« 夏のアイテム | トップページ | 吹上キャンプPart2 »

2007年6月16日 (土)

吹上キャンプPart1

午前中、オートバックスにTHULEのキャリアーを買いに行ったり、慌しかった高橋家。
とゆーのも、本日、マリちゃんを迎え入れる予定だったから。
マリちゃんっつーのは、マリブヒー(3匹目のフレンチブル?)。もとい、マリブツー 。夏、2匹だけに水遊びさせるなんて、勿体なーい!と思ったのです。
WILD-1に彼女を引き取りに行き、自宅に戻ってきたのが午前11時過ぎ。
「こりから、どうしましょ?」
山に上るには、もぅ暑くて犬には無理。
「ではキャンプに出かけましょう」
ってことになったのですが…。
時間的に遠くにはいけませーん。でも、泉ヶ岳や水の森(20分圏内)は近すぎてヤダー。
てことで、鳴子方面へと車を走らせました。
このときは「前森にする?」なんて言ってたんですけどね。ハンドル握る夫が「腹へったー。腹へったー」とうわ言を呟き始めまして。見れは目も虚ろ。多分、気が遠くなってたんだと思う(笑。
こりゃヤバいと妻、提案。
「荒雄のキャンプ場ってのはどうだに? 今まで一度も泊まったことないしー」
吹上高原のちょいと手前にある荒雄湖畔公園キャンプ場の利用料金は500円。
大物を購入した後の侘しい高橋家のお財布には、有難いお値段なのです。
「おーし、そこにしましょう」
前森よりも近い場所に目的地が変更になった瞬間、息を吹き返した夫。
しかーし、とゆーか、やはーり。
道路沿いから荒雄湖畔公園が見えた瞬間(道路から見下ろせるのです、ココ)、やっぱ吹上にしとこ。となったのでした。
何度も「一度は荒雄でやってみよか」と思いつつ、どうも食指が動かないのはただのだだっ広い公園にしか見えないからなのよね。
吹上高原キャンプ場の受付けには、だーれもおりませんでした。
土曜日なのに。なぢぇ?
手前のスパで料金を支払い、ペットエリアへGO。
んがー。
ペットサイトの半分以上は草ボーボー(2匹が隠れるくらい)。
グルリと一周して、一番奥の草を刈ってる松林のそばに設営することにしました。便所遠くなるけど、しゃーないやね。
腹減り夫は、妻が設営している間に炭を熾して飯の準備です。もぅ目が血走ってる。

06161_1

↑ししゃもと書いて売ってたけど、カペリンだぜカペリーン(ペリカンに似てるね)。本物のししゃもが食いたいー!

お昼ごはんを口に出来たのは、午後2時を随分回ってから。
冷凍庫で霜だらけになってた砂肝やら、貧弱なカラフトシシャモをジュージュー。だらだらと夕方近くまで食っちゃ呑みを繰り返していたのでした。
妻、腹一杯で死にそう。

06164

↑意外に涼しかった。流石高原。広いグラウンド(もどき)のエリアは水溜りがあちこちに。

あと2時間もしたら夕ご飯の時間ぢゃないですかー。
てことで、腹ごなしに地獄谷までお散歩することに。

06165

↑地獄谷までのアスファルト道は嫌がってテレテレ歩きだったくせに、到着すると突然走り出すBJ。帰りは足湯にも寄ったよ。入ってないけど。

入り口からしばらくは、ココも草がボーボーでした。
木道も、ところどころ穴開いて危ないしー。
ったくもぅ。
合併して大崎市になった途端にこれですか?
ヘロヘロになってサイトに戻って、しばしまったりしていると、キャンプ場だとゆーのにスーツ姿のおっさんが運転する一台の車がブォーン。我が家のサイトの真ん前にやってきまして。
夫に何やら話しかけてきました。
便所だか炊事場だかの電気がつかないとゆー苦情の電話が来たので、見にきたらしい役場のおっさん。
そこで妻、おっさんに走りより思いのたけをぶちまけてみました。シーズンなのに、草刈はどうしたんですか、と。
「草刈はやってもらってるんですよ、業者に。でもまぁアレで、間に合わなくて。そのうち全部綺麗になると…ふへぇ」
出た、得意の丸投げ(笑。
(業者が草刈作業をしていたのは、キャンパーが普段あまり利用しないキャンプ場の隅っこ)
以前はちょっと太目のにーちゃんが、キャンパーさんが少なくなったのを見計らっては、しょっちゅう草刈作業してたのになー。
つか、おっさんスーツ姿だしー。苦情言われたから見に来たとかいいながら、作業する気なんて全く見受けられませんよ。
とまぁ、この後バーカバーカとお役所の悪口に盛り上がりながら呑んでいた高橋夫婦。
そこへブルワリーの車が今度はやってきて、ボーボー草に隠れていたでっかい岩にガツーン!
派手に車をぶつけておりました。
ざまみろー。
バーカ。
高橋夫婦、やんややんやの大喝采(鬼。
で…。
夫、笑ったら腹が減ったようで、夕飯はまーだ?とか言い出しました。妻はまだ胃液が上がってくるってのに…。
2時間で腹が減る男。
恐るべしバキューム力。

