« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月25日 (日)

スズ家とキャンプPart3

いやぁ、暖かかったです。
とゆーより、暑かった(汗。
朝起きたら、ファスナー全開。シュラフから身体半分出しとりました。
1週間前にキャンプ場の予約の電話を入れたとき、管理人さんは「まだまだ、夜はかなり冷え込みますよー」とおっしゃってたのに。
だから、今回もフジカちゃんを持参したのに。
フジカちゃんの飯@灯油とアクセサリー@シュポシュポ(←正式名称は『石油燃焼器具用注油ポンプ』なんつー長たらしい名前なんですってよー)も車に積んできたのに。
お呼びでなかったね、フジカちゃん(つか、邪魔なだけだった)。
午前2時ごろ、一旦雨は止んでいたのですが、6時過ぎに目を覚ましたらシェルを叩く雨音。
あぁ~、やっぱり雨だーっ。
水捌けのいい場所に設営したお陰で、シェル内に雨水が流れ込んでくる心配はナッシングだったんですけどね。
03251_1

↑起きたらテントから出る前にまず寝具類のお片づけ。外に出たら、どんより。湖もどこにあるのか見えませんでした。

寝る前、イスカのマットレスにはパンパンに空気を入れたハズなのに…目が覚めたら何故か空気が抜けとりました。ぎゃぉー。もしかして、穴でも開けちゃったのかしら(汗。
だとしたら…リペアよろすくー>夫。
テントをサクっと撤収したら、2匹を小雨の降る外へと放り出しました。
「しっこ、いってこーい」
03252_1

↑BJはしっこ済ませたら、即効でシェルの中に戻ってきて、勝手に椅子の上へ…。砂まみれにはなるくせに、雨に濡れるのはやっぱり嫌いらしい。

しっこだけぢゃなくて、朝の一捻りもさせねばと、朝飯の準備をしている妻に代わって、夫が1匹ずつ交代でお散歩へ。
BJには熊避けの鈴をつけてたから、その音でスズマル一家を起こしちゃった模様。
すんまっせん。
朝ごはんは豚汁とお饂飩。
汁物オンリーです(笑。
03253_1
↑kenboさん作:がんものお饂飩。花鰹と練りショウガ乗せていただきまーす。あ、約一名、ネギを取り除きつつ食べておられる方がおりました(笑。


「昨日、肉食いすぎて胃がもたれて、食欲わかないよー」なんて言いつつも、完食。
毎度ながら、高橋家夫婦、大嘘つきです。
食後はしばしまったり。
03254

↑2日間続いた緊張も、kenboさんに抱かれて一気に解れるスズマルさん。emizoさんに抱っこしてもらったBJ。スズさんより重く感じたようですが、実際重いです。太いです。うんこで出来てます。

うんこといえば(笑)、男性用トイレ。
うんこ山が大変なコトになってたからね。
「あのポットンで用は足せないー」と申しまして。
屈んだらお尻の穴にうんこ山の山頂がブスリってことになるかもだし。
てことで、車に乗って管理棟のトイレまで行ったのですが(頻尿妻もついでに同行)、その車中、能登の大地震ニュースを耳にしました。

午前11時。
濡れたテントはゴミ袋に突っ込んで撤収完了。
現地にて散会です。アディオース。
いやぁ、なかなか楽しい2日間でした。
初めてのテント泊、スズさんはどうだったかしら。
でもって、働き尽くめのkenboさんは、きっと疲れちゃったんぢゃないでしょうか…高橋家は美味しいものにありつけて幸せだったけど。
(いや、ココだけの話、2日目に撮った写真の、そのどれもが魂抜けきっちゃったよーな表情だったのですよ・笑)
また是非ご一緒しましょう。
北上するときは連絡してくださいませ~。

東北も春の香り。
夫はしばらく江戸から出られないみたいだし…。
そろそろソロキャンを始動させますかねー。

にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

スズ家とキャンプPart2

お昼ごはんの時間にはちょっと遅くて、晩ご飯にはちょっと早い中途半端な時間だけど、飯ターイム!
03247_2

↑お食事は突然の雨に備えて、高橋家のキャノピー下に移動。サラさん…そうやって己の存在を消そうとしとるんですか?

3匹にはちょっと固まってもらっておきました。初対面だけど、喧嘩することもなくみ~んな大人しくしております。偉い。…って、サラはそっぽ向きっぱなしだったけどね。
kenboさんが作ったブイヤベースなんちゃら(名前失念)ってヤツも、いい感じ。

03246

↑なんと、ソーセージもkenboさん手作りなんですってよ!恐ろしいくらいンマかったです(隣で獅子唐が黒焦げになっとりますが)。kenboさんの手際のよさに見とれて、妻、なーんもしてないような気が…。

いやぁ、kenboさんの手の込んだ料理の数々。どれもこれも激ウマでした。
妻の貧乏舌がひっくり返っちゃうくらい。
一家に一台(一台?)。
欲しいなぁ@kenboさん。
飲みながらバクバクと食って、そのまま宴会突入。
日が暮れるとポツポツと雨が降ってきたので、狭いリビングシェルの中に移動してスズ家はジン。高橋家は焼酎をいただきました。
それにしても、酒のアテにと持参した鯨。
久し振りに食べたけど(ガキの頃以来ですよ、鯨なんて)、白い方の奴…こりゃ油の塊ですねオエーッ。
いやぁ、楽しかった。
03243_3
kenboさんの膝の上で気持ち良さそうに寝ているスズさんの鼾を録音しちゃったもんね(夫が)。
でもって、それを聞かせたらこの表情。
働きすぎた疲れからか、愛犬の鼾が眠気を誘うのか、午後9時近くになると瞼がくっついてきちゃったkenboさん。
スズ家は我が家よりも数倍広いテントへ。おやすみなさーい。
この後、高橋家は塩マメつまみながら10時過ぎまでウダウダと飲み、シュラフに潜ったのでありました。
ところで…。
飲むと当然頻尿妻は尿意を覚えるわけで。
真っ暗な中、あのポットンへGOする勇気はございませんで。
(ヘッドライトつけて入ったら、照らさなくていい場所@便器の中を照らしちゃいそうだしねー。想像しただけで発狂しそう)
炊事棟の向こう側の急斜面を下って野小便てことになったわけで。
で、今回学習したのは、急斜面での用足しは危ないのでやめたほうがいいぞ、と。
崖下を向いても、崖上を望む格好でも、尻を出したまま転がって行きそうになるぞ、と。

にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ



| | コメント (4) | トラックバック (0)

スズ家とキャンプPart1

今回は、かねてからお会いしたかったフレンチブルのスズマルさん一家(emizoさん&kenboさんご夫婦)と一緒にキャンプでございます。
スズ家はキャンプ初体験。
週末の天気予報は雨マークついてるし、ならば設営&撤収の楽なオートサイトがよかろうと福島県内を探したのですが、大抵の場所はオープンが4月から。しかも、東北地方とはいえ首都圏から近いってこともあって、福島県のキャンプ場って思った以上にお高い。
で、目にとまったのが石川町の母畑レークサイドセンターキャンプ場(通年営業)だったのです。
オートキャンプができるのに、福島県で1区画1,570円てのはお安い方なんぢゃないの?と。
ええと、到着して愕然といたしました(笑。
なんか薄曇りの空を差っ引いても、全体的に暗~い感じ。ドヨ~ン。
サイトを見るまでもなく、管理棟前の駐車場に車を停めた時点で、高橋夫婦「アチャーッ」。
なーんか嫌な予感がしたのですよ。03245_1
↑HPの航空写真では芝地に見えたところがオートサイトだと思ってたのに~。教えられた場所は砂地でございました。うえーん。その横には一段高くなった3,4種類の地味な遊具がある公園。管理人さんはココを「遊園地!」だと申しておりました。で、仰け反りそうになったのがトイレ。オートキャンプ場で1,570円も徴収しときながらポットンかよーっ!

管理人さんの運転する軽トラに誘導され、到着したのは砂地のグラウンド。
高橋夫婦、車内で「マジかよーっ!」と吠えてました(笑。
でもねぇ、この後emizoさんたちもやってくるわけで…今更「やだ!やめる!」なんてこと言えないし。
車を降りて、さて、どこにテントを設営したもんかと悩みました。
妻、「んだよー!こんなトコロに空き缶やらゴミが落ちてるしさー。金取っときながら、管理できてねーぢゃんか!」って怒鳴りながらゴミ拾いしておったのですが、すぐそばに実は管理人さんがおりまして(汗)、申し訳なさそうに彼もゴミ拾いをして、トイレ掃除まで始めました。
(つか、元々はトイレ掃除、やるつもりなかったりしてー)
砂地には一応区画を表すロープが敷かれてはいたのですが、それも各所外れていてロープがゴミと化しているところもあったり。
雨が降ることを考えると、砂地よりもなるべく草の生えた箇所に設営したーい。
てことで、緑色の地面を探したのですが、「おぉ、草だ!」と思ったソレは苔でして(笑。てことは、ソコは水はけが悪いってことだしー。
夫が言うとりました。
「県営だとか市営のキャンプ場を管理する人らは、他のキャンプ場を視察してもっと勉強せんといけんですな」と。
いやホント。そう思うよ。
何とかリビングシェルを設営したところで、スズマル家到着。

03242_3

↑夫婦共同作業で、初張りとなるテントの設営。その様子を大人しく見守るスズさん。4枚目の写真はスズさんの臭いにBJが悶絶しているわけではなく、単にアホな仔と賢い仔の違い。泣けるよ…。

はじめましての挨拶もそこそこに(笑)早速設営。
スズ家はキャンプデビューのために、いろんなものを揃えておりました。凄い!
でもね、まだまだこれからもグッズが増えていく予感アリアリ(笑。
Imgp9880
←スズマルさんを抱く夫。ちょっと迷惑ですよと前足で何気に意思表示してみたり(笑

いやぁ、スズマルさんが大人しくてエエ仔だってのをいいことに、久し振りに我が家以外のフレンチブルさんを思う存分こねくり回させていただきました。
それにしても、爽やか系のいい匂いだったなー。
耳の中も全然臭くなかったし。

我が家の2匹とのご対面は…。
ええと、いきなりサラの関西のおばちゃん風挨拶に腰砕けになってましたっけ…。

無事設営が終了したら、kenboさんはダッチを取り出して調理開始。
材料も手際も驚くほど本格的だと思ったら、プロでした(笑。
ますます、スゲー。
ダッチをコトコトやってる間、みんなでお散歩に出かけました。
このキャンプ場を選んだ理由のもう1つが、「園内に散策路がある」ってことだったのです。03241_2

↑バンガローの横の階段を下りていくとあじさいの谷。谷の木道をサクサク歩いてツバキの庭を通り管理道路に抜けるプチトレック。雨が降りそうだったからね。後で地図を見たらつつじの小径を抜けると芝生広場があったんですとー。ちぇっつ。

散歩から戻ると各自自由時間(って、男衆は忙しく動き回ってたっけかー。あ、妻はキャンプ場に到着したときから、呑んどりましたゴメンクサイ)。
03244

↑BJは藤のサヤを食うとりました。それを遠くでジ~っと見つめるスズマルさん。何故か口の回り泡だらけ(笑。

03248

↑スズ家のユニセラはロングロンガーロンゲストだよー。でかいよー。男二人、ホホゥ、フフーンとなんかやっとりました。で、kenboさんは板長に大変身。もしかしたら、サイト内にいるよりこの場所にいた時間の方が長かったかも。

うだうだキャンプ場の愚痴を書いてたら長くなってしまいました。
まだまだ書き足りないような気もするけど(汗。
初日の後半は次頁にて…(引っ張るよー)。

にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

久し振りの宮床

お友達のマグさんが、本日去勢手術のため一緒にお散歩できないとのこと。
それならばと、2匹を連れて久し振りに宮床へ行ってきました。
やっぱ、いいわー、ココ。
日曜日だってゆーのに、いるのはゴールデンを連れた1組と我が家だけ。
いつものエリアだと貸切状態だし~。

03181

↑今日はボールを持ってきたヨ。妻が投げるから、鼻先で小突いてサッカーごっこしよ~って…サラさーん、歯を立てるな歯を!

