« 駒の湯キャンプ Part1 | トップページ | ツツジと海満喫キャンプPart1 »

2007年5月20日 (日)

駒の湯キャンプ Part2

フライシートを叩く雨音で目が覚めました。
うえーん。雨ぢゃん。
昨夜の星空は、ナンだったのよー。
そんなわけで、シュラフに潜ったまま寝そべってウダウダと読書。
7時を過ぎると、テントから出た夫が徘徊(徘徊て)している足音が聞こえました。
早々と火を熾して焚き火をはじめるようです。
「まだ起きないんですかー」
起きます、起きます、起きてます。
そろそろと出たら、雨だけぢゃなくて風もすごーい。
朝ごはんは揚げ物にしようと思ってたのに…。(朝から揚げ物かよ!)
これぢゃ、油はねして危ないぢゃないの。
てことで、昨夜食べるつもりだったステーキ肉をクーラーボックスから取り出します。
んがー。
ガチガチ。
凍ってました。

05204
↑風が強くて小雨もパラついてるけど焚き火。風で髪の毛が凄いことになってるっしょ?と写真を撮ってくれるよう頼む。「え?普段と変わりませんけどー」と夫。小雨になって陽がさしてきたので、冷凍肉を自然解凍。

お肉が解凍されるのを待ってたら、朝ごはんとゆーよりブランチに。
強風の中、肉を焼く~。
そして妻は思う。
肉の焼ける匂いって、どーして食欲をこんなにそそるんだろー、と。
火葬場の臭いって、鼻を摘みたくなるのに。
肉を焼くときの火力とゆーか、火の温度が関係してるのかしらー?
「違いますね。それはきっと焼かれているのが人だからですよ」と夫。
うそーん。
衣類つけたまま焼くからなんぢゃないの?
「違いますね。だから焼かれているのが人だからです」
夫にはどちらも却下されましたけど…。
きっと、人間は人間の焼ける臭いを不快に感じるようにできてるんだヨ。美味しそうに感じちゃったら、大変なコトになるからね。共食いとかさ。そうなると子孫も繁栄しないからね。
なんか、妻、大発見したような気に。
てことは、豚さんはきっと、豚さんの焼ける臭いは不快で、牛さんも牛さんが焼ける臭いは嫌いなんぢゃないかなーと。
どんな香りがするか、直接豚や牛には聞けないけど。
つか、そもそも牛さんは草しか食わないか…(笑
なんてことを考えながらステーキ肉を頬張る。
うまーっ。
食後、2匹を散歩に連れ出して、タラタラと撤収作業。

05197_1

↑尖がりお屋根のバンガロー(利用料金:日帰り2,000円、泊まり4,000円)。8人用ケビン(利用料金:日帰り10,000円、泊まり20,000円)はめちゃくちゃ豪華で綺麗。冷蔵庫や炊飯器、食器類。必要なものは殆ど揃っておりました。テッシュボックスまであったヨ(窓に張り付いて覗き見したのです)。

05196_1

↑管理棟にある薪はこんなやつ。匂いがね、風情ないんだよね、これだと。桜の木なんかは甘~い香りがするのにさーby焚き火マイスター 「使った許可証はこの中に入れておいてくださいねー」って言われたけど…コレって横川の釜飯のお釜?

05205

↑陽がさして芝が乾くと、BJはお決まりの腹踊り。左が夫の
ハーフムーンII、右が妻のランドブリーズ2。大きさ変わらないハズなんだけどな~。A型の夫とB型の妻の片し方の違いが出てたりして…(汗。

時折雨がパラつきましたが、風が強いお陰で、テントもタープもすっかり乾いてくれました。

これで、撤収もはかどります。
ま、約一名邪魔ばっかしてる不届き者がいましたけどね。
(サラ煩すぎ…)
荷物を車に積み込んだら、せっかくなので温泉へ行くことに。
このキャンプ場は、くりこま高原温泉郷の中にあるのです。
で、この温泉郷でお湯をいただけるのは、「いこいの村栗駒」、「駒の湯温泉」、「ハイルザーム栗駒」、そしてキャンプ場のお隣の「くりこま荘」。
駒の湯は入湯料大人400円ですが、それ以外はどこも500円と書かれていました(管理棟の壁に貼ってあった)。
「駒の湯は入ったことあるしー。いこいの村も行ったことあるしー。んぢゃ、ハイルザームにハイルザンスか?」
なんつって、とりあえずハイルザームへ向かいます。
Imgp1484中へ入った瞬間「で、で、でぢゃぶー?」と思ったんですが、単にいこいの村と造りが似ていただけでした(笑。
受付けで入湯料を払おうと夫が千円札一枚を出したところ…。
「お一人様800円ですので、1,600円になりまーす」といわれて、しばし固まるダメ夫婦。
えーえーえー!?
キャンプ場の管理棟には500円て書いてあったのにー。
この春からどうも値上がりしちゃったようです。
(いこいの村も100円値上がりしたらしいし)
それにしても、いきなり300円UPて、あんまりなんぢゃ?
お風呂はですね…。
うーん。
広い脱衣所に、扉が2つありまして。
1つの扉を開けると、広くもない湯船のあるお風呂。露天もあるけど、露天もちっぽけ。
そしてもう1つの扉の向こうにはプールがありました。
つまり800円の中にはプール使用料も含まれてるようで。
でも、プールを利用する際は水着着用。
水着なんか持ってないしー。
泳がないしー。
プール利用しないのに800円は、やっぱ高いよ。
風呂から上がった高橋夫婦は、こう言い合ったのでした。
「断わる勇気も持たなきゃだね。800円? ぢゃ、やめますって(笑」
ええと、くりこま高原温泉郷に訪れた際は、やっぱ駒の湯(シャンプー類はないけど湯量が多いヨ)かいこいの村を利用したほうがよろしーかと。
風呂上り高橋家が向かったのは、冬にお世話になったくりこま高原自然学校の「森のくまさん」。
(駒の湯キャンプ場の管理もされとります)

