« 花山青少年旅行村キャンプ場 Part1 | トップページ | みちのく公園 »

2006年6月 4日 (日)

花山青少年旅行村キャンプ場 Part2

おはようございまーす。
午前5時。風もなくて、湖面はベタ凪ですよー。06041_1
テントから出たら、顔を洗ってさて準備。
2匹にフローテーションベストをつける。上から見ると、なんだかでっかい甲羅を背負った亀みたいで面白い。
06042_1静かな湖面をエンヤコラ~。
前方に水鳥発見。
と思ったら、数秒後には姿が見えなくなりました。
あれ~?
どこにいった?
水鳥が消えたその場所を睨みつけてると、次の瞬間、数メートル先の水面にいきなり姿を現しました。意外と泳ぎが上手いのでびっくり。
水鳥の水中での泳ぎと、アリーさん、どっちが早いか競争してみよう~。なんつって、必死になって近づこうとしたのだけど…。
バカにしたように水鳥、スーイスイ。
足元にも及びませんでした出直してきま~す(笑。
愚犬2匹はアリーさんの上に乗ると、身を乗り出してあっちをキョロキョロ、こっちをキョロキョロ。
サラが動いても揺れないのに、BJがちょっと動くと大きく傾くのは、やっぱりBJがデブだからなのかしら…。
じっとしているのに飽きてくると、このおデブさん、サラに喧嘩ふっかけたりするしー。
何度湖に放り投げようかと思ったことか(鬼。
06045
2時間ほど湖上散歩を楽しんで身体を温めたら、おなかもキュルキュル空腹感を訴えてきたのでサイトに戻ってやっと朝食。
ホッケとシイタケを焼いていただきまーす。
食後、隣のグランドには消防車が次々と入ってきました。
栗原市の消防団の訓練が行われるそうで。
前もって管理人さんが「だから、日曜日は煩いかもですよー」とおっしゃっていたのだけど…。
湖面に視線を移すと、あら、風もないしまだ穏やか。
演習、煩いかもって言ってたしさーだったらイっちゃう?
てなわけで、飽きもせずに再び漕ぎ出しました。
今度はさっきとは反対側の一迫川の方へ。
06046途中、橋の下を潜ろうとすると、ツバメの大群が。
見上げると、そこにはいくつものツバメの巣が。
湖の周りにはいくつか橋がかかってるのだけど、ツバメの巣があるのはコンクリ製のこの橋だけ。
3,4羽固まって飛んでいる、ちょっと小さなツバメたちはまだ子供だったのかも。
巣の中には、まだ飛べない雛もいました。
真下にアリーさんを停めて、じ~っと見上げていたかったんだけど、いつ糞が落ちてくるかわからない(笑。
ヒィヒィいいつつ猛スピード(気持ちだけ)で通り過ぎます。
せせらぎふれあい公園の横を通り過ぎると、このあたりから一迫川。
釣師の邪魔にならぬよう、対岸沿いを漕ぎ進んでいきます。
流れのある川に入ると、水が澄んでて綺麗。
川底のゴロゴロした岩も、泳いでいる魚もよく見えます。
ひょえ~気持ちいいー!
やっぱ川だな、川。
ピックアップ方法を考えなきゃだけど…。
次回は鳴瀬川行くぞ!
ズンズン進むと水深がぐーんと浅くなって、アリーさんの船底をズリズリ擦っちゃいそうになったので、ここらで回れ右。
食後の運動を十分満喫してサイトへと戻ったのでありました。
Imgp3154_1ヘロヘロになって戻ると、あらまぁ、もぅお昼。
消防団の方々も帰り支度をしているし、デイキャンプに訪れたファミリーが、BBQの準備を始めてる~。

高橋家、遊びすぎ。
既に腕が筋肉痛で上がんないしー(四十肩?)
アリーさんとテントを撤収したら(このとき、もうちょっと注意してればあんなことにはならなかったのに…笑)、我が家も簡単ランチです。
オクラと納豆、山芋をのっけただけの手抜きネバネバパスタ。
醤油をぶっかけていただきまーす。
3分後、完食。
カヌーの上で動き回ることが出来なかった2匹は、朝の簡単散歩だけぢゃご不満のようで…。
てなわけで、全ての撤収作業を終えたらグランドへレッツらゴー。
デイキャンプを楽しんでいる人も、このグランドには来そうになかったので、ノーリードを満喫させてやったのでありました。06044_1
グランド中を走り回っていたサラが、いきなり不審な行動を。
なに?
なんなのー?
と思ったら…。
06043ギャオーッス!
シマヘビと戦おうとしてるしー。
シマヘビ、1,2度サラの顔面目掛けて飛びついた模様(汗。
咬まれた痕はなかったけどね。
でも、その後もずーっと尻尾の先っちょをプルプルさせながら威嚇し続けてました。
シマヘビも強気。
毒は持ってないってゆーけどさ…サラさん、もぅおばちゃんなんだし、少しは恐れろよ…。
しかも、写真で見ると♀のくせに、異様に肩幅広くて男らしいしー(笑。
BJ、気づいてないしー。

いやぁ、最後の最後でシマヘビには驚かされたけど、今年初のカヌーはやっぱり楽しかったです。
お天気にも恵まれたしね。
次回、アリーさんの出動はいつになるのかな~。

ええと、自宅へ戻って家へ入ろうとしたら鍵がありませんで…。
焦りましたよ。
「さては、キャンプ場のどこかに落としてきちゃったか?」
玄関前でオロオロウロウロする高橋夫婦。
軽いボケ症状が出てるから、思い出そうにもこれがなかなか(笑。
実は、テントの内ポケットに入れたまま撤収しとったのですが、それに気づくまで約30分。
もぅ、アホすぎ。
テントに内ポケットがついてるからって、あそこに車や家の鍵を突っ込んでおくのは、もぅやめよう…。

|

« 花山青少年旅行村キャンプ場 Part1 | トップページ | みちのく公園 »

コメント

んがーっ、とぐろ巻いてるンコかと思ったらへ、へびー!

というわけでこちらでは初めまして。
ダサ井タマ子は元気です。
りえぴさんもお変わりなくお過ごしのことと思います。
BJさんの目玉すごいですね。
西川キーにクリソツです。

というわけで、また遊びに来ますね~!

投稿: よよよ姐サン | 2006年6月 8日 (木) 17:52

はれっ、西川キー坊と入力したつもりで西川キーになっている!
まっいいか・・・

投稿: よよよ姐サン | 2006年6月 8日 (木) 17:54

むふん。姐さん、いらっさいませ。
シマヘビさんて、意外と俊敏な動きを見せてくれるざーますの。
マンガ糞が、シマヘビ並に動いたら、それはそれで蛇より怖いざーますね。飛びついてくるマンガ糞。きゃー!

投稿: りえぴ | 2006年6月13日 (火) 15:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/2126284

この記事へのトラックバック一覧です: 花山青少年旅行村キャンプ場 Part2:

« 花山青少年旅行村キャンプ場 Part1 | トップページ | みちのく公園 »