いつもリードをオモチャ代わりにして遊ばせてるけど、これだと帰る頃には涎まみれのドロドロで手にするのも気持ち悪いんですよね。
てことで、今回はちゃーんと持参しました。
ゴムボール。
んがーっ。
投げて数秒後にはこの有様。
ただのゴミとなってしまいました。

03182

↑ナニ満足そうな顔してんだか…。お次に取り出したテニスボール。これならぺしゃんこにはできまい!

それならばと今度はテニスボールを投げて、「持ってこい」遊び。
ええと、アホなおっさん…咥えて~そうそう妻のほうに持って来てぇ~素通りしてあらぬ方向へ。
「投げてあげるんだから、ほれ、よこせ」の合図で挑発的に走り出すしー。
Imgp
その代わり、サラにはあっちゅーまに横取りされてましたけどね。

←画像をクリックするとBJのアホさがわかりますえ。

ダサすぎ。

つか、途中でテニスボールのことも忘れてるし(笑。

風は冷たかったけど、時折日差しもさしてなかなか気持ちのいい2時間を過ごしました。
こんなことなら、弁当持参で昼前から来るんだった。
午後5時近くなると、空からハラハラと雪が。
だんだんと吹雪いてきちゃったので、撤収したのでありました。
(あっちゃこっちゃに放置糞があったのにはガッカリ。ちゃんと拾ってけ!アホ飼い主め)

にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

徳良湖キャンプ3日目

午前6時過ぎ。
ポツポツとシェルを叩く雨音で目が覚めました。
03111_1

↑あい変らず寒い~。フジカちゃんでシェル内が暖まってきたら、早速テントから出てきた2匹。ええとー、ソコには妻が座ろうと思ってたんですけどー。小雨の降る中お散歩へ。路面の雪はすっかり溶けてました。お陰で、腹、真っ黒。

ザーザー降りぢゃなかったので、キャンプ場内のお散歩へ。
だーれもいないから、ノーリードで好きなだけ遊べー。
どーせ帰ったら風呂だ。
思う存分汚れちまえー。
と、BJの後ろを歩いていたのですが…。
寒かったからか、出すもの出したら妻より先にシェルの中へ帰ってしまいました。
んだよー。
朝ごはんは、昨晩食べ残したチリコンカンを温めモグモグ。
花笠温泉が混みあう前に、ってことで食後は即効で撤収作業です。
シェルを片す頃には雨が雪に変わっておりました。
いやぁ、それにしても早かったなー。1時間かかんなかったかも。
いつもはダラダラやってんのに、やればできるね(笑。
撤収が済んだら、管理人さんにパス(入り口のゲートのためのもの)を返却して、さよーならー、お世話になりましたー。
このときの時刻、午前8時ちょい過ぎ。
まるで誰かから逃げるような感じだ(笑。03112_1

↑管理棟には、こんなに大量のライフヂャケットが。カヌーの貸し出しもやってるみたいです。徳良湖湖岸を散歩で歩いてみたけど、発着できそうな場所はドロドロの土だったんだよね。我が家のアリーさんを出す勇気はなかったりして(笑。

朝風呂、気持ちよかったです。
本日の女風呂は、昨日男風呂だったほう。
洗い場、湯船、どちらも同じくらいの大きさでした。
風呂から上がってロビーへ行くと、うわー!
高橋克己に思い切りそっくりな方が真っ赤な顔して座っておりました。
マジ本人かと思った。
頭髪のね、ハゲ具合もそっくりだったの(笑。
何度「高橋克己さんですよね?」って声をかけようと思ったことか。
そうそう、この花笠温泉。
03113_1
駐車場の隅っこに「雪蔵」と「雪むろ」があったのですが…。
雪蔵と雪むろって、何か違いがあんの?
(妻はどっちも同じモノだと思ってたんですけどー)
風呂から上がったら、寄り道することもなく、雪の降る中一気に仙台を目指しました。
今日の夕方から、またこの地方ではドカ雪が降るんだとか。
春はまだまだ先みたい。
バラの咲く時期、またこのキャンプ場に来てバラ公園に遊びに行こうかな。
あ、でもサイト料金がお高いから(笑)平日来られそうなとき限定だけど。
仙台に戻る途中、牛タンの話をしていたらお腹が牛タンモードに。
そんなわけで、久し振りに「利休」のランチを食べて帰路についたのでありました。03114_1

↑左は1日30食限定らしい極牛タン。一人前1,575円。普通のよりも軟らかかったです。舌の付け根の方なのかしら。お会計を済ませたら、ビールのミニ缶をおまけにくれました。ごっつぁんでーす。

にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

徳良湖キャンプ2日目Part2

バラ公園を散策した後は、北口から出てお隣にある萬年池へ。
この池、白く濁ってたんだけど、どーしてかしら…。
03106
↑池の上には弁天橋が架かってたんですが、この鳥居も橋もミニサイズー。人間は屈まないと鳥居に頭ぶつけちゃうネー、なんて言ってたけど、チビな妻には十分な高さでした(汗。池の先にはポッコリとした小山。てっぺんにはお社と何故か半鐘が。最近、盗難事件が多発してるけど、ココの半鐘は無事でした。

