« 今年初のスノーシュー遊びPart2 | トップページ | 栗駒で雪中キャンプPart2 »

2007年1月27日 (土)

栗駒で雪中キャンプPart1

数年前、夏にEBI家駒の湯でキャンプをした際、そこの管理人のおにーさんに「いこいの村までなら、除雪されてるので、冬場でもその気になればキャンプやっていいですよー」と言われていたのを思い出しまして。
早速、電話をかけてみました。
このキャンプ場、管理をしているのは「くりこま高原自然学校」さん。
雪中キャンプを申し出たら、「やれるにはやれるけど、駒の湯だと今、トイレの水を止めているので業者さんを呼ばなきゃならない」とおっしゃいます。
そうかー。ダメかー。と半ば諦めていたら…。
「駒の湯ぢゃなくて、うちの敷地でどうですか?」
くりこま高原自然学校は、以前栗駒山に登った帰りに寄ったピザ屋さんがある辺りだったハズ…。
「敷地内だったら、好きなところにテント張っていいですよー」とのこと。
うわー!やったー。
行きます行きます行きまーす!
てことで、早速予約。
当日、10時頃到着を予定して、午前9時に自宅を出発(既にこの時点で大遅刻。そのくせケチって一般道走行)。
道中、腹が減ったと言い出した夫。
その夫、是が非でも「はんだや」で飯が食いたいと言い出しまして。
「確か古川辺りの4号線沿いになかったっけ?」と目を凝らしながら走ったのですが…ない! ないない。
妻の腹も折角はんだやモードになってたのにー。
はんだやを探しながらも、どんどん車は目的地に近づいていきます。
こうなると、もぅホラ、田舎だからレストランなんかはないわけで。
だからってコンビニ弁当は食いたくないわけで。
「駅へ行け! 駅なら絶対洒落た店があるハズだー!」
てことで、3月末で廃線が決まっているくりでん(くりはら田園鉄道)の栗駒駅へ。
ガラ~ン(笑。
駅前なのに…。
既に廃線状態?
高橋夫婦、車を役場の駐車場に停めて、飯屋を探すため駅前をウロウロ。
で、洒落た造りの蕎麦屋と、道路を挟んで真向かいにある昭和の香り漂う「高野食堂」の2軒を見比べ…迷わず後者に入ってしまいました。
米が食いたかったのと、怖いもの見たさで。
でもね、入り口の作りに比べて、店内は意外に広くて小綺麗で…。
何がびっくりしたかって、夫が選んだ中華そばも、妻が注文したとりもつ定食も、べらぼーに美味かったこと。器や盛り付けは「自宅の晩飯」って感じだったけど。
腹ごなしをして、その30分後、目的地のくりはら高原自然学校へ到着。
「車で入れそうだったら、ズンズン入ってっていいですよー」と言われたのだけれど、暖冬のせいで雪はシャーベット状。
我が家のFF車だと、すぐに嵌っちゃいそうなのです。
スタッフのMさんと一緒に、ウロウロと場所を探したのですが、結局…
01275

↑この小屋、以前食べに来たレストランの真正面に建ってたんですが、スタッフの皆さんたち手作りなんですと。ピザ窯も立派。お肉がプラプラぶら下がってました。

駐車場の隅っこ(でもって、スモークハウスの真横)にリビングシェルをおったてることにしたのでした。
「もしものときは、この小屋の中に非難しちゃっていいですからー。なんなら、ココで寝てもいいし」
そう言われると、なーんかわざわざテント設営してるのがバカらしくなってきたりして(笑。
01274
↑炊事場には蛇口が2つ。②は栗駒山から引いた美味しい山水。①は塩素タップリのお水。お好きなほうを選んでどうぞ、と言われました(笑。

スタッフの皆さんは、高橋家の設営場所が決まってから、一番近くにあるトイレを紹介してくれまして。「だったら、こっちを通ったほうが近いので、今から通れるように雪かきしますネ」と氷のように固まった雪の塊をサクサク雪かき。
もぅね、スタッフの皆さん、すんごく感じがいいの。
妻、感動。
トイレのある建物も手作り風で、便座に腰掛けて横の壁を見たら何故か取っ手が。壁のどの面も扉(廃材)で出来ておりました。
01277

↑トイレの扉の内側には、こーんな可愛いポストカードがペタリ。で、トイレの鍵は手作りつっかえ棒。トイレのある建物はスタッフルームになっていて、「押す(な)」のプレートが。

手作りだから隙間風ピューピューだけど(笑)、なんかホンワカ。便座だってちゃーんと温かいし。我が家のぶっ壊れたウォシュレットトイレより数倍いい。
設営が済んだら、周りの散策です。

01273
↑首、ながーっ。サラが熱心に獣の匂いを嗅ぎ分け中。BJは訳も分からないまま、とりあえず真似っこ。

道路沿いを世界谷地方面へと歩いて行ったのですが…。
除雪されている道路にはサラっとしか雪が積もってなくて、その雪も既に溶けかかってて、あっちゅーまに2匹の腹は真っ黒け。
こりゃいかんと回れ右。
雪の積もっている広い敷地内で遊ぶことにしたのでした。


にほんブログ村 アウトドアブログへ

|

« 今年初のスノーシュー遊びPart2 | トップページ | 栗駒で雪中キャンプPart2 »

コメント

駒の湯キャンプ場は我家も栗駒に登ったときに
お世話になった思い出の場所です。
で、りえぴさんのレポ拝見してて、通年やってるのかなぁ?
って思ったんですけど、そうじゃぁなかったですね(笑)
でも、そちらのピザやさん、誰にでもどぁ~ぞって
敷地内でキャンプさせて下さるのですか?
たとえば我家とか(笑)
スノキャンしたいんですけど、今年はこちらでも雪がないのです。
スノキャンの場所って、いつも悩みます。

投稿: ありまま | 2007年1月31日 (水) 07:28

ありままー、おひさしぶりー。
始動した?
駒の湯、お話をしたところ「やれるもんならやってもいい」感はありましたよ(笑
自然学校の方は、冬季でもキャンプ可能みたいです。
サイトにもちゃんと記載されてるし(通年とは書いてないけど)。
でも、今年に入って我が家でキャンプしに来たのは2組目だって言ってたから、誰でもOKなんぢゃないのかなー。
雪がもっと積もってるといいんだけどねー。
今週末はまた雪が降りそうだから、もしかしたら2月~3月がスノーキャンプにはいい時期なのかも。

投稿: りえぴ | 2007年1月31日 (水) 11:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/5134651

この記事へのトラックバック一覧です: 栗駒で雪中キャンプPart1:

« 今年初のスノーシュー遊びPart2 | トップページ | 栗駒で雪中キャンプPart2 »