« 栗駒で雪中キャンプPart2 | トップページ | 世界谷地でルンルンスノーシューPart1 »

2007年1月28日 (日)

栗駒で雪中キャンプPart3

午前7時。
おはようございます。いやぁ、よく寝た。寝すぎ(12時間睡眠て…幼児かよー)。
強風に煽られてリビングシェルがバッサバッサ音を立てるもんだから、数回妻は途中で目を覚ましたんですが(嘘です。尿意で目を覚ましたら音が凄かったっつーのが事実なんですけどね)、夫と2匹は朝まで鼾の音が途切れることなくグッスリ。
警戒心とか不安なんつー文字は、彼らの辞書にはないよーです。
01282
↑いつもはテントの外はすぐ芝生。だから、自分から飛び出ることはないサラさんなのですが(ココんとこ、教えたわけぢゃないのに、凄いわー←親ばか)、今回はグランドシートが敷いてあるのでそろーりそろーり、様子を伺うように出てきました。昨夜の鍋の残りを雪の上に置いといたら、ご覧の通りズッポシ。炊事場のタワシもカッチカチ。

テントを出たら、まずフジカちゃんに点火。
シェル内が暖かくなるのをホケ~っと待っていたら、頭上から物凄い数の渡鳥の鳴き声が。
01281

↑建物と枝の間から朝日~。写真じゃゴミにしか見えないけど、次から次へととめどなくそりゃもぅ凄い数で、ギャーギャー。先頭が変わっても形が変わんなかったりして、シンクロ見てる感じだった。

外に出てみると、昨夜から明朝にかけてのあの強風はどこへやら。
穏やか~。
撤収後はスノーハイクに出かける予定なんだけど、今日もまたスノーシュー日和になりそうな予感♪
うへへ。
その前に、腹ごなしです。
朝ごはんは、昨日自宅で焼いたはちみつロール(手抜き)。汁物はトマトスープにするつもりだったんだけど(そのつもりででっかいトマトジュース缶を持ってきてたのにー)、昨夜の鍋の残りがまだあったので、急遽和風スープに。

01283

↑バターとはちみつたっぷりすぎて、ベッタベタのパン。しかも甘くてオエー。残りはこの後、スノーシューで合流したEBI家に回収していただきました(ゴミ収集車かよ)。2匹のご飯には茹でカボチャとおからをトッピング。目ぇひん剥いて食べなくても横取りしませんからー。

食後、タラタラと撤収作業をしていたら、ボーイスカウトのおにーさんたちに「昨夜は大丈夫でしたか?」と声を掛けられまして。
風が強かったのでテント泊の高橋家を密かに皆で心配してくださっていたんだとか。
撤収後はスタッフのMさんに、スノーシューが楽しめるポイントを丁寧に説明していただきました。

01284

↑夫のテントのこの部分(凶器!)。撤収中、4回も妻、おでこにぶつける。ダサすぎ。午前中の間、サイトの周りの雪はガッチガチの氷状態でした。

いやぁ~風で焚き火はできなかったけど…雪質のため、ロケーションはいまいちの場所だったけど…スタッフの皆さんは感じがよかったし、トイレは気持ちよかったし(笑)、カヌーもできるってゆーし、いい場所だったなぁ。
今後、雪中キャンプに毎年お世話になっちゃいそう。
でもって、カヌーシーズンにも来ちゃうかもー。

本当はね、今回のキャンプ…EBI家も一緒に、のハズだったんですよ。
それが急遽仕事の都合でEBI家はスノーシューのみの参加。
しかーし。
高橋夫婦それぞれのボロ携帯は、ずーっと圏外表示。
EBI家と連絡が取れずにいたのです。
「会えれば一緒に…会えなきゃまぁ残念だったね、っつーことで」
半ば再会は諦めモードで目的地の「世界谷地」へと向かったのでありました。

にほんブログ村 アウトドアブログへ


|

« 栗駒で雪中キャンプPart2 | トップページ | 世界谷地でルンルンスノーシューPart1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/5162810

この記事へのトラックバック一覧です: 栗駒で雪中キャンプPart3:

« 栗駒で雪中キャンプPart2 | トップページ | 世界谷地でルンルンスノーシューPart1 »