萬年池の脇にある緩やかな坂道は、水芭蕉園へと続いておりました。
ぽつぽつ芽を出してたなー。
来月中旬辺りには花が咲くのかも。
丘の上には東屋もあったりして、なかなか素敵。
再び坂を下って寿老滝の見物。
が…。
03107
滝の真ん前の道は立ち入り禁止になってる上に、滝に水がありませーん。
干上がってまーす。
沢山歩いたので、2匹も若干干上がり気味~(笑。
てことで、バラ公園に戻って園内の水場へ。
蛇口を捻ってみましたが…。
残念(笑。
水道止まってるヨ。
お二人さん、必死で念を送っても無理だヨ。
お水を持参しなかったのは、犬飼として大失敗。
この後、スゥパに寄ってミネラルウォーターを購入し、ちゃーんと飲ませておきました。
時計を見たら、お昼。
村山まで来たんだから、ランチはやっぱり「そば街道」に行っとくべきでしょ。
村山市の最上川三難所「そば街道」には14店舗の蕎麦屋さんが点在しておりまして、妻はその昔、多賀城に住んでいた頃、しょっちゅう一人でそば街道に足を運んでいたのです。蕎麦より饂飩好きのくせに(笑。
で、いつも行っていたのが十四番店「あらきそば」。
恐ろしくでかいお盆のような板に、これまた噛み応えのある太い麺がドッサ~。きっと、「蕎麦っつーもんは喉越しを楽しむモンなのダ」という人にはナンダコリャって感じの蕎麦かも。
「また『あらきそば』? たまには他のお店に行こうよー」
夫のこの一言で、それならばと決めたのが十一番店。
03108
↑今回初めて行った十一番店「そばやかた樽石」。「あらきそば」と同じように、店内は生活臭プンプンでなんだか落ち着きます。夫は板そば、妻はおろしそばを注文。うまかったー。4枚目の写真は道の駅「むらやま」で仕入れた戦利品。ミルクケーキてケーキのくせにめっちゃ堅いですよー。歯糞菓子ですよー。夫は昔食べたことがあるらしいけどね。妻は生まれて初めて食べた。これって山形の名産だったのね。

お店に入って席に着くと、いきなりおばーさんが夫の横に座りましてね。
懐から写真を取り出して、いろいろ話しかけてくるんですよ。
「ココの襖の絵、コリャ、東京の人さ呼んでわざわざ描いてもらったんだ」とか「この写真に写ってる舞妓が云々」とか。
てっきり、夫の知り合いかと思ったら、お店の人だったようです(笑。
うん、多分そう。
自信ないけど(笑。
妻がお茶のお代わりが欲しいって言ったら、ポットもって来てくれたし…単なる常連客?
いやぁ、山形のお年寄りって、皆さんもしかして超フレンドリーなの?(笑
板蕎麦は、あらきそばの板に比べると一回り(いや、二回り?)小さいものでした。
おろしそばは、ええと、たぬきそばとの違いが分かりませんでした(笑。
でも美味しかったですよー。ごちそーさまー。
あぁ、満腹。
キャンプで外食って、楽でいいなー。
しかも、地物を食べるなんて贅沢だしね。
癖になりそう(笑。
キャンプ場に戻って、腹を摩りながらしばしまったり。
4時を過ぎると、風が出てきました。03109

↑チリコンカンの味付けは夫任せ。クミンシードとチリパウダーをたっぷりヨロシクー。2匹のご飯には、生春巻きに使ったササミをトッピング。

フジカちゃんでグツグツ煮ている間、夫、風呂へ行くと言い出しました。
本日2度目。
いってらっさい。
その間妻は、シェルのスカートの上に雪の塊を乗せたりしつつ、吹き込む風と格闘したり、ライスペーパー剥がすのに(キッチンテーブルなしのキャンプで、これを一人でやるのはもっすご辛いね)いらついたり。
晩ご飯。
実は、二人ともそれほどお腹はすいてませんで…。
夕方過ぎまで朝食べた揚げ物が胃の中でグルグルまわってたのよねー。
とかいいつつ、酒だけは呑みましたけど。
ビールがなくなったら、道の駅「むらやま」で手に入れたさくらんぼのお酒。
これ、大失敗でした。
お酒とゆーより…うーん、水で薄めたサクランボの缶詰の汁を飲んでる感じ(笑。
ま、もともと期待はしてなかったんですけどね。
程よく酔っ払ったら、「ランダム選曲にしておきましょう」と、スピーカーを頭の上に置き、今宵も音楽を聴きながら就寝。
うつらうつらしてたら、いきなり英会話が流れてきて目が覚めてしまいました。
夫、なんちゅーCDを入れとんぢゃ。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳良湖キャンプ2日目Part1

夜中、数回トイレへ行ったのですが…除雪をしていたアスファルト上はツルッツルで滑りそうでした。
あ、トイレと炊事場(つっても、水タンクに水を汲むために利用しただけ)はこの時期、凍結の恐れがあるとゆーので水が止められておりまして。利用できるのは管理棟の中。深夜遅い時刻でも、管理人のぢーちゃんが鍵をオープンにしてくださっていたので助かりました、ありがとー。
管理棟のトイレの便座ホカホカで、このままトイレで寝ちゃおうかと思ったくらい(笑。
朝起きて、ぢーちゃんに挨拶に行くと、今朝は-7度まで下がったんだとか。
そんなに冷え込んだなんて感じなかったな~。
まずは2匹を連れてサイト内を軽くお散歩。
03101
↑除雪してないエリアは雪てんこ盛りで、どこが道路でどこがサイトなのか区別がつかないほど。そこをズンズン歩くと背後から夫の声。「引き返そうよ~」て。身体の重みで彼一人だけ雪に嵌っちゃうようでした。痩せろ!(笑

