« 夏休みカヤックツアーキャンプ③ | トップページ | 夏休みカヤックツアーキャンプ ⑤ »

2007年8月14日 (火)

夏休みカヤックツアーキャンプ④

宇樽部キャンプ場の二日目の朝を迎えました。
今日は、スズマル一家がやってくるのですよ。
ワクワク。
ワクワクしすぎて、随分と早い時間に目が覚めちまいました。
携帯でemizoさんにメールを入れると、午前9時頃には到着しそうとのこと。
はやーっ。
んぢゃ、それまでに散歩と朝飯を済ませねばー。
朝から炭を熾して、昨日食えなかった焼き鳥をジュージュー。米もしっかり炊きました(夫のコッヘルで←お江戸生活での調理器具はコレなんだとか。野営かよ)。今までコッヘルで米を炊くと、途中でかき回したりしないと焦がしてたんですが、バーナーパットをかますとええですね。

08141

↑斜面の上からサイトを見下ろす。朝から焼き物。中年には肉よりも、厚めの油揚げ焼いた方が美味く感じたりして…。

お天気も上々~♪
2匹を連れてサクっとお散歩に出かけ、そして妻はお洗濯。

08142
↑逃げ場を失ったカメムシさんが石の上で右往左往しとりました。我が家の近所で見かけるカメムシってうんこ色なのに、このコったら随分と派手(笑。

洗濯機は1回200円。
んで、乾燥機は15分100円。
色分けもせず、一度にドバーっと入れてスイッチオン。
そろそろ洗いあがった頃かなーとランドリーに向かうと、管理棟の前に見覚えのある車が。
おぉー。
お久し振りー。
kenboさんに「一番奥の方にいるよー」と適当に場所を教えて、emizoさんとしばし立ち話。
しばらくして、スズさんを乗せた車が無事に夫と愚犬2匹が待つエリアに辿り着けたかと向かうと、…ぢぇんぢぇん違う場所に停まっておりまして。kenboさんが呆然と突っ立っておりました。
ごめん、ちゃんと教えなくて(笑。
ココ宇樽部は、自然をそのまま生かしたキャンプ場なので、あちこちに木の根が飛び出しておるのです。
走行コースをちょいと誤ると、ガリガリっとやっちゃうんですよね。
んで、見事にサイドフレームをベコン。
車高の高い車の方が安心かもしれんです。
到着したら休む間もなくチャチャっとシェルを設営して、でもって立て続けにアリーさんの組み立て。
08143

↑設営と組み立てを静かに見守るスズマルさん。がわええー。我が家のアリーさんとは、随分と組み立て方も違ってたらすぃです。妻はよーわからんけど(汗。地面に穴掘って何やら忙しく出入りしている奴がいるなーと思ったら、ジガバチさん。スリム。括れもしっかり。羨ましい。

んで、座る間もなく早速出発~♪
睡眠時間も殆どとってないだろうに、拷問だったかもー。
向きだしになった岩壁のその真下のアノ場所まで漕いでいき、水遊び。
途中、kenboさんがサボってる映像もしっかりおさめておきました(笑。
(あ、回ってませんよー>バロンパパ)

夜中ずーっと運転してたんだもんね。
んでもって水の上って気持ちいいんだもんね。
眠くなるもんね。って、それは妻か。

08144

↑スズさん、自ら入水して妻に向かって泳いで来るー、いやーん、嬉しいー。おいでおいでー。抱いてやるぞーと思いきや…完全に妻を無視して素通り。そして岩の上に這い上がっておりました。

十和田湖の綺麗な水を満喫しているスズマルさんに比べ、サラは殆ど足先のみをチャプチャプつけるだけ。BJに至っては、ゴツゴツした石の上で仰向けになってクネクネしっぱなし。挙句の果てには糞までひり出しやがって…。
あ、「持参していたペットボトルのお茶が、うんこバックの上に転がっちゃったー」なんてemizoさん言ってたけどね…我が家なんて、端からドライバック(密封)の中に人間用の飲み水とうんこバック一緒に入れてましたからー(笑。
水遊びの後は、ちょいと漕ぐ練習。
兵隊さんがkenboさんにレクチャーしとりました(人に教える程の技量があるとも思えんが)。
その後はkenboさん一人で船出。同乗したスズさんは、始終心配顔だったけどね。ちゃんと無事に戻ってこれたヨ。

08146

↑ソロの時はもぅちょいシートを前にずらすべきだったかもね。めっちゃツヤのあるセミさんを捕獲しました。これってニイニイ?

