« 小野川湖畔でキャンプ 1日目 | トップページ | 小野川湖畔でキャンプ(番外編)  »

2006年11月 4日 (土)

小野川湖畔でキャンプ 2日目 Part1

午前5時ちょい前、トイレに行きたくなってテントを出たのですが、二度寝するのもアレ(どれ?)かと思って、起きちゃいました。
Imgp6661_1日の出前で、まだ辺りは真っ暗。
それにしても、いやぁ、寒いサムイ。

寝ている間は寒さを感じなかったんだけど、テントの内側はものすんごい結露でした。シュラフの外側もベッチョリだったし。うーん、やっぱシュラフカバー欲しいなぁ。
フライは完全に凍って、指でなぞるとハラハラと白い粉のような氷が落ちるし、キラキラ光ってるし。
昨夜、洗わずにバケツに突っ込んでいた汚れ物(食器類)を見たら、これまた凍ってスプーンが突っ立っとりまーす(マジック?)。

震えながらトイレに行くと、キャンプ場入り口付近で動く人影。
うわわわわー。
それに気づいて、ちょっとチビりそうになったりして。
トイレから出たら、車が一台、そしてまた一台とやってきました。
おじさんたちも続々と。
皆さん、三脚とカメラを手にしております。
どうも日の出の撮影にいらした模様。
いつの間にか、広くもないキャンプ場の湖岸におじさん集団がズラ~リ。
そんなに有名なの? ココの日の出って。
Imgp6666
それならばと、妻もおじさんたちに習って、突っ立ってボケーッ。
1時間以上もボケーッ。
ボケーっとしている間に、夫もヤジ家も起きてきて、4人並んでボケーッ。
そして…
Imgp6675
日の出キターッ!
(妻、そっちからかよっ!とお日様に悪態をついたりして←日の出の瞬間は全然違う方向見とりました)
きっと、おじさんたちの立派なカメラで撮った日の出は、もっとすんばらしいんだと思いますが…(笑。
日がさして辺りが明るくなると、それまで湖岸に陣取ってたおじさん集団がササーっと潮が引くみたいにいなくなったのが面白かった。
さて、本日、ヤジ家と高橋家はクルージングに出かけるのであります。
てことで、ちゃちゃっと準備。
ココ、庄助キャンプ場ではカナディアンカヌーをレンタルすることができるのです。
半日レンタルで2500円、1日レンタルだと3500円。
サイトの目の前に艇を出し、たくちゃんは夫による舵取りのレクチャーを受けとりました。
「OK、大丈夫ダー。マスターしたぁー」
午前6時半、ヤジさんが激しく動かないよう、リードをヨークにグルグル巻きにして、さぁ出発~♪
11044

↑湖面にはうっすら靄が。その中をズーンズン。静かで気持ちいいー。岩の上には鵜が。羽を思い切り広げて(乾かしてるんだよね)るその格好が、なーんか愛らしいとゆーかちょっと間抜けっぽいとゆーか(笑。

いつもは狂ったようにガンガン漕ぎ進んぢゃう高橋家ですが、今回は初体験ヤジ家を振り返りつつゆーっくりと。

11045
2時間タップリ漕いで、上陸できそうなポイントを見つけて、さーて朝ごはん。
本当は、一番端っこまで行きたかったんだけどネ。
空腹には勝てませんでした。11041

↑朝ごはんはトラメジーノでホットサンド。ポテトサラダ入れたやつと、第二段はアボガド&ベーコン&チーズ(写真右)。うまー。

ホットサンドにはやっぱコーヒーでしょ。
てことで、コーヒー担当のヤジ家にお願いしよーとしたら…。
「コーヒーカップよーし。コーヒー豆よーし。あわわ…隊長! 水、持ってくるの忘れましたぁー」
ガックシ。
目の前は水だらけなのにー(笑。
カヌーの上で動けなかった3匹を、プチ放牧。
でも、走り回ってたのは最年長のサラおばちゃんだけでした。11042

↑BJは枯れ枝をガシガシ。齧って~引っ張って~。仕舞いには引っこ抜いておりました。地味な遊びだなぁ。

30分ほどまったりしたら、さて帰りましょう。
復路は対岸をゆーっくりと。
写真ぢゃよくわかんないけど…、実は淀んだところもあって結構水が汚れてんのね。振り返るとブクブク泡が立ってたりして。
景色はいいんだけど、沼沢湖、十和田湖と、ここのところ透明度の高い湖ばっかだったから、その水の汚さにちょっと幻滅。
11046

↑キャンプ場を予約するときに「紅葉はどうでしょ?」と尋ねたら「もぅ終わりましたヨー」と言われましたが、なんのなんの。カヌーで進めばまだ十分楽しめる箇所もありました。ヨカッタ。