冷え込んだだけあって、雪の表面はガッチガチの氷状態。
2匹は軽やかに走ります。
妻も重そうにだけど歩きます。
夫一人、雪に埋まっておりました。
下から出したら表面からも出そうヨ!
ってなわけで、食事の前にお風呂へGOです。
昨日、すぐそばにある花笠温泉の偵察に行ったのですが、入り口付近に料金表示がしておらず、その堂々たる建物の佇まいに「800円はするよなー。いや、1000円くらいしてもおかしくないかもー」と思っていたのです。
しかーし!
管理人のぢーちゃんに聞くと、なーんと入湯料350円ポッキリだってゆーぢゃないですかっ。
安っ。
そういえば、山形の温泉っていつも「安いな~」って思ってたのよね。
いい県だー。
「預かるヨ」って何度もおっしゃってくれたぢーちゃんを無視して(おい)、2匹を車に乗せて温泉へ(徒歩5分とかからないけど)。
03102

↑どーして花笠の湯なのかと思いきや、ココが花笠音頭発祥の地だからですと。徳良湖を作るときの作業唄「どつきうた」に合わせて、笠を回して踊ったのが花笠音頭だそうです。すんごく綺麗ででっかいのに350円ですよ。安いよねー。この時期の営業時間は午前8時から午後8時半まで。夏場は朝6時から営業してるんですとー。

泉質はナトリウム塩化物泉、低張性弱アルカリ性高温泉だそーです。ていちょーせーじゃくあるかりせーこーおんせん。絶対に覚えらんないよねーと、夫と何度も口にしました。やっぱり覚えられませんでした(笑。
内風呂には九州で採れたとゆー天降石(ボーリングの玉みたいなやつでした)があり、露天風呂の湯出口にはトルマリンが埋め込まれておりました。サウナもあるし、広々。
雪景色を見ながらの露天です。
ひょえ~極楽。
焼肉臭のこびり付いた身体を綺麗にし、サッパリしたところで、お次は朝ごはん。
でもねー、温泉で汗と一緒にヤル気まで洗い流しちゃったのか、サイトに戻って飯炊きするのが面倒になっちゃって…(汗。
「んぢゃ、どっかで食べましょう」ってことになり、手持ちの少ない資料をパラパラ。
尾花沢…うーん。
ない。
んぢゃ、村山…うーん。
あ!
あったよ!
バイキングだってー。
バイキングの5文字につられて向かったのが、道の駅「むらやま」だったのです。道の駅なのにバイキング。興味津々。
(それにしても、村山のスポットって、ココ一つしか載ってなかったんですけどー!・笑)
03103

↑道の駅「むらやま」の歩道橋は暖房設備バッチシだったよー。すげー。で、朝から揚げ物。おえーっ。

貧乏人ってやーね。
一皿どれだけ盛っても同じ値段となると、自分の腹のこと考えずに全種類を取っちゃうから(夫はもっと盛っとりました)。
後半は吐きそうになりながらも、残しちゃイカン!と喝を入れつつ完食。
ええとー。
味は、不味からず、美味からず(笑。
でも、このレストランで働いてらっしゃる女性の対応がとーっても素敵だったので、それだけで気持ちよく食事ができました。ごちそーさまー。
食後は売店をウロウロ。
で、↑写真左下の「最上徳内」サンって人に目が釘付けになっちゃいまして。
江戸時代後期に楯岡に生まれ、蝦夷地を調査した探険家らしいのですが…。
顔の大きさと肩幅のバランスが悪くないですか?
もぅ、妻には猫ひろしにしか見えないニャーッ!
猫ひろしっ♪
猫ひろしっ♪
ニャーッ!
資料を捲ると、どうもこの猫ひろし(違)の資料館が村山にあるそうです。
うーん、どうしよう。
迷っているうちに、なぜか東沢バラ公園へ辿り着いてしまいました(笑。
ココには「バラと湖をめぐるみち」なるものがあるみたいだし…。
てことで、猫ひろし(違)のことは忘れてカロリー消費のために歩こう!
03104

↑バラ園の駐車場の脇に、徳内神社が!てことは猫ひろし神社?忘れたハズの貴方?なるほどー。頭(屋根)がでっかくて肩幅狭いヨ。遊歩道かと思って歩いていたら、途中で道がなくなりました(笑。

「バラと湖をめぐるみち」って、森林公園の遊歩道みたいなところを想像していたのだけど、どうも違ったようです。後で調べてみたら、『東沢バラ公園と周囲の散策を楽しみ、最上三十三観音霊場の二十番札所・小松沢観音を経由して、東根市の東根温泉に至るのが全長約15キロのコース』だと書かれておりました。
もうちょっと分かりやすく標識を設置してくれると助かるのになー(て、下調べしておけっつー話ですよね、はいすいません)。
あっちでもない、こっちでもないとウロウロしつつ、結局後戻りしてバラ公園の中へ。
この公園、有料になるのは9月15日~10月1日だけみたいです(大人400円)。
バラの花の咲いていないこの時期は無料。
いやぁ、とてつもなく広い公園でした。
剪定も丁寧にされてるし…。
2万株(あるらしいです)の花が一斉に咲いたら、圧巻だろうな~。
花の咲く季節に、是非また訪れたいな~。
有料だけど(笑。
03105

↑あの鐘を鳴らすのはあなーたー♪カーン。そして拝む。なんか間違ってる。音楽堂もありました。バラ園だけに、マイク真木なんかがステージに立つんでしょうか。遊具でも遊んでおきました。

(一気にアップするつもりが、くっだらないコトばっかツラツラ書き倒してるもんで、息切れ~。続きはまた別ペーヂにて・汗)

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

徳良湖キャンプ1日目Part2

さてさて、この週末お世話になったのは、徳良湖湖畔にあるサンビレッジ徳良湖オートキャンプ場
手前にあった青少年自然研修センターがキャンプ場の管理棟だと勘違いしてセンターの駐車場へ。
で、ギャォー!
駐車場の半分を埋め尽くしている雁鴨に、ちょっと鳥肌。近寄っていっても、全然逃げません。
センターの中に入ると、食事中らしきお年より夫婦が出てきて、キャンプ場は対岸だと教えてくださいました。多分、そう言ったんだと思います。方言きっつくって、実はよくわかんなかったんだけどね(笑
0309a1
↑伊豆沼の雁鴨の数なんて屁でもないくらいわんさか。湖面の端から端までビッチリなんだもん。てことは、徳良湖の湖底は鳥糞だらけってことなんでしょうかー。白鳥もたーくさんいました。