帰りはスズ家の皆さんにマリちゃんに乗ってもらいました。
実は、カナディアンを漕ぎたかったのだ(笑。
マリちゃんを漕いでるときも、ダブルパドルなのについついシングルパドルのように漕ごうとしちゃってたしねー。
いやぁ、611はコンパクツでええなー。
「大は小を兼ねる」とか思って811を選んぢゃったけど、やっぱデカいわ。

08145

マリちゃんに乗ったスズさん。
3回もダイブしとりました。我が家の愚犬みたいに、ズリ落ちるとゆーんぢゃなくて、自ら飛び込み。もぅイケイケ。しかも、emizoさんが手を差し伸べても、あらぬ方向目掛けて進もうとしてたしー(笑
泳ぎ足りなかったんでしょうか。
凄いよ。
ネッシーぢゃなくて…十和田湖だからトッシー?みたいだったよ。
伊達に首、長くないよ(笑。
サイトに戻ったら、休む間もなくコック長kenboさんがリゾットを作ってくれました。
んもぅ、最高。

08147

↑ポルチーニたっぷりのリゾット。生まれて初めて食べたけど、うまー。妻の作るきのこリゾット(シメジとシイタケ)とは比べものにならんくらい、うまー。

軽くお散歩をした後は、寝るまで宴会。
妻の尾篭な話にも、スズマルさんは嫌な顔せず応えてくれるのでした。
ちょっと生臭かったけど、そこがまた素敵スメル。
いやぁ、楽しすぎてすっかり夜更かし。
午後11時過ぎとゆー我が家では考えられない時間に、おやすみなさーい。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

|

« 夏休みカヤックツアーキャンプ③ | トップページ | 夏休みカヤックツアーキャンプ ⑤ »

コメント

うわ〜、kenboさん、アタシにさぼるなとかさんざん言ってたクセに自分サボってんぢゃんか!
emizoさんはヘタレで湖の中に殆ど入らなかったから、スーさんの泳いでる顔見なかった。
意外と凛々しいのう。水に入れば、首の長いのも見えないしw
ダイブ写真なんかアワアワで撮れなかったので、
こんなに離れてたとは気づきませんでちた。飼い主あんなに手をさしのべてるのに〜!!
スズさんスメルは打ち上げられた瀕死のフナのニオイ。
BJさんのスメルはご家庭に持ち帰られたザリガニのニオイ。
どっちも犬飼としてはイケル系でつね。

あ、小野川湖針葉樹ばっかりであんまり紅葉しないらしいっすよ〜ってバロンパパが。

投稿: emizo | 2007年8月22日 (水) 15:16

へへへ。このとき、3回ほどベデヲを回しておったらしいんですけどね、そのどれもがkenbo氏のサボってるシーンでした。emizoさん一人でガン漕ぎ。
スズさん、飛び込んでけっこう離れてるっしょ。なのに、ちっとも「カヌーに乗せて!」って慌ててないんだよねー。ま、自らの意思でダイブしてたんだけど(笑。
我が家の2匹。野営から戻っても未だに風呂に入れてないんですけどー(ダメ飼い主)
BJ、ちょっとフォーンちっくだよ。
臭いも、家庭に持ち帰られたザリガニから、家庭に持ち帰られて死んだザリガニに変わってきた。
小野川湖ね、奥のほうまで漕いで行けば広葉樹もあるこたあるよ。
十和田湖の紅葉一度観ちゃうと、小野川湖なんて屁みたいなもんだけど…。
どこにすっかねー。
悩むねー。
沼沢だとエントリー場所まで距離あるしねー。
うーむ。

投稿: りえぴ | 2007年8月23日 (木) 13:03

青アリー。回ってるのか?回ったのか?
モブログ見てて仕事も手につきませんでしたよ。ほんと。
回んなかったんですね。それもガッカリ(笑)

やっぱ811とはだいぶ違う?骨組みも違うようですね〜
「大は小を兼ねる」はアウトドアでは御法度ですな。うちもそんなんいっぱいあります。>アウトドア用品。
にしても青もオレンジも湖上に映えていいな〜

kenboさんのリゾット旨そー。生ホルチーニのヤツでしょうか?
西湖で話題になってたんですよ。これか〜!

