« 初のソロキャンプ Part2 | トップページ | 荒沢湿原を歩く »

2006年5月16日 (火)

初のソロキャンプ Part3

夜はやっぱり冷え込みました。
午前3時近く、尿意を覚えてテントから出たら、フライシートが真っ白だったし。
ひょえ~。
4シーズン用のシュラフを持ってきていたので、寒くて眠れないなんてことはなかったけど、このシュラフを入手する前の5月のキャンプなんて、一体どうやって寝てたんだっけか…もぅ思い出せないしー。
便利なものを手に入れると、身体って鈍ってくるんですかね。
ヌクヌクで寝たのはいいんですが、どうも妻が持参した本がよくなかったようで…。
狂人日記なんか読むから、夢見が悪いわるい(笑。
ずーっと頭の中の画面いっぱいに広がる頭皮のどアップ映像。育毛のCMなんかで流れる、毛穴にタップリ油が付着したアレですよ。ギャォー。狂人日記で、妻、危うく狂人になりかけるところでしたハァハァ。
朝5時前にはすっかり目が冴えてしまったので、モゾモゾとシュラフを片すとテントの外へ。我が家が冬用に使っているシュラフは、でっかいカバーの中に突っ込んだ後、カバー外側についてるベルトを締めれば簡単に収納で来ちゃうタイプなので、起きたついでに…って感じで不精な妻でも撤収作業が苦にならないのです。
05162さぶーっ。
でもってテントもタープの外側も内側もグッショリー。
芝生も朝露で濡れヌレ~。
朝一番で走り出すかと思ったら、やっぱり寒かったんですかね。
おしっこを済ませると、一目散にタープの下へと戻ってきた2匹。
サラなんてテントの前に座り込んで、背中で「中に入れろ」って訴えてたし。入れてやんないけど(笑。
今日の天気予報は「曇りのち雨」。
なるほど、空を見上げると分厚い雲で灰色です。
2匹に朝ご飯を食べさせ、妻も朝食。
昨日と同じ食材(の余り)で、味噌仕立てのおじやを作ってズルズルと胃に流し込みました。
なんだか、ちっともお洒落ぢゃないし女の作る料理って感じがしないけど(笑。
05161_1食事の後片付けが済んだ頃には、分厚い雲の隙間から太陽の日差しが指してきました。
この調子が続けばテントもタープもすっかり乾きそう~。
テントの中のものを全て運び出したら、ペグを抜いて日のよく当たる場所へお引越し。
フライシートをひっくり返すと、インナーテントに雫が溜まるほど内側はグッショリと濡れてました。
その間の2匹はとゆーと…遠くに行くわけでもなく、傍に寄り添うわけでもなく…脱糞するわけでもなく…ってな感じだったので、テントとタープの乾燥を待つ間に揃ってお散歩。
その最中に、BJは昨日見つけた棒っきれを再び発見し、サイトに戻るまで後生大事にずーっと咥えておりました。
昨晩、妻が遠くに放り投げておいたのになー(いぢわる)。
他の2組のキャンパーさんも起きてきたようなので、撤収作業中の妻は2匹をペグで軟禁。
その5分後、ペグを洗うからと引っこ抜いたんですけど…。
我が家の2匹のアホなところは、一度繋がれるとペグが抜かれても「オイラたちは繋がれてるんダ」と思い込んでるところです。
おもろい。
妻がゴミを捨てに行っても、トイレに行っても、ずーーーっと同じ場所にいたもんね。
お陰で捗ったよ。
いやぁ、楽しい2日間でした。
犬遊びも火遊びも充実してたし、狂人日記は最後まで読めたし(次回はちゃんと選んで本を持ってこなくちゃ)。05163
ソロキャンプ、癖になっちゃいそうです。

今回、重いものを運んだりするのは面倒だろうな~と思って、実をいうと自宅から水タンクを一杯にして持参しました。
(何が嫌って、妻はキャンプ中の水汲みが一番嫌なのです。だからこれは夫の役目だしー)
普段はやんない(おい)洗顔や歯磨きもちゃーんとして(当たり前?)、使ったペグも入念に水洗いして、2匹の足もいつもは濡れ雑巾で適当に拭くだけだけど、今回はこの水でジャバジャバ洗ったとゆーのに、3分の1以上残っちゃいました。
ソロだとそんなに水を使わないのね。

|

« 初のソロキャンプ Part2 | トップページ | 荒沢湿原を歩く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/1891236

この記事へのトラックバック一覧です: 初のソロキャンプ Part3:

« 初のソロキャンプ Part2 | トップページ | 荒沢湿原を歩く »