初体験でいきなり4時間とゆーのは過酷だったかな>ヤジ家。
「腕がぁーパンパンやぁー」とリンリン。
てことで、サイトまではあともう少し(とゆーか目の前)ってところで再び上陸して小休憩。
BJはお決まりの落ち葉拾い。
ヤジさんはボンヤリ(船酔いした?)。
サラは…キャンプ場から聞こえてくる犬の声に思い切り反応しておりました。いてまうゾー!って感じで。
朝ごはんをさっき食べたハズなのに、もぅお腹が空いてきちゃった4人。
サイトに戻ったらちょっと早めの昼ごはんです。11047

↑リンリン作炊き込みご飯に、妻作かた焼きそば(2皿分)。これだけ腹に詰め込んでもまだ足りぬと、炭を熾して焼き鳥までモグモグ。

炭水化物摂り過ぎのよーな気もするけど…皆、「動いたしー。カロリー消費したんだしー」と言い訳しながら(笑。
その頃、我が家の2匹はというと…
Imgp6755食いしん坊のくせに、人間様の食べ物にはアウトオブガンチューでございました。
何故かっつーと…。
実は、とってもフリーダムなワンコ、つまりノーリードでサイト内を思い切り走り回ってるワンコがおったのですよ…(ええと、キャンプ中ずーっとフリーダムでした。犬嫌いな人には、もっすご恐ろしいキャンプ場といえるかも・笑)。
管理人さんが飼っておられるワンコ(イングリッシュセッター?)。
そのワンコが近づくたびにヒィヒィ悲鳴を上げるサラ。
吠えるBJとヤジ。
んで、煩いと叱られる3匹。
とってもフレンドリーで、犬には滅法ビビリなワンコだから(散歩中、サラが頭突きしちゃいました)喧嘩になるってことはないんですけどね。
でもなー、と。
他にも1組、犬連れのキャンパーさんが隣にいたのですが、ココの繋がれたワンコさんたちもフリーダムワンコが近づくと吠えて~そして飼い主に叱られるわけです。
キャンプ場では、他のキャンパーさんのことも考えて、なるべく吠えさせぬようにと普段より神経質になるのですが…。
自由に走っているワンコがいれば、そりゃ「わしらだって走らせろゴルァ!」と思うわけですよね、特に走るの大好きサラさんなんかにしてみりゃ。
それを「吠えるな、ヒンヒン言うな、黙ってろ、つか、見んな」ってのも、ストレス溜まるだろうなーと。
そこんとこ、管理人さんもちょっと考えてもらえたらなーと。
「うちの敷地ぢゃん!うちの犬を自由に走らせるのは勝手ぢゃん!」なのかもだけど。
せめて、犬連れキャンパーがいないとき&犬嫌いなキャンパーがいないとき、に走らせるとか…。

なんてことを愚痴ってたら長くなっちゃったので、続きは次頁で~

にほんブログ村 アウトドアブログへ

|

« 小野川湖畔でキャンプ 1日目 | トップページ | 小野川湖畔でキャンプ(番外編)  »

コメント

小野川湖の大作、拝見しました♪
ずいぶん冷え込んだようですね。
でもその分素敵なお写真もたくさん♪
湖の朝は幻想的ですね。

我家も小野川湖はロケハンで訪れたのですが
結局テントを張ったのは秋元湖でした。

>フリーダムなワンコ
その配慮がなくならない限り、我家もそちらには
伺うことはないと思います。
ありこを叱る事になりますし、ストレスを
与える事になりますから。

投稿: ありまま | 2006年11月 8日 (水) 19:38

ダラダラといやはや(笑
一日目の夜はヒョエーでした。早朝は、空気がキーン!って音が鳴ってるようなそんな感じ(耳鳴り?)。
でもホント、湖畔の朝って気持ちいいですよね。全体的にソフトフォーカスかかったみたいで。
管理人(息子さんの方)が飼われているワンコが2匹で、フリーダムなのはそのうちの1匹だけ。
親父さんも白いMIXワンコを飼われているようで、初日に見かけたんですけど、その白いワンコさんのリードは優に10mありそうなロープでした。そのロープの長さに、「うわー、フリーダムだねー」なんつってたら、その後ホンマモンのフリーダムワンコが登場とあいなったわけで(笑。
いやもぅ、びっくり。
自由に走ってるワンコを見ても動じないよう躾なきゃダメなんすかねー(無理)。
ロケーションとカヌー遊びをするには最高なんですけどねー、ここ。

投稿: りえぴ | 2006年11月 8日 (水) 20:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/4095733

この記事へのトラックバック一覧です: 小野川湖畔でキャンプ 2日目 Part1 :

» キャンプ場 [キャンプ場]
キャンプ場 [続きを読む]

受信: 2006年11月29日 (水) 11:02

« 小野川湖畔でキャンプ 1日目 | トップページ | 小野川湖畔でキャンプ(番外編)  »