« 夏休みカヤックツアーキャンプ② | トップページ | 夏休みカヤックツアーキャンプ④ »

2007年8月13日 (月)

夏休みカヤックツアーキャンプ③

昨日より早く目覚めた月曜日の朝。
顔も洗わず(毎度のことだけど)、2匹を連れてお散歩がてら湖畔へ。
風もなく、美しいべた凪ー。
既に湖上でチャプっているファミリーがおりました。
こーゆー穏やかな湖面を見ると、カナディアンで漕ぎ出したくなるんですよねー。

08131

↑朝ごはんを食べた2匹は撤収作業が終了するまでコットの上で二度寝。ええのぅ、犬稼業は楽で。木の枝に挟まれた新聞紙(ゴミ)。その新聞紙に隠れてた1匹のカエルさん。新聞紙は適度に湿ってたし、日の光は避けられるし、いい場所見つけたね、チミ。

朝ごはんは残ってた素麺と、手羽先の炒め煮。手羽先茹でたお汁にセロリぶっこんだスープを添えて。
今日は十和田湖まで移動のため、とっとと食べ終わらねば…てことで急いで胃に流し込んで撤収いたしました。
さほど距離もないしー、と思っていたのですが…。
一般道を通って北上したら、いんやぁ~遠い遠い。
午前中までに到着する予定が、しっかり午後1時を回ってたし。
ま、途中お昼ご飯とか食べたんですけどね。
どこで何を食べたのか、さっぱり思い出せません。
夏休み中だし、もしかしたら宇樽部キャンプ場のいつものあの場所、誰かに先を越されてるかもーと心配していたのですが、杞憂でした。
意外とキャンパーが少なかったのは、月曜日だったからなのかしら?

08132

↑目の前に広がる湖が、田沢湖ぢゃないってのは分かってんのかね。ファミリーキャンパーの近くの浜には石が並べられてちびっこプールができとりました。

ゴリゴリとタイヤの泥除けを木の根に擦りながら、なんとか一番奥のサイトへ到着。
うーん、宇樽部キャンプ場に来るなら、やっぱ車高の高い四駆がいいなー。買えないけど(笑。
少し離れたお隣さんは、外人のファミリー+息子(多分30代)の彼女(と思われる女性)の4人でした。それぞれが山岳用のソロテントを使用。でもって、車ナシ。
連泊してたけど、連日昼間はお留守だったので、きっとバスに揺られて奥入瀬トレッキングしてたのかな。でっかいザック1つの、超コンパクトキャンプでなかなか素敵でした。サイトに戻ってきたら、かなり横幅のおありになる(笑)おかーさまもおとーさまも、水着になって湖にドボン。きっと風呂代わりだったんですよね。そこだけは我が家と同じスタイルだ。
設営後は焚き火(とゆーより、虫除けのため煙モクモク)しながら、ウダウダと飲み倒しておりまして…。
少しは動かねばと場内を散策したら、バンガローの前で一生懸命 アリュートを組み立てている年配ご夫婦がおりました。奥様「んもぅー!こんなに大変なのー!? いつになったら乗れるのよー」なんつって。
で、そのご夫婦がですね。
高橋夫婦が晩飯の支度をしているときにですね。
我が家のサイトの裏からエントリーしたのですよ。
「いってらっさーい」と心の中で見送ってあげたのですよ。
んがー。
待てど暮らせど帰ってこない。
晩飯食べ終わって、辺りが暗くなってきたとゆーのに戻ってこない。
灯を持ってた感じぢゃなかったし…。
そりゃもぅ心配になっちゃいましてね。

08133

↑晩飯は途中のスゥパで買った薄い牛タンやら野菜をジュージュー。この間、妻の視線は湖面にずーっと注がれておりました。

てことで、ちょいと(いや、かなり?)酒も入ってるけどアリュート夫婦の捜索に出た高橋夫婦。
せっかくなら「ぽっかり月が出ましたら 舟を浮かべて出かけませう~波はヒタヒタ打つでせう、 風も少しはあるでせう~by 中原中也」っぽく穏やかに、でもって幻想的に行きたかったんですけどね。
ヘッドランプに蛾が寄ってくるしー!
灯の届かないところは真っ暗で、なーも見えないしー!
これぢゃ、アリュート夫婦だって探せやしないしー。
「しらね、しらね、もぅしらねー。暗くなる前に帰ってこない方が悪いんだニー」なんつって、捜索は打ち切り、30分ほどで戻ってきました。
で、サイトに戻ってきて便所へ行こうとバンガローの前を通ったら…。
アリュート夫婦…。
キャッキャ言いながら花火に興じとりますがなっ!
妻、思い切り脱力(笑。
どうも、別の場所から上がってきたようで…。
つか、出た場所と同じところに着けて上がってこいよー(笑。
心配すっだろ(て、本人の自由ですわな)。
まぁ、そんなわけで、森林管理所なんかのおっちゃんの気持ち(入山手続きして登山者が戻ってこなかったばやい)がちょっと分かった高橋夫婦なのでありましたとさ。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

|

« 夏休みカヤックツアーキャンプ② | トップページ | 夏休みカヤックツアーキャンプ④ »

コメント

どきどきしながら読んじゃいました。
闇夜にアリュートだけが!なんつーの期待したりなんかして^^。
ま。大事に至らなくて良かったです。何かあったら気持ち悪いっすもんね。
確かに出た所から上がって来て欲しいかも。
しかし、この日は月も出てないからまっ暗だったでしょ?勇気あるなー高橋家。酔った勢い?

投稿: バロンパパ | 2007年8月22日 (水) 00:16

例のご夫婦は、組立も手間取ってたんですね〜。
つか、エントリーしたところから戻れ〜!
って2日目もどっかからあがってましたもんね。

それにしても田沢湖ええな。こんな穏やかで。
くっそ〜。ウチが行ったときだけ天気が・・・え〜ん。
でも、田沢湖にもいっかい行くなら、頑張って宇樽部までいっちゃうかも。

投稿: emizo | 2007年8月22日 (水) 11:13

>バロンパパ
川でもないのに、倒木に張り付いてて…なんてね(怖
まぁ、わしらなんかが救助に向かって、実際溺れかけてるご夫婦を見つけたとしても、助けるだけのパワーがあんのかって話なんですけど(笑 しかも酔っ払いだしー。
そうそう。お月様見えませんでした。
でもって、サイトの頭上は木の葉に覆い尽くされてるもんで、お星様もあまり発見できず…。湖岸に下りれば見えたのかなー。

>emizoさん
きっとあの日初めてだったんぢゃないのかなー。
そんな感じがしたから、余計に心配になったですよ。
2日目も我が家の後ろからエントリーしたくせに、違うところから上がってたよね。なして?(笑
しかも上がった場所、バンガローから思い切り遠いしー(笑
うんうん、田沢湖までってなると、ちょいと遠くなるけどエントリーのこと考えると宇樽部の方が断然楽だもんね。
紅葉はヤバいくらい素敵よ。失禁しそーになるくらい。脱糞もあるかもっつーくらい。
一緒に脱糞しよー。

投稿: りえぴ | 2007年8月22日 (水) 14:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/7621069

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みカヤックツアーキャンプ③:

« 夏休みカヤックツアーキャンプ② | トップページ | 夏休みカヤックツアーキャンプ④ »