« 久々ソロキャンプPart1 | トップページ | 限定には弱いけど… »

2007年9月25日 (火)

久々ソロキャンプPart2

雨音で目を覚ましちゃいました。
雨だなんて、いやーん。
テントの中だと、まだ外は暗い感じ。
腕時計をしない妻は、いつも携帯電話で時間を確認するのですが、生憎携帯は車の中。
己の腹時計しか頼るものがありません(笑。
「この暗さからするとだな、うん、まだ午前6時ってところだろう」
そう思いながらテントから出たんですけどね。
既に8時でした。
寝すぎ。
小雨のパラつくなか、2匹を散歩させ(キャンプ場内のみ)たら、タープの下で昨夜の残りのおでんに火を入れて食べましたゲフーッ。
んで、食器類を洗いに行ったら…。
我が家と1組しかいないのに、炊事場のシンクに生ゴミが散乱。
片付けておきましたけどね…2組しかいなかったら犯人バレバレなのに、恥ずかしくないのかね。
でもって、トイレに行ったら、女子便所の3つある個室の一番奥が、こりゃまた酷いことになっとりましたわ。
こっちは流石に見ぬふりをしてしまったけど。
和式便所は「一歩前へ!」が鉄則ですってば。
それが無理なら、反対向いて用を足せ、と。
食後、再び本を広げてまったりしていると、チャリに乗ったおじさんが2名フラリとキャンプ場へやってきまして。
釣り客なのかしらと思ったのですが、そうではなく、鍋と火器を取り出して朝飯の支度を始めました(朝飯食べたら、とっととまたチャリで帰って行きました。しかも雨の中・笑)。
で、そのうちの1人が妻のところに駆け寄ってきたなーと思ったら…。
「茹でて食え~」と栗をおすそ分け。
数個は虫喰ってたけどね(笑。
どうもありがとです。
てことで、食後で腹一杯だったけど、栗を茹でる妻。
想像以上に甘くて美味しかったです。
ごちそーさまー。

09252

↑おっちゃんに頂いた栗。拾った山栗らしいけど、どれも粒が大きかったです。ごちそーさまでした。んで、食ってる妻の様子を恨めしそうに見るおとっつぁんが…。

午後からは晴れの予報だったけど、雨脚が時折強くなったりして、いつやむんだかさっぱりわからない空模様。
撤収作業をいつ始めたらいいのか、ちょい悩みまして…。

Imgp3923

随分と離れた場所に他に1組しかいないのをいいことに、妻、ズッコしちゃいました。
テントごとこのでっかい東屋の下へ大移動。
風があったので、フライシートを軽く拭いただけで、あっちゅーまに乾きました。
撤収が済んだら帰ればいいものを、この東屋の下でウダウダ。

09253

↑一人分にしては、多すぎたお好み焼き。半分はお持ち帰りしました。貧乏舌な2匹はキャベツの千切りでもウホウホ。

お昼ごはん食べて~本読んで~惰眠貪って~うわぁー陽がさしてきたねってところでキャンプ場を後にしたのでした。
ソロキャンプのときって、いつもそうなんですけど…。
往路の運転は大丈夫なのに、復路はどーしても途中で眠くなっちゃうんですよね。
睡眠不足なハズないのに。
どっちかっつーと、寝すぎなくらいなのに。
てことで、今回は温泉に立ち寄ってみました。

Imgp3938

いつも素通りしてた、鳴子温泉峡中山平温泉の「しんとろの湯」。
入湯料は420円。
ボディーシャンプーはあるけど、シャンプーは置いてありません。
きっと、「ボディーは体やろ。頭も体の一部やろ。だったらコイツで頭洗っていいっちゅーことやろ」っつー考えなんだと思います(笑。
お湯は軟らかくてサイコーに気持ちよかったです。
美肌の湯というだけあって、まさにトロトロ。
臭いけどね。
ゆったり湯船に浸かって、スッキリしたわぃとハンドル握って自宅へ向かったんですが…。
通いなれた道は目新しいものはなく景色も退屈で、おまけに風呂上がりってのもあって、しばらくしたら今まで以上の睡魔がーっ(ダメぢゃん)。
そういや、夫と一緒のキャンプで温泉に浸かった後は、いつも助手席で涎垂らして寝てたのよね…。
うーん、鳴子から自宅までの道で違うルートを探すべきかもしれません。
で…。
もぅ自宅は目と鼻の先だっつーのに、宮床へお立ち寄り~♪