06162

↑おかん作、「アタシ天才やろーうますぎっちゃー」の自我自讃のきゃらぶきは、真っ黒でまさにキャラ武器。でも美味い。これを食うために思わず米を炊いた(しかも2度も)。

いろんな野菜をあられ切りにしてキーマカレーを建造。
妻は腹一杯だったから、明日の朝食べるつもりで作ったんだけどね。
きゃらぶき飯食った後、キーマカレーも食べとりましたよ、バキューム男は。

06163

↑夜はちょっと冷えて、焚き火の暖が有難い~。星もビーカビカ。綺麗だった。

珍しく会話が弾んで、10時過ぎまで起きてた高橋夫婦。
役場のおっさんのお陰です(笑。
その代わり、思い切り呑みすぎました。ウィーッ。

にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

|

« 夏のアイテム | トップページ | 吹上キャンプPart2 »

コメント

ぐわ〜!
またお嬢さんが増えとる〜。
高橋家は、「フジカちゃん」に「アリーさん」に「マリブツーちゃん」で
女性陣がおおいっすね〜(笑)
これは、やっぱ海用っすか?
ええなええな!!

投稿: emizo | 2007年6月19日 (火) 16:00

ほぇー。新入りは金髪マリーちゃんですかー。
しかしマリーちゃんはコンパクツにはならんとですか?
っていうか、なんか浅そうで少し怖いような気も・・・。
もしかしてこれは水着着てのるもんなの?
体験レポ、楽しみにしてまーす(笑)。

投稿: みかいち | 2007年6月19日 (火) 17:57

20分圏内にキャンプ地があるとは、うらやましい限り・・・
でもって、500円とかですか?
こちらはその10倍はしますねえ、バカらしいですよ。。

マリちゃんは、やはりあの店のマリちゃんだったのですね。
少々荒っぽく扱っても文句も出ませんね、このマリちゃんなら。

投稿: エドヤマ | 2007年6月19日 (火) 23:26

>emizoさん
水のきっちゃないところではやりたくないっすよね、やっぱ。
でも、わしは海があまり好きではありませんで(笑
ベタベタするしー。サメもおるぞ!こわーっ。実は、過去に一度、流されたことがあるんどす。浮き輪の上で爆睡中に…。

>みかいちさん
ちょっと日焼けしすぎたフォーンの女の仔でございますの。
確かに浅そう(笑
でも本体が浮き輪みたいなもんだから、絶対に沈没しないっちゃ。
このトシになって水着で公の場に出るのは人災とゆーか、猥褻物陳列罪でつかまりそーなのでロングジョンを買いまひた。こっちはジョン君。男の子です。わしの体にいい具合に張り付きます(えっちー)

>エドヤマさん
あまり近すぎるのも「お出かけ~」って感じがなくなるんですけどね。
忘れ物しても自宅まで取りに帰れるから便利だけど(笑。
そうそう、関東近辺は目ん玉飛び出そうな金額ですよね@キャンプ場。関東に近い東北@ふぐすまも他県に比べると高いし。
このマリちゃん、どMかもしれません。て、まだ抱いてないので、もとい、乗ってないのでわかんないんですけど。

投稿: りえぴ | 2007年6月20日 (水) 15:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/6838672

この記事へのトラックバック一覧です: 吹上キャンプPart1:

» 北海道登別温泉 北海道遺産である地獄谷があります [北海道、札幌からの旅情報]
登別温泉(のぼりべつおんせん)は、北海道胆振支庁管内登別市(旧蝦夷地、明治以降の旧胆振国)にある温泉で、北海道屈指の温泉地であります。江戸時代から存在を知られており、明治時代に温泉宿が設けられてから、保養地、観光地となりました。交通アクセスは、道央自動車道:登別東ICから約5km。 北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線:登別駅からバス20分。 バス:道南バスが各地区からのバスを運行している。また、各温泉施設による送迎バスもあります。 札幌・千歳・苫小牧方面 札幌駅前バスターミ...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 2日 (月) 13:49

» 北海道の代表的な温泉 登別温泉 [北海道札幌から始まり全道の観光地、観光名所、市町村の情報紹介]
北海道の登別温泉も歓送迎会のシーズンはかなり忙しいです。ただ、昔ほど泊りのある行事は少なくなりましたけどね。また、観光シーズンはかなり忙しいと思います。札幌から、家族、会社などで、泊り込みで温泉と考えたときは、札幌の南区の定山渓温泉、ちょっと足を伸ばして、登別温泉が浮かんできます。登別温泉も、北海道としては古くから知られている温泉の1つであります。登別温泉の温泉街はたくさんの観光ホテル、そして旅館が並び、またおみあげやさんなどもたくさん並んでいます。ゴールデンウィークなどの時...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 8日 (日) 01:33

« 夏のアイテム | トップページ | 吹上キャンプPart2 »