« 紅葉カヌーキャンプ1日目 | トップページ | 紅葉カヌーキャンプ3日目 »

2006年10月28日 (土)

紅葉カヌーキャンプ2日目

静かな朝を迎えました。おはよーございまーす。
早朝、定期船の波音で起こされるかと思ったけど、それもなかったし(単に呑みすぎで気づかなかっただけかな?)。
朝6時半。起きて尿意を覚えた妻。トイレまで(遠い)走る余裕もなく、サイトの傍で用を足したんですが(湖に尻を向けて)…。
スッキリしたところで気づきました。
紅葉を撮りに訪れていたカメラマンがすぐそばにいたことを(汗。
わーはははは。
いい写真、撮れたかなー、なんちて。
妻、高揚(笑。
空は薄曇り。
湖面の向こう側に広がる紅葉した山が、曇り空でなんだかモコモコセーターみたい。すごーくやわらかそうに見えるのよね。思いっきりダイブしたくなる感じ。実際に空からダイブしちゃったら、妻、串刺し状態になるんだろうけど。
さーて、朝ごはんの前に恒例の朝練ですよー。
まずは、夫婦でじっくり紅葉を観賞したかったので、2匹を車の中へ。

10281
ひぃー、たまらん。
ヤバい。
綺麗すぎ。
この景色を間近で見られるなんて…。
雲の切れ間から陽が射すと、そこだけスポットライトを当てられたように、紅葉がキラキラと輝いて見えます。んで、雲が流れてるからそのスポットライトもジワジワと移動してるし。
漕がずにホケーっと見とれちゃうことしばしば。
半島の向こう側まで進んだら、そちらは既に葉が半分落ちた状態でした。
2時間タップリ静かな湖上を満喫してサイトへと戻りました。
10282

↑一段高くなった炊事棟のある場所から見下ろした我が家のサイト。グルリと回らず、この崖を上り下りするとトイレも炊事場も近いんだけど…枯葉ギッシリで足元が危うく、尻餅つきそうになったこと数回(うち1回は見事にドスン!)。

朝ごはんはパスタ…ではなく、おかんから届いた横流し(笑)きしめん。しかも賞味期限チョイ切れ(またかよ)。
ニンニクをタップリ効かせて、これまた一緒におかんから届いた塩辛で。
本当はパスタにしたかったんだけどね。
でも、塩辛はきしめんの方が合うかもー。
和な感じでなかなか旨かったです。
2匹を連れて場内をプーラプラ散策し、ご飯を食べさせたらDOにパンを突っ込んで2匹連れカヌーに出かけます。
ちょっと風が出てきたけど…。
この時刻になると、土曜日ということもあってキャンパーもちらほら。
その半数がルーフにカヤックを積んでおりました。
紅葉カヌー。
これまた考えることは皆一緒ですねー。
つか、なんで去年は紅葉シーズンにアリーさんを出さなかったのかなーと悔やむ高橋家だったり…。
10283

でっかい遊覧船が通ると、その後しばらくして大波が押し寄せてきます。釣師のボートも何艇か出ていて、その波も迫ってくるし。その上、うちのアホの仔。アリーさんの中で動き回ること…。妻の前にやってきたかと思ったら、今度は後ろ。その度にフローテーションベストをフレームに引っ掛けて身動き取れないとジタバタ。挙句の果てには腹踊りまで。
夫婦二人の静かな湖上散歩とは対照的に、始終「じっとしてろー!」「バカタレ!」「せからしかー!」と毒つく妻(煩い)。
それでも2匹を乗せて朝練のときよりも、ずーっと先まで漕ぎ進み、真っ赤に染まったヤマモミジを発見してはウォー。紫色の実をつけたムラサキシキブを発見してはワォー。
帰りはプチ庭園(高橋家が勝手に命名した憩いの場所)へ。
と、この岩場でアリー艇を発見。
611だったのかな。
3名がアリー艇から降りて、岩の上でくつろいでおりました。
挨拶を交わして岩場を通り過ぎ、その向こうの湖岸へ着岸。
10286

↑透明度の高い水に浮く楓や紅葉の葉。その葉っぱがお宝に見えちゃうアホの仔…。つか、枯葉、食っとったど。ご飯食べさせて貰えない仔みたいぢゃないかーっ!(怒

サラは岸に下りた途端、山へと脱走。放尿の儀式のためだったようです(出したら即効で走ってきた)。人目につかないところで排泄するなんて、妻より偉いね(笑。
しばし、湖岸でまったりしてサイトへと戻ります。
と、その途中、誰かが仕掛けた網が。
引き揚げるための目印になる小林サン@ブイに気づいちゃった2匹。丸~いもんだから、ボールだと思ったのか、もぅ2匹ともガンネルに前足かけちゃってガン見ですよ。そのうちキュンキュン鳴きだしちゃうし。
その小林サンの真横を通ろうとしたとき、いきなり強い風が吹いてアリーさんが大揺れ。と同時に、夫が叫びました。
後ろを振り返ると、アリーさんの上にBJがいなーい!
「BJ、落ちたー!」と夫。
え? でも湖面を見てもBJがいないよー!
どこどこ?
しばらくして、浮かんできたアホの仔。
風で横揺れしたものとばかり思ってたのですが…コイツが小林サン目掛けて飛び込んだときの揺れだったのですンモーッ。