運動をすると、脳細胞も増えるんダ!ってラジヲで言ってたからね。
2匹は沢山走って少し賢くなったハズ。
妻はグルグル回りっぱなしで、目が回ったけど…。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

|

« 久々ソロキャンプPart1 | トップページ | 限定には弱いけど… »

コメント

先日は当方へお出でくださり、ありがとうございました。
ゆっくり拝見させて頂いています。

見応えたっぷりでございます!
ソロキャンプ・・・これまたイイですね~!
サイトの感じもばっちりキマッていて、やり慣れてる雰囲気を感じますね、見習わねば。

前森高原、いいところだそうでワタシも何時か利用しようと思いつつ、どうしても無料野営場が先になっていました。
しかし、いくらキャンプ場経営が厳しいとはいえ倍額に高騰は痛いですね~。

さて、異常な夏の名残の残暑もようやく秋に変わるようです。
今年の紅葉はどうでしょうか?
紅葉を眺めながらの秋を楽しむ幕営、楽しみたいですね!

では~!


投稿: 温泉とど | 2007年9月28日 (金) 20:36

帰り道はなぜか眠い、同意です。
なんだかテントもコットも小生のとおんなじですね^^
でも、ちゃんと朝めしに火を通してるところが、やはり乙女ですね 笑

東屋の下・・・ぜんぜんオッケーじゃないでしょうか。
晴れてても寝る時だけは東屋の下が、濡れなくていいです。

投稿: エドヤマ | 2007年9月29日 (土) 10:20

>とどさん
いやはやお恥ずかしい限りで(汗
ソロキャンプのときは、やっぱり静けさが重要ポインツですよね。なので、なるべく人のいなさそーなところを選んでるつもりではあるのですが、一応戸籍上は女なので治安上のことを考えると行ける場所も限られてしまって…。
牛野でさえ夫同伴ぢゃないと、どうも…(笑
無料の野営場、我が家も大好きですよー。
でも、大滝は途中で断念しました(笑。
あのボコボコ道で。
とどさんのサイトは、夫がバイブルにしとります。
こないだ行った岩洞湖も、「とどさんの走ったルートで行ってみよう」なんつっていつもと違う道を走ってましたから(笑
紅葉、今年は遅いんですかねぇ。
栗駒がやっと色づき始めたなんて言ってるし。
葉っぱの色づきに合わせてお休みが取れればいうことないんですけど、こればっかりはねー。
これからも、いろいろ参考にさせてもらいます。よろしくですよ。

>エドヤマさん
野営の帰りもウキウキになるようないい案はないっすかね。
一人しりとりを試してみたんだけど、途中で食い物ばっか言うようになって...それ食ってるシーンを思い浮かべたらますます眠気倍増して(笑
エドヤマさんのテントも半月ですかっ!
うはー。おそろいがいっぱい。
つっても、このテントは夫用でして、わしのテントはスノピだったりします。でもペグいっぱい打ち込まなきゃいけないのがかったるくて、ついつい。
火を通したのは、腐ってたらポンポン痛いーになるとか、温かいもの食わなきゃ寒いからだったりします(笑
でも乙女です。
このでっかい東屋ね、実は「テントの設営はご遠慮ください」って張り紙あるの(てへ
乾かすだけだから、いいよねーなんつって移動したとです。

投稿: りえぴ | 2007年9月29日 (土) 12:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/8150745

この記事へのトラックバック一覧です: 久々ソロキャンプPart2:

« 久々ソロキャンプPart1 | トップページ | 限定には弱いけど… »