« 禿岳へPart1 | トップページ | 沼沢湖湖畔でキャンプ1日目 »

2006年9月 9日 (土)

禿岳へPart2

今回のトレッキングで高橋夫婦が首から掛けていたのは、こーんなお洒落(どこが)タオル。09094
どうよコレ(笑。
おかんから送られてきた宅配便の中に入ってたタオルです。
青いのには「ボク」、ピンクのほうには「ワタシ」。
凄いセンスだ、山口銀行(笑。
オレンジ色のタオルには「ママ」ってプリントされてたけど、他の色でパパとかおねいさんとかあるのか、そこんとこがとっても気になる~。

やせ尾根あたりは眺めがいい上にリンドウが咲いていて、とっても綺麗でした。
09095
写真下の可愛い花2つは、何ていう名前なんでしょね…。

急坂を下るのは、上るよりも慎重にならなきゃいけないとゆーのに、疲労感で踏ん張りが利かない妻。ついつい小走りになってしまって、ズルーッ。
2度も足を滑らせ、尻餅ついちゃいました。
「気をつけろよー。ったく~もっとゆっくり歩け~」
そう注意を促す夫も、ズルーッ。
危ないから、まずは人間から。
犬はその後ろを付いて来い。
てなわけで、夫、サラ、妻、BJの順番で歩いたのですが、往路はルンルンで先頭を歩いていたBJが、下りは何度もフリーズ。
同じ道を歩くのが嫌なのか、帰るのが嫌なのか…と思いきや、どうも最後尾を歩くのが気に食わなかったようです。
ドベ嫌い(笑。
09096
足場の悪い箇所は泥まみれの愚犬を抱っこして降りてきます。こうなると、ロープも握れないし、すんぎょい大変。
4合目辺りまでなんとか下ってきたら、今までの青空が一転。雲の中に入ったようで、グーンと湿度が上がってきました。でもって、ポツポツ雨まで。
10分おきに「今、何合目?」と騒いでいたおばさんを追い越して、禿げ上がって岩だらけの1合目へ。
無事に下山しましたの気持ちを込めて先人たちが積み上げた(のか?)、プチケルンの上にドッカと腰を下ろす夫。
ここからは登山道の入り口まであとわずか。
ゴロゴロ石が転がった斜面のすぐ下には、我が家の車が見えます。
いやぁ、大変だったけど楽しかったネ。
汗だくで疲れたけど、心地よい疲れだネ。
なーんて、その斜面を下っていたら…。
2匹が笹薮の中に頭を突っ込んでしきりに臭いを嗅ぎ始めまして。
おしっこか、だったら早くしろよと立ち止まって待ってたんですが、あまりのクンクンタイムの長さに業を煮やして妻、「行くぞ!」とリードをグイッ。
その瞬間、夫がBJを指差して「うわぁぁぁぁー!」。
首から上が茶色く染まったBJを見ても、何がなにやらしばらく妻には理解できなかったのですが…(とゆーか、理解したくなかった)。
笹の上に誰かが大量の下痢便を落としとりまして(しかも出したてだった模様)。
妻がリードを引っ張った瞬間、BJの顔面右側から首にかけて、その下痢糞がベチョー。全ての下痢糞を根こそぎ持ってくる感じでベチョー。大量にベチョー。糞まみれ。しかも犬糞ぢゃなくて、人糞まみれ。色で言うと、こんな感じの黄色っぽいやつで、固さはホイップクリームみたいなやつが、肥溜めに首まで突っ込んだ感じでベットリ。ハーネスにもベットリ。
ぎゃー!
オエーッ!
持参した水は全て飲み干しちゃったので、洗うに洗えない。
つか、水で流しただけぢゃ人糞臭は取れないんだろうけど。
糞まみれ状態を写真に収める余裕もないほど、うろたえておりました@飼い主。
吐きそうになりながらも(笑)夫がチリガミで拭いたのですが、拭けば拭くほど広がる人糞エリア。
パイドのBJが何故か右上半身だけがフォーンになっていく~。
BJが悪いわけぢゃないけど…悪いのは妻なのかもだけど。
受け入れたくない現実(笑。
後部座席が汚れるのは仕方ないね、と諦めて車に放り込んで禿岳を後にしたんですが…(雨降ってるのに、窓開けないと臭いのなんの)。
坊ちゃん石鹸買って…キャンプ場に着いたらまず洗って…うわー、でもお湯洗いできないし…てことは臭い取れないかもだし…そんな状態でテントで一緒に寝るわけで…絶対妻のシュラフの中にもぐりこんでくるわけで…。
その後をシュミレーションすると、気が重いったらありゃしない。
後ろを振り返ると、うわー、うんこBJ、うんこコッテリついてる方を下にして寝てるー。クッションにうんこ絶対ついてるー。カーブで揺れるたびに擦れて、うんこ擦り込まれてるー。
うわっ、今度は夫のデバック顎乗せにして寝たーっ!(妻のぢゃなくてよかった、ホッ)
高橋夫婦、両者超ローテンション。
しばらくの間、悩んだのですが、野営は急遽中止。家にとっとと帰ってBJを元の男前の姿に(突っ込み却下)することに決めたのでした。
んもぅ、救急の日である9月9日が、人糞まみれ(事故)からBJを救急しなきゃいけない日だったとは…。
にほんブログ村 アウトドアブログへ



