« 久し振りの宮床 | トップページ | スズ家とキャンプPart2 »

2007年3月24日 (土)

スズ家とキャンプPart1

今回は、かねてからお会いしたかったフレンチブルのスズマルさん一家(emizoさん&kenboさんご夫婦)と一緒にキャンプでございます。
スズ家はキャンプ初体験。
週末の天気予報は雨マークついてるし、ならば設営&撤収の楽なオートサイトがよかろうと福島県内を探したのですが、大抵の場所はオープンが4月から。しかも、東北地方とはいえ首都圏から近いってこともあって、福島県のキャンプ場って思った以上にお高い。
で、目にとまったのが石川町の母畑レークサイドセンターキャンプ場(通年営業)だったのです。
オートキャンプができるのに、福島県で1区画1,570円てのはお安い方なんぢゃないの?と。
ええと、到着して愕然といたしました(笑。
なんか薄曇りの空を差っ引いても、全体的に暗~い感じ。ドヨ~ン。
サイトを見るまでもなく、管理棟前の駐車場に車を停めた時点で、高橋夫婦「アチャーッ」。
なーんか嫌な予感がしたのですよ。03245_1
↑HPの航空写真では芝地に見えたところがオートサイトだと思ってたのに~。教えられた場所は砂地でございました。うえーん。その横には一段高くなった3,4種類の地味な遊具がある公園。管理人さんはココを「遊園地!」だと申しておりました。で、仰け反りそうになったのがトイレ。オートキャンプ場で1,570円も徴収しときながらポットンかよーっ!

管理人さんの運転する軽トラに誘導され、到着したのは砂地のグラウンド。
高橋夫婦、車内で「マジかよーっ!」と吠えてました(笑。
でもねぇ、この後emizoさんたちもやってくるわけで…今更「やだ!やめる!」なんてこと言えないし。
車を降りて、さて、どこにテントを設営したもんかと悩みました。
妻、「んだよー!こんなトコロに空き缶やらゴミが落ちてるしさー。金取っときながら、管理できてねーぢゃんか!」って怒鳴りながらゴミ拾いしておったのですが、すぐそばに実は管理人さんがおりまして(汗)、申し訳なさそうに彼もゴミ拾いをして、トイレ掃除まで始めました。
(つか、元々はトイレ掃除、やるつもりなかったりしてー)
砂地には一応区画を表すロープが敷かれてはいたのですが、それも各所外れていてロープがゴミと化しているところもあったり。
雨が降ることを考えると、砂地よりもなるべく草の生えた箇所に設営したーい。
てことで、緑色の地面を探したのですが、「おぉ、草だ!」と思ったソレは苔でして(笑。てことは、ソコは水はけが悪いってことだしー。
夫が言うとりました。
「県営だとか市営のキャンプ場を管理する人らは、他のキャンプ場を視察してもっと勉強せんといけんですな」と。
いやホント。そう思うよ。
何とかリビングシェルを設営したところで、スズマル家到着。

03242_3

↑夫婦共同作業で、初張りとなるテントの設営。その様子を大人しく見守るスズさん。4枚目の写真はスズさんの臭いにBJが悶絶しているわけではなく、単にアホな仔と賢い仔の違い。泣けるよ…。

はじめましての挨拶もそこそこに(笑)早速設営。
スズ家はキャンプデビューのために、いろんなものを揃えておりました。凄い!
でもね、まだまだこれからもグッズが増えていく予感アリアリ(笑。
Imgp9880
←スズマルさんを抱く夫。ちょっと迷惑ですよと前足で何気に意思表示してみたり(笑

いやぁ、スズマルさんが大人しくてエエ仔だってのをいいことに、久し振りに我が家以外のフレンチブルさんを思う存分こねくり回させていただきました。
それにしても、爽やか系のいい匂いだったなー。
耳の中も全然臭くなかったし。

我が家の2匹とのご対面は…。
ええと、いきなりサラの関西のおばちゃん風挨拶に腰砕けになってましたっけ…。

無事設営が終了したら、kenboさんはダッチを取り出して調理開始。
材料も手際も驚くほど本格的だと思ったら、プロでした(笑。
ますます、スゲー。
ダッチをコトコトやってる間、みんなでお散歩に出かけました。
このキャンプ場を選んだ理由のもう1つが、「園内に散策路がある」ってことだったのです。03241_2

↑バンガローの横の階段を下りていくとあじさいの谷。谷の木道をサクサク歩いてツバキの庭を通り管理道路に抜けるプチトレック。雨が降りそうだったからね。後で地図を見たらつつじの小径を抜けると芝生広場があったんですとー。ちぇっつ。

散歩から戻ると各自自由時間(って、男衆は忙しく動き回ってたっけかー。あ、妻はキャンプ場に到着したときから、呑んどりましたゴメンクサイ)。
03244

↑BJは藤のサヤを食うとりました。それを遠くでジ~っと見つめるスズマルさん。何故か口の回り泡だらけ(笑。

03248

↑スズ家のユニセラはロングロンガーロンゲストだよー。でかいよー。男二人、ホホゥ、フフーンとなんかやっとりました。で、kenboさんは板長に大変身。もしかしたら、サイト内にいるよりこの場所にいた時間の方が長かったかも。

うだうだキャンプ場の愚痴を書いてたら長くなってしまいました。
まだまだ書き足りないような気もするけど(汗。
初日の後半は次頁にて…(引っ張るよー)。

にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

|

« 久し振りの宮床 | トップページ | スズ家とキャンプPart2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/5831509

この記事へのトラックバック一覧です: スズ家とキャンプPart1:

« 久し振りの宮床 | トップページ | スズ家とキャンプPart2 »