« 水の森 Part2 | トップページ | 妻用マット »

2006年4月 4日 (火)

笹倉山に上る

今日一日はかろうじて晴れるけど、明日からまた天気は下り坂ですよー。というのが仙台西部の天気予報だった。
うーん。
それぢゃ、出かけるなら今日なのか?
と思いきや、午前中は物凄い風。
せっかく気持ちのいい日差しなのにー。
ギシギシと家が軋む音を聞きながら悶々と数時間を過ごし、お昼を過ぎた頃、やっと風もおさまってきた。

「おっしゃー!」

てことで、のんびりお昼ごはんを食べた後で出かけたのは七つ森の笹倉山。
04041登山口前にある駐車場には、おやまぁ、でっかいマイクロバスが一台。

集団で入山している先客がいるようで…。

この笹倉山の登山口横には、写真のように登山者のための杖が沢山置いてあるのです。

今回は、BJだけでなくサラも連れてきたので、リードで両手が塞がれた妻。

ストックなしで頑張りますよーっ。

途中までは道幅が狭いので「BJが先頭(ロングリードだからね)!サラは後ろ! 横に並ぶな、邪魔だから」と1人と2匹が一列に並んで歩いていきます。
シダ類が鬱蒼と茂った杉林を抜けると、姥坂手前のちょっとした広場に到着。
既に汗だく。
ココにベンチがあるので、小休憩です。
と、あのバスの集団がその先の急坂を下りてきてる最中でした。
先頭と後尾にツアーガイドさんらしき若いおにーさん。ツアーに参加している40名ほどの方々は皆さん妻より遥かにお年を召した方々。その皆さんに声をかけていただく(犬が)。
「うわー、今から頂上まで上るの?」
「足が短いから大変でしょう」
「頑張るのよー」
などなど。
聞いちゃいないし、返事もしないけど(笑。
つか、その間もずーっとBJはシダ食ってたし。バカチン。
ツアーの方々が下りていくのを待つと、汗もすっかり引いたので、姥坂へ。これがまたクネクネと曲がった急坂で、足にくること。
04043
でも、急坂だけど手摺はあるし、落ち葉タップリで地面はフカフカだし、さっきまで座ってた場所を真下に見下ろせて景色も壮観だから意外と好きなのよね。

で、その姥坂を一気に登りきったら、T字路。

この坂でまたもや汗だくになってしまったので、ベンチに腰掛けて休憩。

「あるといいのに!」と思った箇所には必ず用意されてる休憩用ベンチ。
いやぁ、心憎い演出ですよ(笑。

2匹も水をガブ飲み。
おや、歩きながら草を食べてるのは水分補給ぢゃなかったの?>BJ(笑

このT字路から右へ上ったら眺子ノ口展望台。
一度は上ってみなきゃと思いつつも、今回もパスして左の尾根沿いを進む。
二匹揃った亀岩も(何度も見てるから)チラリと一瞥しただけで、さぁさぁ前進!
なんだか、いつもと違って昼過ぎスタートってゆーだけで、気が焦るのよね。
04044のんびり歩いて上るのに1時間半以上かけちゃったら、山頂で○分休憩して~、でもってうーんうーん、下山に○分かかって~下りてきたら夕方になっちゃうぢゃん! 暗くなるぢゃん! なんてビビるから。
まずは山頂ダ!
景色を堪能するのは山頂と下山のとき!
そう決めて、兎に角わき目もふらずに前へ進む。

もぅ、脹脛パンパンでした。
腱が伸びきっちゃってる感じ。

妻の息遣いゼーゼー。
サラもハァハァ。
なのに、BJだけは急坂でも駆け上り、後ろがついて来ないのが分かるとまた走って下りてきて…これを何度も繰り返す。
凄いね、その体力。
ちっとも息が荒くなってないし。
体型的には頼りなさそーなのに(ボテっとしてるから)。
Imgp1196

山頂について、びっくりしました。

以前上ったときは、この東側…。
もっと木が茂ってて景色もイマイチだったのに…。
すっかり刈られて松倉山、大倉山、遂倉山が眼下にドド~ン。

集団のハイカーがランチを摂った後だろうし、もしかしたらゴミが落ちてるかもー、なんて思ったりもしたのですが(以前上ったときは、食べかすやら飴の包み紙や吸殻なんかが落ちてた)、一つも落ちてなくていやぁ綺麗。
本当はそれが当たり前なんだろうけど、気持ちいいですね、やっぱ。

コーヒーを飲みながら30分ほどボケ~っと景色を眺め、そして下山。

上りでは気づかなかったけど、山頂付近の斜面にはたーくさんカタクリが葉を出してました。
こんなに沢山葉を出してるのに気づかなかったなんて…ホント、脇目もふらずに上ってきたんだな(笑。
それとキクザキイチゲ(蕾を見つけたのは僅か1つ。でも、葉はあちこちに出てました)も。どちらも、開花にはちょっと早かったけど。
040421 七つ森の春は来週あたりかな。

 

|

« 水の森 Part2 | トップページ | 妻用マット »

コメント

あーそうそう。キクザキイチゲだったね。そうだそうだ。
キク科なんだよね確か。
こないだ野草園でこの花が咲いたってやってたもん。
あと、かたくりも。

それにしても景色最高だねー!!
それから、オニュウのデヂカメも写りいいしー。
ピンボケしてないし。。。

イケ面にいちゃんには会わなかった?(笑

投稿: EBI | 2006年4月 6日 (木) 22:49

そうそう、漢字だと「菊咲き一華」て書くみたいよー。葉っぱ、菊のはに似てるっちゃね。一華ってのは、一輪草っつー意味なんだろね。
今週末あたり、もしかしたら深山のカタクリ、満開かもー。

イケメンにーちゃん、いなかったわ。
じーさまばーさまの大集団だけ。あ、ガイドのにーちゃんは若かったけど…うーん、イケメンぢゃなかったしー(笑
山で胸キュンの出会い…どしてドキドキなんつーのはねーな。
急坂で動悸激しくなってドキドキっつーのはしょっちゅうだけど(笑
あ、メールみてねん。

投稿: りえぴ | 2006年4月 7日 (金) 12:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笹倉山に上る:

« 水の森 Part2 | トップページ | 妻用マット »