|

« 禿岳へPart1 | トップページ | 沼沢湖湖畔でキャンプ1日目 »

コメント

ボクとワタシのラブラブタオル、かなりステキ。
オークションとか出てたら買っちゃうかも(笑)。

っていうより、BJ坊ちゃまがかわいそすぎて、涙でました。
号泣です。まじで。

投稿: みかいち | 2006年9月15日 (金) 18:08

このタオル欲しいザンスネ
ちょっと悪趣味なのがいけてる

BJさん大変なことになって、しまいましたね
悪いけど面白くて、あっという間に読み終えちゃった

禿岳は、一度行きたいな

投稿: 恵那爺 | 2006年9月16日 (土) 06:03

うひゃひゃひゃ~~
ぐひゃひゃひゃ~~

やってくれるね~BJ!(笑
これは今からたっつあんにも報告せねば~~~~

下痢痛で我慢出来なくて野糞(下痢)をしてしまった人間も辛かったろうに
でも、それ以上に被害に遭った高橋家・・・辛いなぁ(笑
やっぱ相当臭かったんでしょ?
いや、臭いだろーな~
BOBぢゃなくて良かった(笑

ラブラブなタオル使ってる~~なんてほのぼのして見てたのに
こんな落ちがあったとは(笑

投稿: EBI | 2006年9月16日 (土) 21:37

読んでて目にしみました…ニホヒが。

投稿: qoo | 2006年9月16日 (土) 22:16

>みかいちさん
BJよりも同行した飼い主の方がかわいそーです(笑
涙出ました。
マジで泣きました。うえーん。
つか、思い出しただけで、また吐きそうになるんですけどー。

>恵那爺さん
でしょでしょ、悪趣味でしょ。凄いセンスですよね、山口銀行(笑。
禿岳、お天気のいいときにまた上ってみたいです~
あ、下痢糞がないとき。

>EBIちゃ
つかさー、普通はキャットホールでしょ。掘るでしょ、穴。あ、でもそんな余裕もなかったか、下痢だから(笑。
でも、やるなら笹掻き分けて地面に落として欲しいっちゃー。下痢糞を拭いた後のチリガミは落ちてなかったのよね。チリガミは落とし主が持ち帰ったみたいだったけど。
ボブさんが人糞まみれになったら、BJより大変だろうねー。毛も長いしさー。

>qooさん
臭いってね、なれるってゆーけど、強烈に臭いと幻覚見えるのよー。

投稿: りえぴ | 2006年9月20日 (水) 14:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 禿岳へPart2:

« 禿岳へPart1 | トップページ | 沼沢湖湖畔でキャンプ1日目 »