05208

↑スタッフの方は2匹のことを覚えていてくれました。なんか、嬉Pー。以前使ったボロっちぃ炊事場が撤去されて、ラティスとお花で綺麗に飾りつけされてました。現在進行形でいろいろ変わってるよーです。森のくまさんで頂いた「ばっけ味噌のピザ」。ピザとゆーより、生地はチャパティっぽかったけど。

デッキならワンコOKだからと、テーブルについたのですが…。
風があまりにも強くて、外食いは泣く泣く断念。
2匹を車に入れて、店内でばっけ味噌ピザを注文。期間限定だからって言われたから。
お味は、まぁ、ばっけもアリかな、と(笑。
夫の感想は、味よりもまず「ピザ、ちっちぇー」でしたが。
その後、いつも素通りしっぱなしの夫の実家へ顔を出し、野菜とお花を貰って帰ったのです。
はる子さん、ありがとー。

05209
↑実家にて。はる子さん@義母に「ゴミ拾いか~?」と言われるサラ。BJはコタツに潜り込み、その度に引きずり出されておりました。

最初はお天気がイマイチだったので乗り気ぢゃなかったけど。
たいした食材なかったけど。
それなりに楽しんだ週末なのでありました。


にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

|

« 駒の湯キャンプ Part1 | トップページ | ツツジと海満喫キャンプPart1 »

コメント

niftyですか、この動画
画像が大きくてきれいですね!

キレイなキャンプ場ですね、だけどバンガローなんかチョット高過ぎみたいな感じかな。

キャンプ良いな~
中々出来ないでいます。

投稿: 恵那爺 | 2007年5月29日 (火) 05:49

恵那爺さん、こんにちわー。
もう1つのブログはエキサイトブログだから、動画もドガログhttp://dogalog.excite.co.jp/
を利用してるんですけど、こっちの方がサイズがちょこっと小さい分、画像が鮮明かもです。UPするのに、ちょっと時間がかかっちゃうのが難点なんですけどねー。
バンガローにケビン。
旅館みたいに食事が上げ膳据え膳で出てくるわけぢゃないし~って思ったら、ものすんごいボッタクリ料金に思えてきちゃいますよね(笑
Be-palでもソロキャンプ特集やってたし、ソロキャン好きな人は仕事が終わった後フラリと行ったりするみたいですよー。近場で是非、どうでしょ。

投稿: りえぴ | 2007年5月30日 (水) 15:38

こんにちわ。はじめまして
akasatanaさんの所から飛んで来ました!
ワンコ2匹、キャンプ、Allyと共通点が多くとても興味深く拝見しました〜。
語り口がツボにハマりまくりで楽しかったです〜^^
ココも今年の2月に世界谷地にスノーシューに行った帰りに寄りました!
雪が無いと別世界ですね(あたりまえですが)

我家は今年からAllyを導入(中古ですが)したヒヨッコですが
東北方面にも興味があるのでイロイロ参考にさせて頂きました。

そうそう沼沢湖は今年ぜひ行こうと思っていたのですが
サイトから直接エントリー出来ないんですね〜。ちょっとガッカリ〜。
これからもカヌー&キャンプレポ楽しみにしてますv

ちなみに私もMADE IN CHINA不買活動ちうです(笑)

投稿: バロンパパ | 2007年6月 1日 (金) 13:18

バロンパパさん、はじめましてー。
共通点沢山で嬉しいです。不買活動中ってところも(笑
我が家も、アリーさんはまだまだ初心者。とゆーか、ヘタレです。
川下りも未経験だしー。
沼沢湖、サイトも綺麗だし、湖の水もとっても綺麗なんですよー。是非行ってみてください。腕力もつきます(笑
アリーって、他のリジット艇に比べたらとっても軽いハズなんですけどねぇ。

投稿: りえぴ | 2007年6月 1日 (金) 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/6511227

この記事へのトラックバック一覧です: 駒の湯キャンプ Part2:

» クーラーボックスを買おう!! [クーラーボックス]
クーラーボックスといえば釣りやアウトドアには欠かせないアイテムですね。メーカーやブランドもコールマン、イグルー(igloo)、シマノ、ダイワなどたくさんあります。サイズも小型から大型まで、材質もソフト素材からハードタイプまでその用途はとっても広いですね。クーラーボックスについて書いてみました!!... [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 00:08

« 駒の湯キャンプ Part1 | トップページ | ツツジと海満喫キャンプPart1 »