« みちのく公園 | トップページ | 前森高原でソロキャンプ Part2 »

2006年6月14日 (水)

前森高原でソロキャンプ Part1

ふえー、なんだかサボリ癖がついちゃって…記憶も薄れてるし~イカンイカン(汗

梅雨の間のちょっとした晴れ間を利用して、最上町の前森高原オートキャンプ場へ行ってまいりました。
晴れ間、なんていってるけど、実は出発時、自宅周辺は強い雨が降ってまして…。中止にしちゃおうかと思ったほど。でも、山形の天気予報に雨マークはついてなかったので、微かな望みを抱いて出発したのです。
現地に到着すると、いやぁ~素敵。
ピーカンですよー。
サイト料金は入場料大人100円+フリーサイト料500円の計600円(やすーっ!)。
平日だってこともあり、キャンパーは他にだーれもおりません。
本日も貸し切り。
嬉しい~。
そう広くはない場内を車でグルグル回りながら、さてどこに設営しようかと迷いつつも…前回夫が車をぶつけた木を睨みつけるように車を停め(笑)、東屋の隣に居を構えることに。
06141
設営中、2匹を離すと、BJは妻の傍を離れようとしません。数分おきに振り返るのに、いつもヤツは同じ場所。30cmくらい、横に移動したくらい?
なんだか、「だるまさんが転んだ」をやってる感じ。
キミはフリーダムなのにー。
因みに、北九州では、「だるまさんが転んだ」ぢゃなくて、「インド人の黒んぼ!」って言っとりました。差別満載の酷い地域だ(笑)。
設営が済んだ後は、とりあえず2匹を連れてプラリとお散歩。
06142_1
アスファルトぢゃなくて、気持ちのいい木陰から管理棟へと上がる道を見つけたので、そこを通ってビアハウスやハム工場が立ち並ぶ通りへ行くことにしたのはいいんだけど…。
この飛び石、爆裂おばちゃん@サラが行きも帰りもビビって渡れないのに、妻、ちょっと驚きました。
BJは難なく渡ったのにー。
BJの方がヘタレだと思ってたのにー。
サラが渡れずに踏ん張ってると、自慢げに3往復もしてるしー(笑。
06143
週末は観光客でそれなりに賑わうのに、だーれもいません。
ビアハウスの中もガラーン。
フロンティアファームの表にもお馬さんが出てなかったので、馬舎を覗いてみました。
いましたいました。1頭だけ(寂。
しかも、何度声をかけても、尻を向けたまま。つれないなぁ~。
羊さんも出てきてないしー。
太陽の日差しを遮る木々が少なく、アスファルトも熱くなってきて、早くも2匹はゲハゲハ。こりゃいかんと、早々にサイトへ戻ることに。
火照った身体はサイト横を流れる川で冷やします(無理矢理ぶち込んだ)。
06145_1
そしてタープの下へ。
シールドヘキサの有難さを実感です。
06146

2匹が伸びてる間、妻は酒をグビグビやりつつ、読書。
暑いとどうしてもビールに手が伸びてしまうのです…。
んがーっ。
1泊のソロキャンプの時には、食材も少ないだろうからってことで、フロストパックソフトクーラー18を使っているんですが、ビール6本入れると食材入れておくスペースないんですよねー。だから4本しか持ってこなかったしー(十分?)。しかも、2日目になると保冷剤の効果もアリャリャになってるしー。
うーん、所詮ソフトクーラー。夏場のキャンプで使うのは無理があるのかなー。
まぁ、ココ、前森高原オートキャンプ場の炊事場には、自動販売機があってビールが買えるので問題ナッシングだったんですけど…。
06144
3時過ぎ、2匹が椅子の上でモソモソと起き出したので、再び散歩をすることに(歩いてばっか)。
さっき、場内をお馬さんが横切ったので、彼らがやってきたらしい、サイト側の川向こうへ行ってみることにしました。
ココを歩いて行けば、きっと馬舎へ辿りつくハズだ、そうなんだー!と思いつつ。
目印は馬糞(笑。
馬糞があるってことは、乗馬クラブのあのお馬さん、きっとここを通ってるに違いないのダ。
名探偵ポワロ(妻)は確信しつつ進んだんすけど。
がびちょーん。
行き止まり。
ポワロ、ポワーン(呆。
結局、あのお馬さんが、どのルートでやってきたのか解明することはできず。
まぁね、馬糞ロードに落ちてた地雷(糞)、どれも落としたてのホカホカって感じぢゃなかったしなー。
06147
歩き回ってサイトに引き返すと、2匹をノーリードにして走らせます。
「思う存分遊べー!」って。
で、妻はチマチマ夕飯の支度。
BJはそれを察知すると、遊ぶのをやめて戻ってくるのよね…。キミの飯の準備してるわけぢゃないのに。まったく食いしん坊め。
妻の晩ご飯は一人鍋。
昼間は物凄く暑かったけど、夕方になると風が冷たくなって上着を羽織ってなきゃプルッちゃうほどだったから、丁度よかった。
暗くなるまでポケ~っとネイチャーストーブの炎を眺めて、午後8時半、テントの中へ。
テントの中でもテーブルランタン片手に本を読んで(今回は意外と夜更かしだっちゃね)、午後10時過ぎ、おやすみなさーい。

|

« みちのく公園 | トップページ | 前森高原でソロキャンプ Part2 »

コメント

あ~っ、ちゃんとお布団に入って寝ている!(かわええのう・・・)
うちの子供より人っぽい!
もしかするとうちの子供のほうが動物っぽいかもしれん。
(太ってるからイヌというよりはブタさんだな。寝屁もブーブーうるさいし。)

投稿: よよよ姐サン | 2006年6月19日 (月) 16:46

美味しそうなお昼ごはんはナンデスカ?
むちゃくちゃよだれもんです。

投稿: みかいち | 2006年6月20日 (火) 11:47

天使のような寝顔の横にはサラがいるの?
仲良しよねー
そんでもって、りえぴさんはいつも外にいるのねー
トイレットペーパーもなくならない訳だ
私はガラガラいっぱい使う派なので
ストックは多いっちゃ
お尻が痛くならないように柔らかめなヤツね

先日、ペットエコでボステリのジョルくんに会ったよ
お父さんとお姉ちゃんに撫でられてよたはご満悦でした

投稿: よたまま | 2006年6月20日 (火) 14:39

>姐さん
BJとゆー生き物は、全くもって犬らしくないんですわ。
本当は白木みのるあたりが入ってるんぢゃないかと、しょっちゅう背中にチャックがあるかどうか確認してしまいますのえ。
ところで、プクちゃん、太ってるように見えませんぞー。

>みかいちさん
ありゃ鶏肉で野菜をまきまきしたやつでおま。
冷凍にして持ってきたんだけど、ソフトクーラーボックスなもんで、いい具合に溶けまくっとりました。

>よたままん
天使、サラおばちゃんと並んで寝てるとゆーより、サラおばちゃんのケツを枕にして寝とります。
あ、我が家のトイレットペーパーの減りが遅いのは、野営が原因かー!気づかなかった(笑
チリガミの減りは早いんだけどねー。
そうそう、ジョルさんちのおとーさんに聞いたよー。
「よたろうくんに会ったんですよー」って言ってた。
優しそうなパパさんでしょ。
そんな優しそうなパパさんが言ってたわー。
「よたろうくんは、BJくんより一回りも二回りも大きくてガッシリしてた」ってー(笑
あぁ、憧れるわ。筋肉質。

投稿: りえぴ | 2006年6月20日 (火) 15:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/2288402

この記事へのトラックバック一覧です: 前森高原でソロキャンプ Part1:

« みちのく公園 | トップページ | 前森高原でソロキャンプ Part2 »