出来る事なら十和田湖の紅葉みたいです。ついでに八幡平とか奥入瀬とか・・・旬はいつ頃ですか?

投稿: バロンパパ | 2007年8月23日 (木) 13:09

kenbo氏、全然サボってない!って言い張ってたのに、やっぱりサボってたのか。
なんてヤツだ(笑)
家に帰ってすぐに風呂にいれたんですけどね、
スズマルさん、どうも数カ所アブに食われてた模様。BJさんとサラ嬢平気でした?
泣きもしないから気づきませんよ。まったく。
ハッカ水とかいうのがいいらしんですがね、犬にもいいのかな〜?

ウチは全然小野川湖でええですよ。
だって、多分紅葉見てる余裕無いしw

バロンパパさん、このポルチーニのリゾット、実はおじやになってましたよ。
ただのキノコ煮込みご飯。
キャンプ場でまともな料理が作れるようになるのはいつなのでしょか・・・

投稿: emizo | 2007年8月23日 (木) 14:49

すいましぇん。上の、途中でおくっちまいました。消してくだせ〜。

投稿: emizo | 2007年8月23日 (木) 14:50

>バロンパパ
んもぅ、がっかりってのに思わず噴き出しちゃったぢゃないですかー。
夫が言うには、811の方が組み立て簡単らしーです。
慣れてるってのもあるのかもだけど。
ホント、アウトドアグッズは大は小を…兼ねませんねー。
ツーバーナーなんて、どんだけ出番ないか。
あんだけ欲しい欲しい言うて買ったキッチンテーブルも、いまや簡単には取り出せないような場所にあるしー。だからって手放す気になれないのは、やっぱ貧乏性が邪魔をしてるからなんでしょうか(笑
リゾット…emizoさんやkenboさんは「おじやおじや」とかいうてましたがね。リゾットてのは、米の芯を少し残すものなんですと。それさえわしは知りませんでした。ぢゃぁ、今まで妻が作ってたリゾットは何なんだよー(おじやです)てな感じですよ。
でも、年寄りには軟らかい米の方が胃に優しくてよいです(笑
つまり、kenboさんはわしらのことを思って…だと思います。
つか、米の芯云々はどーでもよくて、べらぼーに旨かったっつーことですはい。
十和田、去年の秋に行ったんですけど、確か十月末だったと思うですよ。
紅葉すんげかったですよ。
いっそのこと、皆で宇樽部まで遠征しますか?
つってもエントリーしやすい場所でドドーンと広いエリアってのがあんまりないので、ポツポツ離れ離れになるかもですけど。

投稿: りえぴ | 2007年8月23日 (木) 22:59

>emizoさん
一応上のコメ、消したけど「消してくだせ~」コメントを残しているわしっていぢわる?(笑

スズさん、一緒にいる間は一箇所だったけど、あのあとも食われたの? ひょえー。痛くないのかー?
まぁ、うちも注射刺しても無反応だし…
きっと虻に刺されてても無反応だったかも。
つか、BJの体を見てみたけど、食われてんだか食われてないんだかよくわからんよ、毛深すぎて(笑。
あ、でも、足先なんかは擦り傷だらけになっとりました。肉球は大丈夫みたいだけどね。
やつのばやいは、岩場でゴロゴロするからだと。

投稿: りえぴ | 2007年8月23日 (木) 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/7631921

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みカヤックツアーキャンプ④:

« 夏休みカヤックツアーキャンプ③ | トップページ | 夏休みカヤックツアーキャンプ ⑤ »