« ティカプラス | トップページ | 坊平でソロキャンプPart2 »

2006年9月 5日 (火)

坊平でソロキャンプPart1

十和田湖キャンプから戻ると、頭痛に悩まされたり、腹痛で苦しんだり、奥歯の冠が外れたりと体調がアレだった妻。
やっとこ復帰したので、2匹をつれて行って参りました。坊平へ。
夜空を見上げて、星屑パワーを全身に浴びてやるんダーってわけです。
あと、BJ星ってのも見つけてやるゾと。
(実は我が家の愚犬の太ってて臭いほうが、『オイラはBJ星人なんダ』と申すので)
平日の蔵王の御釜へ続くエコーラインは、乗用車少な目。
景色はいいし、お天気もいいしってことで、窓を全開にして外のヒンヤリした風を感じながら進んでおりましたら…。
前方を走る観光バス。
どいつもこいつも揃いも揃って、大量の黒煙吐き出しながら上ってるぢゃないですかー。
んもぅ、ルンルン気分、台無し。
観光バスって、観光のためのバスのくせして、自身が自然を壊しちゃいかんですやん、と思うんですけど。
キャンプ場に到着したら、管理棟で350円を支払います(やすーっ!)。
今日はファイヤーダンスするような団体客の予約は入ってないとのことだったので、迷わずファイヤーサークルのある一番広いエリアへゴー。
09051_1
いやぁ、それにしても撤収時(だけ)は暑かった~。
あっとゆー間に汗だくです。
キャンプ場にはだーれもいなかったので、2匹も離してみました。サラは車の後ろの日影から離れなかったのに、BJはとゆーとずーっと日向でホケ~。
それぢゃなくても、常時サラより脳天に熱持ってるっつのにー(脳炎?)
必死になって設営している妻には、この2匹のほかにもギャラリーがおりました。
こいつが煩いのナンの。
烏なんですけどね。
友人によると、ウグイスやホトトギスって鳴き方は親に教わるんだそーですよ。鳴くのが下手っぴな親に育てられると、子供は上手に「法、法華経」だとか「特許許可局」と鳴けないんだとか。
このギャラリーの親は、相当音痴だったと思われ。
だって、ずーっと烏だと思わなかったし。
酔っ払ったおやぢが管理棟の裏あたりでゲロ吐いてんだと思ったしー(笑。
設営が済んだら途中で買ったサンドイッチを食べて、ランチタイム終了。
正午を回ると風が出てきて涼しくなってきたので、2匹を連れて散歩に出かけることにしました。
クロカンコースをグルリと回って、展望台広場へ。
09052_1
山の番人のお尻を拝んだ後(指浣腸しようと思ったら、手が届かず)は、アスレチック遊具で遊んでみたりして。
そういえば、このクロカンコース…。冬は勿論雪が積もるわけだし、スノーシューするにはもってこいの場所ぢゃないですかーっ!
次は坊平でスノーシュー。
どう?>EBIちゃん
散歩を済ませて戻ってきたサイト。
貸し切りのキャンプ場だから、あい変らずとっても静か。
2匹は離したまま、妻は読書タイムです。
今日は太一で泣いてやるのだ。
国分ぢゃないよ、山田だよ。
でもですね、目の届かないところに行くんぢゃないかとか(主にサラが)、変な草を食っちゃうんぢゃないかとか(主にBJが)、放牧してると読書に集中できないんですよね。
午後2時を過ぎると、吹いていた風がグーンと冷たくなってきまして…。
なんか、さびぃー。
椅子に座ってじ~っとしてると、サブ疣が出てきちゃう。
出掛けにもって行こうか行くまいか随分悩んだ厚手のフリース。持ってきてよかった。
これがなかったら、泣いてたわ。
太一ぢゃなくて、寒さに(笑。
09054_1
2匹も椅子の上でじっとしているとプルプル震え出しちゃうので、丸くなったら「おーし、走ってこーい!」。
走って~戻って椅子の上でまったりして~震えだして~走って~
この繰り返し。
けれど、これも2時間が限界でした。
走って来いーって送りだしてんのに、BJなんてテントの前に突っ立ってるし。
「入れろ」ってことですか?
益々風が強くなってきて、飛ばないようにあっち押さえたりこっち押さえたりと妻はアタフタ。
飛ばされそうなものは片して、タープのメインポールを1本ずつ抜き低めに設置。
午後4時半だとゆーのに、早くも妻は晩飯の準備にとりかかることにしました。
もぅとっととテントに入りたかったの。
2匹を早々とテントに放り込んだら、コッヘルで米を炊いて、DOで豚バラと牛蒡と韮をグツグツ。
炊けるまでの間、起こした火で暖をとります。
今夜は星空を思う存分眺めるハズだったのにー。
風の次は雨までポツポツ落ちてくるし。
30分で建造した晩飯を3分で完食。
空を眺める余裕もなく、テントに入った午後5時過ぎだったのでありました。
09053_1
夫にメールをして、坊平の今後のお天気を調べてもらうと、
「風速6メートル。午後6時過ぎ雨、風共に強まるでしょう」との嬉しいお知らせ(涙。
風速6メートルってのがどの程度のものかさっぱり検討もつかないけど(妻が飛ぶほどぢゃない。それは確か)、心配ならタープを片せと夫。
簡単に言うなーっ!(笑
テントの中でうだうだと太一を読み続けたのですが、耳を済ませると上空の方で風がうねるゴォォーという重低音。

まだ6時だしー。
外はまだ明るいしー。
雨も強くなってきたしー。
風の音が凄いしー。
持ってきたシュラフ、夫のと間違っちゃったみたいで臭いしー。
眠れないと思ったのに…。
ぐがーっ。
いつも以上に深い眠りについた妻なのでありましたとさ。
やっぱナルコレプシー?(汗
にほんブログ村 アウトドアブログへ

|

« ティカプラス | トップページ | 坊平でソロキャンプPart2 »

コメント

坊平でスノーシューなんていいね!!
と、言いたいところだけどおねーさん!
冬のエコーラインは通行止めですわよ~~~
ってことは、無理だよね?坊平に辿り着くのは(笑

ちょっと今日の4時テレビで芋煮特集やっててさ~
芋煮食いたい。キャンプしながら。
いくぞーーー!そろそ動きはじめるぞー!
冬はスノーシューキャンプ三昧だ!
冬に本格的に動くことにしたっちゃ(笑
お供宜しく~~

坊平・・・ずるい(笑

投稿: EBI | 2006年9月 8日 (金) 20:18

そうだったわー(汗
通行止めだわね。
って、違うルートではいけないの~?

そんなことより、何ヶ月EBI家、野営してないんだっけー?(笑
テントの建てかた、忘れちゃったんぢゃないの~?
あ、新しいテントだったよね。初張りの前に黴ちゃうぞー。
って、桃パパにも同じようなコトいってたっけかー(笑

投稿: りえぴ | 2006年9月11日 (月) 11:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/3363388

この記事へのトラックバック一覧です: 坊平でソロキャンプPart1:

« ティカプラス | トップページ | 坊平でソロキャンプPart2 »