キャンプ場の出入り口にはゲートが設けられております。
管理棟に行くと「え!? キャンプ~?」と驚かれてしまいました(つーより、ちょい迷惑そうだった・笑)。
3日前までは雪なんて積もってなかったらしいのですが、昨夜思い切り降って一気にこれだけ積もっちゃったんだとか。
「前もって連絡してくれてれば除雪したんだけどー」
それでも1箇所だけなんとか利用できそうなサイトがあるので、そこを使わせていただくことにしました。
0309a1_1場所は管理棟から一番近いA1サイト(←左写真クリックで大きくなりまする)。
実はココ、電源付きのオートサイト。宿泊利用だと1泊4,000円もするんです。
ありえねー。
(貧乏高橋家は1泊2,000円のフリーサイトを選ぶつもりでした。しかも「フリーサイトだったら1泊1,000円だよー」なんつって平日料金で計算しておりました)
げぼげーぼ。
どうしよう。
他を当たる?
言葉には出さず目で合図を送りあう貧乏夫婦。
その様子を察知してなのかどうかはわかりませんが、管理人さん、「フリーサイトの料金でいいからー」ですと。
つーわけで、2泊で4,000円。
この時点でも、まだ「フリーサイト=1泊1,000円」だと思い込んでいたので、料金を支払った後も夫婦で「値上がりしたんだなー」などとバカなことを言い合っておりました。
幕営地が決まったら、早速除雪作業。
「大丈夫?」と心配そうな顔で尋ねる管理人さん(女性)に、ダイジョブダイジョブと手を振って雪かきスコップ片手にA1サイトへ。
夫は今まで使ったことがないから「試しにイッチョウ!」と、スノーダンプ持って。
その夫の雪捌きがあまりにも不恰好だったからなのか…
「大丈夫なんて言ってたけど、素人ぢゃ~ん!」と雪かきスコップを手にした管理人さんが助っ人に来てくれました。
この素人とゆー言葉に、夫、「だってスノーダンプ使うの初めてだもんモゴモゴ」とブツブツ。軽く凹んでたっけ(笑。
除雪の後は3人で雪を踏み固めます。
その間、2匹は作業中の3人の周りをグルグルと走り回っておりました。
走るならね、まだ雪を踏み固めてないところを走って手伝って欲しいよ…。
で、ちゃちゃっと設営。いつもの冬仕様、リビングシェルSの中にハーフムーン2のインナーをセット。椅子を出さずに、途中のホームセンターで購入したブルーシートを広げてみました。 靴を脱いでお座敷にするのです。
で、ブルーシート。
こりゃ、雪の上ではダメちゃんですね。
ペラペラでちべたいのはしょうがないとしても、滑って危なっかしいったらありゃしない。しっかりペグで留めた上、シートの上を歩く場合は全神経を足元に集中させ危険を回避しましたが…。
ハーフムーンのフットプリントは、雪の上だって滑らないのにー。
雪中キャンプでお座敷スタイルにするためには、やっぱでっかいグランドシート買ったほうがいいのかなー。
設営が済んだら、何はともあれ腹ごしらえ。0309a2_1
とうとう我が家も購入しちゃいましたヨ。
ユニセラTGを。
夫がどーしても欲しいとダダこねるから(笑。
今まで使ってたLOGOSの卓上グリルで十分ぢゃ~んと妻は言ってたんだけどね。
でもこれだと、実は卓上と謳ってるくせに、木製のテーブルに直接置いて使用したらテーブル焦げちゃう欠点があって(ダメぢゃん)、いつも木っ端を挟んで利用してたのです。
ユニセラって、使用後に炭を捨てるのが楽チンなんですね。
それには感心。
って、後片付けはいつも夫の担当なんだけど(笑。
そんなわけで、まず使ってみなければと、牛タン、カルビ、ヒレ肉、焼き鳥とジャンジャカ肉を焼き、兎に角食らいつくのです。
昼ごはんなんだか晩ご飯なんだかわかんなくなるくらいダラダラと。
で、夫婦交代でお散歩へ。
妻はサラを連れてキャンプ場のすぐ隣にあるだだっ広い広場へ。
足跡の全くない真っ白い駐車場で走り回っておきました。
この広場、公園なんだとばかり思っていたら…グラウンドゴルフ場の敷地だったようです(汗。0309a2
↑サイトに戻ってきたら、キャンプ場内を一周。除雪されてないところは雪ドッチャリ。スノーシューもって来るんだったな~。

サラを散歩させて戻ってきたら、今度は夫とBJが男同士の散歩。
で、この後、首からぶら下げていたハズのデジカメがなくなっていることに気づいた妻。
ぎゃー。
どこで落としたんだろー。
外した覚えはないのにー。もしかしたら、紐が切れちゃったとか?
辺りがどんどん暗くなってきてるっつーのに、夫婦二人で探しまくりました。
最後に撮った場所はどこだ?
(思い出せず)
歩いた場所を辿れー!
(どこ歩いたっけか…)
ええと、結局シェル内にあったんですけどね。
最近、自分の行動に全く自信が持てませーん。
記憶力にも自信が持てませーん。
アルツかも。
0309a3

↑シェル内に響き渡るフラメンコギターの音色。好きな音楽を聴きながらキャンプ場で酒が呑めるなんて、幸せ~。でもって、雪中キャンプなのに、夫、思い切り横になってるしー。長座布団て便利。ぜーんぜんちべたくないし。でも、犬専用のものだから、かなり臭い(笑。

