« 吹上ソロキャンプ一日目 Part1 | トップページ | 吹上ソロキャンプ二日目 »

2006年8月 6日 (日)

吹上ソロキャンプ一日目 Part2

ちょっと離れたところに居を構えてらした、ジャックラッセルのレオさん(2歳)。
木に繋がれて飼い主さんたちから殆ど相手にされてなかったのにすんごく大人しかったです…(驚。
もぅ可愛いったらありゃしない。
0806_1
レオさんの飼い主さんたち(おこちゃまたち)に我が家の2匹もいぢくってもらって、大満足。
BJは得意の腹踊りを披露して、レオさんにドン引きされとりましたけど。
ペット連れのキャンパーは5組ほどいらっしゃいましたが、我が家から奥のエリアにいたワンコさんたちは、み~んな静か。
一番奥の林の傍にいらした、賢そうなワンコ連れのキャンパーさん。
犬連れのサイトを片っ端から覗き込んでは、目尻を思い切り下げて「可愛いワンちゃんだなー、ヨシヨシ」と声をかけておられまして。
我が家の不細工な2匹にも連発してくれたわけです。可愛いだなんて…お世辞でも嬉しいー(ついでに妻にも可愛いって言ってー)。
で、しばし談笑したんですが、このおぢさん…。
「ヨソんちの仔って、どの仔もウチの犬より可愛く見えるんですよねー」ですと。
うわー、妻と意見がピッタンコ(笑。
こんな感じでペットエリアの奥のほうは平和で静かな時間が流れておったのですが…。
トイレの前のキャンパーが連れたダックス2匹が、始終吠えまくっとりました。
他の犬連れがお散歩に通るとギャンギャン騒ぐのは勿論、誰かがトイレに入ろうとするだけでも吠える。吠え出したら止まらない。
で、何より一番煩いのは、吠えてる犬に向かって怒鳴ってる飼い主の声だったりして…。
昼間は気にならないんですが、朝4時前にこれをやられちゃって、いやはやなんともニンとも。
08064_1

林の中をプーラプラ歩いて一段低くなったグラウンド(らしきところ)へ。
日が傾いてくると今までの暑さはどこへやら。
広場を取り囲むように咲いていた紫陽花も、涼を運んできてくれそうです。
なぜかこの広いエリアには一つもテントが立っておりませんでした。
てなわけで、3バカトリオ、走って跳んでうんこして(妻はしてませんよ)暴れてみる。
ぼ~っと突っ立ってるだけだと涼しいんだけど、動くとやっぱ暑いのね。
再び汗みどろになってサイトへ。
二匹は所定の場所でグッタリ。妻は夕飯の時間までダラダラ汗を流しながら読書をしておりました。
お昼、あれだけのモサモサしたパンを一気食いしたので、夕方になってもあまりお腹がすきません…。暑くて火ぃ使って料理だなんて気が進まないしー。
08062_1
なんて言っておきながらー。6インチダッチで唐揚げ山盛りて。
しかもこの後、米まで炊いて完食しまして。
ビールもしこたま呑みまして。
ところで、今回テーブルを忘れてしまいました。
正確に言うと、テーブルの天板を。
足の部分を取り出して~広げて~さぁ天板取り付けるゾーと思ったら天板だけが車に入っておりませんで。
狭いけど、2匹専用に使っていたちっこいマイテーブルを、交代で使うとゆーハメに。
まぁ、一人だし、たいした料理するわけぢゃないんで、これでも十分だったんですが。
食後は昼間散歩のときに拾っておいた松ぼっくりで火遊び。
この頃になると、さすが高原。
風もヒンヤリと冷たくなって涼しかったです(サラは椅子の上でプルってました)。
お月様もくっきり。
星は坊平ほど綺麗には見られませんでしたけど。
松ぼっくりを全て燃やし尽くして、テントの中へ。
おやすみなさーい。08065

|

« 吹上ソロキャンプ一日目 Part1 | トップページ | 吹上ソロキャンプ二日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/3018499

この記事へのトラックバック一覧です: 吹上ソロキャンプ一日目 Part2:

« 吹上ソロキャンプ一日目 Part1 | トップページ | 吹上ソロキャンプ二日目 »