« GWキャンプ三昧 6日目 | トップページ | GWキャンプ三昧 8日目 »

2007年5月 4日 (金)

GWキャンプ三昧 7日目

朝早く起きて、2匹の散歩に出かけます。
昨日は通行止めで通れなかった「夢の浮橋」を渡って芦野公園へ。
05042_1

↑夢の浮橋…実は発泡スチロールで浮いているってのを読んでドキドキ。 早朝の公園は烏の鳴き声しか聞こえない(笑)。

夢の浮橋を渡り終わる頃、右手にドドーンと大きな岩が出現。
こーんなところに、すごいねー。
なんつってよーく見たら。
ありゃまぁ、ハリボテでした(笑。小さな松の木が生えてると思ったら、鉢植え付きの盆栽だしー。
わざわざお金かけて、こんなもの作らなくてもいいのにね(笑。
発泡スチロールの橋を渡ったら、不安定な吊り橋「桜松橋」を渡って園内へ。
昨日の花見客が落としていったゴミが所々目についたけど、人は殆どおらずとーっても静か。
あ、烏が煩く鳴いてたっけ。
ゆっくり桜を鑑賞するなら人気のない早朝の方がいいですね。

05041_1
↑キャンプ場内にある木彫りのモニュメント。他にもいろんな形のものがあったけど、こりゃナンだ? 妻にはアレにしか見えないよ、アレにしか…(焦。昨日焼いたキメの粗すぎるボソボソパンの残りでこれまた残ってたスパムを挟む。通称残飯バーガーが朝ごはん。目玉焼きも挟んだら、食いにくいったらありゃしない。

朝ごはんを食べたら、他のキャンパーが起き出して騒がしくなる前に出かけます~。
向かった先は県民の森。
砂利敷の林道を歩いて、眺望山に上るのです。
05043_1

↑砂利道前方に不審な塊発見! 軽トラがスレスレのところを走っていったけど、合体中の彼らは動じませんでした。このまま潰されても本望ダ、って感じなんでしょーか(笑。

車道沿いに駐車場があったので、そこに車を停めて砂利道を進んだのですが、なんだか手にしている地図と道の方向が合ってないような…。進めど登山口は見つからず、山を上っているような勾配もありません。平坦道。不安に思って引き返すと、立ちションしているおじーさんがいたので、登山道入り口の場所を尋ねてみました。
「○×■※~」
何を喋ってるのか、よく分からなかったけど、最初に高橋家が進んでいた方向を指差したので、なーんだ合ってたんぢゃないかと一安心。
しばらく行くと、左手に荒廃したトイレと炊事場、右手に登山入り口の標識が。
左手にあったソレは、なんと眺望山キャンプ場。多分訪れる人がいないんでしょうね~。泊まるにはかなーり勇気がいりそうな薄暗~い感じでした。
広くて歩きやすい登山道をサクサク歩き進むと、30分ほどで山頂に到着してしまいました。
あっちゅーま。
えへ、ココ、なんと標高143メートルぽっちしかない山なのです。

05044_1

↑山頂から東口登山口を目指して下る途中には、エンレイソウやテリハタチツボスミレ、カタバミが咲いてました。ヒメホテイランを目にすることができると書いてあったのに、どこにも見当たらず…。盗掘され尽くしちゃったんでしょうか…。

「今日はトレッキングの後、津軽半島の先っちょまで行かなきゃいけないからねー。あんまり時間がないからねー」
てのがこの山を選んだ理由。
それにしても、時間かからなさすぎー(笑。
山頂には東屋とベンチ、それに鉄骨の展望台がありました。展望台に上れば眺望が望めそうですが、腐食が激しい為立ち入り禁止。
帰りは、ヒバに覆われたなだらかな坂を下っていきます。
途中、ヒバに関する解説板が立てられていて、焼けて朽ち果てた株がいくつもあるなぁと思ったら、明治13年頃までこの山は何度も山火事にあっていると書かれていました。でもって、大正時代まで「眺望山」ぢゃなくて「焼山」と呼ばれていたとも。
その先には一本のヒバに「コアスナロ」という立て札が。
よく読んでみると「地元の人たちはこの木をを『変態ヒバ』と呼んでいましたー」と書かれていたのですが、妻には普通のヒバにしか見えませんでした。
なんでだ?
普通の人がちょっと風変わりな人をみたら変態だと思うけど、変態が変態を見ても違和感持たないっつー、そんな感じなわけ?
東口登山口に下りてきたら、ココからは西口に向かう車道を歩いて戻ります。
これが地獄のよーだった~。
思っていた以上に長い道のりで、そのうえだんだん日差しが強くなってきて、暑いしー。
アスファルトの温度が上がってきて2匹がゲハゲハ言い出すから抱きかかえたり水飲ませたりしなきゃだしー。
口数が少なくなり、溜息ばかりの高橋夫婦。
車を見つけたときは、嬉しくて涙が出そうになっちゃったよ、マジで。
あ、途中、道路沿いには梵珠山キャンプ場てのがあって(オートはできず)、何組かの方々が山桜の下で花見をしていました。

車に乗ったら、一向は海沿いの道路へ出てズンズン北上。
目指すは竜飛岬~♪
と、その前に、お腹がすいたので鋳釜崎キャンプ場の売店(?)でランチです(テラス席ならワンコOK)。

05045

↑妻は刺身定食、夫はホタテ丼。二人でホタテ味噌焼きをつつきました。

このキャンプ場、車の乗り入れはできませんが海を見下ろしながら広~い芝生で野営ができます。ロケーションはばっちり。風は強そうだけど。
利用料金は「清掃協力費として1張り500円」だそうです。
期間が6月1日~9月30日までと短いのがネックかしら。
でも、この日、駐車場横の狭い芝生エリア(キャンプ場内ではありません)にテントが2つ、申し訳なさそうに(笑)並んでいました。

05046

↑竜飛岬には階段のくせに国道ダ!なんて言い張る道が。いやぁ、それにしても風が強かった~。真ん中の写真の端っこに写ってるおっちゃんは、スゴイのダ!

竜飛岬に到着して車を降りてまずガックシきちゃったのが…。
「ごらんあれが竜飛岬 北のはずれとぉぉ~~」
岩場に打ち付ける激しい波音とか風の音をかき消すように、スピーカーから大音響で流れる石川さゆりの声。
必要ですかー? 
妻はこーゆー押し売りサービスに、ゲンナリしちゃうんですけど…。
気を取り直して灯台へと上ると、風は強さを増して帽子なんか被っちゃいられません。
で、この強風の中、足元は地下足袋、手には大きな麻袋とゴミ挟みを持ったおっちゃんが。
どんな小さなゴミも見逃すまいと、必死でゴミ拾いをしておりました。
もしかしたら風で飛んでる吸殻も空中でキャッチしちゃいそうな、そんなオーラーを背中から発しつつ…。
すごい。
すごいぞ、おっちゃん!
かっこいいぞ、おっちゃん!
妻が羨望の眼差しでおっちゃんを見つめていたそのとき、夫がぶら下げていたうんこバックの中から空のうんこ袋(スゥパの袋)がピュゥゥゥゥ~!
いかーん!
ゴミを捨てちゃいかーん!
おっちゃんの手を煩わせるなーっ!
(ゴミぢゃないしー。まだ使うしー)
勿論、取りに行かせました。
崖下に(笑。
ロングドライブを楽しんで、キャンプ場近くのお風呂(キャンプ場のトイレに「温まりに来てちょ!」と書いてあったのです)へ行ったのですが…。
大失敗。
他の場所を選ぶんだったー。

05047

↑お風呂は金木町立老人福祉センター。もぅ名前からしてなんだか(笑。晩ご飯は道の駅で購入した菜の花とアンチョビでペンネ(適当に作ったわりには美味かったよ)。それと、これまた道の駅で購入したコゴミの和え物。

もぅなんつーか。
館内どこもジメ~っとして薄暗くて、入り口から風呂場まで古い役場を歩いてる感じ。もちろんシャンプーや石鹸の類はありません。それでも地元の方々は大勢訪れてるみたいなんですよねー。お年寄りばっかだけど(笑。
キャンプ場に戻ると、うわー。
やっぱり花見客がわんさかです。
日が暮れて夕飯時になれば花見客も帰るだろーと思っていたら…。
20人くらいいる学生らしき団体客。
車のエンジン掛けっぱなしで音楽流してるは(聞いちゃいないくせに)、一気コールで午後11時過ぎまで大騒ぎ。
挙句の果てには、ゴミステーションがあるのに、放置だしー。
団体客って、ほんと、周りが目に入らなくて困りますね。
しかも全員が酔っ払い。笑い声だけぢゃなくて、普通に喋ってる声がバカでかいし!
(完璧飲酒運転で帰って行きましたが…そのまま逝ってたりして)
でも自分も団体だったらどうなんだろう。
でもって酒呑んだらどうなんだろう。
調子コイて、声でかくなって騒ぐのかもしれないね。
やっぱ、シーズン中のキャンプは多くてせいぜい2,3組までだよな、と思うのでありました。
若者の奇声に苛つきながらも、おやすみなさーい。

にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

|

« GWキャンプ三昧 6日目 | トップページ | GWキャンプ三昧 8日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/6379504

この記事へのトラックバック一覧です: GWキャンプ三昧 7日目 :

» 一人旅用シングルバーナー [アウトドア キャンプ バーベキュー 良い道具 悪い道具]
EPI バーナー S-1018 PSSA-3ストーブストローおやじが独身の頃、使っていたシングルバーナーがこれ。当時はこれを持ってバイクで北海道にツーリングに行ったりしていた。バイクでの旅行は荷物の容量が制限されるので、極力コンパクトなものを選んだ。しかもこれは風よけ付き。安定感も良く、重宝した。今では倉庫に眠っているが・・・。... [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 19:58

» 地下足袋 といえば [地下足袋?]
こんなのもありますね。 [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 21:21

« GWキャンプ三昧 6日目 | トップページ | GWキャンプ三昧 8日目 »