フジカちゃんの真ん前には(特等席)サラ。その両脇に妻と夫。
あったかいなー。
酒も進むなー。
で、BJはとゆーと…。
晩ご飯食べたら、即効でテントに入り、自らシュラフに包まり寝こけとりました。

そうそう、どうでもいいのですが、夕方には昼間いた女性スタッフと入れ替わりでぢーちゃんがやってきました。
「買い物してたら電話が鳴って呼び出されたんだー」と。
我が家のせいです(笑。
申し訳ない。
ココ、深夜もキャンパーのために常駐してくれるんですね。
で、このぢーちゃんが、なかなか味のある方で…。
「今夜は冷えるよー。中は暖房効いてっから、入ってあったまれ~。んでTV見ないか~?」
かなり誘われました(笑。
それにしても、TVて(笑。
一人で管理棟で夜を明かすわけだから、話し相手が欲しかったのかなー。
スタッフの皆さん、全員ワンコ好きらしく、温泉に行っている間はペットの面倒も見てくれるようです。
まぁ、預けている間、何を与えられるかわかんないけど(笑。
(だって、ぢーちゃん、ずーっとチョコ食ってたしー)

にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

徳良湖キャンプ1日目Part1

金曜日、夫がお休みをとってくれまして。
てことは、久し振りに連泊キャンプを楽しめるってことですよー。
「秋田の海沿いで野営しようヨ」なんて言ってたんですけどね。
お天気がイマイチっぽいし、てことはオートキャンプができない場所だと設営&撤収がちょっと辛いなー、と。
そんなわけで、出発数時間前に目的地を山形の尾花沢に急遽変更したのでありました。
んが…
キャンプ場へ行く前に、妻にはどうしてもやってみたいことがあったのです。
それは、3月一杯で廃線になっちゃう「くりでん」に乗ること。
別に鉄っちゃんぢゃないけど。
若柳駅8:41発の下り列車で栗駒駅まで…の予定が、間に合わず…。
「仕方ない~駅周辺で軽く朝ごはんでも食べて次の列車に乗りましょう」
と夫に提案したのですが、次の電車の時刻はナント10:22(笑。でもって、若柳駅周辺なんて、早朝からやってる定食屋なんて一軒もありゃしませーん。
(確実に朝ごはんを食べられる場所はあるんですけどね。しかもタダで。でもソコに行っちゃうと、その後のスケジュールがガタガタになりそうだしー。出来ることなら遠慮しないなーと。ええと、夫の実家です←若柳駅から車で数分)
03091
↑時間有り余ってたから、くりでんの起点「石越駅」にも車で行ってみました。レトロ~♪ この駅の真向かいにはJR石越駅があります。んで2枚目以降は妻が利用した若柳駅。駅舎の隣には使われなくなった車両があり、中を覗くと自転車がズラ~リ。自転車サイズで白線が書かれてあったりして…。外にもちゃーんと屋根付きの自転車置き場があるのにね。

車であちこちグルグルと回ってみましたが、結局食料を調達できる場所はコンビニしかないことが分かりがっくし(笑。
今回、電車に乗るのは妻だけ。
2匹を乗せた車は、妻の下車駅「栗駒」まで夫が運転。
てことで、夫婦、しばしの別れです。アディオース。
そういえば、自家用車以外の乗り物に乗るなんて、何年ぶりだろう。
電車に乗るっつーだけなのに、妻、ちょっとドキドキ。

03092_1
↑若柳駅の駅員さんは、もっすごく無愛想でした。気持ちは分かるけどさー、もうちょっとどうにかならんもんですかねー(笑。720円払って手にした硬券。若柳駅、沢辺駅、栗駒駅の3窓口でしか買えないんだって。ラッキー。駅舎の中には高森小学校の生徒さんが作った手書きのポスターが貼ってありました。

くりでんも濡れ煎餅売ったりすれば、廃線に追い込まれることはなかったかもなのにー。
車両の座席を炬燵にしたお座敷列車にするとかー。
イベント考えて地元民以外を呼び込まなきゃだよねー。
なんてことを、くりでんについて無知な妻は若柳駅に到着するまで夫に話してたんですが…。
ホームの向かい側には「イベント号」なるものが停車しとりました。
しかも「カラオケ」なんて書かれたやつ。
車両、ボロボロだけど…。
10:15。
駅前に乗用車が5台以上も停まって、中からおばちゃん、おっちゃん集団がドヤドヤ。
カメラぶら下げた鉄っちゃんらしき人もぞくぞく集まってきて、あっとゆーまに狭いホームに人だかりが~。
平日なのにー。
03093_1

↑車掌さんが「石越から既に満席状態みたいですよー」と叫んでおりました。乗れるのかしら?と妻、不安になる。…と、来たよ!来たきた~。プレートのイラストが栗電車(笑)。がわいぃー。

電車が滑り込んできて、妻の目の前で後扉がピタリ。おぉ、なんて素晴らしい勘!妻、でかした!
扉の開くのを自慢げな顔して、今かいまかと待ってたんですが…。
ええと、前乗車、前降車でした。
だっさー。
慌てて、前扉へ走るダサ女。
で、車両に乗り込もうとしてちょっと感激。
床がね、昔の小学校の廊下みたいに板張りだったんですよー。
電車って、こうなの?
で、足元から車内に視線を移して愕然。
すげー乗客の数。
車両の一番前にへばりつき、ビデヲカメラでレールを撮ってる人もおります。
凄いね、鉄っちゃんって。
運転席の横にへばりついてバシバシ撮影したかと思ったら、人をガンガン押しのけて今度は車両の一番前に。混雑なんてお構いなしですよ。
妻にはそんな勇気はなかったので、人が降りたときに出来た僅かなスペースに手を伸ばして運転席をパチリと一枚撮るのが精一杯でした。
そういえば、夫の同級生がくりでんで運転手さんをやってたハズなんだけど…。
この方、同級生?(笑
で、妻が気になったのは、車窓から見える実家と、もしかしたら線路沿いの道路を走ってるかもしれない義父@すんづろさんの軽トラや農作業中の義母@はる子さんの姿。それと、運転席の出入り口に張り出していた、わけわからんライト(↑写真4枚目)でした(笑。
25分後、降車予定の栗駒駅に到着。
あっちゅー間だったなー。
夫の車より電車の方が早いだろうと思ったのに…
ホームに下りたら、夫が駅舎の隣に突っ立ってボロデヂカメをこちらに向けておりました。
03094
↑栗駒駅のホーム。終点ぢゃないから、降りる人は数人。この頃になると、電車の窓が結露しまくってました。くりこま駅内の待合室は石越、若柳より広かったなー。