10287
たまたま傍でカヤックを楽しんでいた親子に大笑いされるBJ。
いやぁ、目の前から消えたときは血の気が引いたけど、無事に救出されたら妻も夫も笑いが止まりませんでした。腹筋いてーっ。
湖面から消えたってことは、頭の天辺までドップリ浸かっちゃったわけで(笑
いやぁ、フローテーションベストつけてなかったら、どうなっちゃってたことか…。
つか、泳げないのか、浮かないのか? そんなに沢山脂肪つけてんのに。
サイトに戻ったら、プルプル震えているアホの仔。
自業自得。
でも、持ってきててよかった、パックタオル(飼い主は銀行タオル使ってるっつーのに、これ、結局犬専用になっちまいましたがなー)。ガシガシ拭いて、シェルの中でヒーターガンガンにつけて乾かしたのでありました。
夫がBJ救済活動をやっている間、妻は炭を熾してパン焼き。
10289


↑左)美味しそうに見えないけど旨かったシナモンロール。右)いやぁ、最近の冷凍ピラフて旨いのねー。バジルとベーコンのピラフとかゆーやつ。自分で作るより旨いかも。

自宅で下ごしらえして、二次発酵させて焼くだけの状態にしておいたシナモンロール(レシピはコレ。出来栄えが随分違ってアレ~?だけど…)です。
ブラウンシュガーなんつーシャレたものがなかったんで、グラニュー糖使ったからかなぁ。
でも、パンの焼き具合、ホカホカフカフカ感は今まで出最高の出来だったかも。
旨かったー。
アホの仔の毛が、すっかり乾いたら午後のお散歩。
湖岸に下りてみたら、乾かしたばっかだっつーのに、ジャブジャブ入水して、一生懸命お宝発掘です。
懲りないヤツめ。
でもって、水から引きずりあげて歩き始めたら、今度は枝をガーシガシ。
他のキャンパーさんたちに触ってもらってる間もガーシガシ(愛想なし)。
せんせー、今度、頭、大丈夫か見てやってくださーい!(涙
10288

↑左)乾いたばっかなのにー!(叫。右)「何してるの?」…(無言お名前は?」「…(無言)…」「お腹空いてるの?」「…(無言)…」「寡黙ですねー」「ちっ、違いまーす!アホなだけでーす」

夕方になると、カヌーイストたちの団体さんのサイトから、なーんと、津軽三味線の音が聞こえてきました。
これがまた上手いの。
あぁ、青森にいるんだナーと、感動。
用もないのにトイレに行くふりして、傍を通りかかって聞きほれてみたりして。
いやぁ、いいなぁ。サイトで生演奏だなんて。
アウトドアグッズで、ものすんごーくコンパクトになる折りたたみ式ウクレレ、なんてのがあればいいのにー。
って、弾けないけど。
でもって、ヘタクソだと周りの迷惑になっちゃうんだけどね。
Imgp6515夕飯は寒いので(と思ったけど、それほどでもなかった。チクショー)キムチ鍋。
ジョンガラジョンガラ~♪
時折聞こえてくるあの津軽三味線に耳を傾けながら食します。
風情あるのぅ。
で、その支度をしている最中、妻、夫用のナイフで右手の中指をザックリ。
思った以上に深くて、流血ドバー。
包丁出すのを面倒臭がった結果がコレなわけですが…。
コイツ、肉も難なく切れちゃう優れものってことを、身をもって証明しときました(痛。
爪楊枝代わりのツースピックなんて、いらんと思うけど(歯糞つけたまま仕舞うなよ>夫)。
食後は焼酎のお湯割り(梅干入り)をチビチビやって、午後9時過ぎ、テントに入っておやすみなさーい。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

|

« 紅葉カヌーキャンプ1日目 | トップページ | 紅葉カヌーキャンプ3日目 »

コメント

ワンちゃんのライフジャケット姿、かわいいですね~!うちのワンちゃん用のライフジャケットは、どうもサイズが大きすぎたようで・・・なんだか不恰好です(^^;

投稿: ユウ | 2007年4月28日 (土) 01:42

歩いている姿を真上から見たら、亀の甲羅みたいですよ~(笑
モンベルのこのフローテーション、実はベルト部分がものすごーく長くて、鋏で切ってミシンで縫って~という下準備が必要だったんですー。

投稿: りえぴ | 2007年5月 6日 (日) 19:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/4016770

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉カヌーキャンプ2日目 :

» アウトドア カヌー [アウトドア【アウトドアの道しるべ】]
川のアウトドアではカヌーを使ったアウトドアは有名です。カヌーは最古の昔から、水上の移動手段として利用されており、定かではありませんが、最古のカヌーはユーフラテス川の近くで約6000年前の物がシュメール人の王家の墓から見つかっています。ですから、...... [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 07:02

« 紅葉カヌーキャンプ1日目 | トップページ | 紅葉カヌーキャンプ3日目 »