのトイレまで走りたいし…。
多分、いやきっとここでキャンプすることはないだろうなぁ~、なんてことを話しながら岐路についたのでありましたとさ。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

|

« 岩洞湖キャンプpart2 | トップページ | 久々ソロキャンプPart1 »

コメント

雨の中無事の撤収お疲れ様っした。
でも、どなたかは、朝からびぃるだった模様(笑)
ぽっとん便所でも全然ええんですけど、
やっぱりトイレはキレイにかぎるっす。

岩洞湖の管理人さんはホントエエひとっぽいですね。
来年はいってみるど〜!

投稿: emizo | 2007年9月25日 (火) 11:48

雨の中の撤収ご苦労様で~す。
化女沼ってなんて読むのかな?
ぼっとん便所は、やはり辛いですね
昔はみんなこんなもんだったけど
今はほとんど無いな
生姜焼き700円
いっちょ前800円
量はすごいですね

投稿: 恵那爺 | 2007年9月26日 (水) 05:09

>emizoさん
でへへ、運転手ぢゃないしねー。
アルコールは怪我人(つっても、もぅ殆ど治ってたけど)にとってはお薬みたいなもんだしー。
ポットンのばやいはね、便所内が明るいと地獄よ。
中が丸見えで(笑
スズ家が行った本栖湖のキャンプ場のあの便所の暗さだと、水洗よりポットンのほうがしっくりくるかと(笑
岩洞湖の管理人さん、ほんと感じいいよー。
おっちゃんは、サイトに来てずーっとおしゃべりしとりました。
ちょっと設営の邪魔だったりしました(笑

>恵那爺さん
化女沼は、ケジョヌマと読むですよー。
おどろおどろしい感じですよね。
バケオンナのヌマなんて(笑
山行で利用するトイレだと、まだまだポットンも多いのかもしれないですね。
まぁ、どんだけ汚くても吐くほど飲んでたら、利用するのもどうってことないんですけど(笑
いっちょまえ…衣の量も凄かったですけど、油が臭かったの。おえーでした。

投稿: りえぴ | 2007年9月27日 (木) 14:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/8047252

この記事へのトラックバック一覧です: 岩洞湖キャンプpart3:

« 岩洞湖キャンプpart2 | トップページ | 久々ソロキャンプPart1 »