夫情報によれば、上り列車はガラガラだったんですと。
うーん、乗る方向、間違えちゃったヨ。
この後、鮨詰め状態のくりでんは、終点の「細倉マインパーク前」へ向けて走り去りました。
「マインパークて何?」
最初、妻はマリンパークだとばかり思い込んでいて「ふーん、くりでんって、石越から海まで宮城県を横にぶった切る感じで走ってるんだー」なんてバカなことを言っておりました。
「細倉ってところはだね、その昔、鉱山があったのですよ。で、くりでんは鉱山で働く人のために作られたわけですな。マインパーク自体は行ったことないけど、多分その跡地にできたテーマパークではなかろうか」
そう夫が申しておりました。
テーマパークなんてのには、興味ありませーん。
でも、その鉱山で夫の叔父さんが働いていたらしいので、ちょっくら寄ってみることに。03095
↑この柱は、映画のために作られたセット。なんと発泡スチロール製(てのはTVで以前見て知ってたのダ)。「誰かがやるだろうなー」とは思ってたけど、やっぱり…心無い人がそれを確かめるためか、剥いでおりました。

細倉に到着した途端、オレンジ色のハデな看板発見。そうだ!そういや、細倉って映画「東京タワー」のロケ地だったぢゃーん。それならばとロケ地跡見学。
タダだしね(←ココ、重要ポイント)。
鉱山の社宅跡に手を加え、おとんとおかんの家や昭和40年代の町並みを再現したものです。
03097

↑おかんの家は、なが~ぃ縁側があって、なーんかホっとする感じ。夏は涼しそうでいいなぁ。冬は寒そうだけど(笑。

おとんとおかんの家は、小倉と筑豊(だったっけ?)。小説の中では離れた場所でも、ココだと数歩で辿り着けちゃうのよね~。
いやぁ、セットって凄いなー。
驚き。
でも、もっと驚いたのは…
この跡地に来ていた観光客全員が、くりでんに乗ってらした方だったこと(笑。
もしかしたら、向こうの方が妻を見てもっと驚いたかもね。
「栗駒で下りたのに、なーんでココにいるのかしら?」なんつって。
03096
↑裸電球の街灯に、木の電信柱。夜になるとちゃーんと光るんですと。おかんが働いてた店の中も、商店の中も、昭和の香り漂う道具がズラ~リ。滝田ゆうの漫画を久し振りに読みたくなったよ。

ロケ地ってことは、この跡地以外なーんにもない(ホント、住宅もポツポツで、寂しいところでした)この場所に、オダギリジョーや樹木希林が来たんだー。
へー。
どこで、どんなご飯食べたのかなー?(笑
なんてことを気にしながら(ポイントずれてる?)キャンプ地へと向かったのでありました~。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

県民の森でプチトレッキング

昨日、体重130キロという野性の猪が農作業中の人数名に重傷を負わせて、とうとう射殺されましタ!なんつーニュースを耳にして、「お天気いいから久し振りに里山にでも」という意欲をすっかりなくしてしまった妻(ヘタレ)。
猪事件があったのは、福岡市なのに~。
てことで、県民の森でプチトレッキングすることにしました。
ココなら、他にも人がいそうだしね。
Imgp9400駐車場に到着して、びっくり。

いつもはガラ~ンとしている広い駐車場がほぼ満車状態。
今まで、土日に訪れてもこーんなに沢山の車が停まってるところなんて見たことなかったのにー。

芝生の広がる広場には、シートを広げている家族連れがわんさかおりました。
その間をそそくさと通り過ぎて、とっとと遊歩道へ入ろうとしたのですが…。
我が家の可愛い2匹ときたら、お弁当食べてるギャラリーがいるその真正面でいきなり脱糞(しかも尻を向け)。
ブツそのものは、お食事中の方に見えぬよう妻の身体で隠したつもりなんですが…。
いやホント、す、す、すびばせーん。

出すもの出してスッキリしちゃったBJは、身体も軽くなっちゃったようでルンルン。
急な下り坂を一気に駆け下りアスレチックエリアのスタート地点へ。
Imgp9404_1前回訪れたとき、まだ完成途中の遊具がいくつもあったけど、全て綺麗にできあがっておりました。
目にしてなかった真新しい遊具もあるしー。
ベンチだっていたるところにあるしー。
(妻は、弁当でなく、前日焼いたケーキの切れ端がランチ代わりでした。ちと侘しかった…)
斜面を利用して作られている遊具の、その真横にもちゃーんと丸太で作られた階段が設置されております。
なるへそー。
だから訪れている人も多いのねと納得。
県民の森の全体像は、こーんな感じで、いたるところに遊歩道が設けられてはいるのですが…。
そのどれもがブチブチ途切れ気味。
一旦車道に出なけりゃいけないってのが、なんとも興醒めしてしまうところです。
今日は日曜日ってこともあって、このカーブの多い車道を高速で何度も往復しているバイク乗りのにーちゃんたちがいたしね。
危ないったらありゃしない。
Imgp9406西側の季の森の遊歩道を効率よく歩くにはどーしたらいいのか、随分と悩むところです。

今回目に付いたのはオオイヌノフグリの花。
今年は暖冬だから、今月末か来月頭辺りには、キクザキイチゲが咲くのかもー。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »